余剰在庫の処分方法とは? 賢く処分して会社のリスクを減らす!


余剰在庫の処分にお困りではありませんか? 余剰在庫を抱えることは、会社にとって大きなデメリットです。適切なタイミングで廃棄や買い取りなどの処分を検討する必要があるでしょう。まずは、余剰在庫が会社に及ぼす影響をしっかりと把握し、どのように処分すべきか考えなければなりません。この記事では、余剰在庫の処分方法や業者に依頼する際の注意点などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 余剰在庫について
  2. 余剰在庫の処分について
  3. 業者による余剰在庫処分について
  4. 業者選びのポイント
  5. 余剰在庫の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、余剰在庫を抱えるリスクや処分するための方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.余剰在庫について

まずは、余剰在庫の問題点などをご紹介します。

1-1.余剰在庫とは?

余剰在庫とは、適正量を超えた在庫のことです。発生する理由には、以下のようなものがあるでしょう。

  • 仕入れ数量の見誤り
  • 誤発注
  • 販売不振

1-2.余剰在庫の問題点やリスク

余剰在庫を抱えてしまった場合、会社にとって以下のようなリスクが発生します。

1-2-1.資金回りがうまくいかなくなる

確かに、在庫は会社にとって貴重な資産です。しかし、販売が予定どおりに進まず在庫が増えると、会社が使える資金は減少します。次回の仕入れ時に回す資金に余裕がなくなるなど、資金回りがうまくいかなくなってしまうのです。資金がなくなれば、会社はあっという間に倒産してしまうでしょう。そういった事態を防ぐためにも、余剰在庫の問題を解決する必要があるのです。

1-2-2.商品の価値が下がる

商品には、売るタイミングというものがあります。特に、流行(りゅうこう)に左右されやすい商品だとなおさらでしょう。多く仕入れすぎてしまった在庫が余ってしまった場合、月日とともにその商品の価値は下がっていきます。たとえ売れたとしても、当初の価格より低くなってしまう場合がほとんどでしょう。

1-2-3.維持の負担が大きくなる

余剰在庫を維持管理するためのスペースや人件費が必要になります。会社にとって余分な経費がかかり、負担が大きくなってしまうのです。せっかく売り上げを伸ばして手に入れた資金もムダになってしまう可能性があるでしょう。

2.余剰在庫の処分について

余剰在庫の処分についてご紹介します。

2-1.処分のタイミング

前述したとおり、余剰在庫を抱えることは会社にとってのリスクを高めることにつながります。そのため、できるだけ早く処分する必要があるのです。タイミングとして最適なのが、決算前でしょう。決算時には在庫をすべて確認することになるため、その際に余剰在庫を一気に処分してしまうのが望ましいといえます。ただし、支払いに回すべき資金が不足した場合や、保管スペースが足りなくなってしまった場合などは、決算を待たずに処分することが必要になるでしょう。

2-2.処分方法

余剰在庫を処分する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 「決算セール」や「在庫一掃処分セール」として売り切る
  • アウトレット業者に依頼して安く売ってもらう
  • 不用品買い取り業者に買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

2-3.社内で行う問題点

社内販売を行い、社員に余剰在庫の購入を促す会社もあります。しかし、社内で余剰在庫の問題を解決すようとするのは非効率的です。社員が購入できる量には限度があり、モチベーションの低下にもつながってしまうでしょう。余剰在庫の処分については、社外で対応することが望ましいといえます。

3.業者による余剰在庫処分について

業者に依頼する方法や注意点などをまとめました。

3-1.依頼すべきなのは?

「余剰在庫が大量にあって処分するのが難しい」「すぐに在庫を処分して資金を手に入れたい」という場合は、業者による買い取りを依頼することをおすすめします。特に、早めに資金を手にする必要がある場合は、できるだけ急いで業者探しをするべきです。

3-2.扱う商品の種類

回収業者や買い取り業者が扱うのは、中古市場での需要が高いものです。特に、家電製品やデジタル家電・美容家電・ブランド品・ギフト用品などは高額で買い取りしてもらえる可能性があるでしょう。特定の不用品に対して買い取りを強化している業者もあるため、事前にホームページをよく確認しておいてください。

3-3.回収方法

業者による回収方法には、主に「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。余剰在庫の回収には、直接会社まで引き取りに来てもらえる「出張回収」がおすすめです。在庫が大量にある場合も運び出してもらえるため、自分たちの負担が軽くなります。

3-4.メリット・デメリット

業者を利用する最大のメリットは、手間と時間をかけずに余剰在庫を処分できるという点でしょう。種類ごとに分別する必要もないため、自分たちの労力を大幅に減らすことができます。また、回収と買い取りを同時に行っている業者に依頼すれば、状態のよいものは買い取り、状態の悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実に余剰在庫を処分することが可能です。ただし、業者の選び方には注意が必要というデメリットがあります。悪質な業者を利用してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性があるということを覚えておきましょう。

3-5.セキュリティーについて

余剰在庫を抱えている事実を社外に知られることは、大きなデメリットになります。取引先などに知られると印象を悪くすることにつながる恐れがあるでしょう。回収を業者に依頼する際は、守秘義務を厳守しているところを選ぶようにしてください。豊富な実績を持ち、信頼できる業者かどうかを必ずチェックしましょう。

3-6.注意点

不用品の回収や買い取りを行う業者は、営業に必要な許可を得ていなければなりません。許可を持たずに営業することは違法行為であり、典型的な悪徳業者といえるでしょう。このような業者は、正確な見積もりをとらずに高額な料金を請求してくることもあります。また、回収した不用品を不法投棄している可能性も考えられるのです。業者を選ぶ際には、許可の有無を必ず確認するようにしてください。

4.業者選びのポイント

業者選びのポイントや回収方法などをまとめました。

4-1.サービスについて

業者を選ぶ際には、どのようなサービスを提供しているかしっかり確認してください。不用品の回収を有料で行っているのか無料で行っているのか、買い取りも受け付けているのかなどをチェックしましょう。「エコアース」は、不用品の格安回収と高価買い取りを行っている業者です。ぜひ気軽に相談してみてください。

4-2.料金について

料金については、業者ごとに異なります。できれば事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握することができるため、損をせず余剰在庫を処分できるでしょう。

4-3.回収方法

エコアース」では、出張による回収・買い取りを行っています。希望の日時を指定すると会社まで直接引き取りに来てもらえるため、自分で余剰在庫を運ぶ必要はないのです。もちろん、分別しておく必要もありません。階段での作業や解体作業などもお任せできるため、安心でしょう。

4-4.流れ

「エコアース」を利用する際の流れは、以下のとおりです。

4-5.注意点

違法業者を利用してトラブルに巻き込まれることがないよう、悪質業者の特徴を把握しておきましょう。特に、電話勧誘や突然の訪問販売でやってくるような業者には要注意です。見積もりを依頼しただけで契約を強要してくるようなケースもあるため、そのような業者の話には乗らないようにしてください。

5.余剰在庫の処分に関するよくある質問

「余剰在庫を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.余剰在庫が発生してしまう主な原因にはどのようなものがありますか?
A.在庫管理の責任者が明確になっていないこと、在庫の分析をする時間がないこと、販売担当者の都合を優先して仕入れしてしまっていることが原因として考えられるでしょう。また、欠品を極端に恐れてしまっている会社では、余剰在庫が発生しやすいといわれています。

Q.「黒字倒産」とはどのようなことをいうのでしょうか?
A.利益が出ているにもかかわらず、余剰在庫を抱えすぎて現金がなくなり、支払いができなくなって倒産することをいいます。

Q.余剰在庫を買い取りに出すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
A.最大のメリットは、短期間で現金化できるという点です。その場で査定して即現金化が可能なため、余剰在庫を急いで処分する必要がある場合は大変おすすめの方法といえます。

Q.不用品回収業者に回収を依頼できないのはどのようなものですか?
A.「エコアース」では、危険物や医療系廃棄物・公序良俗に反するものの回収は行っていません。

Q.不用品回収業者とのトラブルは警察に届け出る必要があるのでしょうか?
A.脅されたり暴力を振るわれたりした場合は、警察に届け出ることも検討すべきです。そうでない場合は、国民生活センターに相談窓口があるため、相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 余剰在庫を処分する必要性や方法などをまとめてご紹介しました。余剰在庫を抱えることは会社にとって大きなリスクとなり、早急に対処する必要があります。余剰在庫を処分する方法にはどのようなものがあるのかを把握し、ベストな方法を選びましょう。ぜひこの記事を参考にして、余剰在庫に関する問題を解決してください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス