不要なノートパソコンの処分方法とは? 知っておきたい処分の基礎知識


1台持っておくと便利な「ノートパソコン」。一人暮らしや社会人として働いている人はほとんどの人が持っているのではないでしょうか。
ノートパソコンも次々と新しいモデルが発売されており、ノートパソコンをこまめに買い換える人も多いです。
そこで困るのが「不要なノートパソコンの処分」ではないでしょうか。
古いノートパソコンはどのように処分すればよいのか、正しい捨て方について説明します。

  1. ノートパソコンの処分方法
  2. 処分前に確認しておくこと
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.ノートパソコンの処分方法

困ってしまいがちなノートパソコンの処分方法。いったいどのようにして捨てればよいのでしょうか。
主なノートパソコンの処分方法を3つ紹介します。
処分で悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

1-1.不用品回収業者に依頼する

ノートパソコン等の家電製品はもちろんのこと、さまざまな不用品の回収を行っている業者に依頼する方法があります。
探してみると意外と自宅の近くに不用品回収業者が見つかるかもしれません。
不用品回収業者のメリットは、電話1本ですぐに自宅までやってきてくれるスピード対応と、どのような品物でも回収してくれる品目の幅広さにあるのではないでしょうか。
引越しで不要になった物と合わせて処分するのもよいですし、ノートパソコンのみの回収も受け付けています。
なかなか業者に行く時間がない人でも空いた時間を利用して不用品業者に依頼するのもよいでしょう。
不用品回収業者に依頼してノートパソコンを処分してもらう方法も選択肢のひとつになります。

1-2.リサイクルショップを利用する

まだ使えそうなノートパソコンであれば、リサイクルショップで売ることも可能です。
売ったお金で新しいノートパソコンが購入できますし、再利用してもらえるのであれば一石二鳥ではないでしょうか。
さまざまなリサイクルショップがありますが、できるだけ高く売るためにはノートパソコン類を中心に取り扱っているお店に売ることが1番です。
ノートパソコンに強いお店であれば、さまざまなメーカーを取り扱っているので適切な買取価格で取引ができるでしょう。
また、リサイクルショップで売れなくても「オークション」を利用する方法があります。
オークションではノートパソコンを安い値段で欲しがっている人がたくさんいるので、買い手が見つかりやすいです。
ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

1-3.メーカーに回収してもらう

ノートパソコンの処分で主流となっている方法が「メーカーに回収してもらう」方法です。
不用品回収業者の利用と同じく、一般的な捨て方になっています。
持っているノートパソコンのメーカーをチェックし、ホームページにアクセスしてください。
ホームページには処分する際の方法や回収について載っています。
ノートパソコンにリサイクルマークがついている場合、ほとんどのメーカーでは無料で回収してくれますが、ついていない場合はリサイクル料金が数千円かかるでしょう。
料金はどのくらいかかるのか、どのような方法で回収してもらえるのか、メーカーのホームページをチェックしてください。

2.処分前に確認しておくこと

2-1.処分費用をチェックする

ノートパソコンを処分する前に確認しておくことがいくつかあります。
1つ目は「処分費用をチェックすること」です。
処分費用は不用品回収業者やメーカー、ノートパソコンの大きさによって異なりますが、だいたいおよそ3,000円~5,000円かかると思ってください。
ただし、すべてが3,000円~5,000とは限りません。
リサイクルマークがついているノートパソコンの場合はメーカーが無料で回収してくれますし、処分方法が家電リサイクル法で決まっています。
リサイクルマークがついている家電製品はきちんと決められた方法で処分しなければならないので気をつけてください。
リサイクルショップで売る場合は回収費用はかかりませんので安心です。
自分がどのような方法で処分するのかによって費用が異なるため、事前にチェックしておきましょう。

2-2.パソコンの年数を確認する

処分前に確認してほしいこと2つ目は「パソコンの年数」です。
パソコンが製造されてからどのくらい経過しているのかチェックしておきましょう。
なぜそのような確認が必要かというと、製造年から5年未満であれば「捨てる」よりも「売る」選択をした方がお得だからです。
まだ使えそうなパソコンでも5年以上経過しているとリサイクルショップでも買い取ってもらえなないでしょう。
しかし、5年以内であれば売れる可能性が高いので処分するよりも売った方が効率的です。
パソコンの年数を確認することでベストな選択ができるでしょう。

3.処分する際の注意点

3-1.ハードディスク内のデータを完全に削除する

ノートパソコンにはハードディスクが搭載されており、その中には今までやり取りしたメールの内容からアドレス帳、写真や大切なファイル、買い物記録までさまざまな情報が入っています。
ノートパソコンをそのまま処分するとハードディスク内に入っているデータが悪用されてしまうので注意しなければなりません。
実際に、ノートパソコンを廃棄業者に出し、データが悪用されたトラブルも何件も起きています。
処分する際には必ずハードディスク内のデータを完全に削除してください。
削除の仕方は復元できなくなるソフトウェアを使って削除する方法と、破壊して削除する物理的な方法があります。
ハードディスク内のデータを完全に削除しなければトラブルに巻き込まれてしまうことを覚えておいてくださいね。

3-2.自分でできない場合は業者に依頼する

どうしても自分でハードディスクのデータが削除できない場合は、不用品業者に依頼することもできるのでオススメです。
パソコンデータの消去サービスとして、物理的な破壊を行っている業者があります。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
完全に削除しましたという「データ消去・物理的破壊作業完了証明書」の発行も行っているので安心して依頼できます。
中には証明書を発行しない業者もあるので気をつけてください。
安全性のためにも発行してくれる業者を選びましょう。ノートパソコンのデータ消去にかかる費用は2,100円~となっています。
エコアースではウェブからのお申し込みで1,000円オフサービスを実施しているので、利用する際はウェブからの申し込みがオススメですよ。

4.まとめ

ノートパソコンの処分について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
古いノートパソコンの捨て方で悩んでしまいますが、きちんと知識を身につけておけばスムーズに捨てられるでしょう。
何の知識もないまま処分してしまうと失敗するので注意してください。
では、最後にもう一度おさらいしたいと思います。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップを利用する
  • メーカーに回収してもらう
  • 処分費用をチェックする
  • パソコンの年数を確認する
  • ハードディスク内のデータを完全消去する
  • 業者に依頼して削除してもらう

ノートパソコンを処分する際は、必ずハードディスク内のデータを完全に消去してから捨ててください。
データが残ったまま処分すると悪用されてしまいます。
また、初期化のソフトで削除する人も多いですが復元ソフトを使えばデータが再び使えるようになるためオススメできません。
1番安心なのは「物理的破壊」です。
自分ですると怪我をする危険性もあるので、業者に依頼するとよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス