寒い冬に重宝するストーブの寿命や故障を見極めるサインを知ろう!


寒くなってくると、ストーブを出そうかなと考え始めますよね。一般的にストーブといえば、石油ストーブを使用する家庭がほとんどでしょう。ほかにも、電気・ガス・薪(まき)を燃料にしたストーブもあります。厳しい冬がやってくる前に、ストーブの状態が良好か、きちんと確認しておくことが大切です。
「ちょっと調子が悪いけれど、使えているから大丈夫かな」
火を使うストーブは不具合があるまま使っていると、事故や火災の原因にもなります。
家電製品は、必ず寿命があるものです。
ストーブの寿命は何年くらいなのか、長く使っているとどのような不具合が出てくるのか、知識として覚えておくと安心でしょう。

  1. ストーブの寿命
  2. ストーブの主な故障
  3. 寿命が近いと起こる故障
  4. ストーブを長く使うための手入れ
  5. まとめ

1.ストーブの寿命

調子が悪いストーブは、寿命が近い可能性があります。長年愛用してきたストーブは、誰でも当たり前のように使い続けると思っていることでしょう。
しかし、ストーブも家電製品の1つ。調子が悪いなと感じたら、買い替えを検討する時期に来ているはずです。
ここでは、ストーブの寿命についてご紹介しましょう。

1-1.6年が目安

家庭でのストーブの役割はとても重要です。帰宅した後や起床したとき、エアコンより部屋全体を暖めるのが素早く、大変重宝しますよね。
ストーブの寿命は、6年が目安。手入れをきちんと行い、10年近く使えたという方もいらっしゃいます。しかし、6年を過ぎたころからさまざまな不具合を感じることがあるようです。

1-2.部品保有年数

手入れをきちんとしていても、故障が起きた場合にメーカーに部品がないと、修理ができないことも考えられます。ストーブの部品を保有している期間は、製造から6年。ストーブのさまざまな故障が起こり始めるタイミングと同じですね。
ストーブの修理は可能ですが、高額な修理費用がかかることが予想されます。コスト面を考えて、修理よりも買い替えを検討する方が多いようです。

2.ストーブの主な故障

ストーブは、耐用年数の6年を過ぎたころから、さまざまな故障が出てくるようです。新しいストーブに買い替える目安とするためにも、起こりやすい故障を知っておくべきでしょう。

2-1.点火されない

よくある故障内容には、ストーブが点火しなくなったというものがあります。まずは、ストーブの状態を確認してみましょう。
燃料はきちんと入っているか・コンセントは差し込まれているか・フィルターの目詰まりはないかなどを確認し、問題がないことを調べてください。
異常がなければ、1度リセットしてから点火してみましょう。改善されない場合には、故障を疑う必要があります。
故障内容によっては、修理に高額な費用がかかるケースも。買い替えを検討する方が多いのも、このタイミングがほとんどでしょう。

2-2.異臭・音がする

ストーブの不具合の中で危険なのは、不完全燃焼です。使用中に異臭がしたり、異音がしたりして気づく方が多いのではないでしょうか? 
石油ストーブの場合、石油特有の臭さが目立ってくるようです。経年劣化によって、石油が漏(も)れ出す危険性もあるでしょう。
部品の磨耗などで、安全装置に異常が出ている場合もあります。自己判断せず、必ずメーカーに問い合わせするようにしてください。

3.寿命が近いと起こる故障

手入れが行き届いているストーブの場合、10年使えることもあります。しかし、さまざまな故障が現れ始めるのは、6〜7年を過ぎたころ。修理が可能であっても、最新のストーブの方が熱効率や燃費がいいため、買い替えた方が光熱費を抑えられるメリットもあるはずです。
寿命が近いとどのような故障が起こるのでしょうか?

3-1.熱効率の悪さ

部屋全体を暖めるのに最適なストーブ。経年劣化とともに熱効率がダウンしていきます。燃費が落ちて、燃料代が今まで以上にかかるようになったと感じ始めたら、寿命を迎えるサインです。
光熱費削減を意識して、ストーブを選ぶ方もいます。熱効率の悪さは、エコ志向の方にとって、買い替え検討材料の1つとなるでしょう。

3-2.燃料が漏(も)れる

事故や火災の原因にもつながる故障は、燃料漏(も)れです。経年劣化によるゴムホースの磨耗により、燃料が漏(も)れ出してしまう現象。大事故へ発展する危険性がある故障のサインは、見逃さずに運転を直ちに停止しましょう。
故障が増えてくる7年を過ぎたストーブは、ゴムホースが磨耗以外の部品で消耗も懸念されます。

3-3.電子部品の異常

コンピューター制御されているストーブの場合、液晶画面が表示されなくなることもあります。電子部品の異常は電源が入らなくなるなど、運転そのものができなくなるケースもあるコンピューター基盤の異常です。
電子部品も長く使っていると劣化していくもの。買い替えを検討する時期に来ていると判断していいでしょう。

3-4.運転が停止してしまう

寿命が近づくと、エラーが出て運転が停止するケースが頻回に起こることも。使用状態が安定しなくなり、内部機器の異常や劣化が心配されます。気づかないうちに立ち消えてしまっていることもあり大変危険です。
使用中に運転停止が起こるようであれば、無理に使い続けずに寿命を疑ってみましょう。

4.ストーブを長く使うための手入れ

長く使うためには、こまめな手入れが大切です。いかに定期的なメンテナンスをしてきたかで、使える年数に差が出てきます。
どのような手入れをしていけばいいのでしょうか?

4-1.シーズンが終わる前に燃料を抜く

前シーズンの燃料を入れっぱなしでしまっていませんか?内部で劣化した燃料を蓄えておくと、タンク内も劣化していきます。前シーズンの燃料をそのまま使うと、不完全燃焼や故障につながることをご存じですか?片づけるときに、燃料はきちんと取り除くか、もしくは使い切るようにしましょう。

4-2.ほこりや汚れはこまめに清掃

日々のお手入れで大切なのは、こまめな清掃を行うこと。フィルターに付着したほこりや汚れなど、目に見える範囲は丁寧に優しく取り除くようにしましょう。
すすやタールなどが付着した部品を取り外し、歯ブラシや雑巾で丁寧に掃除してから、しっかり乾かして使います。焦げた部分は、クレンザーを使うとすっきりきれいに落とせるでしょう。

5.まとめ

寒さが厳しくなるにつれ、ストーブの需要は高まります。素早く部屋を暖めてくれるだけではなく、光熱費を抑える目的でストーブを活用している方も多いはずです。

  • ストーブの寿命
  • ストーブの主な故障
  • 寿命が近いと起こる故障
  • ストーブを長く使うための手入れ

故障が出始めた古いストーブを無理に使い続けるより、最新のストーブの方が熱効率や燃費もよく、お得になることもあるでしょう。
故障内容によっては修理費が高額になる場合もあり、 買い替えた方が安く済むケースもあるはずです。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス