自転車の音が気になる人必見!原因と対処法を紹介!


自転車からキーキーと音

自転車からキーキーと音がしてうるさい…。
そんな悩みを抱えていませんか? ブレーキをかけたときにすごい音がしたり、こいでいるだけでずっと音がしていたり…という症状に悩まされている人は多いです。そこでこの記事では、自転車がうるさい原因や対策法をご紹介していきます。自転車の異音で悩まされている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 自転車がうるさい原因とは?
  2. 自転車の音がうるさいときの対策法
  3. 音がうるさいからといって油をさすのはNG?

1.自転車がうるさい原因とは?

自転車がうるさい原因

自転車をこぐとキーキー音がする、ブレーキをかけたときの音がひどい…など、自転車の音に関する悩みを持つ人は多いです。しかし、何かしら対策をしようにも、原因がわからなければ何もできませんね。そこで、ここでは自転車がうるさい原因についてご紹介していこうと思います。

1-1.チェーンが原因となっている

自転車がうるさい原因の1つとして挙げられるのが、チェーン部分の劣化です。普段は特にうるさくないのに、ライトをつけた途端音がうるさくなったり、雨などで濡(ぬ)れた自転車をこいだときに異音がしたりすることはありませんか?
これらは、チェーンに汚れがたまっていたり劣化していたりすると起こるものです。定期的にチェーンのメンテナンスを行って、異音が発生してしまうのを防ぐようにしていきましょう。

1-2.ブレーキが原因となっている

こいでいるときは何ともないのに、ブレーキをかけた瞬間「ギギギィー!」とものすごい音がしてしまう…。こんな症状に悩まされている人も多いでしょう。このように、ブレーキをかけたときに異音がする場合、ブレーキに原因がある可能性が高いです。ちなみに、自転車のブレーキは前輪と後輪、どちらにもついています。どちらか一方が劣化していることで異音が発生することもあれば、両方劣化していることもあるでしょう。ブレーキをかけたときの音がひどい場合は、早めにブレーキのメンテナンスをしてください。

自転車がうるさいのはチェーンやブレーキが原因になってるんですね。
そうですね。原因に合わせて正しく対策を行なっていく必要があります。

2.自転車の音がうるさいときの対策法

自転車の音がうるさいときの対策法

自転車の異音を解消したり、防いだりするためにはどのような対策をしていけば良いのでしょうか。ここでは、自転車の異音に対する対策法についてご紹介していきます。

2-1.チェーンの対策について

とにかく、定期的なメンテナンスを心がけましょう。チェーンをメンテナンスするときに注目してほしいのは、「汚れがたまっていないか」と「チェーンがたるんでいないか」ということです。チェックしてどちらかに該当している場合は、適切な方法で汚れを取ったりたるみを解消したりしていきましょう。

チェーンが汚れていた場合

チェーンに汚れがある場合は、専用のお掃除グッズを使って汚れを取り除いてあげましょう。チェーンの汚れを取る場合、手が汚れてしまったりケガをしてしまったりする危険性も高いです。そのため、必ず軍手をした状態でお掃除するようにしてください。

チェーンがたるんでいた場合

メンテナンスをしてみて、チェーンがたるんでいた場合はたるみを解消するための修理を行いましょう。チェーンのたるみを直すにはまず、後輪にある車輪を止めているナットとブレーキネジをゆるめます。その後、チェーン調節ナットを締めながらほどよい張り具合になるようにチェーンを調節しましょう。このとき、ちょうど良いゆるみ具合は上下1センチ程度です。チェーンを調節したら、ブレーキネジと車輪止めナットを締めてください。以上が、ゆるみ調節の流れとなります。ただし、ゆるみの調節は初心者がやると失敗することもあるため、注意が必要です。自分でやるのは自信がないという場合は、専門の人にお願いするようにしてみましょう。

2-2.ブレーキの対策について

ブレーキをかけたときだけうるさい音がするという場合は、ブレーキのメンテナンスを行う必要があります。まずは前輪と後輪、どちらから異音がしているのかを確認しましょう。確認したら、それぞれに合った方法で対処していきます。

前輪から異音がする場合

前輪のブレーキにゴミなどの汚れがついている場合は、それをキレイに取り除きましょう。ここの汚れはなかなか手ごわいものであるため、クレンザーや台所洗剤などを使って磨くのがおすすめです。ただし、成分に油分が含まれている洗剤を使うのはNGなので、注意しましょう。油分が含まれているものを使ってしまうと、ブレーキが滑りやすくなってしまうため、いざというときにブレーキがききにくくなってしまいます。
ブレーキの汚れを落としても異音がおさまらない場合は、ブレーキシューを削りましょう。ブレーキシューを取り外したら、そこに付着している汚れを取り除きます。長く自転車を使っていると、ブレーキシューの表面が摩擦熱によってツルツルになっている可能性が高くなるのです。その場合は、ヤスリなどで表面がザラザラの状態になるようにしてください。これでも異音がおさまらない場合は、ブレーキシューの角度を変えてみましょう。取り付け部分にあるステーをペンチ等でよじれば、角度を変えることができます。ただし、このとき力を加え過ぎるとブレーキのききが悪くなってしまう可能性があるため、注意しましょう。

後輪から異音がする場合

一般的な自転車の場合、後輪にあるブレーキは前輪にあるものとまったく違います。そのため、パッと後輪を見ただけではブレーキがどこにあるのかわからない人も多いでしょう。後輪のブレーキはバンドブレーキというのですが、これは後輪の軸部分に付属しています。形は円盤のようなものです。この後輪ブレーキは、前輪のブレーキと違って素人が簡単にメンテナンスできるものではありません。そのため、後輪から異音がしている場合は、自転車を専門で取り扱っているお店に持っていくのが良いでしょう。

なるほど!これで場所ごとの対策がよくわかりました。
こういった不具合はどうしても発生してしまうものです。定期的にチェックするようにしましょう。

3.音がうるさいからといって、油をさすのはNG?

ブレーキの対策について

金属音がうるさいときや、錆(さび)による不調が出ている場合、「注油すれば直るんじゃないか」と考える人は多いでしょう。確かに、自転車も場所によっては注油することで動きをよくしたり、異音を解消することができます。しかし、自転車には「油が付着するとダメな場所」があるため、むやみやたらに注油をしてしまうのは危険です。自転車で油が付着してはいけないとされているのは、タイヤなどゴム製品が使われている部分なので、このような部分に油がつかないように気をつけましょう。万が一ゴム製品に油が付着してしまうと、滑りやすくなってしまいます。その結果、自転車が本来の機能を果たせなくなってしまうため、大変危険なのです。注油をするときは自転車の構造をしっかり調べて、ゴム製の部品があるところに付着しないよう、気をつけてください。不安な場合は、自転車専門のお店でやってもらうのがおすすめですよ。

油をさしていい部分とダメな部分があるんですね。
専門知識のない素人が自分でやるのはとても危険でしょう。ショップに依頼するのが安心ですね。

まとめ

自転車がうるさい原因のまとめ

自転車がうるさい原因と対策法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? 自転車は誰でも手軽に乗れるもので、お出かけや運動をするのに便利なもの。しかし、定期的なメンテナンスを怠っていると、各部品がどんどん劣化していき、異音につながってしまうようになります。自転車がうるさいのは、自分自身にとってもストレスですが、周囲の人にとっても迷惑になることがあるため、注意が必要です。特に、交通量の多い場所などで歩行者が音にびっくりしてしまったりすると、思わぬ事故につながる可能性も高くなります。そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、自転車の異音に気付いたらこまめにメンテナンスをするよう心がけていきましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス