パソコンは粗大ごみとして処分できる? 不要なPCの正しい捨て方


パソコン要らなくなったパソコン。自分にとってはゴミとなりますが、大切なデータがたくさん詰まっていて、気軽に捨てるわけにはいきませんよね。
ここでは、そんな精密機械であるパソコンが要らなくなった時、どのように処分したらよいのかを紹介します。
処分は有料なのか無料なのか、どのくらいの手間がかかるのかなどの疑問を解決し、今までお世話になったPCをきれいに手放してあげることができるといいですね。

目次

  1. パソコンを粗大ごみとして出せない理由
  2. パソコンはどのような方法で処分すればよいのか?
  3. パソコン処分方法別のメリット・デメリット
  4. 回収サービスはPC内のデータを安全に消去してくれるのか?
  5. 処分する時の注意点

1.パソコンを粗大ごみとして出せない理由

2003年に施行された「資源有効利用促進法」(PCリサイクル法)により平成15年10月1日から家庭系PCのメーカーなどで無料回収・再資源化が開始されるようになりました。
これにより、パソコンは粗大ごみとして自治体では回収できなくなったのです。
ただし、プリンタやキーボード・マウスなどの周辺機器は対象とならないので、自治体の不燃物・粗大ごみとして出すことができます。(各自治体により対応が異なるので、HPなどで確認が必要です。)

2.パソコンはどのような方法で処分すればよいのか?

2-1.中古販売店に売る

一部が壊れていても、買い取ってもらえることもあるようです。レアなPCや珍しいPCにその傾向が強くなっています。ただし、古いPC・部品はほとんど値がつかないこともあるようです。

2-2.オークションに出品

オークションに出品して販売するという手もあります。ただし、データの消去は個人の責任になるので、業者や販売店で依頼するなどして完全にデータ消去をするようにしましょう。

2-3.回収業者へ依頼

回収会社により様々ですが、PC部品のみの廃棄をする業者や、ブラウン管モニター・キーボード・マウスなどを製品を問わず無料回収・廃棄・引き取りをしてくれる所も多くなっています。

2-4.メーカーによる回収

PCリサイクル法に基づき、PCメーカーが有償で回収します。「PCリサイクルマーク」がついていると無償で回収してくれます。
データ消去は自己責任になり、自作PCや国内から撤退したメーカーなども回収先は設けられているようです。
メーカーによる処分・回収はメーカーごとに手順が異なるので、用意されている窓口へ連絡して確認するのがよいでしょう。
自分でデータを消去するのは難しいので、データ消去サービスを行っている専門店へ持ち込むのも一つの手です。

3.処分方法別のメリット・デメリット

3-1.中古販売店

PCによっては値段が付き、利益になる点がよい点です。ただし、動かないものや破損している製品は有料の引き取りになることが多いでしょう。

3-2.回収業者

回収業者の良い点は、動かないPCや破損した製品でも、原則的に無料で引き取ってくれるということです。直接持ち込む方法以外に、宅配便を利用し着払いで送ることもできます。中には無料で出張してくれる業者もあるので、インターネットなどで調べてみるとよいでしょう。

3-3.オークションで出品

まだ動くものであればオークションで販売することもできますが、データーの消去を行わないと個人情報が残ってしまうのが難点です。
消去したつもりでも実はデータが残っていた、ということもよく報告されていますので、データ記録媒体の消去は専門の業者に任せるほうがよいでしょう。

4.回収サービスはPC内の個人データを安全に消去してくれるのか?

回収してくれるのは魅力的ですが、PCにたくさん詰まった個人情報やデータは責任を持ってきちんと削除してくれるのかは気になる所です。
優良な回収業者であれば、スタッフがPC内部の記録媒体をひとつひとつ手で取り出し、専用の機械でデータを消去してくれます。
ハードディスクが二台搭載されているPCもあるので、ひとつひとつ手作業で部品を取り出し目視する作業が必要となってくるようです。
また最近ではSSDが搭載されているPCもあり、これはハードディスクよりデータの消去がしにくい記録媒体となっています。
無料回収につられすぐに依頼してしまわずに、渡した後の大事なデータの取り扱いについても事前に確認しとくとよいでしょう。

5.処分する時の注意点

例えパソコンが故障し動かなくなったとしても、ハードディスク内のデータは消去されず残っています。
データは、メモリーやマザーボードなどハードディスク以外には保存されません。逆に考えると廃棄するときは、特にハードディスクに気を付けて処分することが大事です。
データが心配な場合は、ハードディスクのみを取り出して、予備のハードディスクとして再利用したり、バックアップ用のハードディスクとして保管しておくこともできます。

まとめ

パソコンの処分方法についてご理解いただけたでしょうか?

今回は以下のポイントについて解説いたしました。

  • パソコンを粗大ごみとして出せない理由
  • パソコンはどのような方法で処分すればよいのか?
  • 処分方法別のメリット・デメリット
  • 回収サービスはPC内の個人データを安全に消去してくれるのか?
  • 処分する時の注意点

これで、長らく愛用していたパソコンをあなたに合った方法で手放すことができると思います。
データの扱いには特に注意して、新しいPCライフを楽しむことができるようにすっきり処分しましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス