引越しで出た粗大ごみの処分をスムーズに済ませるためのポイント


引越しで困ることのひとつが、粗大ごみの処分です。荷造りや手続きなどで忙しい引越しのときには、手間をかけずに粗大ごみを処分できたら助かることでしょう。ここでは、引越しの際に出た粗大ごみの処分方法に関する情報をご紹介します。

目次

  1. 引越しで出た粗大ごみの処分で気をつけること
  2. 主な処分方法(自治体以外)をご紹介
  3. 引越しの事前準備としてできること
  4. 引越しで出た不用品の処分を業者に依頼する際の注意点

1.引越しで出た粗大ごみの処分で気をつけること

1-1.自治体で回収できる粗大ごみの種類は限られている

粗大ごみとして捨てられるものは自治体によって異なるので注意してください。一般的には、最大辺が30cm以上となるものが大型のごみとされています。しかし、自動車やオートバイはもちろん、タイヤやピアノ、消火器、耐火金庫などは回収できません。また、家電リサイクル法の対象となっている冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンも粗大ごみとして自治体に回収を依頼できないので気をつけましょう。
粗大ごみとして回収してもらう際には、自治体に申し込まなければならないところがほとんどです。ものによっては処分料も必要となるでしょう。また、依頼をしてすぐに回収をしてもらえるわけではありません。

1-2.不法投棄は絶対にしない

粗大ごみの不法投棄が問題になっており、ニュースでもしばしば報じられているのをご存じでしょうか。不法投棄は立派な犯罪です。5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金を科せられます。「知らなかった」では済ませられません。決められた規則を守って、正しく処分しましょう。

1-3.捨てずに「売る」という方法も検討してみる

引越しをする際に不用となるものには、十分に使えるものが少なくありません。まだ使用できるものを「ごみ」として処分してしまうのはもったいないだけでなく、資源の無駄づかいにもつながります。
リサイクルショップや不用品買い取り業者を利用して、第三者に有効に使ってもらう方法を検討してみましょう。場合によっては、引越し料金を少し補うことができる可能性もあります。

2.主な処分方法(自治体以外)をご紹介

2-1.引越し業者に依頼する

引越し業者には不用品を引き取ってくれるところもあるので、確認してみるとよいでしょう。ただし、料金がかかることがあります。料金が割高になる場合もあるので、事前に見積もりをだしてもらってください。

2-2.不用品回収業者を利用する

あらゆる不用品を回収してくれる不用品回収業者を利用するという手もあります。引越しでは、粗大ごみ以外にも処分したいものがたくさん出てくるでしょう。そのような不用品を一度にまとめて処分できる不用品回収業者の利用は適しているといえます。即日で出張回収に来てくれる業者もあるので、忙しい引越しのときには本当に助かる存在でしょう。

2-3.リサイクルショップなどに買い取ってもらえる

まだ使えるものは、リサイクルショップなどで買い取ってもらうとお得です。不用品回収業者のなかには、買い取りを行っているところもあります。そのような業者に依頼すれば、買い取りの対象外となるものはそのまま処分してもらえるはずです。最も手間を省けてお得な方法といえるでしょう。
ネットオークションやフリーマーケットなどで売るというやり方もありますが、日程によほどの余裕がない限り、引越しのときには適しているとはいえません。引越しで出る粗大ごみは、手軽に処分できる方法を検討することがポイントです。

3.引越しの事前準備としてできること

3-1.粗大ごみは引越し前に処分しておくのがおすすめ

引越しの準備期間は、実にたくさんのことをやらなければなりません。一番大変なのが、荷造りでしょう。「せっせと荷造りをがんばっているうちに粗大ごみのことをすっかり忘れてしまった」なんていうケースも少なくないようです。
粗大ごみの処分には時間を要することもあります。引越し前にきちんと処分が完了するように、事前に計画を立てておきましょう。

3-2.粗大ごみの回収日をチェックしておく

自治体の粗大ごみ回収を利用するのであれば、回収日に注意してください。不用品回収業者などと違って、自治体に依頼する場合には希望する日に回収をしてくれません。時期によっては、申し込んでから回収までに多くの日数を要する可能性もあります。
どうしても自治体に回収をしてもらいたい場合には、粗大ごみの回収日に合わせて引越しの日程を組むという考えもあるでしょう。

3-3.すぐに回収に来てくれる業者を利用する方法もある

引越しのときには、不用なものはすぐに処分できたほうが便利です。不用品回収業者などは24時間365日営業しているところもあり、申し込めば見積もりや回収にすぐに応じてくれます。引越しの準備をスムーズに進めるためには、このようなスピーディーな対応をしてくれる業者を活用するとよいでしょう。

4.引越しで出た不用品の処分を業者に依頼する際の注意点

4-1.料金を明確にしてくれる業者を選ぶ

回収料金などは、業者によってさまざまです。不当に高額な料金を支払うことになりかねないので、複数の業者に見積もりをだしてもらいましょう。数社の見積もりを比較すると、およその相場も見えてくるはずです。
また、「無料回収」という言葉をそのまま受け取らないでください。特に住宅街を巡回している廃品回収車に多いのですが、無料で回収すると宣伝しておきながら高額な料金を請求してくるというトラブルが多発しています。最終的な支払額を確認することが大切です。

4-2.無許可で営業している業者には気をつける

不用品を回収するには、自治体から許可を得ていなければなりません。しかし、無許可で活動拠点を変えながら営業している悪質な業者が数多く存在しています。このような業者はトラックで回収業務を行っていることが多いようです。そして、所在地が判明するような連絡先は公開していません。
ですから、不用品回収業者を選ぶ際には許可番号のほか、住所や連絡先がホームページや見積書などに明記されていることを確認しましょう。無許可で営業している業者は、見積書や領収書を発行しない傾向があります。

4-3.不法投棄をされないように

このような悪質業者に依頼すると、不法投棄をされる可能性が高いことを覚えておいてください。回収してもらったはずの不用品が、どこかの山奥や空き地に不法投棄されることもあるのです。
不法投棄されているものの所有者が割り出されると、あなたが罰せられることもあります。信頼できる業者を選ぶことは、本当に大切なことです。しっかりと下調べをして、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

まとめ

引越しの際には、次のポイントを頭に入れておくとスムーズに粗大ごみを処分できるはずです。

  • 自治体で回収できる粗大ごみの種類は限られている
  • 不法投棄は絶対にしない
  • 捨てずに「売る」という方法も検討してみる
  • 引越し業者には不用品を引き取ってくれるところもある
  • 不用品回収業者を利用すると不用品を一度にまとめて処分できる
  • 粗大ごみは引越し前に処分しておく
  • 粗大ごみの回収日をチェックしておくとよい
  • すぐに回収に来てくれる業者を利用する

あまり手間をかけずに粗大ごみを処分して、ほかの引越し作業に使える時間を増やすようにするとよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス