いらない包丁の処分方法は?切れ味を復活させる方法と一緒に紹介!


日々、生活していれば自然と不用品が出てきます。壊れたから・買い替えたから・古くなったからなど。理由はさまざまで、それぞれに処分方法があります。そんな中、包丁がいらなくなったときどのように処分するのでしょうか?処分に困りずっと捨てずにしまってある人も多いのでは?今回は包丁の処分奉納に関してお教えします。同時に、切れなくなった包丁の切れ味を復活させる方法も伝授!

  1. 包丁の処分方法
  2. 処分する際の注意点
  3. 包丁の切れ味を復活させる方法

1.包丁の処分方法

包丁やナイフを処分する方法は、大きく分けて2つあります。それぞれの処分方法を詳しく説明しましょう。

1-1.自治体の回収に出す方法

包丁の処分といえば自治体の回収に出すのが一般的です。不燃ごみとして回収してくれるため、フライパンやほかの調理器具などと一緒に処分することが可能。自治体によってルールは違いますが、通常はダンボールやタオルで包み危険のないようにして出します。その際、不燃ごみ専用の袋の中にいれずに別にするよう指定されている場合が。これは、回収するスタッフがけがをしないように配慮しているため、必ず守るようにしましょう。適当にほかの不燃ごみと混ぜていれてしまうと、突き出てくるなど大けがの元です。

1-2.不用品回収業者に回収してもらう方法

たとえば、質の良い刃物や未使用品・まだ使える包丁であれば買取しててもらえる可能性があります。必ずしもごみになるというわけではないので、捨てる前に一度確認してみてもいいでしょう。もちろん、不用品回収業者ならごみとしての包丁も引き取ってくれます。処分費用は業者により違いますので、事前に数社見積もりを用意するといいでしょう。

自治体に出したほうが費用は安くすみますが、出すときに少し手間がかかります。手間ひまをかけたくない人は、回収業者に依頼する方法が最適です。危険に配慮し、自治体の手順を守れるなら不燃ごみに出しましょう。

2.処分する際の注意点

先にも少し記載しましたが、危険のないように配慮することです。最低でも刃の部分を保護して切れない状態にしておきましょう。ダンボールで挟みガムテープで巻くといいですね。不燃ごみに出すなら、「包丁がここにありますよ」とひと目でわかるようにしておくことがベスト。

もし、処分したい包丁が大量にある場合、不燃ごみに出してもいいですが回収業者に依頼した方がいいでしょう。調理関係など使わない刃物を大量に処分したいなら、刃物の買取を専門としている業者もあります。基本的に不用品回収業者であれば必ず引き取ってくれますので、そちらに相談しましょう。自治体の不燃ごみとして処分する方法は、あくまでも1本・2本程度の廃棄を想定しています。金属として再利用可能な場合も。できるなら、資源は有効に活用したいですね。

ほかにも注意すべき点があります。そのへんに不法投棄しないこと。当然といえば当然ですが、面倒という理由でそのへんに捨ててしまう人もいます。もし、それを拾った変質者が事件を起こしたら?そう考えると怖いですね。子供が見つけてけがをする可能性もあります。もし、捨てた本人がわかれば責任問題にもなりかねません。あくまでも、正しい処分方法を守るように注意しましょう。不用意に持ち歩くことも厳禁です。たとえば、今から回収業者に引き取ってもらうために携帯していたとしても、それが証明できなければ銃刀法違反になる可能性がゼロではありません。正当な理由なく刃物を持ち歩くことは禁止されていますので、その点もご注意ください。

3.包丁の切れ味を復活させる方法

刃先がかけてしまった、折れてしまったとなると処分するほかないでしょう。しかし、切れ味が悪くなった程度なら処分する必要はないかもしれません。切れ味を復活させる方法をお教えしましょう。

3-1.まずは切れ味を確認

どれくらい切れ味が鈍っているのか確認してみましょう。切れ味を確認するにはトマトを切ってみるとわかりやすいと思います。新品のときは、トマトが切られたことに気がつかないのでは?と思うほどなめらかに切れますね。しかし、使い込むうちに徐々に切れ味が落ちてしまう。断面が潰れてしまっているなら、切れ味が落ちてきているといえるでしょう。

3-2.包丁の研ぎ方(陶器を使う)

普通に考えれば「砥石(といし)」を使って包丁を研ぎます。しかし、そんなものを常備している家庭は少ないでしょう。そんな方に朗報です。とても身近なもので簡単に包丁が研げてしまうことを知っていますか?それは「陶器でできた食器の底」を使う方法です。食器を裏返したそこの部分に、数回こすりつけます。たったこれだけの方法で、包丁の切れ味が戻ってくるのですから驚きです。

3-3.包丁の研ぎ方(アルミホイルを使う)

陶器の食器がないという人でも、アルミホイルはほとんどのご家庭にあるのではないでしょうか。アルミホイルを重ねて、カッターで切るように包丁で切ります。すると、切れ味が良くなるのです。丸めたアルミホイルを切ってもいいでしょう。あまり切れ味が良くならない場合は、数回繰り返してみてください。

3-4.意外なもので包丁が研げる

上記の2種類は、なんとなく研げる理由がわかりますが、ほかにも意外なもので包丁が研げてしまいます。そのひとつが大根の頭部分。いつもなら捨ててしまう大根の頭部分に、クレンザーをつけて包丁を磨きます。クレンザーの研磨作用と大根の酵素パワーで、驚く程サビが落ち切れ味も復活でしょう。ワインのコルクも同じように使えます。切れ味と同時にサビも落としたいなら、一度お試しあれ。

まとめ

包丁の処分に悩まされ、つい捨てずにいた人も意外と簡単に処分できることがわかったと思います。包丁やナイフは危険物ということもあり、ためずに不要になったときにサッと捨ててしまいましょう。小さなお子様やペットがいるご家庭ならなおさら。また、切れなくなったからと捨ててしまう前に、切れ味が復活する方法もお試しください。ただし、上記の方法で切れ味が戻らない包丁もありますのでご了承を。包丁は、きちんとケアをすれば長く使える調理器具です。処分することになっても、可能であれば回収業者に依頼し、その後再利用されることが理想でしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス