こうすれば高く売れる! リサイクルショップで不用品を売る時の注意点とは?


「まだまだ使えるけど使う機会がないもの」
「買い替え等で不要になってしまったもの」
こうしたものを、ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。
こうした商品を買い取ってくれるのがリサイクルショップ。
不用品を売りたい人と中古でもいいから安く物を揃えたいという人を繋ぐ画期的なお店です。
でも、できることなら高く買い取ってほしいですよね。
そこで今回はリサイクルショップで不用品を高く売るためのポイントをご紹介します。

高く売れるものって?

高く売れるかどうかは、その製品を買ったときの額ではなく、「今の価値」で決まります。
当然ですが、新しく状態が奇麗なものほど高く売れます。
ではどれくらい前のものなら売れるのでしょうか?

新製品が次々と出るような商品は、リサイクルショップではあまり高く売れません。
これは、市場でも一つ前のモデルはかなり安くなっているからです。 
では、高く売れるものは?
有名ブランドのバッグや財布などが代表的。
こうしたものは5年前に買ったものが、まだ半額で売れることもあります。

付属品がきちんと揃っているどうかも重要です。
付属品(説明書・リモコン・保証書・タグ)などが残っていたら一緒に持って行っていくと査定額がアップします。
特にあると有利なのが、製品を買ったときに外箱。
買う方もどうせなら新品に近いものを買いたいもの。
箱にきっちり入っているほうが気分いいですよね。

 相場はどのくらい?

オークションサイトの7割が目安?

慣れないうちは、どのくらい価値があるものかわからないので、下調べをするのがおすすめです。
売りたいものの目安は、「オークション」サイトを参考にしてみるのも一つの手。
オークションの7割ほどの値段で売れれば上出来です。
そして、いくつかのリサイクルショップで見積もりをとって比べてみましょう。
だいたいの目安がわかりますし、一番高く査定をしてくれた店に売ることができます。

現在製造されていない家電製品は高く売れる事も

逆に、今は売られていないVHSが見られるテレビデオも意外と売れることも。
ひと昔前の黒電話も欲しがる人がいるので、交渉してみるのもよいかもしれません。

ブランド服は1年未満のものは高く売れる?

気になる洋服は、ブランドものなら1年未満で使用感があまりないものは高く売れるようです。 夏服なら次の時の夏前・冬服なら次の年の冬前に売ってしまいましょう。

タイミングも大切

エアコンや毛布など季節ものは、シーズンより少し前に売ると査定額がアップします。
リサイクルショップとしては、売れなければ倉庫で次のシーズンまでおいておかなければなりません。
そのシーズンが終わって需要がない時に売ろうと思っても買取不可になることがあります。
気をつけてくださいね。

価値をあげるために

大事に使っていたつもりでも、よく見るとあちこち汚れがついているもの。
よく見てきれいにしておきましょう。
リサイクルショップに持って行く前に洗い直しておくだけでも査定がかなり違ってきます。
古着などは襟の内側・袖口・脇の下を真っ先に確認するそうです。
毛玉なども要注意です。
売る前にきちんとアイロンをかけておくのも高く売るためのコツです。

売るものに合わせて店を選ぼう

それぞれのリサイクルショップによって、「古着が得意」「電化製品が得意」など、得意分野があります。
売りたいものに合わせて店を選ぶのもポイントです。
事前に店頭やネットでよく調べて買取先を選びましょう。

いかがでしょうか?
あなたの大切にしていた愛用品。
高く売れて、次の方に大切に使ってもらえるといいですね。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス