リフレッシュしたい人必見!模様替えする時のレイアウトのコツ3つ


最近何だか楽しくない、仕事もプライベートもマンネリ化してきた…そんなとき、おすすめなのが「部屋の模様替え」。家具のレイアウトによって、部屋のイメージをがらりと変えることができ、リフレッシュした気分になれます。新しい仕事のアイディアや、プライベートの新たな動きなども期待できるかもしれません。でも、部屋のレイアウトを決めるのには、ちょっとしたコツがあることをしっていますか。早速ご紹介しましょう。

  1. 模様替えで部屋を広く見せるレイアウト
  2. 入り口付近にソファーを置くのはNG
  3. 家具を選ぶときは、床と壁の色との相性と大きさを考えて選ぶ

以上3つのポイントをふまえて部屋のレイアウトを考えれば、きっと、疲れをリフレッシュできるような、居心地のいい部屋ができるでしょう。

1.模様替えで部屋を広く見せるレイアウト

どうせ模様替えをするのなら、部屋を広く見せたいですよね。狭い方が、居心地がいいと思う方もいるかもしれませんが、日本の狭い住宅事情を考えると、なるべく広く見えた方が、居心地がいい部屋になります。人間は狭いところにずっといると、ストレスがたまってしまうことをしっていましたか。また、部屋に人を呼ぶときにも、狭い部屋だと居心地が悪く思われてしまいます。それに、部屋が広く見えるとすっきりとした気分になるので、リフレッシュ効果が大きいでしょう。部屋を広く見せるには、どうすれば良いか、そのポイントを紹介します。

1-1.低い家具を使うことで、部屋が広く見える

家具は、たとえば3段のカラーボックスであれば横置きにして使うなど、低く使うことがポイントです。2つに分けられるタンスなども、分けて使ってみましょう。圧迫感がなくなり、部屋が広く、すっきりと見えます。家具の高さが低いと、天井も高く見えるので、開放感が生まれ、さらに部屋は居心地のいい空間になること間違いなしです。高さは、立ったときの目線より低い高さにするのが目安。なるべく低いものを選ぶのがポイントです。
しかも、低い家具の上は、ちょうど良いディスプレー空間に。好きな小物やアクセサリーを飾るなどしてみましょう。また、花を飾るのも良いことです。こうした「潤い」を部屋にプラスすることで、部屋が何倍にも居心地の良い空間になるでしょう。

1-2.大きな収納家具はまとめることで部屋が広く見える

タンスや本棚など、大きな家具がある場合、まとめておきましょう。そうすることで、圧迫感がなくなり、部屋が広く見えます。大きな家具を分散しておくと、それだけで部屋が狭く見えてしまうことを忘れないでください。

2.入り口付近にソファーを置くのはNG

模様替えの際に、やってはいけない失敗レイアウトというのもあります。それが、「入り口付近にソファーを置く」こと。なぜなら、地震のときに、入り口付近に重い家具を置いていると、入り口をふさいでしまう危険性があるからです。入り口がふさがっていると、たとえば火災が起きて逃げようにも、逃げ切れません。
また、入り口付近にソファーを置くことで、入ってすぐに圧迫感があります。逆に、ドアを開けた瞬間に、目の前に何もないと、広々とした印象になるでしょう。部屋に入ってすぐの印象というのは、思った以上に大きいもの。ソファーはドアから遠いところに置きましょう。
また、入り口から見えないところに大きな家具を置くことで、部屋の圧迫感が減ります。ドアを開けた瞬間、圧迫感があるものが目に入らないと、広々とした印象に。ぜひやってみてください。

3.家具を選ぶときは、床と壁の色との相性と大きさを考えて選ぶ

新しい家具を買うときというのは、うきうきするものです。また、新しい家具を中心とした模様替えも心弾む作業でしょう。しかし、家具が一つ増えるだけで、部屋が狭く見えることもある他、時には大きな致命傷にもなりかねません。家具を選ぶときのポイントを紹介します。

3-1.床と壁の色を見て、新しく家具を選ぶこと

買おうと思っている家具の種類が何であろうと、家具の「色」を考えることは大事なことです。床、それに壁の色と相性の良い色のものを買いましょう。家具の色は、一つでも部屋の印象を左右します。また、大事なことは、床と壁の色が持つ相性の他に、「好きな色」を選ぶということも大事なことでしょう。相性ばかりに気をとられて、好きな色を選べなければ、買ってからストレスを感じてしまいます。好きな色を選ぶことができれば、少々色の配分がおかしくても、気にならないものです。床と壁の色との相性、そしてどんな色が好きかということを思いながら、家具を選びましょう。

3-2.新しく家具を買うとき、大きな家具は避けること

大は小を兼ねる、これは家具を買うときには当てはまりません。特にリビングの収納は、高い棚などを選ぶと、部屋が狭く感じてしまいます。大きな家具でないと収納が足りないと思う場合は、そもそも「持つ量」が適切なのかを考えてみましょう。1年以上使っていないものはありませんか。何となくとっておいているものがあるならば、この機会に捨てるのが賢明です。ものを捨てるときのポイントは、「捨てるもの」を決めるのではなく、「とっておきたいもの」を決めること。そういう視点で部屋を見渡すと、「捨てたい」と思うものが多く感じませんか。
大きな家具は、捨てるときにも大変です。分解して捨てるしかなかったり、軽トラックで運んで捨てに行く必要があったり、買うときよりも何倍もの労力が必要になるでしょう。また、地震などの災害時に倒れる危険性を考えると、低い家具、小さい家具を選んだ方が安全です。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、模様替えするときの、レイアウトのコツを紹介しました。

  1. 模様替えで部屋を広く見せるレイアウト
  2. 入り口付近にソファーを置くのはNG
  3. 家具を選ぶときは、床と壁の色との相性と大きさを考えて選ぶ

以上の3つのポイントを押さえて模様替えに挑むことで、疲れて帰ってきたときでも、心と身体をリフレッシュできるような部屋ができることでしょう。マンネリ化してきた仕事やプライベートに新しい風を吹き込むためにも、すっきり広々とした部屋に模様替えすることは有効です。ぜひ実行してみてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス