できるうちに生前整理を始めてみよう! 生前整理のポイントとは?


老後は体力の低下から身の回りの整理が難しくなる傾向にあります。

体力低下を理由として、生前整理ができないという悩みは近年増え続け、社会的な問題になっているのです。

生前整理をおこなわない場合、遺品整理は、本人ではなく遺族がおこなわなければなりません。

残された家族に負担をかけないためにも、生前整理は可能な範囲でおこなうことが大切です。

そこで、体力のあるうちから始める“生前整理”が大きく注目を集めています。

生前整理は、自分が死んでしまった後に迷惑をかけないための整理ですが、心配事をなくし“老後を快適に過ごす”ための整理でもあるのです。

負担のかからない整理の方法など、生前整理のやり方やポイントについて、分かりやすく解説します。

目次

  1. 生前整理の進め方のポイントとは?
  2. 生前整理で生活を快適にする方法
  3. 不用品回収業者に依頼しよう!
  4. まとめ

1.生前整理の進め方のポイントとは?

1-1.生前整理の初め方

生前整理を始める前に、生前整理の目的について自分の中で明確な意味を持つことは非常に大切です。

生前整理は自分が死んでしまった後に迷惑をかけないための整理ですが、生前整理には老後の生活をシンプルにするという目的も持っています。

生前整理を始める上で大切な心構えについてご紹介しましょう。

【生前整理は生活の快適化も目的の一つ】

生前整理は自分の死後の準備ですが、老後に向け新しく生活スタイルを変えるのも大きな目的といえるでしょう。

生前整理は、生活を快適化する目的もあることを意識して楽しく始めることが大切な心がけなのです。

【処理の難しい物は早めに片付けよう】

生前整理で優先順位の高い物は“処理の難しいもの”です。

“大型家具”や“数の多い衣服”など、体力が落ちてからでは処理や整理の難しい物は早めに片付けましょう。

【持っている物をリストアップしよう!】

生前整理にあたって、自分がどのような物を持っているのかを知ることは非常に大切です。

所有物のリストを作成することは、生前整理を円滑に進める上で大切な情報になります。

品目名を簡単に書き出すだけでもよいので、所有物の簡単なリストを作成してから生前整理を始めるように心がけましょう。

1-2.何から整理する?

生前整理といっても、所有物をすべて整理すればよいというわけではありません。

整理後にも生活をしなければならないことを考えて、“生前整理後の生活をイメージして作業する”ことが大切です。

生前整理後の生活を考えた具体的な整理方法についてご紹介しましょう。

【大型家具は運搬が難しい】

生前整理で最も優先的に処分しなければならないのは、大型家具などの重量物です。

体力があっても運搬が難しい大型家具は、できる限り早く処分するようにしましょう。

【書籍の整理は負担が大きい】

生前整理では書籍の整理は非常に負担の大きなものです。

残された家族が多くの書籍の処分に困るという事例も数多くあります。

書籍などの本は非常に重く、体力が落ちてからでは処分が難しくなることから書籍の整理は体力のあるうちに始めましょう。

【生活必需品や趣味用品は残す】

当然ですが、生前整理後は、通常どおりの生活をしなければなりません。

“生活必需品”や“趣味用品”といった物は残すように心がけましょう。

生前整理を進めるあまり、その後の生活や楽しみがなくなってしまわないように気をつけることが大切です。

2.生前整理で生活を快適にする方法

2-1.生前整理から始めるシンプルライフ

生鮮整理は自分の死後の準備というよりも、これからの生活を大切に過ごすことを重要視することが大切です。

生前整理から始めるシンプルライフについてご紹介しましょう。

【老後はあまり物を必要としない?】

老後は現役世代に比べてあまり物を必要としません。

必要な物だけを残すだけでも生活は非常にシンプルになります。

不用品を処分して生活をシンプルにするだけでも生前整理になるのです。

【シンプルライフで無駄な出費を減らそう!】

シンプルライフの“物を持ちすぎない”という生活は無駄な出費を減らすことにつながります。

生前整理からシンプルライフを始めることは無駄な出費を減らし、老後の生活にゆとりを持つことなのです。

有効的に生前整理をおこない老後にゆとりのある生活を始めてみましょう。

2-2.広い部屋はケガを防ぐ?

生前整理で部屋を整理することは、安全な老後を実現します。

安全な老後を過ごすための生前整理の方法についてご紹介しましょう。

【不要な物を処分して転倒防止】

老後に転倒することは、その後の生活に大きな影響を与えます。

転倒によって歩行困難になってしまうケースもあるのです。

生前整理によって不要な物を処分することは転倒防止のための対策にもなります。

生前整理をしっかりと進め老後の心配を少しでも減らすことは大切な心がけといえるでしょう。

3.不用品回収業者に依頼しよう!

生前整理で処分する不用品を自分だけで処分するのは非常に難しいといえるでしょう。

不用品の処分の負担を大きく減らすには“不用品回収業者”のサービスを利用するという方法があります。

不用品回収業者のサービスのメリットや利用方法についてご紹介しましょう。

不用品回収サービスは重量物も負担なく処分できる

不用品回収サービス最大のメリットは、搬出・運搬を業者に任せることができる点です。

重い荷物であっても不用品回収業者の作業員によって搬出・運搬がおこなわれます。

不用品回収業者によっては“不用品の片付けサービス”を利用できる場合があり、片付け作業のサポートを受けられるのです。

生前整理を短時間で効率的におこないない場合には、不用品回収サービスを利用してみましょう。

無料相談や無料見積もりを利用しよう

不用品回収作業者では、不用品の処分に関する無料相談や無料見積もりを利用できます。

自分ではどうしても処分できない不用品がある場合には、無料相談や無料見積もりを利用して気軽に相談することも大切な心がけです。

生前整理の負担を減らすためにも、不用品回収業者のサービスを上手に利用してみましょう!

まとめ

生前整理は、自分の死後の準備に加えて、老後の生活をシンプルで快適にすることができます。

生前整理の方法についてまとめてみましょう。

【生前整理の始め方】

  • 簡単な所有物のリストを作成する
  • 処理の難しい物を優先して片付ける
  • 整理後の生活をイメージしながら作業する

生前整理は計画的に始めることが大切です。

整理後には、通常どおり生活をおこなわなければならないことから、“必要な物を残し、不要な物を処分する”という判断が非常に大切になります。

所有物をリストアップして、自分に最適な整理をおこなうことが生前整理では大切な心がけなのです。

【自分だけでは難しい場合には業者に依頼しよう!】

生前整理を進める上で、自分で処分の難しい不用品もあります。

自分だけでは処分の難しい不用品を処分する場合には、“不用品回収業者”の不用品の片付けサービスを利用してみましょう。

不用品回収サービスでは、不用品の搬出・運搬なども業者に任せることができます。

少ない負担で不用品を処分できる不用品回収サービスで、効率的な生前整理を進めてみましょう!


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス