賃貸物件の原状回復のポイント!トラブルを回避したい人必見!


原状回復今回は、賃貸物件を退去するときに、トラブルになりがちな原状回復のポイントを解説します。
もしも、問題をこじらせてしまうと、金銭面だけでなく精神面にもしこりを残すことでしょう。
賃貸物件の原状回復でトラブルを起こしたくない人は、この記事の内容を把握すれば、問題回避できますよ。

  1. 始めに賃貸物件の原状回復のガイドラインを確認しよう
  2. 賃貸物件の原状回復でよくあるトラブルの例
  3. 賃貸物件の原状回復でトラブルを起こさないためのコツ
  4. まとめ

それでは、賃貸物件の原状回復について、基礎知識やトラブルを起こさないコツなど一緒に学んでいきましょう。

1. 始めに賃貸物件の原状回復のガイドラインを確認しよう

賃貸物件の契約が終了し、退去をする際には、原状回復を行うことが一般的でしょう。
しかし、原状回復については貸し主と借り主の間でトラブルが後を絶ちません。
まずは、原状回復のガイドラインを確認することから、始めましょう。

1-1.原状回復のガイドラインとは何か

“原状回復のガイドライン”とは、国土交通省から出されている、一般的な基準として「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」のことです。
具体的には、下記のような内容でまとめられています。

  1. 原状回復の定義について
  2. 賃貸物件の経年変化について
  3. 貸し主と借り主が負担する回復費用の考え方

賃貸物件の場合、物件契約時において、きっちりと決まりごとを設定するべきでしょう。
なぜならば、原状回復でトラブルに至る多くの場合、この最初の契約時の確認が不十分である点が否めないからです。
賃貸物件を契約するときには、貸し主と借り主の双方で、原状回復のガイドラインを基準に、必ず確認を取りましょう。

1-2.“原状回復のガイドライン”を基準にする理由

賃貸契約が結ばれた場合、その物件の“原状回復のガイドライン”については、貸し主と借り主の間で、合意が取れていれば良いのです。
双方が納得して契約を開始し、退去時に契約内容通りに原状回復を行えば問題ないでしょう。
しかし、実際には貸し主に不利な内容であることも多く、トラブルの原因となっているのが現状です。
借り主の無知を良いことに、客観的に見てもおかしな内容が指定されている例も、後を絶ちません。
実は、国土交通省から出されている内容については、法的な強制力はないのです。
ですが、契約する際の“原状回復のガイドライン”については、やはり国土交通省の考え方に沿って考えられるべきでしょう。

1-3.契約書に記載されている特約内容を確認する

さて、賃貸契約を結ぶ際の“原状回復のガイドライン”については、特約内容の確認も怠ってはいけません。
たとえば、「退去時の壁紙の張り替えとフローリングカーペットの交換費用については、借り主が負担する」のような内容ですね。
経年変化に伴う壁紙やフローリングカーペットの自然な汚れなどについては、決して借り主の瑕疵(かし)ではありません。
ですので、原状回復のためとはいえ、本来は借り主側が負担しなくても良い費用と考えられるでしょう。
ただし、上記のように契約書に特約として記述され、その内容について借り主が同意した場合は、除外されるのです。
原状回復の特約内容については、納得が行かない場合も多々あることでしょうから、必ず確認の上で、不明な点は協議するようにしましょう。

2. 賃貸物件の原状回復でよくあるトラブルの例

では、賃貸物件の原状回復について、実際にどのようなトラブルが多く発生しているかを見ていきましょう。
ほかの方が苦労された例を学ぶことは、トラブル回避のためにも必要ですよ。

2-1. 天井や壁などに付着したタバコのヤニ汚れのトラブル

借り主が愛煙家だった場合は、タバコのヤニ汚れが多くのトラブルの原因となっています。
契約書で完全禁煙と記されていない限りは、入居中の喫煙については何も問題ありません。
ですが、喫煙によって発生したヤニ汚れについては、原状回復の際に貸し主側からクリーニング代を請求される可能性が高いでしょう。
実は、タバコのヤニ汚れについては、国土交通省からの“原状回復のガイドライン”にも、通常使用の汚損を超えていると考えられるのではないか、とされています。
こうした公的な見解となっている以上、借り主側がタバコのヤニ汚れに伴う原状回復費用を負担するのは、回避しづらいでしょう。

2-2. ペットの飼育が可能な賃貸物件でのペット関連のトラブル

現在はペット飼育可能な賃貸物件も多く、それに伴って原状回復の点でも、ペット関連のトラブルが増えてきています。
ペットの飼育を許可しているからといって、ペット由来の傷や汚れ、臭いなどの問題がすべて問題ないわけではありません。
飼育上、想定外の大きな傷や汚れ、あるいは染みついた臭いを、原状回復するように求められる例もあります。
ペット飼育可能な物件については、特に契約書上の特約内容を確認しておかないと、思わぬ費用負担を強いられることになるので、注意しましょう。

2-3.子供が開けてしまった壁穴などのトラブル

子供のいるご家庭は、どうしても子供関連の汚れや破損が増えます。
賃貸物件でも、子供がつけたであろう壁穴や、フローリングの傷でトラブルを起こすこともあるでしょう。
ですが、まだ小さな子供が行ったことだから通常使用の範囲内では、という考えは通りません。
実際に、どの程度の穴や傷まで通常使用の範囲内と認められるか、については貸し主側の判断にもよります。
いずれにしても、子供の手の届く範囲の穴や傷防止対策は、しっかり行うべきでしょうね。

3.賃貸物件の原状回復でトラブルを起こさないためのコツ

賃貸物件の原状回復でトラブルを起こさないためには、ガイドラインなどの基礎知識を身につけたり、実際のトラブル事例を把握したりすることも大切です。
その上で、トラブルを自ら起こさないためのコツも学んでいきましょう。

3-1.賃貸契約する際に必ず原状回復について確認する

まず、賃貸契約する際に、必ず契約書上で原状回復に関する内容を確認すべきです。
多くの方は、賃貸料や契約期間などの確認には頭が回るのですが、退去時の原状回復条件についてまでは把握できていないことでしょう。
しかし、最初が契約は最初が肝心です。
原状回復についての貸し主の考え方に納得した上で、契約を結びましょう。

3-2.身に覚えのない汚れや破損はその場で証拠を取って連絡する

どう考えても、入居以降につけた覚えがない汚れや傷などを発見することもあります。
こうした身に覚えのない問題点は、その場で証拠を取って貸し主にすぐ連絡を取りましょう。
とにかく、気が付いた時点での報告をおすすめします。
提出する証拠としては、スマホのカメラでも良いので、画像で撮っておくと望ましいでしょう。
その際に、日付の記入も忘れてはいけません。
もしも、入居前に発生した問題であるならば、現在の貸し主の責任ではないのです。
冷静に証拠を提出して、貸し主側に連絡し、退去時のトラブルを防ぎましょう。

3-3.思わぬ汚れや破損でトラブルを起こさない工夫をする

経年変化で認められる部分があるとはいえ、賃貸物件なのですから、自らも汚れや破損を起こさないように使用するべきでしょう。
具体的には、重い家具の下には傷防止マットを敷く、キッチンには汚れ防止シートを貼って使う、などです。
タバコを吸われる場合や、ペットを飼育する場合も、できるかぎり入居時の状態を保(たも)てるように、できることはやっておきましょう。
こうすれば、退去時にも慌てることもありません。
さらには、不要な原状回復費用を請求されることもないでしょう。

4. まとめ

賃貸物件の原状回復で、不要なトラブルに見舞われないためのポイントを解説しました。
ここで、改めてトラブルを避けるコツをまとめてみましょう。

  • 契約時に必ず原状回復の内容について特約部分を含めて確認する
  • ほかの人がどんなトラブルを抱えたか前例を多く学んで回避する
  • 入居以降も不要な汚損などを作らないように予防する

上記のポイントに気をつけると、退去時にスッキリと、晴れやかな心で物件引き渡しができますよ。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス