壊れたパソコン処分前はデータ移行と消去! 買取不可でもリサイクル


自宅に壊れたパソコンがあって、処分に困っていませんか? 動かなくなったパソコンは使う機会もなく、場所ばかり取ってしまいますよね。捨てたいけれど、捨て方がわからずにそのままという意見が多いものです。壊れたパソコンでも、修理で直る場合もあります。しかし、中には修理代金の方が購入費用を上回るケースもあり、処分を余儀なくされてしまうこともあるものです。
「壊れたパソコンはどんな処分方法がある?」「処分前には何をするべきか?」といった疑問点も出てくるでしょう。壊れているとはいえ、パソコンの処分は慎重に行わなければ危険な場合もあります。正しい捨て方を身につけ、安全に廃棄するようにしてください。

  1. 壊れたパソコンについて
  2. 壊れたパソコンの処分方法について
  3. 壊れたパソコンを処分する前にやるべきこと
  4. 壊れたパソコンの処分でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、壊れたパソコンの捨て方を覚えることができ、リサイクルを視野に入れた処分が実現できるでしょう。パソコンの廃棄にかんするPCリサイクルマークについても、知識を得ることができます。

1.壊れたパソコンについて

パソコンは不具合が出ることがありますが、故障か単純なシステムトラブルか判別しにくいこともあるでしょう。壊れたと捉(とら)えるべき症状や修理などについて考えていきます。

1-1.パソコンの壊れた症状

パソコンが壊れたかなと感じる場合、次の症状がないかを確認してみてください。

  • 電源が入らない
  • エラーメッセージが表示される
  • 異音や異臭がする
  • 使用中にシャットダウンしてしまう
  • フリーズする回数が多い
  • 高温になる

上記の項目にあてはまる場合、パソコンの故障と捉(とら)えるべきでしょう。

1-2.壊れたパソコンの修理について

パソコンにも寿命があるため、修理部品が保有されていないケースもあります。修理部品の保有期間は、6年が目安です。修理部品があれば対応可能でも、年数が経過したパソコンでは、1箇所を修理してもほかに不具合が出る可能性も否めません。従って、使用年数や寿命などを考慮し、修理すべきかどうかを判断するべきです。修理代金が、新規購入費用を上回る場合は、買い替えをおすすめします。

1-3.壊れたパソコンは買取に出すことができるのか?

中古で再販できるパソコンは、正常に動作し、トラブルがないものが前提です。年式が古く、傷や汚れが激しいものは買取ができません。ただし、買取はできなくても、内部部品を再利用する目的で無料回収を実施している業者もあります。なるべく費用をかけずにリサイクルしたいと考えるなら、業者によるリサイクル回収がおすすめです。

2.壊れたパソコンの処分方法について

修理しても直らず、処分となったパソコンは、どのようなルートで廃棄することが望ましいのでしょうか? リサイクル回収にかんする情報をご紹介します。

2-1.PCリサイクルマークについて

2003年10月にパソコンの再利用を推進するPCリサイクル法が施行されました。それ以降に発売されたものはPCリサイクルマークの表示があります。箱に同梱(どうこん)されている場合は、ご自身の手で貼りつける形式です。

2-2.壊れたパソコンの処分方法

2-2-1.メーカー

PCリサイクルマークがあるパソコンは、壊れていても無償回収ができます。メーカーはロゴなどで判別できますので、参考にしてメーカーに問い合わせをしてください。メーカーに申請後、発送伝票が届きます。梱包(こんぽう)して発送しましょう。
PCリサイクルマークがないものは、有料にてリサイクル回収となります。リサイクルにかかる費用は、機種や品番などで変わるため、メーカーへ確認してください。

2-2-2.自治体

自治体では、家電回収ボックスを設置し、小型家電製品のリサイクル回収を実施しています。ノートパソコンやハードディスクであれば、投入口から入れることができるため、無料にて廃棄が可能です。デスクトップタイプのパソコンは、家電回収ボックスが利用できない場合がほとんどですので、ほかの処分方法を検討しなければなりません。

2-2-3.販売店

パソコンが壊れたから買い替えようという方なら、購入時に販売店にリサイクル回収を依頼するのも1つの方法です。販売店は購入者限定のサービスとしてリサイクル回収を利用できるように設定している場合が多く、廃棄だけを依頼するのは難しい場合もあるでしょう。キャンペーンとして、古いパソコンの下取りをしている場合もあります。購入予定の店舗に連絡し、リサイクルにかかる費用などを確認しておいてください。

2-2-4.回収業者

回収業者は、さまざまな不用品の回収を行っています。パソコンに限らず、家電・家具・日用品など幅広く対応してくれるのがメリットです。自治体や販売店に依頼する場合、自分で持ち込む必要があり、運搬が面倒に感じることも多いと思います。回収業者は自宅まで引き取りに来てもらえ、壊れたパソコンでも回収可能です。ほかにも同時処分したいものがあれば、まとめて処分するプランなどを利用し、お得に処分ができるでしょう。

2-3.パソコンの付属品について

マウス・キーボード・ケーブルといった付属品が、パソコンには必ずあります。自治体の場合、家電回収ボックスまたは燃えないゴミとするなど、規定は地域ごとに異なるため、捨て方には注意しましょう。回収業者は同時に付属品の回収もしてもらえ、1回の引き取りで付属品も捨てることができます。

2-4.壊れたパソコンを処分するときの注意点

デスクトップパソコンは重量もあり、運搬に手間取ることがあります。廃棄にあたって注意したいのは、自力で難しい場合は無理せず、楽な処分方法を選ぶことです。費用をかけずに処分したいあまりに、運搬時の落下や事故などが起こる可能性もあります。人手がなく、車両手配もできない場合は、回収業者など便利な方法を選んでください。

3.壊れたパソコンを処分する前にやるべきこと

壊れていても、パソコンのデータは内部に保存されたままです。動かないからと何もせずに捨ててしまうのは、個人情報が流出する危険もあるため、処分前に処理をしておきましょう。

3-1.データのバックアップ

新しいパソコンを購入後も、今までと同じ環境で使用できるように、パソコンのデータをバックアップしておくと安心です。外づけハードディスクやメモリーに移行しておき、データ消失を防ぎましょう。普段からこまめにバックアップを取るようにしておけば、パソコンが故障したときでも慌てずに済みます。

3-2.データ消去

データ消去は、パソコン廃棄時に最も重要とされるものです。壊れたパソコンでも、ハードディスクからデータを取り出して、悪用する事例もあります。金融情報や住所録、パスワードやサイト閲覧履歴などは、簡単に復元できてしまうため、サイバー犯罪の標的になる可能性もあるでしょう。
専用ソフトでデータを上書きして読み取れなくするか、業者に依頼してハードディスクの物理破壊をしてもらうと安心です。データのバックアップを終えてから、データ消去をしてください。

3-3.壊れたパソコンを処分する前に注意すべきこと

データ消去の重要性は、前述にてお伝えしました。初期化だけで処分してしまう方がいますが、初期化は工場出荷時の状態になるだけで、データを消したことにはなりません。データの取り扱いは慎重に行い、処分前は完全にデータを消すように心がけてください。

4.壊れたパソコンの処分でよくある質問

壊れたパソコンを処分するときは、いろいろな疑問が出てきます。わからないまま処分するより、不明点は質問集で解決しておく方がいいでしょう。

4-1.壊れたパソコンを送る際も丁寧に梱包(こんぽう)すべきか?

壊れていても、パソコンは貴重な資源に変わりありません。再利用する目的でリサイクル回収をするのですから、なるべく破損が起こらないよう丁寧に梱包(こんぽう)しましょう。

4-2.データ消去に適したソフトは?

人気があるのは、データ完全抹消Blanccoというシリーズです。操作性もよく、手軽にデータ消去ができ、何度も上書きをして完全に読み取れなくできます。

4-3.回収業者を利用したいけれど、どこがいいかわからない

不用品の回収には産業廃棄物収集運搬、リサイクルには古物商の許可を得る必要があります。きちんと許可番号が与えられている業者を選び、大切なパソコンの廃棄を依頼しましょう。回収業者のエコアースでは、数多くの実績があり、他社よりお得なプランも用意しています。お気軽にご相談ください。

4-4.回収業者の見積もりはどうやって利用する?

エコアースでは、無料見積もりフォームをホームページに用意しています。お問い合わせいただいた内容には、24時間以内にご返信しており、迅速に処分したい場合にも便利です。

4-5.パソコンの物理破壊を依頼した場合に証明書は受け取れる?

エコアースでは、ご希望される方に物理破壊証明書の発行を行っています。物理破壊にかかる費用は、デスクトップとノートパソコンともに、税別1,000円です。ハードディスク取り外し代金も含まれています。

5.まとめ

いかがでしたか? 壊れたパソコンは場所を取ってしまうけれど、捨てにくいという悩みがあります。通常のゴミとして出すことができないのは、PCリサイクル法に基づいたリサイクル回収が求められるからです。PCリサイクルマークがあれば無償、ないものは有償でメーカーの回収を受けることができます。買い替える方は、販売店に依頼する方法もおすすめです。どちらの方法も、ご自身で運搬や梱包(こんぽう)が必要になるため、手間がかかって嫌だという方もいます。時間もかからず、ほかにも処分したいものがある場合は、回収業者を利用してみてください。回収業者なら、データ消去も手がけており、壊れたパソコンのデータを確実に消して、安全に廃棄することができるでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス