余った灯油の処分方法を知りたい人必読!灯油を安全に処分する方法!


春になると、余った灯油の処分に困る人が増えますね。
冬の間は余ることなく使う灯油も、春になるとどうしたら良いのかわかりません。
今回は、余った灯油の処分方法についてまとめてみましょう。

  1. 余った灯油の処分方法を紹介
  2. 灯油を暖房目的以外で使うアイデア
  3. 灯油を処分するときの注意点
  4. まとめ

この記事を読むと、余った灯油の処分方法について理解が深めることができますよ。

1.余った灯油の処分方法を紹介

まずは、余った灯油の処分方法を紹介しましょう。
少量の場合と大量の場合で、それぞれ適切な方法がありますのでご覧くださいね。

1-1.余った灯油が少量の場合

余った灯油がごく少量の場合は、自分で処分することも可能です。
具体的に、どんな処分方法があるか見ていきましょう。

1-1-1.新聞紙に吸わせて燃えるごみに出す

余った灯油がごく少量だけの場合は、まず新聞紙に吸わせましょう。
灯油を吸わせた新聞紙への引火を防ぐために、さらに濡(ぬ)れた布や新聞紙で包んでからポリ袋に入れて燃えるごみとして出してください。
ただし、ごみに出すときは臭(にお)いの問題も含めて、周りの迷惑にならないように注意することも心がけましょう。

1-1-2.自宅の敷地内の土に埋める

自宅が持ち家で、土の庭がある場合は少量ならば土に埋める方法もあります。
まず、土に50センチぐらいの深さで穴を掘りましょう。
そこに、灯油を流し込んで穴を掘ったときの土と混ぜます。
さらに、上から土をかぶせておくことを忘れないでください。
自宅以外の土の中に埋めることは、禁止されています。
また、土にきちんと混ぜないで灯油を流し込むと土の中で分解しにくくなってしまいますので、注意してください。

1-1-3.近所の人にあげる

自宅ではもう使わない灯油でも、近所の家で必要としている場合があります。
余った灯油の量が暖房に使ったときに1回分か2回分程度の量ならば、仲の良い家の人に、灯油を必要としていないか聞いてみましょう。
もらってくれる場合は、安全のために灯油はタンクに入れたままで渡してください。
タンクごとあげても良いし、灯油を使った後にタンクだけ回収しても良いでしょう。

1-2.余った灯油が大量の場合

余った灯油が大量にある場合は、個人で処分するのは難しいでしょう。
大量に余った灯油は、業者に引き取ってもらう方法が現実的ですよ。

1-2-1.ガソリンスタンドなどに引き取ってもらう

ガソリンスタンドなど、灯油を販売している業者に余った灯油を引き取ってもらうと安心です。
近くのガソリンスタンドなどに、灯油を引き取ってもらえないか相談してみましょう。
ただし、灯油は危険物として扱うので引き取ってくれるところは限られているはず。
もしも、近くにガソリンスタンドなどの灯油販売業者がなくても、インターネットで探すなどしてみましょう。

1-2-2.不用品回収業者に引き取り依頼をする

余った灯油が大量にある場合は、不用品回収業者に引き取りを依頼する方法も考えましょう。
不用品回収業者の中にも、灯油の回収を扱うことができる場合があります。
すべての業者で灯油の回収が可能ではありませんが、問い合わせてみる価値はあるでしょう。
不用品回収業者に余った灯油の処分を依頼できると、運ぶ手間が省けるほかにも自分で持ち運ぶときの不安も消えます。
安全に灯油を処分するためにも、不用品回収業者の活用を考えてみてください。

2.灯油を暖房目的以外で使うアイデア

灯油も、暖房目的以外の使い道はないのでしょうか。
ここでは、暖房目的以外で灯油を使うアイデアをご紹介しましょう。

2-1.雨の日の室内乾燥用に

余った灯油は、雨の日の室内乾燥用として使うことをおすすめします。
暖かい部屋は空気が乾燥しやすいために、洗たく物もよく乾燥するでしょう。
また、梅雨(つゆ)の時期になると、冬でなくても少し肌寒いと感じることもありますね。
洗たく物も乾く上に、室内の肌寒さの解消にもなるので一石二鳥と言えるでしょう。
梅雨(つゆ)の時期に灯油を使い切ることができれば、品質的にも問題ありませんので良いですよ。

2-2.少量なら機械部品のクリーニングに

ごく少量の灯油の場合は、機械部品のクリーニングにも使用できます。
機械部品について油汚れは、灯油を使うことで見違えるほどきれいになるでしょう。
サイクリングが趣味の人や、バイクに乗ることが楽しみな人は、灯油を機械部品のクリーニングに使う方法が良さそうですね。
ただし、機械部品のクリーニングに使うときであっても火の気と換気に十分注意しましょう。
クリーニングに使った後の灯油類は、ぼろ布や新聞紙などで吸い取ってから引火しないようにした状態で可燃ごみに出してくださいね。

3.灯油を処分するときの注意点

灯油は、危険物の扱いになります。
灯油を処分するときに気を付けるべき、注意点を確認しておきましょう。

3-1.火の気がないところで行うこと

灯油は、揮発(きはつ)しやすく、また引火しやすい性質があります。
処分するときも、火の気がないところで行うことを忘れないでください。
近くでたばこを吸ったり、ライターやマッチを使ったりする場所では、灯油の処分は行わないようにしましょう。
ガスコンロなどの火も、注意してくださいね。

3-2.換気に注意すること

灯油を処分するときは、換気に注意することも忘れないでください。
灯油の臭(にお)いだけでも、気分が悪くなる人もいます。
また、室内に灯油が揮発(きはつ)した成分がこもることは、望ましくありません。
灯油を処分するときには、窓を開けたり風通しを良くしたりなど、換気に十分注意してくださいね。

3-3.排水溝などにそのまま流さないこと

捨てるのが面倒だからという理湯で、排水溝などにそのまま灯油を流さないでください。
排水溝などに流された灯油は、そのまま下水として河川に流れ込んでしまいます。
すると、灯油は水面に膜(まく)を張ったように広がるので生き物たちが酸素不足になって死んでしまう原因に。
また、河川に流れてしまった灯油は火が付きやすい状態でもあるので大変危険です。
とにかく排水溝に灯油を流すことは、絶対にしないでください。

4.まとめ

さて、余った灯油の処分方法について納得いただけたでしょうか。
今回お話した内容を、まとめておきますね。

  • 余った灯油の処分方法を学ぶ
  • 暖房以外の目的で灯油の消費を試す
  • 灯油を処分するときの注意点を学ぶ

記事を参考にして、余った灯油を安全に処分してくださいね。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス