しっかりと事前確認することが大切。サーフボードの正しい捨て方とは?


サーフボードマリンスポーツの中でも特に人気も高く競技人口も多いのがサーフィンです。
しかし、古くなったサーフボードの処分方法に困っている、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は古くなったサーフボードの捨て方についてご紹介しましょう。
使わなくなったサーフボードの処分に困っているという方はぜひ読んでみてください。

自治体に回収はしてもらえるの?

サーフボードは自治体によって回収してくれる所と回収ができないところがあります。
A市ではOKだったのにすぐ隣のB市では不可、ということもありますので、サーフボードの処分を考えている方は必ず自治体に問い合わせましょう。
市役所に電話をすれば担当課につないでもらえます。
また、自治体によっては「小さく切れば回収します」というところもありますが、サーフボードを小さく切るためには電動のこぎりが必要です。
自治体に回収を依頼するのが一番安上がりですが、くれぐれも無理をしないように注意をしましょう。

サーフボードは下取りをしてもらえるの?

サーフボードを取り扱っているショップによっては、サーフボードを回収してもらえます。
どの程度ならば引き取ってもらえるかは、お店によって異なりますが、
「少々メンテナンスをすればまだ十分に使える」ことを条件にしているお店が多いようです。
引き取ってもらえるかどうかわからない場合は、一度査定に出してみましょう。
インターネットオークションなどでもサーフボードを出品することはできますが、サーフボードは大きいので送料が高くつき、梱包にも手間がかかります。
まだ使えるサーフボードを誰かに譲りたい、という気持ちはわかりますが、ネットオークションは手間がかかると心して出品をしましょう。
「ノークレームノーリターンでおねがいします」という一文を付け加えたとしても、いい加減な梱包で破損したものが落札者に到着した場合はトラブルになる可能性が高いです。

サーフボードをすぐに処分したい場合は?

サーフボードが大量にあって処分に困っている。
事情があってすぐにサーフボードを処分したい。このような場合は不用品回収業者を利用してみましょう。
早ければその日のうちに見積もりを出して回収に来てもらえます。
サーフィンが盛んな地域なほど「サーフボードを引き取ります」という業者が多いので、依頼もしやすいでしょう。
有料ですが、古くてボロボロになってしまったサーフボードを捨てるのは大変です。
それならばいくばくかのお金を払ってでもすぐに持って行ってもらったほうが良いでしょう。
優良な業者ならば、回収料がびっくりするほど高い、ということもありませんよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はサーフボードの捨て方についてご紹介しました。
不法投棄にならないように、自治体は捨て方や回収日をしっかり確認しましょう。
業者に依頼をする場合は見積もりをきちんと取っておくと料金が事前にわかって安心できます。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス