処分前に必ず確認! ハードディスクを物理破壊する方法


古いパソコンを処分するとき、ハードディスクを破壊していますか? ハードディスクを処分しないと個人データが流出する危険があるのです。個人データが流れるとネットで悪用されます。
この記事でハードディスクの物理破壊方法を押さえて危険を回避しましょう。

  1. ハードディスクの役割
  2. ハードディスクの物理的な破壊方
  3. 業者に依頼して破壊する方法
  4. パソコンを処分する方法
  5. まとめ

1.ハードディスクの役割

パソコンパーツの一部であるハードディスク(HDD)。名前を聞くことはあっても、このパーツがどのような役割を持っているか知っているでしょうか。この項目にて確認しておきましょう。

1-1.ハードディスクはパソコンの最も重要なパーツ

ハードディスクは、パソコン内で操作・制作・運動するためのデータを蓄積する部分です。いわば心臓みたいなものとなります。このハードディスクが無いとパソコンは機能しません。
このハードディスクには、パソコンにて打ち込んだときのデータすべてが入っています。そのため、住所やパスワード、クレジットカードなど個人情報が詰まっているのです。パソコンを処分するとき、必ずデータ破壊や物理破壊をするようにします。

1-2.ハードディスクはどのように処分する?

パソコンは、一般的な不燃ごみや粗大ごみとして捨てられません。パソコンを捨てるときは、家電リサイクル法に従って捨てるようにします。自分で処分できないときは、家電店や専門店などに依頼することにしましょう。
また、自分でパソコンを分解すれば処分できます。ハードディスクをパソコンから取り出した後は、不燃ごみとして処理しましょう。ハードディスク自体を細かく分解すればデータ流出も心配ないですよ。

2.ハードディスクの物理的な破壊方法

自分でハードディスクを処分するときは、きちんと物理破壊を行います。その方法について押さえておきましょう。

2-1.パソコンを分解してハードディスクを取り出す

パソコンを分解してからハードディスクを取り出します。パソコンからハードディスクと取り出すとき、フタには「トルクネジ」という特殊なネジが使われていることがあるのです。そのため、「特殊ドライバー」という工具を用意しておきましょう。
ネジを外すときは、見えないネジも外していきます。シールの裏側などに隠れているので注意しましょう。

2-2.取り出したハードディスクを壊す

ネジを外した後、ハードディスクをパソコンから取り出します。ハードディスクは、銀色の「プラッタ」という円盤に囲まれているもの。そのプラッタも取り外しましょう。
プラッタは簡単に取れないことも多いのでドリルなどを使います。ペンチで取り外すこともできるので試してみましょう。取り外して分解すれば不燃ごみとして処理できます。

3.業者に依頼して破壊する方法

自分でハードディスクの破壊ができない場合は、業者などに依頼するようにしましょう。この項目にて紹介します。

3-1.業者にて物理破壊を行ってもらう

パソコン専門店や処分業者では、ハードディスクの物理破壊を行っているのです。自分で破壊できないときは依頼を検討しましょう。専門の物理破壊装置を使って破壊してくれます。
ハードディスクの依頼をすればパソコンも一緒に破壊してくれるのです。パソコンすべて処理したいときは検討しましょう。

3-2.証明書を発行してくれる

パソコンのデータ消去サービスをしている業者は、データを壊した後に証明書を発行してくれます。きちんと物理破壊を行った証明になるので発行してもらいましょう。業者によっては事前に希望を聞かれます。

4.パソコンを処分する方法

ハードディスクを処理するときは、パソコンも一緒に処分しましょう。その方法についてまとめました。

4-1.自分で分解して処分する

パソコンを自分で分解して処分する方法です。パソコンを自分でこまごまと分解すれば不燃ごみ・粗大ごみとして処理できます。また、各パーツを専門店にて売ることもできるので検討しましょう。
ハードディスクは物理破壊を行って不燃ごみとして処分します。また、ごみとしてだけでなくバックアップ用として保管もできるのです。

4-2.パソコン専門店・家電店にて処分してもらう

パソコン専門店・家電店にて新しいパソコンを買ったとき、下取りとして処分してくれます。古いパソコンやハードディスクのデータ移行ができた後は、下取りとして処分してもらいましょう。
店によっては下取りのサービスが無い場合もあります。費用をプラスすれば処分を行ってくれる場合もあるので聞いてみましょう。

4-3.不用品回収業者に依頼する

パソコン・ハードディスクを簡単に処分したいときは、不用品回収業者に処分を依頼します。不用品回収業者ならば自分で分解せずともすべて行ってくれるので便利です。
不用品回収業者では、回収サービスも行っています。自分で回数業者の元に行かずとも家まで取りに来てくれるのです。また、処理したいパソコンを業者に送れば処分してくれます。
取りに来てもらう場合は、自分で日にちを設定できるのです。自治体のごみ回収と違って自分のタイミングで捨てられるのがメリット。また、ハードディスクの物理破壊を行ってくれるサービスもあるのです。パソコンを処分してもらうときは、ハードディスク処分がある業者に依頼しましょう。

4-4.自分でパーツを販売する

自分でパソコンを分解したときは、処分するだけでなくパーツを売買できます。ハードディスクを取り出すついでにパソコンを分解しておきましょう。
パソコンのパーツは、年を追うごとに高性能化しています。あまりに古いものは値が付かないと思いましょう。しかし、レアパーツや人気商品であれば高値が付きます。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事では、ハードディスクの物理破壊についてまとめました。
パソコンのハードディスクは、データ保存を行う大事な部分です。そのため、しっかりと保存しなければ個人情報が流出する可能性があります。
ハードディスクは、自分で取り出して物理破壊できるのです。各工具を使いながら自分で取り出しましょう。取り出したハードディスクは、不燃ごみ・粗大ごみとして処分できます。また、予備のデータ保存ディスクとして保管できるのです。
どうしても物理破壊できないときは、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス