【超必見】汚部屋脱出計画!汚部屋がスッキリ片付く秘密を教えます!


部屋の片付け面倒くさいな「汚部屋にはうんざりだ」「何とかして汚い部屋を片付けたい」という皆さん、今こそ汚部屋から脱出するチャンスです。今回は、汚部屋がスッキリ片付く秘密を教えますので、ぜひ読んでください。記事には、汚部屋の問題点から具体的な片付けの方法まで、すべてがわかるようにまとめてあります。皆さんが本気で汚部屋から脱出できるための情報が、たくさん詰まっていますのでぜひ読んでください。

  1. 汚部屋の定義を確認しよう
  2. 汚部屋から脱出するために現状でできること
  3. 片付けられない症候群について
  4. 汚部屋の片付け方のコツや方法を伝授!
  5. 汚部屋でありがちなトラブルの種類
  6. もしかして汚部屋?セルフチェックをしてみよう!
  7. 汚部屋の片付けにおすすめの業者の選び方
  8. プロによる汚部屋片付けを学ぼう
  9. 汚部屋に関するよくある質問に回答!
  10. 汚部屋脱出に役立つおすすめのブログを紹介!

汚部屋について、正面から向き合い解決策を考えることが大切です。記事の内容をしっかり学んで、今の汚部屋から脱出しましょう。

1.汚部屋の定義を確認しよう

汚部屋の定義を確認しよう

汚部屋とは、そもそもどんな部屋の状態を指すのでしょうか。まずは、汚部屋の定義から確認していきましょう。

1-1.片付けられない部屋は何が問題か

片付けられない部屋は、すぐに部屋が汚くなってしまうこと自体が問題と言えるでしょう。使ったものは片付けることができれば、何も問題はありません。しかし、使ったら使った状態のままで放置していては、すぐに部屋中が散らかってしまうことでしょう。片付けられない部屋は汚部屋になるのも時間の問題ですね。

1-2.深刻化するゴミ屋敷問題を学ぼう

最近、ゴミ屋敷問題が深刻化していますよね。家の外観はごく普通の状態であっても、中に入ってみると足の踏み場どころか部屋の空間すべてがゴミで埋まっているなんてこともよくあるでしょう。実は、ゴミ屋敷問題はごく身近な問題になってきているのです。ゴミ屋敷の一歩手前の問題が、部屋が汚い状態、いわゆる汚部屋と言えるでしょう。

1-3.汚部屋がなぜ発生するの?その原因は?

それでは、なぜ汚部屋が発生するのでしょうか。原因や、汚部屋になる人の共通点・特徴についても考えてみましょう。

1-3-1.汚部屋になる原因・心理状態・性格・精神障害

汚部屋の状態になるまでには、さまざまな原因が複雑に絡み合っていることが多いのです。たとえば、病気で体が動けなくなった結果として片付けができずに汚部屋となる人もいます。また、心理状態や大ざっぱな性格・精神障害などが理由で、片付けを進めることができずに汚部屋にしてしまった人もいるでしょう。

1-3-2.汚部屋になる人の共通点や特徴

汚部屋にしてしまう人の共通点は、部屋が片付いていなくても何も感じないところです。部屋が散らかっていることは、ストレスに感じますから多くの人は掃除をしたり片付けをしたりしてきれいにできることでしょう。しかし、汚部屋状態になってしまう人は少々散らかっている状態でも問題無く生活できるのです。物が散らかることに抵抗が無い、という点が大きな特徴と言えるでしょう。

1-4.汚部屋が原因で起こるさまざまなトラブル

汚部屋が原因となって起こるトラブルは、さまざまです。よくあるトラブルについて、確認してみましょう。

1-4-1.汚部屋が引き起こす病気

汚部屋は、病気を引き起こすこともあります。部屋が散らかった状態では、掃除も行うことができません。すると、ほこりやゴミが溜(た)まります。ほこりやゴミには、雑菌が繁殖(はんしょく)しやすくさまざまな病気の原因となるでしょう。たとえば、風邪に似た症状に悩んだり熱が出たりします。空気を入れ替えようにも、風通しが悪かったり、そもそも窓を開けることができないほどに散らかっていたりするので不可能でしょう。やはり、汚部屋は病気になりやすい状況と言えるのです。

1-4-2.汚部屋が原因で火事になることもある

汚部屋が原因で、家事になることもあります。汚部屋には、燃えやすいものがたくさん散らかっていることは簡単に想像できるでしょう。タバコの火や調理中の飛び火が、汚部屋の物に移ってあっという間に燃え広がって火事になってしまうのです。物が多い部屋では、消火活動も上手(じょうず)にできません。アパートの部屋で火事を出すことは、大家(おおや)さんへの賠償問題となる可能性もありますので、注意してくださいね。

1-4-3.汚部屋が原因で離婚になるケースもある

結婚している人は、汚部屋が原因で離婚になるケースもあります。皆さんは、夫婦なのだから2人で協力して汚部屋を片付ければ問題無いのではと思うことでしょう。しかし、汚部屋状態を放置している相手のことをどうしても許すことができないと考える人もいるのです。きれい好きな人にとっては、汚部屋にしてしまうパートナーと一緒に暮らすことは耐えることができないでしょう。

2.汚部屋から脱出するために現状でできること

汚部屋から脱出するために現状でできること

現在、汚部屋に暮らしている人で何とかして脱出したい人は、何から始めると良いのでしょうか。汚部屋から脱出するために、現状でできることを学びましょう。

2-1.まずは何から始める?

汚部屋から脱出したい場合は、ひとりで実行することは避けましょう。まずは、片付けの協力者を得ることが大切なステップだと考えてください。特に、女性で片付け上手(じょうず)な人にお手伝いしてもらうのが良いです。皆さんが男性ならば、恋人や妻でも良いでしょう。皆さんが女性ならば、友人や姉妹・母親など身近にいる女性に依頼してみてください。なぜ、依頼をする相手が女性の方が良いのかという理由は、やはり片付けにかんしてきめ細かな気配りが行き届きやすいからです。

2-2.汚部屋を片付けるために周囲ができること

もしも、汚部屋に暮らしているのが皆さんではなく、皆さんの大切な家族や恋人・友人の場合は、できるだけサポートをしてあげると良いでしょう。具体的には、片付けの手伝いについて依頼があったときにはできるだけ協力してあげるなどですね。また、汚部屋に暮らしている人は何らかの悩みを持っていることも多いので、話を聞いてあげることも大切。周囲の人間として、片付けという作業だけでなく、心の悩みを解決することも手伝ってあげましょう。

3.片付けられない症候群について

片付けられない症候群について

汚部屋になる手前の状態、片付けられない症候群が増えています。片付けられない症候群について、具体的にお話しすることにしましょう。

3-1.片付けられない症候群が今増えている!

片付けられない症候群が、今増えてきています。理由は、何らかの原因で簡単に不用品を捨てることができなくなっていることが挙げられるでしょう。収納場所にも、収納スペースにも、限度があります。収納許容量をオーバーしているのに、不用品まで捨てることができないのでは片付けられなくて当たり前でしょう。片付けられない症候群の人は、捨てられない症候群とも言えるのです。

3-2.片付けられない症候群からの脱出方法や改善方法は?

片付けられない症候群からの脱出方法や、改善方法についてお話します。片付けられない人は、片付けをしなくても良い環境に身を置くことが大切でしょう。具体的には、必要最低限の物だけで暮らすことです。必要以上に物が多い生活は、片付けられない症候群の人の症状を悪い方向に持っていくだけでしょう。片付けられない症候群から脱出するためにも、思いきって部屋にある不用品やゴミを片付けることから始めてください。部屋が必要な物だけの状態に改善することが、最良の方法なのです。

3-3.片付けられない症候群と断捨離(だんしゃり)

片付けられない症候群の人は、断捨離(だんしゃり)を行ってみましょう。断捨離(だんしゃり)とは、持っているものを必要なものだけを残して捨ててしまうことです。本当に必要なものだけを残した状態は、ほとんど片付けが必要にならないぐらいスッキリとしているはず。部屋の収納量に対しても、十分に余裕があるので片付けが必要になっても楽に収納が可能です。片付けられない症候群でも、気負うこと無くスッキリとした生活を送るためにも断捨離(だんしゃり)は有効な手段と言えるでしょう。

3-4.片付けられない症候群の相談窓口や解決方法

それでも、自分ひとりでは片付けられない症候群から脱出できないのではと不安になることもあるでしょう。片付けられない症候群の人は、何らかの心の悩みを持っていることも多いはずです。身近な人に悩みを聞いてもらうことも、必要でしょう。また、「ADHD」や「ADD」といった脳の障害がある可能性もあります。「ADHD」は、注意欠陥多動性障害のことで、ひとつの物事に集中することができなくなることが特徴。また、「ADD」は、注意欠陥障害のことでやはり物事への集中力に乏しいことが特徴と言えるでしょう。心理的な問題や脳の障害を持っている場合は、適切な治療を受けることも大切です。心療内科などを受診して医師に相談することも、片付けられない症候群の解決方法のひとつとなるでしょう。

4.汚部屋の片付け方のコツや方法を伝授!

汚部屋の片付け方のコツや方法を伝授!

汚部屋の片付け方のコツや、方法について具体的に伝授します。すぐにでも片付けを始めたい人は、しっかり読んでくださいね。

4-1.最初に手を付けることは?

汚部屋を片付けるために、最初に手を付けることは、片付けなくてはいけない場所と物量を確かめることです。その後、一番片付けが楽そうなところから手を付けてください。大変そうな部分から手を付けてしまうと、挫折する可能性が高くなります。全体を見渡してから、片付けが楽そうな部分から手を付けましょう。まずは、目に見えているゴミや生ゴミを拾い集めることから始めてください。明らかにゴミであるものを取り去ることが、その後の作業効率を高めることになりますからね。

4-2.汚部屋の片付け・掃除に必要なもの

汚部屋の片付けや掃除を効率良く行うためには、必要なものを揃(そろ)えた状態で始めましょう。片付けや掃除に必要なものや、あると便利なものは、以下の通りです。

  • ゴミ袋
  • 仕分け用のダンボール
  • 古新聞氏
  • マスク・軍手
  • 掃除機
  • 殺虫剤
  • 雑巾(ぞうきん)数枚

なお、汚部屋の作業はできるだけ換気を行いながら進めましょう。また、作業で汚れても問題が無く、かつ、動きやすい服装が良いですよ。

4-3.不用品や粗大ゴミの仕分けの仕方

不用品や粗大ゴミの仕分けの仕方について、詳しく解説しましょう。どのような基準で仕分けると良いのか、学んでくださいね。

4-3-1.家電製品

もう使用しない家電製品を、いつまでも残しておいても仕方がありません。不要になった家電製品は、処分してしまいましょう。まだ使える状態のものは、リサイクルすることを考えてリサイクルショップに売ることや不用品回収業者に回収を依頼することを検討してください。

4-3-2.思い出の品

思い出の品については、無理に処分することはありません。思い出の品は、処分した後に取り戻そうとしても無理だからです。思い出の品の整理は、最後に回しても良いでしょう。整理している最中に、思い出に浸(ひた)ってしまうことが片付け作業の遅れの原因にもなるからです。ただし、思い出の品も状態が悪過ぎるものについては、処分の検討もしてください。

4-3-3.粗大ゴミ

大型で壊れていたり汚れがひどかったりするものにかんしては、粗大ゴミとしての処分を考えても良いでしょう。たとえば、使い古してシミが付いていたり汚れがひどかったりする布団(ふとん)や、じゅうたんなどですね。汚部屋に放置した布団や、敷きっぱなしで掃除をほとんどしていない状態のじゅうたんには、ダニなどの小さな害虫の宝庫になっていることもあります。クリーニングをして再利用をすることもできますが、そのまま処分しても問題は無いでしょう。このほかにも、不要になった大型家具などで傷みが特に激しいものは粗大ゴミとして考えることも検討してください。

4-4.不用品や粗大ゴミの仕分けの注意点

汚部屋にある大量のものから、不用品や粗大ゴミを仕分けるときにも注意点があります。最初は、ごく大ざっぱに振り分けていくと良いでしょう。不用品・粗大ゴミ・そのほかのゴミ・必要なもの・再度検討するもの、といった感じですね。捨てるかどうか判断に迷うものは、再度検討するものとして後回しにしても構いません。とにかく、どんどん仕分けを進めることを優先して作業をしている手を止めないことが大切です。

5.汚部屋でありがちなトラブルの種類

汚部屋でありがちなトラブルの種類

汚部屋でありがちなトラブルについて、どんな種類があるのかをお話しします。また、トラブルの相談先や対応法などについても解説しますのでじっくり読んでくださいね。

5-1.汚部屋で発生する主なトラブル3つ

汚部屋で発生する主なトラブルには、大切な物が無くなる・臭(にお)いの問題・害虫の問題が主になるでしょう。それでは、3つの問題についてそれぞれ解説します。

5-1-1.大切なものが無くなる問題

汚部屋は、多くの物があふれた状態です。大切なものが、たくさんの不用品やゴミに紛れてしまうことも多いでしょう。汚部屋の中で大切なものを無くすことは、致命傷とも言えます。通帳や実印・現金や身分証など、大切なものを無くなって困るのは、汚部屋を作りだした皆さん自身なのです。

5-1-2.臭(にお)いの問題

汚部屋になると、臭(にお)いの問題が発生します。捨てずに放置してしまった食事の残りが腐ったり、生ゴミが臭(にお)ったりすることでしょう。臭(にお)いの問題は、近所からの苦情に発展しますから早急に対応することが大切です。臭(にお)いの原因となっているゴミを片付けた後、部屋の換気を行いましょう。

5-1-3.害虫の問題

汚部屋で発生するトラブルの中でも、厄介なのが害虫の問題です。ゴミであふれた部屋の中は、高温多湿になりやすいので害虫たちが繁殖(はんしょく)する条件が揃(そろ)っていると言えるでしょう。特に、嫌われ者の代表であるゴキブリやハエが発生しやすくなります。害虫は、衛生状態をさらに悪化することになるでしょう。また、汚部屋に住んでいる皆さんだけでなく近所にも迷惑になります。すぐに、改善してください。

5-2.汚部屋のトラブルはどこに相談するべきか

さて、汚部屋のトラブルはどこに相談するべきでしょうか。汚部屋のトラブルの中でも、自分ひとりで解決する場合と、ご近所などほかの人を巻き込んでトラブルになっている場合では少し状況が違います。

5-3.汚部屋のトラブル対応法はこうする

汚部屋でトラブルが発生した場合は、自分ひとりでは対応が不可能なこともあるでしょう。たとえば、大切なものを探す必要がある場合はひとりでも対応が可能です。しかし、臭(にお)い問題や害虫問題にかんしては、プロの手を借りて対応した方がきれいに解決する可能性が高いでしょう。まずは、トラブルの原因を断(た)つためにも汚部屋の状態を解消しなくてはなりません。トラブルの原因を断(た)った後、もしもご近所に迷惑を掛けていたり苦情が来ていたりしたときは、迷惑を掛けたことをお詫(わ)びに回っておいてください。

6.もしかして汚部屋?セルフチェックをしてみよう!

もしかして汚部屋?セルフチェックをしてみよう!

自分の部屋が、汚部屋と呼ぶことができる状態かよくわからない場合は、セルフチェックをしてみてください。それでは、汚部屋と判定できるポイントを紹介していきますね。

6-1.汚部屋にありがちなポイント

汚部屋にありがちなポイントは、主に以下のような点でしょうね。

  • 部屋に物が多過ぎて床が見えていない部分が多い
  • 特に使う予定が無いものが散らかっている
  • 洋服が脱ぎっぱなしになっている
  • 最後にいつ掃除をしたか覚えていない
  • 小さな虫が発生している
  • ゴミが散乱している

主なポイントを挙げてみましたが、皆さんにも心当たりがあるのではないでしょうか。

6-2.友人や知人からの意見も参考に

自分で汚部屋かどうかわからないときは、身近な友人や知人の意見も参考にしてみてください。仲が良くて、歯に衣(きぬ)を着せないタイプの人に聞いてみると良いでしょう。友人や知人から、汚部屋だと指摘を受けた場合は素直に認めてくださいね。

7.汚部屋の片付けにおすすめの業者の選び方

汚部屋の片付けにおすすめの業者の選び方

汚部屋の片付けは、業者に依頼した方が断然効率良く進めることができます。ここでは、おすすめの業者の選び方について解説しましょう。

7-1.片付けのプロに依頼した方がいい場合

片付けのプロに依頼した方がいい場合は、目安として以下の通りです。

  • 汚部屋にゴミや不用品がたくさんあり過ぎる
  • 自分や手伝ってくれる人だけでは作業が多過ぎる
  • 不用品や粗大ゴミの片付けも手伝ってほしい
  • できるだけ手間や時間を掛けずに汚部屋から脱出したい

片付けのプロに依頼するかどうかの判断は、皆さんしだいでしょう。しかし、片付けのプロに依頼した人は総じて満足な結果を得ています。汚部屋を片付けたり、掃除したりすることは想像以上に手間も時間も掛かるため疲労が大きいと言えるでしょう。少しでも楽に汚部屋から脱出したい人は、積極的にプロに依頼した方がいいですよ。

7-2.片付けのプロに依頼するメリットを確認

片付けのプロに依頼するメリットは、たくさんあります。

  • 自分で片付けを行う必要が無いのでとても楽
  • 自分で作業を行うよりもきれいな状態になる
  • 害虫駆除や消臭・消毒作業を行うことも可能
  • 不用品や粗大ゴミなどの回収も依頼できる

主なものだけを挙げましたが、随分とメリットがあることがおわかりいただけるでしょう。

7-3.失敗しない業者選びのポイントを伝授

汚部屋の片付けで満足する結果を残すためには、以下のことに注意して業者を選んでください。

  • 汚部屋の片付けで豊富な実績がある
  • 見積もり対応などが親切で丁寧
  • 料金設定が良心的な金額
  • 作業内容の説明がわかりやすい
  • サービスに対して利用者の評判が良い

業者に依頼することは、片付け費用を出してお願いすることにもなります。費用に見合った作業内容の提供はもちろん、気持ちの良いサービスを受けることができるかも重要な点と言えるでしょう。業者選びは、慎重に行ってくださいね。

7-4.業者に片付けを依頼するときのコツを学ぼう

業者に汚部屋の片付けを依頼するときにも、いくつかのコツがあります。多くの場合で、いったん見積もりを出してから本契約に進むことになるでしょう。まずは、作業に必要な情報をきちんと業者に伝えることが大切です。

  • 汚部屋の状態をできるだけ詳しく説明すること
  • 部屋の広さと希望する作業内容を伝えること
  • 作業の希望日時を伝えること
  • 希望予算を明確に伝えること

業者側としても、正確な見積もりを出すために皆さんにさまざまな質問をすることでしょう。実際には、現場を見てから最終的な見積もりを出す業者も多いです。しかし、事前に正確な情報を伝えておくことは汚部屋の片付けを効率良く進めるためにも必要なので、覚えておいてくださいね。

7-5.汚部屋の片付けに必要な料金と相場

汚部屋の片付けに必要な料金と相場は、業者によって随分と異なります。主に、部屋の広さと処分する物量で決まることが多いでしょう。目安として、以下に示しますので参考にしてください。

  • 1DKタイプの間取りで5万円程度から
  • 2DKタイプの間取りで10万円程度から

上記の金額は、あくまでも良心的な業者が設定している料金の一例となります。さらに、害虫駆除など特殊な作業を必要とする場合は、上乗せで料金が加算されますので注意してください。まずは、良いと思った業者に対して作業の見積もりを取ってみることをおすすめします。

8.プロによる汚部屋片付けを学ぼう

プロによる汚部屋片付けを学ぼう

では、プロによる汚部屋片付けを学んでいきましょう。経験豊富なプロならではの、片付け方法やプロに依頼することのメリットを確認してください。

8-1.プロならではの汚部屋の片付け方法とは

プロは、汚部屋の片付け方法に独自のノウハウを持っていることが最大の強みでもあります。豊富な経験を持っているので、片付けに必要な作業の内容や所要時間の目安も、現場をざっくりと見ただけでわかってしまうことでしょう。また、プロは汚部屋に付き物でもある害虫の駆除や部屋の消毒・消臭作業を行うことができるのが大きな特徴にもなります。汚部屋に住んでいる人が自力(じりき)で行うことができない内容で、きれいな部屋に戻してくれる点で、さすがはプロと言えるでしょうね。

8-2.プロに片付けを依頼するメリットはアフターフォローの良さ

プロに汚部屋の片付けを依頼することのメリットは、片付けがスムーズに行うことができる点だけではありません。そのほかの大きなメリットに、アフターフォローの良さを挙げることもできるでしょう。せっかく片付けても、また同じような汚部屋の状態に戻っては困ります。汚部屋になりかけたときに、気軽に相談に乗ってもらえるようなアフターフォローの良さにも注目してくださいね。

9.汚部屋に関するよくある質問に回答!

汚部屋に関するよくある質問に回答!

汚部屋に関するよくある質問を、5つ集めてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

9-1.どんなに汚い状態でも汚部屋脱出は可能でしょうか?

はい、どんなに汚い状態であっても汚部屋脱出は可能です。何よりも、絶対に汚部屋を脱出するという意志の強さを持ってください。ただし、汚部屋脱出をひとりで行おうとすると膨大な労力が必要になって挫折する可能性が高くなってしまいます。本気で汚部屋脱出を望む場合は、片付けのプロの手を借りることも現実的な選択となるでしょう。

9-2.汚部屋の状態に住んでいると恋愛ができなくなるって本当ですか?

恋愛ができなくなるというよりは、恋愛に支障が出やすいと言った方が良いですね。汚部屋暮らすとなると、恋人を部屋に呼ぶことができなくなるでしょう。また、デートの日におしゃれをする必要がある場合でも、着るべき洋服がどこにあるのかわからないようなケースも十分にあることです。また、汚部屋に暮らしている人はどうしても清潔感に乏しくなることも否定できません。汚部屋の状態の中で暮らすことは、恋愛を続けていくために不利になる点が多いのです。

9-3.プロの業者でも回収できないものはありますか?

ほとんどの品物やゴミにかんして、作業や回収は可能になります。しかし、生き物の死体や一部の薬品類など法律に反するものにかんしては、回収不可能となるでしょう。また、危険物となるガス類なども回収不可能な場合があります。業者によっても、回収できるものとできないものでルールが異なるでしょう。具体的な内容は、依頼を考えている業者に問い合わせてください。

9-4.汚部屋の片付け作業は土日や夜指定も可能?

平日はお勤めしている場合など、汚部屋の片付け作業が土日や夜しか行うことができない人もいるでしょう。多くの業者は、土日や夜間でも片付け作業を行うことが可能です。まずは、業者に希望日時に作業が可能であるか確認してください。ただし、深夜の時間帯には作業中の物音に対する配慮も必要になります。大がかりな作業を依頼することになりそうな場合は、土日の日中などを選ぶと良いでしょう。

9-5.汚部屋の片付けの見積もりで注意するべきポイントは?

汚部屋の片付けを業者に依頼するときは、まず見積もりを取ることになるでしょう。そのときに、注意したいポイントは下記の通りになります。

  • 見積料金が適切な金額の範囲か
  • 希望の日時や内容に沿った見積もりになっているか
  • よくわからない項目で計上していないか
  • 見積もりを取った後に契約を急(せ)かすことは無いか

また、見積もりを依頼したときの対応の良さやこちらからの質問に対する親切な回答があるかどうかも、ぜひチェックしてみてくださいね。

10.汚部屋脱出に役立つおすすめのブログを紹介!

汚部屋脱出に役立つおすすめのブログを紹介!

汚部屋脱出には、先輩たちの経験や片付け方の工夫などを参考にすると良いでしょう。それでは、汚部屋脱出に役立つおすすめのブログを紹介していきますね。

10-1.汚部屋脱出子のブログ

実家が汚部屋状態だったブログ管理人が、片付けをこなしていく様子が参考になるブログです。家族が汚部屋にしてしまった状態を、本音をつぶやきながらも着々と片付けていく様子が、力強い存在となるでしょう。

サイトアドレス:http://ameblo.jp/obeyadassyutu/

10-2.アラサー女子が汚部屋を脱出するまで

小さなころから掃除が苦手だったブログ管理人が、汚部屋状態を脱出するまでの様子をエッセイ調の文章で書いているブログです。記事の内容が本にもなっている有名ブログなので、一度目を通してみると良いでしょう。

サイトアドレス:http://blog.livedoor.jp/obyjs/

10-3.汚部屋だらけの家をきれいに

約半年を掛けて、汚部屋から美しい部屋に片付けた女性の体験記が載っています。最初の状態と、片付け完了後の様子を見比べてみてください。内容の差に、びっくりしますよ。

サイトアドレス:http://ouchikirei.blogspot.jp/

10-4.明日がかわる片付け力~捨活トレーニング~

捨活アドバイザーの、岡田敏子さんのブログです。物が捨てられない人には、参考になる部分がたくさんあることでしょう。

サイトアドレス:http://ameblo.jp/smile-osouji/

10-5.おやじのお掃除ブログ

娘さんの汚部屋を、お父さんであるブログ管理人が片付けていく様子が載っています。片付けブログの中では、男性が運営している点でも貴重なブログと言えるでしょう。

サイトアドレス:http://blog.livedoor.jp/heita2/

まとめ

汚部屋の片付けのまとめ

今回は、汚部屋の片付けを何とかして行いたい人に向けて、汚部屋についてあらゆる角度からお話をしてきました。今、皆さんの中の疑問や不安はスッキリ解決できていることでしょう。汚部屋に暮らすことは、健康や衛生の点でさまざまなデメリットがあることも理解していただけたはずです。汚部屋から脱出して、スッキリと明るい暮らしを送るためにも、思いきって行動に移すことが大切でしょう。ただし、焦りは禁物です。片付けられない症候群だと感じる人は、適切な治療を受けることも考えてください。皆さんが、汚部屋から1日も早く脱出できて、快適な暮らしを送ることを願います。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス