ノートパソコンの処分はスマートに! 廃棄よりリサイクルが賢い!


PCリサイクル法ができて、ノートパソコンは、簡単に処分できなくなりました。処分方法に困っている方は多いはず。そんな方にお届けする情報です。上手に活用すれば、スマートな処分ができます。パソコンは、廃棄よりも、リサイクルするのが賢いスタイルです。ノートパソコンのスマートな処分法をまとめました。

  1. パソコン処分の基礎知識
  2. いろいろあるノートパソコンの処分方法
  3. ノートパソコンの賢いデータ消去法
  4. スマートな処分ならリサイクル業者
  5. ノートパソコンの処分でよくある質問

ノートパソコンは、簡単にごみとして処分できません。記事を読んでいただければ、処分に当たっては、何が大切かがわかるはずです。要点を押えておけば、あなたにとってベスト、しかも、スマートな処分法が見つかります。

1.パソコン処分の基礎知識

1-1.パソコンは、ゴミとして出せる?

パソコンは、ゴミとして出せますか?
このように問われて、「もちろん、出せます」と答える方は、まずいないでしょう。厳密にいえば、ノート型パソコンは、自治体でゴミとして引き取ってもらえる場合もあります。しかし、そんな自治体は、極めて少数です。基本的には、ゴミとして出せないと考えましょう。
理由は、PCリサイクル法が施行されたからです。大半の方は、基本的には処分できないと理解するほど、PCリサイクル法は、社会に根付いてきました。

1-2.PCリサイクル法の考え方

PCリサイクル法について、簡単に整理しておきましょう。
2001年から始まった資源有効利用促進法は、2003年に改正され、パソコンとディスプレイが追加されました。パソコンメーカーに、回収とリサイクルを義務付けています。こうした取り組みを指して、一般的にはPCリサイクル法と呼ばれているのです。
もちろん、ノートパソコンも、回収・リサイクルの対象になっています。

1-3.PCリサイクルマーク

PCリサイクル法ができてから購入したパソコンには、PCリサイクルマークがついています。施行されて10年以上が過ぎました。ほとんどのパソコンには、マークがあるはずです。あなたのパソコンをチェックしてみてください。PCリサイクルと書かれたシールがついているはずです。
PCリサイクルマークがついたパソコンは、メーカーが無料で回収してくれます。購入時に、リサイクルための費用が上乗せされているからです。

1-4.パソコンを処分する際の注意点

では、もし、PCリサイクルマークがついてなかったら、どうなるのでしょうか。この点も、おわかりのことと思います。購入時には、リサイクル料金が上乗せされていないため、リサイクル料金が必要です。
パソコンを買い替え、古いパソコンは、そのまま部屋の隅に置いたままにしていた。時々、耳にする話です。パソコンを廃棄するときには、気をつけてください。
主なメーカーのリサイクル料金を見ると、ノートパソコンは、3,000円(消費税は別)です。回収の方法や手続きは、メーカーのホームページで公開されています。処分するときには、まずホームページを見てください。マウスなどの付属品も、ほとんどのメーカーは、一緒に回収してくれるはずです。
注意していただきたいことが、もう1つあります。メーカーが倒産した場合の処分法です。こんなケースでは、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収することになっています。もちろん、リサイクル費用が必要です。手続きなどの詳細は、協会のホームページ(http://www.pc3r.jp/)をご覧になってください。

2.いろいろあるノートパソコンの処分方法

2013年には、小型家電リサイクル法もスタートしました。ノートパソコンも、対象となっています。主な処分法をまとめました。

2-1.自治体に回収してもらう

小型家電リサイクル法によって、ノートパソコンの処分ができるようになりました。無料で引き受けてくれます。ただし、一般的なゴミの処分とは、異なるシステムです。たとえば、サービスステーションのボックスに入れて、回収する方法があります。
メリットは、無料で処分できることです。
一方、デメリットもあります。回収してくれる自治体は、とても少ないことです。回収方法が統一されていないため、わかりにくい難点もあります。お住まいの自治体が、ノートパソコンを回収してくれるかどうか。ホームページで確認するか、電話で問い合わせるといいでしょう。

2-2.家電量販店に回収してもらう

小型家電リサイクル法によって、家電量販店での回収という選択肢も増えました。家電量販店が回収してくれるなら、大歓迎です。家電製品を購入するついでに、ノートパソコンの処分ができます。
小型家電を回収してくれる家電量販店として、経済産業省が紹介しているのは、次の3社です。

  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • 上新電機

上記の家電量販店の全店舗で、ノートパソコンを回収してくれるのかどうか。回収料金や方法と合わせて、ホームページなどで確かめるといいでしょう。
たとえば、エディオンでは、全店舗でノートパソコンを回収してくれます。回収料金は無料。しかも、個人情報の処理までやってくれます。ただし、店舗への持ち込みが条件です。
ノートパソコンを含めた小型家電の回収品目は、ホームページの小型家電リサイクルのコーナーで詳細に紹介しています。
https://my.edion.jp/service/recycle_small.php

2-3.リサイクル業者に回す

リサイクル業者に回すのは、よくある方法です。簡単な処分法として利用されています。
リサイクル業者に持ち込むメリットは、状態がいいノートパソコンなら、買い取ってくれることです。もちろん、使えなくなったノートパソコンでもOK。無料で引き取ってくれる業者もいます。
ただし、業者選びには注意が必要です。料金などに関して、トラブルになることがあります。

2-4.メーカーに出す

小型家電リサイクル法が施行されて以降も、PCリサイクル法によるパソコンの回収は、もちろん継続されています。基本的には、家電量販店が回収し、パソコンメーカーがリサイクルするというシステムです。
ノートパソコンの場合、消費税を含めて3,240円かかります。加えて回収・運搬費用も負担しなければならないのは、ちょっとキツイところです。しかし、最も安心し確実に処分できる方法といえるでしょう。

2-5.不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者に引き取ってもらうのも、定番の処分法です。不用品回収業者の魅力は、ほかの業種にはないスピードにあります。ひと声かけると、飛ぶように駆けつけてくれるはずです。
不要になったパソコンの買い取り、または、壊れたパソコンでも、無料で回収するサービスもあります。しかし、無料で回収してくれるからと、すぐに依頼するのは危険です。無料で回収する理由が明確でない場合、後述するデータをめぐって、トラブルになることがあります。特に、無料で回収をアピールし、トラックで巡回しているような業者は、避けた方がいいでしょう。
むしろ、料金体系が明解な業者にこそ、良心的で信頼できるところが多くあります。業者は、慎重な見極めが必要です。

2-6.買い取り・下取りの留意点

パソコンの引き取り(買い取り・下取り)には、いろんな業者が参入しています。「パソコン 買い取り」「パソコン 下取り」で検索してみてください。いろんな会社が見つかるはずです。
どんな業種なら、信頼できる買い取りや下取りをしてくれるのでしょうか。とても気になる点ですが、一概にいえるものではありません。業種というよりも、個々の企業の問題です。
しかし、確実にいえることはあります。査定・鑑定に詳しい人がいること重要です。プロだったら、適正に査定・評価し、適正な額で買い取りや下取りをしてくれると判断しませんか?
疑心暗鬼になるのではなく、心に余裕をもつこと。こうした姿勢も、スマートな処分には必要です。

3.ノートパソコンの賢いデータ消去法

パソコンの処分法は、前項で紹介しました。買い取りか無料回収か、あるいは、有償での処分になるのか。こうした点で悩むことはあっても、処分方法はいくつもあることがわかったはずです。
また、パソコンを処分する際の注意点は、基礎知識の項で紹介しました。しかし、あえて触れなかった注意事項があります。
処分するパソコンのデータ消去です。データの消去より優先すべき注意点なんて、絶対にありません。

3-1.データ消去の必要性

ハードディスク(HDD)には、すべてのデータが記録されている。パソコンを使っているなら、100%近くの方がご存じでしょう。そして、データ消去とは、HDDの記録を抹消することだというのも、多くの人は知っています。
でも、消去の具体的な方法は、理解できていない人が大半ではないでしょうか。
HDDデータは、きれいに消去した。本人は、そんなつもりでも、やり方がまちがっていたら、読み取る方法があるのです。
データが盗み出された状況を、想像してみてください。データの中には、重要な個人情報もあるでしょう。流出して犯罪に使われる可能性だって考えられます。
だからこそ、HDDにあるデータは、確実な方法で、完全に消去する必要があるのです。
自治体か家電量販店か、それともメーカーに依頼するか。あるいは、リサイクル業者でも、不用品回収業者に依頼して処分でもいいでしょう。
しかし、どこに依頼しても、データ流失の可能性は、ゼロにはなりません。パソコンからHDDを取り出し、手元に置いていない限り、絶対にムリです。
だったら、この際、ご自分でできるデータ消去法をマスターしましょう。

3-2.自分でできるデータ消去法

自分でできる消去法は2つ。ほとんどの方は、わかっているはずです。

  • HDDを使えないように壊す。
  • データを消去する専用ソフトを使う。

初心者が一番確実にできるのは、HDDの破壊でしょう。取り出して壊す。それだけです。壊すときにケガに注意すれば、これほど確実な方法は、ほかにはありません。
「破壊と消去は違う!」
そんなお叱りを受けそうですが、使えなくなるということは、消去と同じこととご理解ください。

悩ましいのは、データを消去する専用ソフトです。「データ 消去 ソフト」で検索してみてください。有料と無料。あまりにも数が多く、どれを選べばいいか、悩んでしまうでしょう。
ソフトを比較し評価する記事も目につきます。どれくらい信頼性できるのでしょうか。メーカーのサイトを見ても、基本的には、いいことしか書いてありません。
そこで、消去時間と操作性に着目しました。
いずれも、有料ソフトに軍配が上がります。有料なのですから、当然でしょう。初心者には、有料ソフトをおすすめします。機能性では、有料も無料も同じと考えていいでしょう。
有料ソフトを販売するメーカーとして、2社をあげておきます。製品情報を熟読してはいかがですか?

3-3.業者に依頼するデータ消去

データを消去してくれる業者、リサイクル業者などにもいます。専用ソフトか破壊のいずれかで、HDDにあるデータの消去しているはずです。また、物理的に破壊してくれる販売店もあります。自分で壊すのがたいへんだと思ったら、壊してくれる販売店に行ってください。目の前で壊してもらえば、安心です。
実は、データ消去には、もう1つの方法があります。専用装置によるデータ消去です。HDDの磁気を除去し、HDDとして使えなくなるようにします。
高価な装置です。このため、データ消去をビジネスにしている企業で使われています。
料金は、物理的破壊と専用装置なら、低価格で消去が可能です。目安は、1,000円前後から、2,000円前後。専用ソフトによる消去は、容量によって変わります。数千円から数万円と、ほかの2つの方法より高額です。

3-4.パソコン・HDDと消去法

自分でデータを消去する場合と、業者に依頼する場合を合わせると、データの消去法は3つです。
ただし、パソコンとHDDの状況によって、使える消去法は、限られてきます。
パソコンとHDDの両方とも正常に動くなら、3つの方法のすべてで消去は可能です。でも、HDDが動かなかったら、専用ソフトでは消去できません。HDDが動かないのですから、当然です。
では、HDDは正常でも、パソコンがダメなときはどうでしょうか。そのままの状態なら、専用ソフトは使えません。しかし、新しく購入したケースなど、ほかに動くパソコンがあったら別です。HDDを接続し、専用ソフトでも消去できます。
パソコンとHDDの状況に合わせて、消去法を選んでください。

3-5.重要なデータ廃棄証明書

データ廃棄証明書は、文字とおりデータを破棄したことを証明する書類です。ただし、データ廃棄証明書という文書の様式はありません。
言葉をそのまま受け取ると、データは消去ではなく破棄です。廃棄の証明ではあっても、消去したこと証明にはなっていません。データを消去した証明なら、データ消去証明書とすべきでしょう。
また、「引取証明書」という文書もありますが、やはり、消去の証明になっていません。
経済産業省の主導で、中小企業のために「データ消去・廃棄証明書」という様式の見本がつくられました。データ消去の内容などがわかるようになっています。
注目したいのは、損害賠償を明示していることです。機密情報が漏えいした場合、別途、契約する機密保持契約書と業務委託契約書に従い、損害賠償金を支払うことを明記しています。業界標準になれば、社会からの信頼も高まるでしょう。

4.スマートな処分ならリサイクル業者

パソコンは、廃棄よりも、リサイクルするのがスマート。最初に、このように強調しました。買い取りをしてもらったら、スマートに加えて、お得な処分ができるはずです。
だったら、リサイクル業者に処分してもらいましょう。
リサイクル業者は、パソコンをスマートに処分するためのグッド・パートナーです。
リサイクル業者の業容はさまざまで、業界全体が活性化しています。パソコンのリサイクルに特化した業者、いろんな種類の不用品を回収する総合リサイクル業者、さらには廃棄物処理から出発した会社などです。
たとえば、パソコンリサイクルに特化した業者を八百屋さんだとすると、総合リサイクル業者はスーパーマーケット。それほど、違いがあります。
そして、業容が異なる業者が、パソコンリサイクルという限られた領域を舞台に、せめぎ合っているのが現在の状況です。
業容の違いは、各社の個性や特徴となって、ユーザーの心を刺激してくれます。あるいは、強みであり弱みにもなるはずです。
ユーザーにとって、スマートにパソコンを処分するための選択肢が多くなった。そういう意味で、とてもいい時期にあるといるでしょう。

4-1.業者選びのポイント

業容の違いは、そのまま業者選びのポイントに直結します。業容の違い、そこからくる個性や特徴、強みと弱みを見抜く目をもつことが、一番のポイントです。
パソコンの処分を例に見てみましょう。個別の企業ではなく、あくまでも、俯瞰(ふかん)した傾向です。
パソコン中心の業者は、壊れたパソコンでも無料で回収してくれるところがあります。しかも、送料やデータ消去も無料です。
一方、総合リサイクル業者は、有料で回収するのが一般的といえます。運送費やデータ消去だって、タダだというわけにはいかないでしょう。
どこに回収してもらえばいいか、すぐにわかりますよね?
パソコンリサイクル業者は、タダで回収しても利益を生むビジネスモデルを構築している強みがあるのです。
では、使えるパソコンだったらどうなると思いますか?立場がガラッと変わることがあるから、本当に不思議です。
高額での買い取りをアピールし、「どこにも負けない」という総合リサイクル業者は、いくつもあります。やはり、利益を生む何かをもっているからです。
同じパソコンでも、使えるパソコンと壊れたパソコンでは、これほど違います。
壊れたパソコンの回収でも、総合リサイクル業者が競争に勝った。そんなケースだって十分にあり得ます。パソコン以外に、家電など不用品を一緒に処分するときです。家電などを高価で買い取りすれば、処分する人は、パソコンの処分費用など、痛くもかゆくもないでしょう。
業者の強みと弱みを見抜けば、ピンポイントで業者を選び、スマートなパソコン処分ができます。
ただし、見抜く目以上に重要なポイント1つ。やっぱりデータの消去・廃棄です。
エコアース(東京)では、ご希望のお客様に、「データ消去・物理的破壊作業完了証明書」を発行しています。

4-2.価格競争力に優れたリサイクル業者

パソコンの処理をリサイクル業者に依頼するメリットは、業者選びのポイントの項であげたとおりです。壊れたパソコンでもタダで回収し、使えるパソコンは、高値で買い取りできる奥の深さ。それに、スピーディーに対応できるといったメリットもあります。
逆に、デメリットは、信頼性に課題があるという点です。パソコンの処分に関しては、自治体、メーカー、量販店に比べ、信頼性が少し欠ける面は否めません。見方を変えると、信頼性が向上することによって、リサイクル業者の競争力は、さらに高まるでしょう。

4-3.パソコンの処分にかかる料金

パソコンの処分にかかる費用は、リサイクル料金、収集・運搬費用、送料、データ消去費用、さらに、証明書の発行費用です。場合によっては、HDDを取り出す費用も考えられます。業者それぞれに、各費用で有料・無料の料金体系があり、目安がつけにくい現状です。有料の場合の目安がつけやすいのはデータ消去費、証明書送料。ノートパソコンだと、それぞれ1000~2,000円(物理的破壊)、1,000~1,500円、送料1,500円程度です。
縦軸に依頼を検討している業者名、横軸に費用の項目を並べ、独自の料金表をつくってみませんか?「この業者だ!」となる業者が見つかるはずです。

4-4.パソコンの回収方法

パソコンリサイクル業者は、宅配便などによる回収が多くなっています。しかも、送料無料です。
一方、総合リサイクル業者は、トラックなどを使った回収方式が中心になっています。多種多様の不用品を回収しているためです。
ほぼすべてのリサイクル業者が、持ち込みにも応じています。

4-5.パソコン処分での注意点

何度目かの指摘になります。パソコンの処分で注意していたいのは、パソコンのデータの消去です。
このため、以下のような点に注意してください。

  • Pマーク(プライバシーマーク)が付与された事業者かどうか。
  • 古物商や廃棄物処理など、必要な資格があるかどうか。

Pマーク事業者は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のホームページで検索できます。

5.ノートパソコン処理でよくある質問

Q.パソコン初心者です。ハードディスク(HDD)を、ノートパソコンから取り出すのは危険。だから、やめた方がいいということを聞きますが、大丈夫なのでしょうか?
A.確かに、そんな意見の方もいます。でも、データの消去は、本来は自己責任ではないでしょうか。危険は全くないとはいいませんが、とても危険とはいえないと思います。取り出すとき、壊すときに気をつけて、トライしてはいかがでしょうか。

Q.専用ソフトでデータを消去する場合、時間がかかるそうです。途中で、パソコンが固まって、動かなくなるようなことはありませんか?また、そんなときには、どうしたらいいのでしょうか。
A.あり得るケースだと思います。途中で止まったのだから、おそらくデータが残っているでしょう。途中で動かなくなったら、ハードディスクを取り出して、物理的に破壊するしかないのではと考えます。確実です。

Q.自分でデータを消去した場合、パソコンはごみとして部屋に残ってしまいます。だったら、最初からデータ処理も含めて回収してもらった方が、合理的だと思うのですが・・・。
A.自分でデータを消去すれば、安心するのではないでしょうか。個人情報が漏れるリスクをなくすことができます。消去が終わったら、小型家電リサイクルに沿って処分するとか、リサイクル業者に引き取ってもらってください。データ消去に自信がないときには、データ消去を含めて、信頼できるところに依頼する方法もあります。

Q.リサイクル業者の中には、買い取りのほか、リサイクル費やデータ消去はタダという業者もいるようです。リサイクルするのはいいことだと思います。でも、大丈夫でしょうか?
A.なぜ無料なのか、理由がしっかりしていることが前提です。理由がはっきりせず、とにかく無料だというところは避けてください。そして、データ消去もしっかりと確実にしてくれるところに依頼しましょう。

Q.データの消去をせずに処分したとき、データは完全に消去してくれるのでしょうか、どこに頼めば一番安心ですか?
A.自分の手を離れる以上、データが漏えいするリスクはあります。どこに頼めば安心かどうかは、一概にはいえません。思いつめたら、キリがないでしょう。ある程度の割り切りも、必要だと思います。あなたが信頼できると思うところに、信頼して処分してもらってください。

まとめ

いかがでしたか?
ノートパソコンを処分するときには、データの消去がとても重要だとお分かりいただけたことでしょう。そして、信頼できる相手かどうか、じっくりと見極める目を養い、ノートパソコンをスマートに処分してください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス