片付けにもコツがある? ものを捨てる判断基準について学ぼう! 


片付けしっかりと片付けを行っているつもりなのになぜかものが減らない……そんな経験に悩んではいませんか?

学業や仕事で何かと忙しい現代人には暇な時間というのがあまりありません。片付けに時間をとられるのはもったいないですよね。

そこで、今回は効率的に片付けを行うための『捨てる判断基準』を中心にご紹介します。そのほか、やる気を落とさずに片付けを行うコツもご紹介していますのでお見逃しなく!

目次

  1. 捨てるときの判断基準とは?
  2. やる気を落とさないためのコツとは?

1.捨てるときの判断基準とは?

1-1.長期間使っていないもの

捨てるときの判断基準として1番頼りになるものといえば、この『使っている使っていないか』という点でしょう。結局のところ、どれだけ価値のあるものでも使っていなければないものと同じです。それならば、処分してしまった方が有意義でしょう。

要は、食べ物に消費期限があるように、ものにも保有期限を設けてしまうのです。そして、その期限を越えたものは使えないものとして捨てるというルールを設ければ、必ずや部屋をすっきりさせることができるでしょう。

どのくらい使っていなければ捨てればいいのかという点については、最低でも1年以上使っていないものは処分してしまうべきです。できれば1か月~3か月使っていないものを処分するようにすると部屋が非常にすっきりします。

ただし、ホットプレートや圧力鍋のように、普段使いはしないものの必ず使うことが見込める道具については、ある程度使っていなくても保存していた方が良いでしょう。

1-2.いつか~かもしれないと思っているもの

いつか使うかもしれない、いつか必要になるかもしれない、いつか役立つかもしれない……こんな『いつか~かもしれない』と感じるものは捨てても良いものです。

『いつか~かもしれない』と思っているということは現在は役に立っていないということの証明。さらにいえば、使う予定が明確ではないものの特徴です。

このような物品に『いつか』はやってきません。仮にやってきたとしても結局は一時的なものでしかなく、またすぐにお蔵入りとなってしまうことでしょう。つまり、あなたの生活において必需品ではなく、なくても何ら困らないものということになります。

1-3.疑問を感じたもの

たとえば「これって役立つのかな?」と感じたり「これは本当に必要だろうか?」等と感じたりするようなときには、捨てても問題のないものであることの証明です。

考えてもみてください。本当に必要だと思うものは疑問に感じることはありません。自分の命や家、お金を「役立つのかな?」「必要だろうか?」等とは考えないことでしょう。なぜなら、それは自分にとって欠かせないものだからです。

逆にいえば、疑問に感じるということはあってもなくても大丈夫なものということ。きっちりと捨ててしまいましょう。

1-4.ほかに代用できるものがある

ほかに代用できるものがある場合は捨ててしまっても大きな問題とはなりません。できる限り処分してください。

たとえば、カメラ。本格的な一眼レフカメラなどならいざ知らず、普通のデジタルカメラならスマートホンでも代用できるでしょう。最近のスマートホンは1000万画素以上の高解像度で撮影できる機種も発売されています。1000万画素といわれても分からない方は、テレビやパソコンを思い浮かべましょう。主流であるフルHDの画素数は1920×1080画素で『207万画素』です。4Kテレビの画素数でも4096×2160画素で『885万画素』でしかありません。つまり、解像度的には最高画質の撮影が可能であるということです。十分スマートホンで代用が可能でしょう。

ほかにも、ゲームや書籍も代用が可能なものの代表例です。「ゲームや書籍を代用することなんてできない」「代用して違うタイトルや違うハードにしても意味がない」、と思われた方もいらっしゃることでしょう。しかし、ここでいう代用はソフトやハードをほかの物質的なものに代用するわけではなく、電子化されたもので代用しましょうということです。

最近はどんどんと電子化が普及しており、欧米諸国では紙の書籍やパッケージのゲームソフトは徐々に減ってきているといわれています。日本ではそれほど普及していませんが、それでもほぼすべての書籍とゲームソフトは電子化されたものに置き換えることが可能です。できる限り電子化されたものに変えてしまいましょう。

2.やる気を落とさないためのコツとは?

2-1.片付けにポモドーロテクニックを取り入れる

ポモドーロテクニックは90年代にフランチェスコ・シリロ氏(起業家・開発者・作家)が考案した時間管理術です。ポモドーロテクニックという名前の由来は、自宅のキッチンにあったトマト型(ポモドーロはイタリア語でトマトの意味)のキッチンタイマーから発想を得たからだといわれています。

さて、このポモドーロテクニックとはいったいどのようなテクニックなのでしょうか?

原理は至ってシンプルで、タスクを分割することで集中力や注意力を切らさないようにするというものです。人間の集中力というのは持っても1時間程度でしかないといわれており、より効率的な集中力を発揮できるのは数十分が限界とされています。そこで、集中が切れない程度に作業する時間を分割し、こまめに休憩を入れることで集中力を持続しようということです。たとえるなら、長距離をだらだら走るのではなく、全力ダッシュと休憩という方法で進むようにするようなものでしょうか。

具体的には以下のような手順で行います。

  1. キッチンタイマーや専用のアプリを使って25分に設定しましょう。
  2. 時間いっぱいまでタスクに集中します。
  3. 時間が来たら5分間のインターバルをとりましょう。
  4. 1~3を4回繰り返したら(2時間)長いインターバルをとる。ちなみに、この4回(2時間)を1ポモドーロと呼びます。
  5. タスクが終わるまで続けるか、4ポモドーロ程度で終わりにしましょう。

いかがでしたか? 何も難しいことはありません。25分間の掃除(タスク)と5分の休憩(インターバル)を繰り返すだけです。片付けや掃除以外にも日々のお仕事や勉強でも効果的なので、ぜひさまざまなものに取り入れてみてください。

2-2.ながらテクニックを取り入れる

ながらテクニックというのは、その名称どおり『何かをしながら何かを行う』というテクニックです。ながらテクニックを使うと本来は苦痛だったり苦手だったりする作業でも比較的楽に行うことができます。

ながらテクニックではその特性上、ほかのことをしても支障にならないことをするのがポイントです。たとえば歌を歌いながらですとか、音楽を聴きながら、軽いダンスをしながら、テレビやラジオを聞きながら行う方法が挙げられます。

特におすすめなのはイヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながら片付けを行うことです。好きな音楽を聴くことでテンションが上がるだけでなく、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くことで雑音が聞こえづらくなるので集中力が上がります。掃除の際に掃除機をかけると、大きな騒音が耳に障ることがあるでしょう。しかし、この方法ならそのいらいらも最小限に抑えることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は片付けで不要なものを捨てるコツを中心にご紹介しました。

  1. 捨てるときの判断基準とは?
  2. やる気を落とさないためのコツとは?

たかが片付けされど片付け。単純な作業でしかかない片付けも実は意外と奥が深いものです。非効率にやっていてはいつまでたっても終わらず、いたずらに体力を消費するだけでしょう。今回の記事を参考に、より効率的な片付けを行ってくださいね。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス