外付けHDDはどうやって廃棄すればいいの?~処分方法・費用と注意点~


外付けHDDはどうやって処分するの?

パソコンのデータやTV番組の録画データを保存するために大活躍してくれる「外付けHDD(ハードディスク)」。
しかし、長く使い続けていると動かないときもあり、ついに起きた故障で買い換える必要がでてくることもあります。
要らなくなった外付けHDDをどうやって処分しようか悩んでいる人も多いでしょう。
廃棄方法・外付けHDDの寿命やフォーマットなど詳しく捨て方についてみていきたいと思います。

  1. 外付けHDDの処分方法
  2. 外付けHDDの処分費用相場
  3. 外付けHDDを処分する際の注意点
  4. まとめ

1.外付けHDDの処分方法

外付けHDDの処分方法

外付けHDDの寿命はおよそ5~10年となっていますが、ホコリが被りやすいなど環境が悪いところにずっと置くことになると数年で壊れることもあるようです。
買い替えで不要になった外付けHDDはどうやって処分すれば良いのか、詳しくみていきましょう。

1-1.中古販売店を利用する

壊れておらず、比較的新しい状態の外付けHDDであれば中古販売店で売ることができるかもしれません。
売れれば、処分費用はゼロになるのでとてもお得です。
その場合も不用品回収業者に依頼するときと同じく、自分でデータを消去しておく必要があります。
データ消去しておかなければ、そのデータを悪用される恐れもあるので要注意です。
中古販売店は結構街中にたくさんあるので、どこが1番高く売れるのか比較してみましょう。
せっかく売るのですから、高い値段で買い取ってくれるお店を利用したいですよね。

1-2.パソコン・家電専門店に依頼する

街中にはたくさんのパソコン・家電専門店がありますが、ほとんどのお店ではハードディスクの破壊・処分サービスをおこなっています。
個人データがたくさん入っている外付けHDDだからこそ、安心して処分することができる専門店にお願いしたいものですよね。
パソコン・家電専門店はさまざまなメーカーの外付けHDDに詳しい人がいるのでどのようなことでも相談に乗ってくれるでしょう。不安なことや疑問点があればお店の人に聞いてください。
また、パソコン・家電専門店でのサービス利用は多少お金がかかりますが、お店によって安く提供しているところもあるようです。
いろんなパソコン専門店・家電専門店を調べ、安いところを探してみてください。

1-3.不用品回収業者に依頼する

外付けHDDを回収している不用品回収業者に依頼するのもひとつの処分方法。
不用品回収業者は無料で回収してくれるところもありますが、ほとんどは処分費用が必要になるでしょう。
壊れていたとしても回収してくれるメリットがあり、どのような外付けHDDでも回収してもらえます。
しかし、パソコン・家電専門店とは違い、データ消去まではやってくれない業者もあるため、データ消去までしっかりと対応してくれる業者を選ぶことが大切です。
データ消去に対応していない業者に依頼する場合は、自分でフォーマット(初期化)しておかなければなりません。

外付けHDDの処分方法はおもに3種類あるんですね。
それぞれメリットが違うので、処分の際には自分にあった方法を選択してください。

2.外付けHDDの処分費用相場

外付けHDDの処分費用

2-1.パソコン・家電専門店の場合

パソコン・家電専門店で外付けHDDの処分を考えている方は、そこでかかる処分費用についても知っておいてください。
実際のところ、お店によって処分費用はバラバラです。
某有名なお店の破壊サービスを調べてみたところ、1台980円でした。
また、外付けHDDの取り外しにかかる値段はワンコインの500円。
これらを合わせて考えてみると、1,480円。目安は1,500円~2,000円と思っておいて良いでしょう。

2-2.不用品回収業者の場合

不用品回収業者もその業者によって処分にかかる費用はさまざまです。
「無料」となっているところもあれば、料金がかかるところもあるでしょう。
不用品回収業者の料金はどのように決まるのかというと、“基本料金”に処分する商品の単価が追加されることになります。
また、“追加料金”と“処分する商品の単価”の合計のみとなっている業者もあり、本当にさまざまです。
できるだけお金をかけたくないと「無料」で回収してくれる業者を選んでしまいがちですが、無料になっている業者は悪質業者の疑いがあるので要注意。
安心して依頼できるかどうか、自分で確認しておきましょう。

無料のところもあるんですね。それはすごくお得です!
ただし、費用の安さだけで選んでしまうと失敗することがあります。信頼できる業者に依頼することが大切です。

3.外付けHDDを処分する際の注意点

処分するまえに必ずデータ消去

3-1.処分するまえに必ずデータ消去を

使用済みの外付けHDDには使った形跡、データがしっかり記録されています。
よって、そのまま捨ててしまうとそのデータを盗み、悪用されてしまうこともあるので注意しておかなければなりません。
実際に、捨てた外付けHDDから個人データを抜き出し、被害にあった人もたくさんいます。
年々増えているトラブルなので注意してください。
処分するまえに外付けHDDに入っているデータをすべて消しておくこと。これはもっとも大切なことです。
データの消去方法は「物理的破壊」と「理論的破壊」の2通りあります。

3-2.理論的破壊でデータ消去する

理論的破壊とは、一般的に「ソフト」を使うことです。
フォーマット(初期化)をすることができる専用のソフトを利用してデータを消していくことになります。
しかし、フォーマットだけでは完全にデータを消去できず、逆に初期化された外付けHDDから復元させるためのソフトを利用して、データを見ることができるようになりました。悪質業者はこの方法をよく使っています。
自分でソフトを使い処分するよりも、専門のお店やデータを消去してくれる不用品回収業者にお願いした方が安心して処分できるでしょう。

3-3.物理的破壊でデータ消去する

物理的破壊はもっとも安心できる消去方法です。
一度、外付けHDDを破壊してしまえば、100%データを復元させることはできません。
外部HDDを取り外し、データが入っている外側の蓋をドライバーではずし、中身を破壊します。
物理的破壊は自分でできますが、破壊をするときガラスが飛び散り、ケガをする人も多いので十分に気をつけてくださいね。
もし、自分でするのが不安な場合は破壊をしてくれる業者に依頼しましょう。

処分にはデータ消去が大事になってくるんですね。
データの流出は思わぬトラブルを引き起こす原因となってしまいます。そういったリスクを回避するためにも完全なデータ消去を行なってください。

4.まとめ

外付けHDDの処分方法のまとめ

外付けHDDの処分方法について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

  • パソコン・家電専門店に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 中古販売店に売る
  • 処分するまえに必ずデータ消去を
  • ソフトを使った「理論的破壊」
  • 徹底的に消去したいなら「物理的破壊」
  • 不用品回収業者で処分する場合は3,000円~5,000円かかる
  • パソコン・家電専門店で処分する場合は1,500円ほど

不用品回収業者に外付けHDDの処分をお願いする人が増えてきています。
最近では、破壊サービスもオプションとしてつけることができる業者も増えてきており、安心して依頼することができるでしょう。
しかし、それでも悪質な業者は減りません。
多額なお金を請求された、きちんとデータ消去してくれなかったなどなどいろいろなトラブルが起きています。
安心して外付けHDDを処分するためにも本当に信頼できる不用品回収業者かどうか、口コミや評判をチェックしてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス