トラブルが付きもの??知っておきたいオークションの実態


自分には不要になったものでも、誰かには必要な場合があります。まだキレイだけどデザイン的に着られない服、読み終わった本から、家具や家電などはオークションに出品するのもいいでしょう。売り主は利益がでて、買い主は安い価格でほしいものが手に入るというお互いにメリットのある取り引きですが、知らないもの同士でお金が絡むこともありトラブルになるとこも珍しくありません。そこで、今回は起こりがちなトラブルや、事例、回避方法などを詳しくみていきたいと思います。

  1. オークションの仕組み
  2. オークションの問題点
  3. オークションで起こりがちなトラブル
  4. オークション以外の選択

1.オークションの仕組み

一般の人になじみが深いのは「インターネットオークション」ではないでしょうか?インターネット上で行われるオークションの総称で、Yahooが運営しているヤフオクや、楽天の楽天オークションが有名です。仕組みは一般的なオークションと同じで、出品者が決めた金額からスタートし、決められた入札期間内に最高額をつけた利用者に商品購入の権利が与えられます。パソコンやスマホが普及したことにより、利用者が増えさまざまなものやサービスも売られており、新しい買い物の形を作り上げているといえるでしょう。

2.オークションの問題点

2-1.匿名性

オークションにはさまざまな利点がありますが、問題点も存在します。その一つが匿名制です。自分の情報が公開されないかわりに、相手の情報を知ることができない仕組みで、取り引きするにあたって信頼できる相手なのかは取り引きがすべて終了するまでわかりません。

2-2.クレーム

写真や説明文で商品について説明をし、相手も納得の上で入札しているはずなのですが、「思ったものと違う」「細かい傷について記載がない」といったクレームが発生することも多くあります。自分の見解と相手の受け取り方には相違があることを念頭に対策を立てることが必要です。

2-3.郵便トラブル

発送には宅配業者を使用しますが、ここもトラブルが発生しやすいポイントです。誤配送や紛失から、配達中の扱いによる破損、配送料に関するものまで、さまざまなトラブルが報告されています。こちらに落ち度がなくても、落札者にとっては商品が届かないことに変わりはなく、保証のない発送方法の場合には返金を求められるといったトラブルになりかねません。

2-4.ウイルスに感染する危険

オークション取り引きで不特定多数とのやり取りをする場合、ウイルスに感染したメールを開いてしまうリスクがあります。ウイルスソフトやメールチェックサービスに登録するなどの対策や、明らかに怪しいメールは削除するなど自衛することが大切です。

3.オークションで起こりがちなトラブル

3-1.入金トラブルとは?

落札者はオークションで決定した金額と送料を足した金額を指定の口座に振り込み、確認後に商品を発送といった形が一般的です。しかし、入札によって決まった金額に対して値段を下げる交渉を持ちかけてくる場合や、いつまでたっても入金しないといった場合もみられます。また、一方的な金額を入金し、入金をしたので商品を発送してほしいと連絡がきて対応に苦慮するといった例もあり注意が必要です。

3-2.送料トラブルについて

発送でトラブルが起きやすいのは送料の誤差です。トラブル防止のため、あらかじめ「送料は発送方法にかかわらず一律500円。」などと、明記しても到着した商品の送料をチェックして差額を返金してほしいと連絡が来ることもあります。また、説明文に発送方法を記載し変更を認めないとしても、落札後に変更依頼が来るといった場合も珍しくありません。当初から説明文に記載がある場合、納得の上で入札してるというのが大前提ですが、そう捉えていない入札者もいらっしゃいますので注意が必要です。

3-3.キャンセルトラブル

落札者が確定し、こちらから連絡をしても音沙汰がない。落札をキャンセルされ次点の繰り上げをしなければならず利益が減るといったトラブルもあり、落札イコール取り引きが完了というわけには行かないこともあります。

3-4.郵便事故

確実に発送したにもかかわらず、業者が配送先を間違えた、ほかの荷物に紛れて紛失した、配送中の扱いが元で破損したなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。特に保証無しの発送方法を選択している場合にトラブルになりやすく、確実に発送しているにもかかわらず返金しなければならない場合や、相手から詐欺ではないかと疑われた事例も少なくありません。

4.オークション以外の選択

不要品を高値で処分できる可能性のあるオークションは魅力的ですが、リスクもあります。リスクをとってまでオークションに参加するのは抵抗がある方も多いでしょう。では、ほかにはどんな不要品の処分方法があるのか、いくつかの例をみていきましょう。

4-1.フリーマーケット

処分したいものが衣服や小物、本など小さいものばかりで運搬方法があるならフリーマーケットもおすすめです。自分で価格を決め、その場で売買が成立するためオークションのようなトラブルは起こりにくいでしょう。

4-2.ガレージセール

引っ越しなどで大きなものを処分したい場合や、移動手段がない場合にはガレージや玄関前に商品を並べ売ることも考えられます。欧米では一般的な方法ですが、日本ではなじみがありませんが試してみるのもいいでしょう。

4-3.不用品回収業者

大きな家具や電化製品がある場合や、時間的に余裕がなく早めの処分を希望する場合には最適の方法です。無料で見積もりもでき、指定に時間に家まで引き取りに来てくれるので忙しい方でもストレスなく対応することができます。

まとめ

不要品を高値で処分するためにオークションは最適の場所ですが、トラブルがあることも否定できません。オークションの問題点は

  • 匿名性
  • クレーム
  • 郵便トラブル
  • コンピューターウイルスに感染する危険

具体的なトラブルとして、

  • 入金トラブルや送料トラブル
  • キャンセル
  • 郵便事故

などがあります。

オークション以外に、不要品を処分する方法として、

  • フリーマーケット
  • ガレージセール
  • 不用品回収業者

があり、それぞれに特徴がありますが、時間のない方や人前にでて交渉するのがおっくうな方には不用品回収業者に頼むのが最善の策かも知れません。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス