「頼んで良かった」と思える遺品整理業者の選び方! 4つのポイント


「亡くなった家族の遺品整理をしたいけれど、気持ちの整理がつかない」
「大量の遺品があるので親族だけでは片付けることができない」
このような理由で遺品整理業者を頼る方は多いようですね。
しかしながら、「遺品整理を業者に任せたいけれど、回収方法や料金でトラブルになるのではないか?」と心配する人もいるようです。あなたはいかがですか?
確かに素性の怪しい遺品整理業者もあるので注意する必要があるでしょう。しかし丁寧に遺品整理を行ってくれる良い業者もあるのです。
遺品整理を丁寧に行ってくれる業者。その選び方を知りたいと思いませんか?
そこで本日は、失敗しない遺品整理業者の選び方を4つご紹介致します。「遺品整理を業者に依頼したい」とお考えの方は是非参考にしてみてください。

ポイントその1:必要な許可をとって営業している業者を選ぶ

遺品整理業者には資格が必要です。
遺品を回収する場合それは法律上「廃棄物」として扱われます。そのため遺品整理業者は「廃棄物収集運搬」の許可を取っている必要があります。
更に、不要になった遺品を買取するためには「古物営業許可」という資格も必要になります。
不要になった遺品の回収や買取を依頼する場合は必要な許可をとって営業している業者を選びましょう。

ポイントその2:複数の業者から見積もりを取る

遺品整理業者はとてもたくさんあり、そのサービス内容は業者によって異なります。
あなたに合ったサービスを提供してくれる業者を選ぶためには遺品整理業者を幾つか比較してみる必要があるでしょう。是非複数の遺品整理業者から見積もりをとってみてください。
最低でも3社以上から見積もりを取るのがオススメですよ。

ポイントその3:遺品に対する正しい考え方を持った業者を選ぶ

遺品をゴミのように扱われると親族は感情的に傷つきますよね。特に葬儀を終えてまだ日が経っていない場合はかなりストレスになることでしょう。業者とトラブルになるかもしれません。
遺品は亡くなった家族が大切にしていた物なので、丁寧に扱って欲しいと思うのは当然のことですよね。
ですから、遺品整理業者を選ぶ時には遺品に対する正しい考え方を持った業者を選ぶことが大切なのです。遺品を「ただの不用品」ではなく「大切な品」として丁寧に扱ってくれる業者を選ぶなら、遺品整理によるトラブルを避けることができますよ。
依頼したい業者の実績・実際に利用した人のクチコミ・作業中の写真などを確認してから依頼することも、良い遺品整理業者を見つけるために役立ちます。

ポイントその4:電話だけで見積もりを済ませる業者には依頼しない

電話で内容を聞いただけで金額を指定する遺品整理業者もあるようです。そのような業者には十分注意してください。回収後に見積もり金額とは全くかけ離れた金額を請求されたという事例もありますよ。
きちんと見積もりを取り、わかりやすい見積書を提出してくれる業者を選ぶことが大切です。

いかがでしたか?

この記事では失敗しない遺品整理業者の選び方を4つご紹介致しました。

  • ポイントその1:必要な許可をとって営業している業者を選ぶ
  • ポイントその2:複数の業者から見積もりを取る
  • ポイントその3:遺品に対する正しい考え方を持った業者を選ぶ
  • ポイントその4:電話だけで見積もりを済ませる業者には依頼しない

良い遺品整理業者を選ぶためにこれら4つのポイントが役立ちますよ。あなたの感情に配慮しながら丁寧に効率良く遺品整理をしてくれる業者を選ぶために是非お役立てください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス