家財整理はなぜ難しいのか? スムーズに行うための5項目を紹介!


家財整理は大変な作業です。「両親が亡くなったので実家の家財を処分したい」「空き家の片付けをしなければならない」など、さまざまな事情で家財整理の必要性が出てくると思います。しかし、大量の家財を処分するためには、手間も時間もかかるでしょう。どうすれば効率的に片付けができるのか、何から手をつけたらよいのか、わからない人も多いはずです。この記事では、家財整理が大変な理由や整理方法についてご紹介します。

  1. 家財整理とは?
  2. 家財整理について
  3. 家財整理を自分でやる場合
  4. 家財整理をプロに依頼する場合
  5. 家財整理にかんするよくある質問

この記事を読むことで、家財整理をスムーズに行う方法や注意点などがわかります。大量の家財を前に頭を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.家財整理とは?

まずは、家財整理について解説します。どんな場合に必要なのか、メリットにはどのようなものがあるのかまとめてみました。

1-1.家財整理とは何なのか?

家財とは、普段の生活で使用している家具や食器、衣類などのことを言います。さまざまな理由で家財が不要になったとき、片付けを行うのが家財整理です。家財にはいろいろな種類のものがあるため、一つ一つをどのように処分するか考える必要があります。廃棄したりリサイクルしたりして効率的に片付けをする方法を検討しましょう。

1-2.どんな場合に必要か?

家財整理が必要な場面はさまざまです。引っ越しで不要な家財を処分したいときや、亡くなった家族の遺品整理、空き家になってしまった実家の片付けなど、家財整理を検討することがあるでしょう。また、老後に備えて家財を減らしておきたい人、ものがたまりすぎてしまったときなどにも、家財整理が必要です。

1-3.家財整理のメリット

家財整理を行うことには、さまざまなメリットがあります。

  • 家の中がスッキリする
  • 不用品を処分できる
  • 必要なものだけを残すことができる
  • 買い取りに出してお得に処分できる

家財整理をするべきか迷っている人は、上記のようなメリットがあることを考えた上で決めてください。

2.家財整理について

家財整理をしたいと思っても、簡単に始めることはできません。家財整理の難しさや困りごとについて考えてみましょう。

2-1.家財整理の難しさと困りごと

家財整理には手間と時間がかかります。忙しくてなかなか時間が作れない人も多いでしょう。特に、遠方に住んでいる人が実家の家財整理を行う場合などは、作業に取りかかるのが難しいと思います。そのほかにも、以下のような困りごとがあるでしょう。

  • 人手が足りない
  • どうやって処分したらよいのかわからない
  • 不要なものと必要なものの分別が難しい
  • ものが多すぎて何から手をつけたらよいのかわからない

2-2.整理が難しいものとは?

特に整理が難しいのは、大型家具や思い出の品、仏壇や位牌(いはい)などです。自分で運ぶのが難しい大型家具や家電などは、処分方法にも困りますよね。遺品整理や空き家の片付けの場合は、思い出の品も多いのではないでしょうか。捨てるべきか残すべきか迷っているうちに、時間だけが過ぎてしまうこともあるはずです。また、仏壇や位牌(いはい)などはどのように処分すべきかわからない人も多いと思います。魂抜きやお焚(た)き上げなどのことも考える必要があるため、簡単に処分できないでしょう。

3.家財整理を自分でやる場合

家財整理を自分で行う場合の方法や注意点をご紹介します。

3-1.ゴミの捨て方

不要な家財を捨てるには、自治体のゴミ回収サービスを利用する方法をまず思いつくでしょう。燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミのうち、どの分類に該当するかは自治体によって異なります。事前に確認をして正しく捨てましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、申し込みをして料金と回収日時を確認する必要があります。粗大ゴミ処理券の購入など、やらなければならないことがあるため、余裕を持って準備しておきましょう。また、家電の中には自治体のゴミ回収サービスを利用できないものもあります。適切な処分方法を知り、正しく処分してください。

3-2.整理のポイント

家財整理のポイントは、仕分けをどのように行うかです。何が必要で何が不要かを判断するのは難しいでしょう。ゴミとして処分するもの、買い取りに出すもの、遺族が引き取るものなど、どのように仕分けしていくかを決めてから取りかかってください。特に、現金や印鑑、通帳、株式証券などの貴重品は、遺族の管理や相続が必要になります。トラブルを避けるためにも、最初に整理しておくとよいでしょう。

3-3.注意点

家の明け渡しまでに期限がある場合は、家財整理を速やかに行わなければなりません。たとえば、故人が住んでいた家が賃貸住宅だった場合や、空き家になった実家を売りに出す場合などがそうでしょう。家財整理が済むまでは明け渡しができないため、できるだけスムーズに作業を行う必要があります。「人手が足りない」「ものが多すぎる」などの理由で期限までの片付けが難しい場合は、プロの業者に依頼することも検討しましょう。

4.家財整理をプロに依頼する場合

家財整理をプロの業者に依頼するメリットや方法などをまとめてみました。

4-1.依頼するメリット

家財整理を自分で行うのが難しい場合は、業者に依頼した方がよいでしょう。

  • 大型の家具を運ぶことができない
  • ものが多すぎて一人では片付けられない
  • 遠方に住んでいるため通うのが難しい
  • 分別の仕方がわからない
  • 時間がない

このようなときは、業者に依頼することで効率的に片付けをすすめることができます。また、回収と同時に買い取りを行っている業者であれば、状態のよいものを買い取りしてくれるため、お得に処分することが可能です。パソコン内のデータ消去なども依頼できるため、自分で行うよりも安心して任せることができるでしょう。

4-2.どこに依頼するのか?

不用品の回収や買い取りを行っている専門業者があります。このような業者は全国各地にあるため、インターネットで検索すればすぐに見つけられるでしょう。買い取りはリサイクルショップに依頼することもできますが、状態の悪いものは買い取りの対象になりません。再び持ち帰る手間を考えると、回収と買い取りを同時に行っている業者に依頼した方が効率的でしょう。

4-3.料金相場

料金体系は業者によって異なります。同じ不用品の回収を依頼しても、業者によって大きく差が出る場合もあるのです。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから決めることをおすすめします。そうすることで、相場を知ることにもつながるでしょう。

4-4.申し込み方法

業者への申し込みは、電話やインターネットでできる場合がほとんどです。まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら正式な契約となります。実際に自宅まで来てもらい、不用品を回収してもらってください。業者によっては年中無休で即日対応しているところもあるため、処分に急いでいる人も安心です。

4-5.業者選びのポイント

不用品の回収や買い取りを行う業者の中には、悪質な業者も存在するということを覚えておきましょう。業者選びの際には、以下のポイントをチェックしてください。

  • 廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている
  • 実績が豊富である
  • 無料見積もりを受け付けている
  • ホームページの内容が充実している
  • 見積書の内容が明確である
  • スタッフの対応が親切である

以上のような業者は信頼できるでしょう。

4-6.注意点

許可を得ずに営業している業者の中には、不法投棄などの違法行為をしているところもあります。そのような業者を利用した場合、料金トラブルが発生する可能性も高いでしょう。実際に「無料回収と言われていたのに高額な追加料金を請求された」「料金が高いので断ったら脅された」という例も少なくありません。特に、事務所の所在地や固定電話の番号を明記していない業者には要注意です。トラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは慎重に行ってください。

4-7.相談窓口

エコアース」は東京都で不用品の回収や買い取りを行っている業者です。都内ナンバーワンの実績を持つ業者であり、格安で不用品の回収を受け付けています。買い取りや遺品整理なども行っていますので、ぜひチェックしてみてください。ホームページのフォームから無料見積もりを申し込むことができます。

5.家財整理にかんするよくある質問

家財整理を検討している人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.実家の家財整理をしようと思います。ゴミ屋敷になってしまった原因は何でしょうか?

A.特に高齢になると、ものが捨てられなくなる人が多くなります。不要なものでも捨てることができず、増えてしまう一方なのです。また、判断力や体力の低下などもあり、いつの間にかゴミ屋敷のようになってしまうのでしょう。

5-2.テレビは粗大ゴミとして捨てられますか?

A.テレビは家電リサイクル法の対象になるため、自治体が回収することはできません。販売店やメーカーに回収・リサイクルの義務があるのでリサイクル料金を支払って回収してもらってください。また、不用品回収業者が回収できる場合もあります。

5-3.親族とトラブルにならないように遺品整理をするにはどうしたらよいですか?

A.特に多いのが金銭トラブルです。均等に分け合えるように内容をしっかりと把握しておきましょう。また、勝手な判断で遺品を整理しないことです。できれば、親族全員が集まっているときに遺品整理をすることをおすすめします。

5-4.なぜ自治体によってゴミ分別に違いがあるのですか?

A.ゴミ処理場の残り容量や処理能力によって、各自治体でゴミ分別のルールが決められています。国で統一されたルールがあるわけではないのです。

5-5.不用品回収業者の評判を知るにはどうしたらよいですか?

A.実際にその業者を利用した人の口コミを参考にすることをおすすめします。インターネットで検索すれば見つけることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 家財整理の方法や注意点などをまとめてご紹介しました。家財整理をしなければならないケースはさまざまです。なぜ家財整理を行うのが大変なのかを知り、効率的に行う方法を見つけてください。業者に依頼する場合は、そのメリットや利用方法をしっかりと把握しておきましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス