引越しの際に出る不用品を楽に処分するコツ


引越しの際に、私たちを大きく悩ませるのが不要なゴミの処分ではないでしょうか?

長く暮らしていると、どうしてもいらないものや、取っておいたけど結局使わなかったものなどで溢れてしまいます。

「その都度捨てた方がいい」と頭では分かっていても、やっぱり溜まってしまうゴミや不用品。

そしていざ、引越しなどで処分しようとすると、各市町村によっては細かな分別や、厳しい規定があったりで、面倒な作業になることがほとんどのようです。

ただでさえ、忙しい引越し作業。

不用品にまで、意識を取られるのは苦痛以外の何物でもありません。

そこで今回は、楽に不用品を処分するコツをお伝えしようと思います。

目次

  1. 不用品処分の際の各種注意点
  2. 効率的な不用品処分のコツ
  3. 回収業者選びの注意点
  4. まとめ

1.不用品処分の際の各種注意点

1-1.不用品処分の注意点

不用品を処分する際に最も注意しなくてはならない点が、行政によって処分方法が指定されている点です。

特に、取扱いが厳しい資源ごみ(電池や陶器、金属類など)や粗大ごみは、リサイクルセンターやクリーンセンターなどに持ち込みが必要な場合があったり、

別途有料のチケットを買う必要があったりと、個人で処分するのは大きな手間と時間を浪費することになります。

またいつでも処分できるというわけではなく、回収日が決まっていたり予約が必要な場合が多く、ただでさえ忙しい引越しの合間に不用品を処分することは非常に苦痛な作業です。

1-2.不用品の分類

不用品を処分する際は、おおまかに分類しておくことが必要です。

具体的には、

  • 家電品(冷蔵庫、テレビ、洗濯機など)
  • 家具(ベッド、タンス、ソファーなど)
  • 衣類(スーツ、ジャケットなど)
  • 書籍(漫画、雑誌、単行本など)
  • ワレモノ(食器、陶器など)
  • 危険物(電池、スプレー、ガスボンベ、ライターなど)

このような分類になります。

家具に関しては、大型のものは解体作業が必要な場合があります。

また、危険物は自治体によっては細かな分別が必要なため、注意が必要です。

また、上記の分類によって回収日が違っていたりする点も考慮しましょう。

このように、引越しの際の不用品処分は非常に手間と時間がかかるため、引越しする際は不用品処分を念頭に置いて、計画的な準備が大事になってくるのです。

理想としては、引越しの準備と同時並行で不用品整理を行った方がいいでしょう。

2.効率的な不用品処分のコツ

では、ここからは不用品を手際良く効率的に処分するコツをお伝えしていきます。

2-1.不用品の属性によって仕分ける

まずは、不用品の属性を決め、その属性に合わせて仕分けていきます。

属性とは、

  1. 買い取り業者などで売れそうなもの
  2. リサイクル業者に出すもの
  3. ごみとして出すもの

が挙げられます。

2のリサイクル業者に出すものとは、新聞やプラスチック、空き缶など。

1や2は、そのままお店や業者に持ち込んだり回収に来てもらえばいいのですが、問題は3の「ごみとして出すもの」です。

2-2.回収業者を利用するメリット

先ほども解説したように、ごみとして出すものは細かな分類に分かれ、それぞれが自治体の規定などによって非常に手間がかかるものになっています。

そこでオススメしたいのが、『民間の不用品回収業者』です。回収業者であれば、分別や重量物の搬出なども行ってくれます。

そのため、手間や時間の大きな節約になるのです。

料金面においても、軽トラや2トントラックに詰め放題で定額の料金設定などがあるのでお得です。

筆者も以前、引越しした際に回収業者を利用しましたが、手間と言えるのはごみとして出すものを一か所に集めておいたくらいで、あとはスタッフの方が積み込み作業をすべて行ってくれたので非常に楽でした。

自分一人で行政などに持ち込めば、確かに料金面では安く済みますが、手間と労力を考えるとベストな選択だったと思います。

3.回収業者選びの注意点

不用品回収業者を利用することはメリットが大きいのですが、ただし注意点もあります。

ここからは、その注意点のポイントをお伝えしていきますね!

3-1.悪質な回収業者の存在

回収業者の中には、稀に悪質な業者も存在します。

『無料』か、もしくは『非常に低料金』で回収を謳う業者が存在します。

そのすべてが悪質なわけではないのですが、無料で釣ってトラックに荷物を載せたあとから高額な料金を請求されたり、見積もりよりも高額な料金を請求されたり、といった事例が実際にあるのです。

また、回収した荷物が不法投棄されたり、回収した物の中に個人情報が含まれていてその情報が抜き取られたり、といったトラブルに見舞われることもあります。

冷静に考えれば、引き取りに当たってトラックや人件費を捻出しているはずですから、無料や考えられない低料金なのは疑うべきでしょう。

3-2.安心安全な業者選びのポイント

では、安心な回収業者とはどんな業者なのか?

そのポイントを下記に羅列しましたので、参考にしてくださいね。

  • 国(自治体)の認可を受けた適正な業者か

正規の業者であれば、必ずホームページなどに許可証と番号が記載されています。認可がないということは、営業許可を受けていないということになります。

また、『古物商があれば安心』と考える方もいらっしゃいますが、古物商と許可証は違います。必ず、都道府県が記載された許可証があるかどうかをチェックしましょう!

  • 個人情報の取り扱い(プライバシーポリシー)の記載があるか

不用品と言えど、その中は個人情報が詰まっている場合があります。個人情報の取り扱いについて明記があるかは重要です。

  • 損害賠償制度が適応されるか

搬出や回収の際、壁などを傷つけたり落下させたりする恐れもあります。万一に備えての補償があるかどうかが、優良業者のポイントです。

  • 日時指定ができるか

引越し業者との兼ね合いなどから、日時指定は非常に重要です。ホームページや、見積もりの際に確認しておきましょう。

  • 料金設定や内訳はどうか

一番気になるのは、料金面だと思います。

各回収業者が提示している金額は、例として軽トラ1台分でおおよそ15,000~40,000円くらいと開きがあります。

しかし、見た目の安さだけを見て飛びつくのは実は非常に危険なのです。

というのも、提示されている料金はあくまで基本料金の場合なことがほとんどであり、回収する荷物の種類や大きさ、搬出するマンションなどの階層、リサイクル料金請求の有無、出張費などがかかる場合があります。

業者にもよりますが、定額料金設定の多くの場合は、

『基本料金+定額料+オプション料』
『定額料+オプション料』

である場合が多いようです。

基本料金が別途ないか、リサイクル料金はかからないか、そういった点も確認しましょう。

「定額だと思っていたら、想定外に費用がかかってしまった!」という事態にならないために、しっかりと『見積もり』を取り、表面上の料金に惑わされないようにして下さい。

つまり、見積もりを前面に押し出している業者は、より信頼性が高いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

これまで解説してきたポイントを踏まえ、うまく回収業者を利用することで引越しの手間は断然楽なものとなります。不用品をうまく処分することは、風水の観点から見ても非常に大事なことです。

「使うかなー?どうかなー?」
「あとでもしかしたら使うかも?」

と迷うようなものはスパっと断ち切り、思い切って処分することが快適な新生活を送るカギとなります。

あとで慌てて右往左往しないように、今から計画的に準備しましょう!


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス