【解決】引越しゴミ処分のコツ・費用を抑えるポイントや注意点まとめ


引越しは、こん包・ゴミの処分・片付け・各種手続き・周囲の人へのあいさつなど、やるべきことが大量にあります。中でも、ゴミの処分や片付けで困っている人は多いでしょう。大量に出た引越しゴミや、分類や処分方法が難しい不用品で悩んでいる方のために、引越しゴミの処分の方法やコツをご紹介します。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 引越しゴミの処分~自治体で処分する
  3. 引越しゴミの処分~引越し業者に依頼する
  4. 引越しゴミの処分~リサイクル・リセールに出す
  5. 引越しゴミの処分~回収業者に依頼する
  6. 引越しゴミについてよくある質問
  7. まとめ

ものやゴミが大量で途方にくれている方や、引越しゴミの処分方法を知りたい方・引越し予定に追われているという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。作業前にこの記事を読んでしっかり準備することで、引越し作業をスムーズに進めることができるでしょう。

1.引越しで出るゴミについて

1-1.どんなものが出るか

引越しでは、可燃ゴミ・不燃ゴミ・家電・大型家具・自転車など、実に大量のゴミが出ます。ゴミの種類によっては、手続きをしなければならなかったり、回収場所へわざわざ持って行かなければならず、ただでさえ大変な引越し作業のさまたげとなることも多いでしょう。また、可燃ゴミや不燃ゴミは毎日出続けるため、片付け最終日(引越し当日)まで油断ができません。

1-2.引越しゴミのこまり事とは?

引越しゴミで悩みがちなポイントをご紹介します。

  • 量が多い
  • 種類が多い
  • 想定しないゴミが出てくる(ベランダの物干し竿(ざお)やプランターの土・カーペット・カーテンなど)
  • 回収日や回収方法が複雑・面倒
  • 捨てるのがもったいないものが多い(家具・家電など)

1-3.注意すべき家電

引越しの際は以下の家電にご注意ください。

  • テレビ
  • 洗濯機(乾燥機)
  • エアコン
  • 冷蔵庫(冷凍庫)

上記の家電は、家電リサイクル法に指定されており、一般的な粗大ゴミなどとして処分することができません。郵便局や小売店で家電リサイクル券(3,000円前後)を支払い、手続きをする必要があります。

2.引越しゴミの処分~自治体で処分する

2-1.可燃ゴミ・不燃ゴミ

可燃ゴミや不燃ゴミは毎日出続けます。引越し作業をすると想像以上にゴミが出るので、ゴミ袋は多めに用意しておきましょう。途中でゴミ袋が足りなくなって作業を中断するとなると効率が下がるので注意してください。また、自治体やマンション・アパートによっては、1回あたりに出せるゴミの量(数)が決まっていることもあります。あらかじめ周囲の方や管理人に了承を取ったり、どうしたらいいか自治体に相談しておくとトラブルを防げるでしょう。

2-2.電化製品について

テレビ・洗濯機・エアコン・冷蔵庫以外の家電は、自治体の粗大ゴミに出したり、リサイクルに出したりする方法が一般的です。お住まいの地域の粗大ゴミ一覧表などで確認しましょう。処分料金は300円~3,000円程度となっています。1点ごとに処分料金が発生しますので、家電が多数ある場合は想像以上に高額になってしまうことがあるでしょう。また、回収日を待ったり回収場所まで運んだりする手間もあります。

2-3.大型家具など

大型家具も、粗大ゴミとして処分するのが一般的です。解体すれば不燃ゴミとして出せる場合もありますが、自治体によっては「使用時の大きさ」でゴミ区分を判断することもあるので注意しましょう。また解体時や運搬時はケガや建物(壁・床など)を傷つけないように注意してください。運搬が難しければ、プロの業者に依頼することをおすすめします。

2-4.自転車

自転車の自治体での処分料金は1,000円程度です。自転車を路上に放置すると、事故などがあった際に、持ち主の責任となるので注意しましょう。

3.引越しゴミの処分~引越し業者に依頼する

3-1.引越し業者が回収してくれるもの

不用品の回収を引越し業者に依頼することもできます。家具家電類を取り扱っているところが多いです。

3-2.料金

引越し業者はあくまで引越しが本業ですので、不用品回収は高くつくことが多くなります。必要最低限のものだけを回収依頼することがおすすめです。

3-3.注意点

引越し当日になって「回収できません」と言われないように、必ず事前に回収品目を伝えて見積もりに入れてもらいましょう。回収不可となってしまった場合は、わざわざ引越し先に運んでから再度処分手続きを行わなければならず、手間が無駄になってしまいます。

4.引越しゴミの処分~リサイクル・リセールに出す

4-1.リサイクルできるもの

オーディオ機器・DVDプレーヤー・Blu-rayプレーヤー・デジタルカメラ・空気清浄器など、各種家電や、テーブルやタンスなどの家具類は、状態が良ければリサイクルに出せることがあります。商品の型番や定価、状態(美品・付属品がそろっているなど)によって、買取価格が決まるのです。

4-2.メリット・デメリット

不用品をリサイクルに出すことによって、処分料金が節約できるというメリットがあるでしょう。当然、不用品を次の使い手に回せるというエコの面もあります。ただし、リサイクルショップなどを利用する場合は、不用品を自分で持って行かなければならないことが多いのです。せっかく重たい思いをして持って行った家具家電類が、もし買取不可となってしまった場合、手間が無駄になってしまうことも理解しておきましょう。

4-3.リサイクル方法

不用品をリサイクルショップへ出す際は、主に以下の流れとなります。

  • リサイクルショップの買取対象品を確認する(電話で「●●は取り扱っていますか?」と聞くと教えてくれます)
  • 店舗まで不用品を持って行く
  • 店舗で買取査定を受ける
  • 買取価格に納得がいったら商品を引き渡し、料金を受け取る

<買取不可の場合>

  • 不用品を持ち帰る(無料で引き取ってもらえることもある)

4-4.注意点

家具家電を取り扱っているリサイクルショップでも、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などは対象外としているところもあります。無駄な手間とならないよう、事前にしっかり確認しておきましょう。また、点数が多い場合は出張買取を受けられることもあるので、併せてチェックしてみてください。

5.引越しゴミの処分~回収業者に依頼する

引越しで出た大量のゴミや不用品は、回収業者に依頼するのもおすすめです。買取と回収を並行して行っている業者を利用すれば、処分料金を節約したり、時間・手間を省くことができるでしょう。

5-1.業者の選び方

引越しの際のゴミや不用品を回収してもらうには、以下のような業者を選びましょう。

  • 料金が分かりやすい
  • 見積書などを書面でもらえる
  • 買取も並行して行っている
  • 地域に対応している
  • 出張買取・回収を行っている
  • 古物商許可などの資格を持っている

5-2.メリット

引越しゴミを回収業者に依頼するメリットをご紹介します。

  • 家にいたまま不用品を処分できる
  • 買取可能なものがあれば、料金と相殺できて処分費用の節約になる
  • 引越しまで時間がなくても、すぐに回収してもらえる
  • 重いものや大きいものを自分で運ばずに済む

5-3.回収方法・流れ

回収業者を利用する際の主な流れは以下の通りです。

  • 無料見積もりを依頼する
  • 回収日を指定する
  • 訪問
  • 正式見積もり・買取査定を受ける
  • 料金に納得がいったら正式に依頼する
  • 回収・料金支払い

5-4.料金設定

回収業者の料金は、商品一つあたりに料金が発生する「個別料金」と、トラックやカゴ車などに積み放題の「パック料金」があるのが一般的です。ご参考までに、エコアース東京の料金をご紹介します。

<パック料金>

  • カゴ車おまかせパック(目安0.8m³):12,000円
  • 軽トラックおまかせパック(目安2.3m³):30,000円
  • 1t平トラックおまかせパック(目安4.0m³):50,000円
  • 2t平トラックおまかせパック(目安8.0m³):95,000円
  • 3tトラックおまかせパック(目安15m³):170,000円
  • 4tトラックおまかせパック(目安25m³):250,000円

<個別料金>基本料金3,000円が発生します。

  • 冷蔵庫3,500円~10,000円
  • 洗濯機2,000円~5,000円
  • テレビ2,000円~7,000円
  • エアコン3,000円~5,000円

※取り外し作業:3,000円

  • パソコン1,000円
  • ベッド3,000円~7,000円

(他多数)

料金の詳細や、トラックの大きさの図などは、料金表からご確認いただけます。

5-5.注意点

回収業者を依頼する際は、慎重に業者選びを行ってください。地域を巡回している無料廃品回収車は、ほぼ違法です。無許可で営業しているところがほとんどですので、利用しないようにしましょう。無料回収をうたっておきながら、あとから不当に料金を請求したり、回収した不用品を不法投棄したりといったトラブルも多発しているのです。業者を利用する際は、身元や資格がしっかりしているところを選んでください。

6.引越しゴミについてよくある質問

Q.引越しの片付けの際、ものの仕分けルールが分かりません
A.引越しの際は、心機一転身の回りのものをリセットするチャンスです。わざわざ新居に持って行きたいか? と考えると、ものをふるいにかけやすくなります。どうしても必要なものや買い直しが効かないもの以外は、引越し先で買い直すくらいの気持ちでいると楽に仕分けができるでしょう。引越し先にものを持って行って、こん包した中から探したり開封したりする手間と、引越し前に処分して買い直すお金のどちらを取るべきか、バランスを考えるのがポイントです。

Q.業者を呼べないほど散らかっているのですが……
A.回収業者はプロですので、汚部屋やゴミ屋敷などにも慣れています。気負わずに依頼しましょう。作業ができるスペースがない場合は、事前に相談しておくとスムーズです。

Q.悪質な業者を見抜くためのコツは?
A.以下のような業者に注意することでトラブルを防ぐことができます。

  • 見積書など、料金に関することを書面で提出しない
  • 見積もりの内容があいまい(説明のないオプション料金・人件費・雑費など)
  • 資格の提示がない
  • 自宅まで売り込み・営業に来る
  • HP・事業所・固定電話など、正規に営業している形跡がない

Q.回収業者費用を抑えるコツは?
A.回収業者を利用する場合は、不用品を1,2点出すよりも、複数点をまとめて出す方がお得です。エコアース東京では、体積によって定額内でいくらでも詰めるパックがあります。品目や点数によって、個別料金とパック料金でどちらがお得か、おすすめのプランをご提案することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

7.まとめ

引越しゴミの処分方法やコツなどをご紹介しました。引越しは、各種手続きや周囲へのあいさつなど、ただでさえやることがたくさんあって大変です。不用品回収は、ぜひプロに依頼しましょう。その分、他の作業に自分の力を使うことができ、スムーズに引越しが行えるでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス