パソコンを処分したい方は必見! 初期化だけではデータが悪用される?


パソコンの処分で注意しなければならないことが“データ削除”です。
パソコンに保存されているデータをすべて削除せずにパソコン廃棄をするとデータが悪用されてしまいます。
トラブルにならないためにもパソコンを廃棄する際は必ずデータをすべて削除してください。
“初期化”をすれば安心だと思っている人は多いですが、初期化だけでは心配です。
では、どうすれば安心して廃棄できるのでしょうか。
初期化だけでは不十分な理由やデータを確実に消去する方法など詳しく説明します。

目次

  1. データの取り扱いに注意すべき理由
  2. 初期化だけでは不十分な理由
  3. データを確実に消去する方法
  4. まとめ

1.データの取り扱いに注意すべき理由

パソコンを廃棄する際、データを必ず削除しなければなりません。
パソコンを販売しているお店や家電量販店、メーカーでも廃棄する際の注意点として「データ削除」の念を押しています。
なぜそこまでデータの取り扱いに注意しなければならないのでしょうか。
その理由について詳しく説明します。

1-1.さまざまな情報が入っているパソコン

仕事用やプライベート用などさまざまな使用目的でパソコンを使っているでしょう。
パソコンを廃棄する際、なぜデータを消去しなければならないのか…その理由は“パソコン内にあらゆるデータが入っている”からです。
例えば、ネットショッピングをするために登録したクレジットカード情報や仕事で作成したフォルダ、機密文書、パソコンにアップデートした写真や動画、入力した個人情報、やりとりしたメール内容などさまざまなデータが挙げられるでしょう。
捨てる前にきちんとこれらのデータを削除しなければ情報漏洩の事故が起き、信用性を失ってしまいます。
とくに、仕事上で使うデータが入っていると危険です。
もし顧客情報が流出してしまえば会社の運営に大きな打撃を与えるでしょう。
情報漏洩を防ぐためにもデータはきちんと削除しなければなりません。

1-2.実際に起きたデータの悪用事例

データの取り扱いに注意していなかったせいで起きた悪用事例を紹介します。
プライベート用でパソコンを使用していたTさんは買い換えるために古いパソコンを処分しました。
処分してから数ヶ月経った後、友人から自分のSNSアカウントが乗っ取られていると連絡があったのです。確認してみると訳の分からないことばかり記載されていました。
そして翌日のクレジットカード請求書を見てみるとまったく身に覚えのない内容がたくさんあったのです。請求額も高額なものでした。
そこでYさんはパソコンのデータが悪用されていることに気づいたのです。
Yさんは面倒だからとパソコンのデータをきちんと削除していませんでした。
これが自分の情報だけならまだ良いですが、仕事先の顧客情報が流出したら大変なことですよね。
悪用されるケースが増えてきているので注意しなければなりません。
後でトラブルにならないためにも捨てる前にきちんと削除することをオススメします。

2.初期化だけでは不十分な理由

2-1.データが復元される恐れがある

パソコンを初期化し、出荷する前の状態にすればデータは削除されると思っている人は注意してください。
パソコンを初期化するだけでは不十分でしょう。
なぜなら専用の復元ソフトウェアを使えばデータが復元できるからです。
最近はこのパターンでデータが悪用されるケースが増えてきています。
初期化だけではデータが完全に削除できないことを知っておかなければなりません。
パソコンを初期化するだけだとまだパソコン内にデータが残っている状態なので完全削除したとは言えないのです。
では、初期化以外にどのような方法があるのでしょうか。
パソコンのデータを削除する方法を把握してください。

2-2.3つの削除方法

パソコン内に入っているデータを完全削除する方法は全部で3つあります。
「専用のソフトウェア」と「物理的破壊」「磁気破壊」です。
データを上書きする専用のソフトウェアを使い、パソコンに入っているデータを上書きして削除していきます。
アメリカではデータを何回も上書きをするソフトウェアを使う方法が主流になっているので要チェックです。1回だけでなく何回も上書きすることで復元できないようにします。
そして「物理的破壊」は名前の通り、パソコンのデータが入っているハードディスクを破壊する方法になるでしょう。
破壊することで完全にデータ削除ができます。
「磁気破壊」は磁気を発生させる専用機器を利用して磁気でデータを破壊する方法です。復元できない方法なので安心して処分できるでしょう。
どの削除方法を使うのかはあなた次第ですが、初期化しただけで捨てることは絶対にやめてくださいね。

3.データを確実に消去する方法

3-1.どの方法がもっとも安心?

先ほど3つの削除方法を説明しましたが、どの方法も復元できないので安心してください。
徹底的にデータを削除して処分したいのであれば「物理的破壊」がオススメです。
物理的破壊はハードディスク自体を破壊するので絶対に復元されることはありません。
どれだけ技術が進歩しても一度壊れたハードディスクは元に戻せないでしょう。
自分で物理破壊はできますが、破片が飛び散る危険性があるので心配な人は業者に依頼した方が良いですよ。
実際に自分で破壊した際に、ガラスが飛び散り怪我をした人もたくさんいます。
とくに女性は危ないので絶対にやめてくださいね。
自分にとって安心してデータ削除ができる方法を選びましょう。

3-2.不用品回収業者に依頼する

パソコンを回収してくれる不用品業者がたくさんあります。
業者の中にはパソコンデータを削除するサービスを展開しているところもあるのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
プロに任せておけば安心してパソコンが廃棄できますね。
しかし、業者の中には悪徳業者もいるので注意しなければなりません。
確実にデータを削除した証になる「データ削除・物理的破壊作業完了証明書」を発行してもらいましょう。希望すれば証明書を発行してくれるので業者に問い合わせてください。
悪徳業者のほとんどは希望しても証明書を発行してくれないので要注意です。
業者に依頼する前に、証明書を発行してくれるかどうか確認することが大切になるでしょう。
悪徳業者と優良業者を見極めるための大切なポイントです。
自分のパソコンを安心して処分するためにも信用できる業者に依頼してくださいね。

4.まとめ

パソコンを処分する際に気をつけておきたいデータ削除について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
データを完全に削除したいなら初期化だけでは不十分です。
初期化以外の「物理的破壊」や「データの上書き」をオススメします。
復元できる状態で捨ててしまうと悪用される可能性が高いので注意してくださいね。

  • パソコンにはさまざまな情報が入っている
  • クレジットカードが悪用された事例がある
  • 初期化だけではデータが復元される
  • 「専用のソフトウェア」「物理的破壊」「磁気破壊」の3つがある
  • 自分にとって安心できる方法でデータ削除する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 証明書を発行してもらう

以上はぜひチェックしておきたいポイントです。
パソコンを捨てる際は「データ削除」がとても大切なので完全に削除されたのか捨てる前に必ず確認してください。
自分でするのが不安な人はデータ削除をしている業者に依頼すると良いでしょう。
安心して処分するためにも証明書を発行してくれる業者に依頼してください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス