片付けられない女子必見!部屋をきれいに保つ7つの習慣を実践しよう


せっかくきれいに片付けた部屋なのにすぐに散らかってしまう・・。なんてお悩みを抱えている女子必見!部屋をきれいに保つのは、そんなに難しいことではありません。この記事でご紹介する7つの習慣を実践するだけで、掃除後の部屋をきれいに保つことができます。きれいに保つ方法、きれいに見せるコツを知っていれば、毎日の掃除も楽になることでしょう。
忙しくて掃除ができない人、片付けが苦手な人にぜひ読んでほしい記事です。

  1. 部屋が散らかる人の原因
  2. 片付けられない人の特徴
  3. 片付けのコツ~きれいに見せるポイント~
  4. きれいな部屋を保つ7つの習慣

1.部屋が散らかる原因

片付けても、片付けても、どうして部屋が散らかってしまうのでしょうか?原因を探っていきましょう。

1-1.ものが捨てられない

部屋が散らかる1番の原因は、ものが捨てられないことです。捨てられないから、使っていないものがどんどん部屋に溜(た)まります。片付けられない多くの女性に共通することですが、着ていない洋服、履けなくなった靴も捨てずにとっておく人が多いです。 ものが多すぎると、収納が足りなくなることはもちろん、整理整頓も上手にできなくなるでしょう。気づいたときには、部屋がゴミ屋敷状態になることも少なくありません。

1-2.床の上にものを置く

使ったもの、脱いだ洋服を床に置く習慣は、部屋が散らかる原因になります。無意識のうちに、どんどん積み重ねてしまうのです。積み重なったものは、やがて部屋全体を埋め尽くすかのように横に広がりはじめます。広範囲に散らかったものは、片付けるのが面倒になってしまうでしょう。椅子やテーブル、ラックなども同じような状態になりがちです。

1-3.使ったらそのまま

使ったら使いっぱなし。読んだら読みっぱなしで、その場に放置するクセがありませんか?しまおうとしても、収納はいっぱいでごちゃごちゃ。押し込んでも、次必要なときに、取り出すのが困難になります。当然、しまうのも面倒。1つの行動が、悪い連鎖を部屋全体に招いてしまうのです。

2.片付けられない人の特徴

部屋を片付けられない人には、以下のような特徴が見られます。誰にでもついついやってしまいがちな習慣。仕事や遊びに忙しい20代女子に多く見られます。チェックしてみましょう!

2-1.掃除を一気にやろうとする

忙しい日々を送る20代女子。
「部屋は散らかってきたけど、週末まとめて掃除すればいいや」と思っていませんか?
片付けを一気にやろうとすると、1日がかりになり、集中力が切れます。だんだん、作業が面倒になってくるでしょう。せっかくきれいに掃除した部屋もすぐに散らかってしまうのでは、掃除自体に嫌気が差してくるはずです。「どうせ片付けてもすぐに散らかるし・・」なんて思っていたら、気づいたときには、汚部屋まっしぐら。片付けられない人の特徴です。

2-2.物事を先延ばしにする性格

「読み終わったけど後でしまおう」「後で持っていこう」後で・・後で・・・。片付けられな人は、物事を後回しにするクセがあります。出した洋服、読んだ本、取り入れた洗濯物も床に放置してしまい、結局そのまま・・・なんて行動、思い当たりませんか?

2-3.「もったいない」が口ぐせ

ものを捨てることに抵抗があり、溜(た)め込んでしまう人は 、「もったいない」精神が強いです。無料・安い・限定などの言葉に弱い人も要注意。ついつい、余計なものを持ち帰りがちです。必要なもの、必要じゃないものの判断ができないまま、ただ、ものを溜(た)め込んでしまう。ものは使ってこそ生きるのです。使わずしまい込むほうが、よっぽどもったいないと思いませんか?

3.片付けのコツ~きれいに見せるポイント~

片付けが苦手な人でも実践できる、掃除のコツをご紹介します。

3-1.ものを捨てよう

部屋がものであふれているあなたが、一番にやるべきこと・・それは「ものを減らす」ことです。
今あるものを、「必要なもの」「必要じゃないもの」に仕分けしていきます。
仕分けの判断は、「それがないと生活できない」レベルのものを「必要なもの」、それ以外は、必要じゃないものに分けてください。1年以上着ていない洋服、ヒールが削れたパンプス、使っていないバックもすべて捨てましょう。仕分けの判断時間は、3秒を意識してください。深く考えると「高かったから・・」や「思い出のものだから・・」など、余計な感情が生まれてしまいます。ここでは思いきって処分することが重要です。

3-2.不用品を処分しよう

処分することに抵抗がある・・・そんなあなたに、おススメの処分方法があります。それは、不用品回収業者に買い取ってもらうことです。家の不用品をまとめて依頼すれば、手間も時間もかけず処分できます。
一般的に、家の不用品は、オークションやリサイクルショップで売ることもできるでしょう。しかし、オークションで値付けする作業は、ものの金額を考えることになり、結局捨てるのも、誰かに売るのも惜しくなってしまいがちです。
また、リサイクルショップへ売るには、不用品を自分で店頭に持ち込む必要があります。少々面倒な作業になると、ベランダや家の隅に放置してしまうことも少なくありません。
片付けをする日に合わせ、不用品回収業者の予約を入れておくと、迷っている暇もなく不用品を処分できます。自宅まで取りに来てくれるため、面倒な搬出作業も行う必要がなく、掃除まで行ってくれる業者もあるんですよ。

3-3.収納のコツ

ものが増えたら、収納を増やそうとする人が多いです。しかし、収納は絶対に増やすべきではありません。収納が増えると、ものも増えてしまうのです。収納はなるべく少なくし、あるもので間に合わせましょう。
クローゼットや押し入れには、あまり使わないものを奥に、よく使うものを手前に収納します。収納する量は、8割程度に抑えておき、ぎゅうぎゅうに詰め込まないようにしてください。2割余裕がでることで、取り出しやすくしまいやすい収納になります。

3-4.きれいに見せるポイント

部屋をきれいに見せるには以下のようなポイントがあります。

3-4-1.インテリアの色を統一する

家具の色を、同じ系統にすることで、部屋をスッキリ見せることができます。部屋全体にたくさんの色を使うと、ごちゃごちゃしませんか?目に飛び込む色が多くなることで疲れてしまうでしょう。
部屋のインテリアに使う色は3色に抑えます。おススメのカラーは、清潔感ある白やベージュです。水色やピンクの雑貨で刺し色を効かせると、女性らしい部屋になります。家具に色を統一すれば、置きっぱなしにしたものも目につきやすく、自然と片付けるようになるでしょう。

3-4-2.家具は低めに

お部屋を囲むように、高い家具を並べると、部屋に圧迫感が出ます。狭く見えるのもデメリットです。家具の高さがそろってない部屋も散らかって見えます。部屋の家具は低めのものをそろえ、スッキリさせるといいでしょう。

3-4-3.予備のボックスを用意する

ものを出しっぱなしにするクセがある人は、ふたつきのボックスを1つ用意し、使ったものをとりあえずその中に入れてしまうのも手です。「出したもの」「後でしまおうと思っているもの」も、とりあえずボックスに入れましょう。ボックスの中のものは、3日に1回、1週間に1回は整理してください。

4.きれいな部屋を保つ7つの習慣

4-1.掃除は毎日少しずつ

部屋の掃除は、一気に行うよりこまめに行うほうが簡単です。毎日、寝る前に気になったところを掃除するだけで、リセットできます。朝起きたときにきれいな部屋だと気持ちがいいですよね。毎日ちょこっとだけ掃除する習慣をぜひつけてみてください。かかる手間も少なくて済みますよ。

4-2.ものの定位置を決める

片付けを面倒だと思う原因は、ものの定位置があいまいだからです。部屋にある、すべてのものの定位置を決めましょう。ポイントは、出しやすくしまいやすい位置に収納すること。たとえば、鍵は玄関やドア付近に、雑誌はソファー横のラックに、パソコンはテーブルの近くなど、使う場所の近くに収納場所を決めてください。すぐに使えて、歩かずに収納できる場所がおススメです。

4-3.出したものはすぐにしまう

「出したもの、使ったものはすぐにしまう」を実行するだけで、部屋は散らからなくなります。使ったものをもとに戻す行動は当たり前のことですが、片付けられない人はできていません、最初は面倒だと感じるかもしれませんが、意識的に行い習慣づけていくことが大切です。

4-4.ものを増やさない

日頃から、ものを増やさず、減らすことに意識を置いている人の部屋は、きれいに保たれていることが多いです。たとえ、無料のものでも、家に持ち帰らないようにしましょう。試供品などは、専用の箱を用意し、その箱に入らない量は、持ち帰らないこと。日々、意識していると、ものを購入するときも慎重になります。

4-5.ストックしない

一見、お得なまとめ買いや、便利なストックも、ものを増やす原因です。現代は、コンビニやスーパーが近くにあり、無くなってからでも簡単に購入できるでしょう。この際、ストックする習慣をやめ、今必要なもの以外は部屋に溜(た)めないよう心がけてください。

4-6.人を頻繁に招く

これが一番簡単な方法です!お友達を定期的に招くと、嫌でも片付けしなければいけません。いつでも部屋に人を招ける女子は、彼氏ができやすいとも言われています。 きれいな部屋に招くのは、おもてなしの基本です。いつも外出するのではなく、定期的にホームパーティーやのんびりカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?
ただし、家に人を招くことに慣れすぎると、「このままでもいっか~」となりがちです。注意しましょう。

4-7.月に1回断捨離する

部屋をきれいに保つ最終手段は、月に1度の断捨離です。意識的に行動していても、生活していればものは増えます。増えたものは、定期的に整理すればいいのです。面倒な人は、不用品回収業者のお掃除サービスを活用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、片付けた部屋をきれいに保つコツときれいに見せるポイントについてお話ししました。

  • 部屋が散らかる原因
  • 片付けられない人の特徴
  • 片付けのコツ~きれいに見せるポイント~
  • きれいな部屋を保つ7つの習慣

部屋が散らかる原因や片付けられない人の特徴に思い当たることはありましたか?問題を解決するには、原因を認識し、意識して行動することが大切です。最初は難しいかもしれませんが、自分なりのルールを決めできることから始めていきましょう。月に1度、断捨離の日を設け、部屋の不用品を処分する機会を作ってください。不用品の片付けは、不用品回収業者をうまく活用し、手間と労力を省きましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス