除湿機を廃棄・処分するなら? おすすめの方法4選と費用対策


湿気の多い日本では、除湿機を使用している方も多いと思います。引っ越しや買い替えなどで不用になった除湿機を処分することになったとき、処分・廃棄方法で悩んでしまいがちです。そこで今回は、除湿機を楽に安く処分できる方法をご紹介します。

  1. 除湿機の処分~自治体回収について
  2. 除湿機の処分~買い替えの場合
  3. 除湿機の処分~リセールやオークションについて
  4. 除湿機の処分~回収業者に頼む場合
  5. 除湿機の廃棄・処分方法についてよくある質問
  6. まとめ

処分方法によっては中古の除湿機がちょっとしたお金になることもあります。また、面倒な運搬や手続きなどを解消する方法もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。すべての処分方法を学べば、最適な方法で除湿機を処分することができるでしょう。

1.除湿機の処分~自治体回収について

1-1.ゴミの分類について

除湿機を自治体回収で処分する場合は、粗大ゴミとして捨てなければならないことがほとんどです。除湿機は小型家電リサイクル法の対象品目として取り扱われており、自治体に処分・リサイクル方法がゆだねられています。

1-2.処分方法

除湿機を自治体処分に出す方法は以下のとおりです。地域によって詳細が異なりますので自治体に確認してください。

  • HPや電話で粗大ゴミ申請をおこなう(品目・数量を伝える/料金・回収日を聞く)
  • 粗大ゴミ処理券・シールを購入する(自治体指定のスーパーやコンビニなど)
  • 回収日になったら、回収場所まで除湿機を持っていく

1-3.メリットデメリット

自治体による粗大ゴミ回収は、比較的安全で安く処分できるというメリットがあります。しかし、回収日を待ったり回収場所まで持っていったりといった手間が発生してしまうのがデメリットです。

2.除湿機の処分~買い替えの場合

2-1.販売店による下取り・引き取りについて

除湿機を販売店で買い替えるときは、運がよければ下取り・引き取りをしてもらえる場合があります。

2-2.方法・料金など

まずは、古い除湿機の下取り・引き取りをおこなっているかを店舗に確認しましょう。下取り・引き取りは基本的には無料です。販促やキャンペーン中には、下取りをおこなうことで新しい除湿機から割引してもらえる可能性もあります。

2-3.メリットデメリット

除湿機を無料で引き取ってもらえるのは大きなメリットといえます。しかし、買い替えの場合にかぎりますし、下取り・引き取りをおこなっている店舗は少ないのです。特に、割引キャンペーンにはまず遭遇できないと思っておいたほうがいいでしょう。店舗まで古い除湿機を持っていかなければならないという手間もあります。

3.除湿機の処分~リセールやオークションについて

3-1.除湿機の中古需要について

中古除湿機の需要についてまとめました。ご自分の除湿機が該当する場合はリセールも期待できます。

3-1-1.需要が高い中古除湿機の傾向

  • 年式が新しい除湿機(買い取り業者では3年/5年/7年を目安としている)
  • 大手・有名メーカーの除湿機(パナソニック・シャープ・コロナなど)
  • 美品・使用感がない除湿機

3-1-2.中古除湿機を売る時期・季節とは?

季節家電は、シーズンに入ってからではなく入る直前にもっとも人気が出ます。そのため、中古除湿機をリセールに出すなら、梅雨に入ってからでは遅いのです。5月頃の買い取りを目指しましょう。

3-2.リセールの方法

中古除湿機をリセールに出す方法は以下のとおりです。

3-2-1.リサイクルショップの買い取り

  • 家電を対象としている近所のリサイクルショップを探す
  • 除湿機を持ち込む旨を電話で伝える(型番・年式など)…省略してもいいですが、一報入れておいたほうがスムーズです。
  • 除湿機を持ち込み、買い取り査定をしてもらう
  • 買い取り可の場合は料金をもらい、除湿機を引き渡す
  • 買い取り不可の場合は除湿機を持ち帰る

3-2-2.ネットオークションに出品する

  • ネットオークション用のIDを取得する
  • 除湿機の写真撮影・型番・年式などを準備する
  • 出品手続きをする
  • 落札者が現れるのを待つ
  • 落札されたらオークションのシステムにしたがって落札者と連絡を取る
  • 入金を確認できたら、除湿機をこん包し郵送する

3-3.メリットデメリット

除湿機をリセールに出す前に、それぞれのメリットデメリットを把握しておきましょう。

3-3-1.リサイクルショップ

買い取り価格が付けばすぐに処分できるうえにちょっとした収入になります。ただし、状態が悪い物や、美品でも需要が低い除湿機は買い取り不可となってしまうのがデメリットです。せっかく持ち込んだ除湿機をまた持って帰らなければなりません。

3-3-2.ネットオークション

セリ形式で価格が決まるため、運がよければ高額で除湿機を処分できるかもしれません。しかし、除湿機のような消耗品系の家電は、新品や未開封でないと落札者に見向きもされないことがほとんどです。落札者が付くだけでラッキーでしょう。また、トラブルになってしまう可能性や、こん包・郵送の手間もあります。

4.除湿機の処分~回収業者に頼む場合

除湿機を「楽に・早く・安く」処分したいなら、回収業者の利用がおすすめです。家にいたまま除湿機を処分することができます。買い取りもおこなっている業者であれば、査定と回収の流れを一度にまとめられるため便利です。

4-1.回収方法

除湿機をはじめとした不用品を回収業者へ依頼するときの大きな流れは以下のとおりです。

  1. 見積もり依頼
  2. 回収日を決める
  3. 訪問・査定
  4. 回収・精算

4-2.回収料金

回収業者の回収料金について、ご参考までにエコアースの料金をご紹介します。除湿機以外にも不用品がある場合は、まとめてご依頼いただくほうがお得です。

  • カゴ車おまかせパック(目安0.8m³):12,000円
  • 軽トラックおまかせパック(目安2.3m³):30,000円
  • 1t平トラックおまかせパック(目安4.0m³):50,000円
  • 2t平トラックおまかせパック(目安8.0m³):95,000円
  • 3tトラックおまかせパック(目安15m³):170,000円
  • 4tトラックおまかせパック(目安25m³):250,000円

パソコン・ディスプレイ1,000円~/ベッド3、500円~などの個別プランもございます。冷蔵庫・テレビなどの家電リサイクル法対象品目も回収可能です。詳細はこちらをご確認ください。

4-3.メリットデメリット

回収業者を利用するメリットとデメリットをまとめました。

4-3-1.回収業者のメリット

  • 家にいたまま除湿機を処分できる
  • 除湿機以外にも不用品がある場合でも楽
  • 買い取り可能な家電があれば料金と相殺して回収費用の節約になる
  • 比較的早く除湿機を処分できる

4-3-2.回収業者のデメリット

  • 料金が発生する
  • 業者を選ぶ必要がある

4-4.業者選びのポイント

不用品回収業者とひとくちにいっても、さまざまな業者があります。選び方のポイントをまとめたので参考にしてみてください。

  • 地域に対応している
  • 料金体系が明確である
  • サービス内容と料金があっている
  • 追加料金・オプション料金についてきちんと説明がある
  • 実績・ノウハウが豊富である
  • 買い取りもおこなっている(買い取りを希望する場合)
  • 古物商買取・販売許可などの資格を持っている

4-5.注意点

上記のようなポイントをヒントに、きちんと業者を選びましょう。中には、不正に料金を請求したり不法投棄をしたりする悪徳業者もあります。怪しいと感じた業者は、いくら安くても依頼しないようにしましょう。

5.除湿機の廃棄・処分方法についてよくある質問

5-1.除湿機は処分前に掃除したほうがいい?

粗大ゴミや下取りなどで処分する場合が掃除は不用です。除湿機を買い取りに出す場合には、きれいに掃除しておくことで査定価格があがる可能性があります。説明書やメーカーのHPを見ながら内部やフィルターまでしっかりと掃除しておきましょう。

5-2.急ぎで除湿機を処分したいのですが

弊社では、即日対応もうけたまわっております。お急ぎの場合は0120-997-836までお電話ください。

5-3.ひとまず見積もりだけ依頼してみたいのですが

弊社では、無料見積もりフォームをご用意しております。また、お問い合わせも受け付けておりますので、ご依頼前に不安な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

5-4.除湿機のほかにも処分してほしいものがあるのですが

弊社では家具・家電・楽器・オフィス機器・厨房(ちゅうぼう)用品など、各種の買い取り・回収をうけたまわっております。買い取り可能品目についてはこちらをご参照ください。

5-5.回収料金を安くするには?

不用品をまとめて依頼する・パック料金を利用するなどの方法があります。買い取り可能な不用品があれば、料金から相殺することが可能です。そのため、買い取り希望の家電類はなるべくきれいにして付属品もそろえておきましょう。また、エレベーターのないマンションなどでは、ご自身で1階まで運んでいただければ階段搬出料を抑えることができます。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 自治体回収
  • 下取り・引き取り
  • リセール
  • 回収・買い取り業者

除湿機の処分方法について、上記のそれぞれのポイントをご紹介しました。不用品の量や除湿機の状態・自治体のゴミ区分など、さまざまな観点で処分方法を選びましょう。除湿機以外にも不用品がたくさんあるという場合には、回収業者にまとめて依頼したほうが料金面・時間・手間でお得なので、ぜひ検討してみてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス