パソコンバッテリーの廃棄方法とは? 再資源化のためにやるべきこと


パソコンのバッテリーをどう処分するかご存じですか? 寿命を迎えて新しく買い替えたときなど、古いバッテリーの廃棄方法が分からない人も多いでしょう。実は、パソコンのバッテリーは自治体が回収するゴミとして捨てることができません。「資源有効利用促進法」により、不要になったバッテリーは回収され、リサイクルするように決められたのです。この記事では、パソコンバッテリーの処分方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. パソコンバッテリーについて
  2. パソコンバッテリーはどう廃棄するのか?
  3. パソコンバッテリーの処分を回収業者に依頼する
  4. パソコンバッテリーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったパソコンバッテリーの廃棄方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.パソコンバッテリーについて

まずは、パソコンバッテリーの再資源化や寿命についてご紹介します。

1-1.バッテリーとは?

パソコンバッテリーとはいわゆる「予備電池」のことで、すべてのノートパソコンに搭載されています。バッテリーのおかげで、電源のない場所でも一定期間はノートパソコンを使用することが可能です。ほとんどのバッテリーにはリチウムイオン電池が採用されており、リチウム原子の電子が移動することで充電と放電を行っています。

1-2.資源の再利用

パソコンのバッテリーには、ニッケルやカドミウム・コバルト・鉛などの希少な資源が含まれています。こういった資源を再利用するために、不要になったバッテリーをリサイクルに回すことが望ましいでしょう。

1-3.どこについているのか?

ほとんどのノートパソコンでは、本体の裏側に装着されています。パソコンの電源を切り、電源コードのプラグを抜いてから取り外してください。取り外しや装着の手順については、必ず取扱説明書の指示どおりに行いましょう。

1-4.寿命について

パソコンバッテリーの寿命は、パソコンの使用頻度や使用時間によって大きく変わってきます。約500回充電すると寿命を迎えるといわれているため、普段からパソコンを使用する機会が多い人は2年前後で寿命が来てしまうこともあるでしょう。ただし、充電の仕方や扱い方によって寿命を延ばすことは可能です。以下が、バッテリーの寿命を延ばすポイントになります。

  • 高温下で放置しない
  • リチウムイオンバッテリーは80%充電を心がける
  • ニッケル水素バッテリーは使い切ってから充電する

2.パソコンバッテリーはどう廃棄するのか?

パソコンバッテリーの廃棄方法をご紹介します。

2-1.販売店に持って行く

家電量販店などの販売店に持ち込むことで、バッテリーを回収してもらうことができます。

2-1-1.資源有効利用促進法による決まり

2001年に施行された「資源有効利用促進法」により、不要になったバッテリーのリサイクル化が開始されました。バッテリーに含まれる希少な資源を再利用するために、「リサイクル協力店」となる販売店による回収が義務づけられたのです。

2-1-2.一般社団法人JBRC協力店

「一般社団法人JBRC」は、資源有効利用促進法の制定に基づいて作られた団体です。全国にあるリサイクル協力店に集まった使用済みバッテリーを回収しています。どの販売店がリサイクル協力店になっているかは、JBRCのホームページから検索することが可能です。

2-1-3.充電式電池リサイクルボックス

リサイクル協力店には「小型充電式電池リサイクルボックス」が設置されています。消費者は、使用済みのバッテリーをそのボックスに投かんするだけです。ただし、設置場所によって回収できるバッテリーの種類が異なる場合もあるため、必ず確認してください。

2-2.メーカーの回収について

パソコンごと買い替える場合は、バッテリーを装着した状態のままメーカーに回収してもらえます。資源有効利用促進法により、不要になったパソコンは各メーカーが回収し、リサイクルすることが義務づけられたのです。回収の手順については、各メーカーのホームページから確認してください。

2-3.自治体による回収は?

前述したとおり、自治体が回収するゴミとしてバッテリーを捨てることはできません。しかし、自治体によっては回収ボックスを設置しているところもあるため、確認してみるとよいでしょう。また、問い合わせをすれば一般社団法人JBRC協力店を紹介してもらえます。

2-4.注意点

万が一、燃えるゴミとしてバッテリーを捨ててしまうと、発火や爆発が起こる可能性があります。必ず正しい方法で廃棄するようにしてください。

3.パソコンバッテリーの処分を回収業者に依頼する

回収業者に処分を依頼する場合のメリットや選び方などをまとめました。

3-1.回収業者について

回収業者とは、家庭から出た不用品を引き取って処分してくれる業者のことです。資源有効利用促進法に基づく処分が必要なバッテリーも、回収して適切な処理をしてくれます。電話やホームページから簡単に依頼することができるため、非常におすすめの方法です。ほかにも処分したいものがあるときなどは、ぜひ利用してみるとよいでしょう。

3-2.メリットとデメリット

回収業者に依頼するメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 自宅まで回収に来てもらえる
  • 不用品の分別が不要
  • 自分で処分する手間が省ける
  • 不用品をまとめて処分できる
  • 料金体系が分かりやすい

デメリット

  • 悪質な業者もあるため、選び方に注意が必要
  • 出張費や引き取り料金など、コストが発生する

3-3.業者選びのポイント

業者選びのポイントをまとめたので参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 回収と買い取りを同時に受け付けているか
  • 必要な許可を得て営業しているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 見積書の内容が明確であるか
  • スタッフの対応が丁寧であるか

3-4.料金

料金設定は業者によってさまざまです。同じ不用品の回収でも、業者によって大きな差がある場合もあるため、必ず事前にある程度の相場を把握しておきましょう。そのためには、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較する方法がおすすめです。

3-5.回収方法

不用品の格安回収と高価買い取りを行っている「エコアース」では、ホームページのフォームから無料見積もり・ご相談を受け付けています。見積もり内容にご納得いただけましたら訪問日時を決定し、現地にて正式な見積もり後、作業という流れです。

3-6.回収業者について注意点

前述したとおり、回収業者の中には悪質な営業をしているところもあります。回収に必要な許可を持たずに営業し、違法行為によるトラブルが発生する例も少なくないのです。「見積もりと違う高額な料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄された」というケースもあるため、十分注意してください。

4.パソコンバッテリーの処分に関するよくある質問

「パソコンバッテリーを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.パソコンバッテリーの寿命が近づくとどうなりますか?
A.充電してもすぐバッテリーがゼロになるという症状が発生するでしょう。そのほかにも、パソコンの電源が落ちやすくなる、パソコンの動作がおかしくなるなどの症状が出ることがあります。

Q.長期間パソコンを使用しない場合、バッテリーを取り外しておいたほうがよいですか?
A.取り外しておいたほうが劣化を防げるでしょう。ただし、満杯でも空っぽでもバッテリーが劣化するため、取り外したバッテリーは50%の充電をした状態で保管してください。

Q.電源につなぎっぱなしでパソコンを使っている場合、バッテリーが寿命を迎えても交換しなくて問題ないでしょうか?
A.特に問題はありません。ただし、突然の停電時などに電源を維持できなくなってしまうため、交換したほうがよいでしょう。

Q.悪質な回収業者によくある特徴を教えてください。
A.トラック1台で近所を回っている業者は、業者の所在地を明らかにしないことが多いでしょう。トラブルがあっても居場所を見つけられず、逃げられてしまう可能性があります。

Q.不用品回収業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談窓口があります。適切なアドバイスをもらえるため、早めに相談してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? パソコンバッテリーの処分方法について詳しくご紹介しました。「パソコンの捨て方は分かるがバッテリーは分からない」という人も多いのではないでしょうか。パソコンバッテリーは資源有効利用促進法に則(のっと)って適切に処分する必要があります。しかし、場合によっては手間に感じることもあるはずです。そんなときは、回収業者に依頼する方法も検討してみてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス