仏壇が買い替えなどで不要になった際の処分方法とは?


仏壇がある家は珍しくありません。
しかし今、仏壇の処置に困っている方も増えているのです。
さまざまな事情で仏壇を処分しなければならなくなった場合、どのような処分方法があるのでしょうか?
そこで今回は仏壇の処分の仕方をご紹介します。
仏壇の買い替えや、引っ越しなどで仏壇が不要になることは意外と多いもの。
その時に困らないように、ぜひこの記事を読んでみてください。
もちろん、現在仏壇の処分に困っている方も必見ですよ。

目次

  1. 仏壇が不要になる時とは?
  2. 仏壇を処分する前に
  3. 仏壇を処分する方法とは?
  4. 仏壇を処分する際の注意点とは?
  5. おわりに

1.仏壇が不要になる時とは?

この項では、仏壇が不要になる理由をいくつかご紹介します。
今はひとりっこ同士の結婚も増え、仏壇が不要になるケースも増えているのです。

1-1.買い替え

仏壇は定期的に手入れをすれば長く持ちますが、それでも半世紀近くたつと寿命がくるものが多いです。
また、新仏が出たのをきっかけに仏壇を新調する場合もあります。
さらに仏壇は立派なものほど重いです。
引っ越しや家の建て替えで以前の仏壇が置けなくなったという場合も、新しい仏壇に買い替えることが多いでしょう。

1-2.継ぐ人がいない

仏壇は親から子へと管理を受け継いでいくものです。
しかし最近はひとりっこ同士の結婚も増え、夫婦どちらかの家の仏壇が不要になるケースも増えています。

1-3.改宗

現在はお寺とお付き合いのない家も増え、お葬式の形も自由になっています。
故人の偲び方も、お仏壇を拝む以外の形を取ることも少なくありません。
また本人の強い希望で仏教以外の宗教に改宗した場合は、宗教用具もそれに沿ったものを使う必要があります。
このような場合も、仏壇が不要になるのです。

2.仏壇を処分する前に

仏壇はご先祖様を祀ってきた大切な物ですから、処分に抵抗を感じる方も多いでしょう。
しかし、不要になった仏壇をいつまでも手入れせずに家の片隅に放っておくわけにもいきません。
また、住宅事情でどうしても手放さなければいけない場合もあります。
このように仏壇が不要になった際は、必ず「閉眼供養」を行ってください。
これは「御霊抜き」とも言われ、仏壇から故人の魂を抜き取る法要のことです。
これを行うことによって、仏壇は仏壇としての役目を終えます。
閉眼供養を行わずに仏壇を処分することは、ご先祖様ごと処分するのと同じことです。
閉眼供養は菩提寺に依頼すれば行ってくれるでしょう。
菩提寺がないという場合は最寄りのお寺に依頼をしたり、仏具店に相談してみてください。

3.仏壇を処分する方法とは?

では、仏壇を処分するにはどのような方法があるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

3-1.お寺に引き取ってもらう

菩提寺があれば、お寺に仏壇を引き取ってもらうこともできます。
ただし、お寺によっては引き取りをしていない所もあるので、事前に確認してください。
処分料ははっきりと決まっていない所がほとんどです。
ですから、「お気持ちで」と言われたら、数万円を包むのが妥当といわれています。
引き取られた仏壇は、改めて供養されたうえで処分されるでしょう。

3-2.仏具店に引き取ってもらう

新しい仏壇を買った際は、仏具店が古い仏壇を引き取ってくれるケースが多いです。
またそれ以外にも、「仏壇を引き取ります」という仏具店が増えています。
「仏具 引き取り」で検索すると、仏壇を引き取ってくれる店がヒットするでしょう。
しかし、あまり遠いと断られる場合が多いので、近場の店舗で相談してみてください。
回収料は仏壇の大きさによって変わるケースがほとんどです。

3-3.自治体に回収を依頼する

仏壇を引き取ってくれる仏具店もお寺も近くにないという場合は、自治体に処分を依頼してください。
仏壇はほとんどが木製ですから、粗大ごみとして回収してもらえます。
「仏壇をごみとして捨てるなんてできない」と思う方もいるでしょうが、閉眼供養をした仏壇はすでに役目を終えているのです。
どうしても抵抗があるという方は捨てる前に丁寧に仏壇を掃除し、捨てる際は直接ごみを回収してくれる職員に手渡して回収してもらってください。

4.仏壇を処分する際の注意点とは?

では最後に、仏壇を処分する際の注意点をご紹介します。
実は仏壇の中から、こんなものが見つかるケースが多いのです。

4-1.引き出しは必ず確認する

昔は仏壇の引き出しに大切な物をしまっておく人が少なくありませんでした。
ですから、仏壇の引き出しの中は必ず確認してください。
通帳やハンコ、時には現金がしまわれているケースが多いのです。
また、中には土地の権利書や借金の証文などがしまわれていた例もあります。
実は毎年ごみ処分場では、仏壇の中から貴重品が発見されているのです。
菩提寺や仏具店に引き取ってもらった場合なら、まだ後から連絡が来ることもあります。
しかし、ごみに出してしまったら取り返しがつきません。しっかり確認してください。

4-2.古い位牌に注意する

位牌は古くなると白木の板に書き直される場合があります。
本来は仏壇の中で場所を取らないように行われる処置ですが、これを位牌と気づかずに捨ててしまうケースがあるのです。
仏壇はごみとして処分することができますが、位牌は処分してはいけません。
位牌は依頼すればお寺が預かってくれますので、古い位牌も忘れずに仏壇から取り出してください。

4-3.不用品回収業者に依頼する際はここに注意しよう

仏壇は小さいものでも100キロ近くあります。
女性ひとりでは、ごみ捨て場に運ぶことはできません。
そのような場合は不用品回収業者を利用すると便利です。
家庭から出る不用品を有料で回収してくれる業者ですから、仏壇も回収してくれます。
「回収料がわからなければ、不安で頼めない」という場合は、見積もりを頼んでください。
無料で作成してくれる会社がほとんどです。
逆に見積もりを出し渋ったり、出したとしても加算前提の業者は利用しないほうが良いでしょう。
その他にも気を付けたほうがよいのが、「無料で回収します」という業者です。
不用品を無料で回収する業者はありますが、それは回収したものがリサイクルできる場合に限られます。
仏壇はリサイクルできません。
回収した後は。供養した後に処分するしかないのです。
ですから「無料回収」で顧客を集めておいて後で高額な処分料を請求したり、回収した後に不法投棄するケースも珍しくありません。
今はごみを処分するのにお金がかかる時代です。「無料」という言葉につられてはいけません。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は仏壇の処分の仕方をご紹介しました。
まとめると

  • 仏壇を処分する際は閉眼供養が必要
  • お寺や仏具店に処分を依頼できる
  • 閉眼供養をした仏壇ならば、粗大ごみとして処分してもよい
  • 不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もある

ということです。
昔は家とともに仏壇を守ることも長子の大切な役目でした。
しかし時代は変わり、仏壇を継げないというケースも増えています。
仏壇の処分に抵抗がある方も多いでしょう。
しかし先祖供養は仏壇がなくてもできます。
現在は仏壇に代わる道具も販売されているので、仏壇の代わりにそのようなものを使うのもよいですね。
閉眼供養だけを忘れずに行ってから、仏壇を処分してください。
なお、仏壇は処分しても構いませんが、位牌も一緒に処分しないように注意が必要です。
仏壇は処分できないけれど位牌は預けられるというお寺も多いですので、依頼してみるとよいですね。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス