ゴミ屋敷の原因とは? ゴミ屋敷にお悩みの人必見! 片付け・解決方法


近年、深刻な社会問題としてメディアにもたびたび登場するのが「ゴミ屋敷」です。家中がゴミであふれ足の踏み場もないゴミ屋敷は、見た目が不潔なだけではなく悪臭が周辺に漂うので、近隣住人にも迷惑がかかります。さらに、害虫の発生や自然火災・放火などの危険性もあるので解決を急がなければなりません。けれども、ゴミ屋敷の住人は「片付け方法がわからない」「片付ける気がない」などの理由で片付けをしない人がほとんどです。そこで、ゴミ屋敷の原因や解決方法などをご紹介します。

  1. ゴミ屋敷とは?
  2. ゴミ屋敷への対応
  3. ゴミ屋敷の原因とは?
  4. ゴミ屋敷の解決方法
  5. ゴミ屋敷〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、ゴミ屋敷への対処方法などがおわかりいただけます。自分や親族、友人などの家がゴミ屋敷化してお悩みの人、近所にゴミ屋敷があり困っている人などの参考になれば幸いです。

1.ゴミ屋敷とは?

「ゴミ屋敷」とはどのようなモノで、どのような問題点があるのか? などをご紹介しましょう。

1-1.ゴミ屋敷とはどんな状態?

「ゴミ屋敷」とは、部屋や家全体がゴミで埋まり、足の踏み場もない状態になっている住居のことです。また、家の中だけではなく玄関や庭、敷地周辺の通路までゴミがあふれていることもあります。

しかしながら、ゴミ屋敷の住人はゴミがあふれていることが気にならないのです。弁当やカップラーメンの容器・デザートやアイスクリームのカップ、ペットボトルや空きビンなど飲食関連のゴミをそのまま放置しているので悪臭も発生します。足の踏み場がないので掃除機をかけることもなく、ゴミだけではなくホコリもたまってしまうのです。部屋を閉め切っていることも多いので湿気もたまり、カビが発生するだけではなく、害虫やネズミなどの温床ともなります。

1-2.社会問題として

現代では、ゴミ屋敷が社会問題となりメディアで何度も取り上げられています。というのも、ゴミ屋敷は近隣の人々に多大なる迷惑をおよぼすからなのです。近隣住民がゴミ屋敷の住人にかけ合ったり自治体が忠告をしたりしても、耳を貸さないので始終トラブルを引き起こしています。

国土交通省が実施した全国の市町村アンケート(2015年度)によると、1217の市町村で250戸ものゴミ屋敷の存在がわかっているのです。

1-3.ゴミ屋敷の困りごととは

ゴミ屋敷が社会問題となっているのは、以下のような「困りごと」を引き起こすからです。

  • 周辺にゴミの腐敗臭が漂うので近隣住民は常に苦痛やストレスにさらされる
  • 害虫やネズミが増加し近隣住民の家も被害を受ける
  • 通路までゴミがあふれているので通行の妨げになる
  • ゴミの山がくずれて危険
  • 不法投棄の温床になる
  • 腐敗物の自然発火による火災や放火の危険性がある
  • ゴミ屋敷の住人は近隣との付き合いがないので孤独死も多い

1-4.ゴミ屋敷の背景とは

ゴミ屋敷が誕生する背景としては、「核家族化・高齢化が進み1人暮らしの高齢者が増加したこと」が挙げられています。

2014年に大阪市が行った「ゴミ屋敷の住人」の年齢層調査(95人対象)によると、70代が35人・60代が24人で、60歳以上の高齢者が全体の約6割を占めていました。その中で、「同居人がいない」人は52人で、高齢者の1人暮らしがゴミ屋敷と関係していることがわかったのです。ゴミ屋敷の原因にかんしては、後の項で詳しくご紹介しましょう。

2.ゴミ屋敷への対応

ゴミ屋敷に対する自治体や周囲の対応は、どのようになっているのでしょうか。

2-1.自治体の対応

ゴミ屋敷の存在は、周辺住民にさまざまな迷惑をおよぼします。そこで、ゴミ屋敷にかんする条例を制定する自治体も増えてきました。自治体によっては、強制撤去をしたり罰則を与えたりするだけではなく、ゴミ屋敷と化した原因を探り、福祉面からのアプローチを取り入れているところもあります。

2-2.法律上の問題

多くの自治体では、ゴミ屋敷の近隣住民からの苦情に頭を痛めています。というのも、「ゴミ屋敷を直接取り締まる法律」がないからです。もちろん、ゴミが敷地外の通路や隣家の敷地にはみ出ている場合は、道路法・廃棄物処理法に基づいた処分が可能になります。しかしながら、ゴミが敷地内にある限りは強制的に排除できないのです。

さらに、憲法29条1項では「財産権はこれを侵してはならない」としています。たとえゴミであっても、住人が自分の「財産」としている場合、保有する権利は守られるので自治体が勝手に排除するのは難しいのです。そこで、前項でご説明したように、各自治体が「ゴミ屋敷条例」を制定し対策を行うようになりました。京都市では、2014年11月施行の「ゴミ屋敷条例」に基づき、全国初の強制撤去が行われています。

2-3.周囲ができること

ゴミ屋敷に住む人の事情や性格はさまざまです。単純に病気やケガが原因で、片付けたくても片付けられない状況であれば親族や近隣住民が協力してゴミを片付けてあげることもできるでしょう。

けれども、住人自体が「ゴミではない」と思っている場合は、片付けを申し出ても拒否するケースがほとんどです。住人が片付けを望んでいないのに、近隣住民が勝手に入り込んでゴミを捨てると不法侵入で訴えられることもあります。まずは、自治体に相談してみましょう。

3.ゴミ屋敷の原因とは?

ゴミ屋敷は短期間で発生しません。長い年月をかけてできあがるのです。ゴミ屋敷になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

3-1.社会的な原因

「1-4.ゴミ屋敷の背景とは」で触れたように、近年では超高齢化社会を迎え、1人暮らしの高齢者が増えたことが原因として挙げられています。高齢になると足腰も弱くなるので掃除やゴミ捨てが肉体的にも精神的にも負担となるのです。つい面倒なのでゴミを放置してしまい、いつの間にか自分の手では片付けられないほどのゴミ屋敷となってしまうケースも少なくありません。また、家族や友人など、気軽に掃除を頼める人が近所に住んでいないことも多いのです。

3-2.個人的な原因

3-2-1.性格

ゴミ屋敷になりやすい人の性格には、共通する特徴があります。

  • つい「もったいない」と思うのでモノが捨てられない
  • 片付けたり整理整頓したりするのが苦手
  • 買い物依存症
  • モノをため込むのが好き
  • 何でも先のばしにするくせがある

3-2-2.精神的な疾患(しっかん)

性格的な問題だけではなく、精神的な疾患(しっかん)の場合もあります。

  • ADHA(注意欠陥・多動性障害):集中力がない・じっとしていられない・考えずに行動してしまうなどの症状がある発達障害の1つ
  • アスペルガー症候群:コミュニケーション障害・対人関係が苦手・「限定したものごと」にこだわるなどの症状がある発達障害の1つ
  • セルフネグレクト(自己放任):自分への関心が無くなり、身の回りのことができなくなる
  • 総合失調症:幻覚や妄想が特徴で、社会生活を営む機能が障害を受ける症状。自分自身を振り返って考えることができない
  • 認知症:加齢などが原因で、脳の細胞が死んだり働きがおとろえたりして生活に支障をきたす状態

などが挙げられ、「片付けられない症候群」の原因となるのです。

3-3.捨てられないという病気について

前項でご紹介した「片付けられない症候群」と似ているようで異なるのが、モノを捨てられない「ため込み症候群」です。モノ(不用品やゴミなどを含む)をため込んでしまい家の中をいっぱいにする行為を「ホーディング」と呼び、その行為をしてしまう人を「ホーダー」といいます。

ホーダーは、そもそも片付ける気がまったくありません。賞味期限切れの食品や昔のチラシ、古い電話帳など普通であれば廃棄するモノでも、基本的に「所有していたい」という思いが強いので捨てることができないのです。「片付けたくない」「モノを処分したくない」「モノをため込みたい」という思いが強く、家族が片付けを手伝おうと申し出ても苦痛にしか感じません。もし、片付けたとしてもすぐに同じ状態を繰り返してしまいます。

4.ゴミ屋敷の解決方法

ゴミ屋敷を片付けるにはどのような方法があるのでしょうか?

4-1.相談窓口

ゴミ屋敷が近所にある場合は、「2-3.周囲ができること」でご紹介したように直接住人と交渉せず、まずは自治体に相談をするほうがいいでしょう。また、マンションなど同じ建物内の場合は、管理会社や大家さんに相談してください。さらに、東京弁護士会では「ゴミ屋敷などの近隣紛争についてご相談ください」と、センターの紹介を行っています。

自分や家族が「片付けられない症候群」や「ため込み症候群」でお悩みの場合は専門家に相談するほうがいいでしょう。精神科や心療内科、メンタルクリニックなどでカウンセリングを受けることをおすすめします。

4-2.ゴミ屋敷の片付け方

4-2-1.親族や友人などに手助けをしてもらう

「ゴミ屋敷と化した家を片付けよう!」と心に誓っても、ゴミ屋敷を作った本人が1人ですべて片付けるのは難しいものです。片付けながらも、つい「捨てるのはもったいない」と考えてしまうので作業がストップしてしまいます。親しい友人や親戚、親兄弟などに手助けしてもらいましょう。

最初に、日常生活で必要なモノだけをひとまとめにしてください。残りは、燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミに分けてから思いきって廃棄しましょう。

4-2-2.プロの業者に依頼する

不用品の買い取り・回収を行っている業者に依頼する方法です。中でも「片付け」も行う業者なら、迅速に作業を行ってくれます。「エコアース」では、一般的な不用品回収業者よりも20〜50%もお得な片付け費用でサービスを提供しているのです。不用品をゴミとして処分するだけではなく、リユース品や資源として再販売するので廃棄物を減らすことができ、料金を安くすることが可能になりました。

4-3.プロの業者に依頼したほうがいいケース

  • 1人暮らしなので、自分だけで片付けられない
  • ゴミ屋敷状態を親族や友人に知られたくないので手助けを頼めない
  • ゴミや不用品の量が多すぎる
  • 片付ける気持ちはあるのだが時間がない
  • せっかくゴミ屋敷を卒業したい!と決意したのですぐにでもきれいな状態にしたい
  • 亡くなった親の家がゴミ屋敷化していたので丸ごと片付けたい

などの場合は、プロに片付けを頼むほうがおすすめです。

4-4.業者選びのポイント

不用品の買い取り・回収業者は、インターネットで検索しただけでもたくさんヒットします。どんなことを基準にして選べばいいのかご紹介しましょう。

  • 依頼したい家が業者の「サービス対象エリア」になっている
  • 無料の見積もりサービスを行っている
  • 料金プランが明快
  • 買い取り価格が高く、片付けや回収費用が安い
  • 実績がある
  • 無料の問い合わせや相談窓口がある
  • ホームページの「会社概要」で、営業所の所在地・電話番号などを明記している
  • 古物商許可番号や産業廃棄物収集運搬許可番号・解体工事業番号などの許可を取得している

5.ゴミ屋敷〜よくある質問〜

ゴミ屋敷にかんする「よくある質問」を集めました。参考にしてください。

5-1.親の家がゴミ屋敷化している

Q:数年ぶりに実家に帰ったら、家の中がゴミ屋敷化していました。片付けようとしすると親が怒ります。どうすればいいでしょうか?

A:ゴミ屋敷になっている状態を非難するのはNGです。特に、お子さんが説教すると親御さんは反発してしまいます。以下のような方法を試してください。

  • まずは「見えない・気がつかない部分」から片付ける
  • 「これちょうだい」「これ貸して」ともらうふりをして、少しずつ不用品を捨てる

親をだますようで気がひけるという人もいるでしょう。しかしながら、モノが減り部屋が片付いてくると「きれいになったね」と態度が変わるケースも多いのです。

5-2.ゴミ屋敷状態になるのを予防したい

Q:高齢の両親が2人暮らしをしています。最近片付けるのが苦痛になってきたようなのですが、ゴミ屋敷化しないための予防方法はあるでしょうか?

A:時間を作り親御さんと一緒に「生前整理」をしてみましょう。最近は、生前整理が話題になってるので書籍やインターネットの記事などをご両親に見せて誘ってください。必要なモノと不用なモノに分け、不用品の回収は業者に依頼するのもおすすめです。一気に家の中がきれいになるのでその状態を保とうという気持ちになります。また、モノが減るので片付けも楽になり掃除もしやすくなるのです。

5-3.片付けをプロに依頼したい

Q:マンションで1人暮らしをしていた親が亡くなり、部屋を売却することになりました。不用品や家具などが多いのですが、片付けや回収をすべて業者におまかせすることはできるでしょうか?

A:不用品回収業者の中には、片付けは行わない業者もいます。また、故人の家の片付けを依頼するのであれば、遺品整理を行っている業者がいいでしょう。「エコアース」では、不用品の片付け・買い取り・回収・遺品整理を行っています。ほかの遺品整理会社よりもお得な「定額パック」もあるのでお気軽にご相談ください。

5-4.ゴミ部屋の片付け方

Q:ワンルームがゴミ部屋と化しています。片付けてきれいにしたいという気持ちはあるのですが何から手を付けていいのかわかりません。簡単な方法を教えてください。

A:まずは、不用品を思いきって捨てましょう。以下の手順で行ってください。

  1. 最初に「床」の上をきれいにします。読み終わった雑誌、不用なチラシなどは捨て、脱ぎっぱなしの洋服や置きっぱなしの荷物などはクローゼットに片付けます。床のスペースがあいたら、大きめのダンボールを3つ用意して「不用品」「必要なモノ」「保留」と書いた紙を貼りましょう。
  2. テーブルの上・棚の上・クローゼットの中・キッチンなど順番に、1で用意した箱にモノを仕分けします。迷うモノは「保留」の箱に入れます。
  3. 「不用品」に入れたモノは、燃えるゴミ・燃えないゴミなどに分け廃棄します。
  4. 3まで行うと、部屋にスペースができるでしょう。「必要なモノ」を整理整頓しながら収納してください

「保留」箱に入れたモノは、1週間後に見直しをして必要か不用品かに分けます。この作業を行うと、部屋の中がきれいに片付くでしょう。1か月に1度行うとスッキリと片付いた部屋に生まれ変わります。掃除も楽になるのできれいに保とうというモチベーションも上がるのです。

5-5.片付けと不用品の回収料金が心配

Q:ゴミ屋敷化した家を自分で片付けることができません。思いきって、片付けも不用品の回収も業者に依頼しようと思います。量があるので料金が心配です。

A:ぜひ、エコアースの無料見積もりをご利用ください。電話や問い合わせフォームだけではなく、出張で見積もりも行っています。見積もり後のキャンセルも可能で、料金も一切かかりません。安心してご利用ください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。ゴミ屋敷となる原因や問題点、解決方法などがおわかりいただけたかと思います。ゴミ屋敷は、不衛生なだけではなくさまざまな問題があるのです。近隣にゴミ屋敷があり住人と付き合いがない場合は、自治体などに相談して解決に導いてもらうのが1番でしょう。

また、自分自身や親、兄弟姉妹など身近な人間の家がゴミ屋敷になっている場合は、少しずつでも片付ける・専門医のカウンセリングを受けるなどの方法がおすすめです。さらに、不用品回収業者に片付けを依頼し、一気にきれいにすると考え方が変わるケースも少なくありません。ゴミ屋敷は、放置していると危険なのでできるだけ早めに手を打ったほうがいいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス