アイロンやアイロン台の処分はどうする? 簡単でお得な処分方法とは!


アイロンやアイロン台も、寿命などで故障するものです。また、買い替えなどによって古いものが不要になることもあります。しかし、不要になったアイロンやアイロン台の処分で悩んでいる人もいることでしょう。ゴミに出す以外の処分方法についても知りたいですよね。そこで、今回は、アイロンやアイロン台の処分方法について、お得に行うコツも含めて詳しく解説します。

  1. アイロンの処分:自治体に出す場合
  2. アイロンの処分:引き取りや下取りを利用する
  3. アイロンの処分:リセールする場合
  4. アイロンの処分:回収業者に依頼する場合
  5. アイロンやアイロン台の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、アイロンやアイロン台の処分方法が詳しく分かり、適切に処分できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.アイロンの処分:自治体に出す場合

最初に、アイロンの処分を自治体に依頼する場合について、メリット・デメリットを含めて詳しく解説します。

1-1.アイロンやアイロン台は何ゴミ?

アイロンは、主に金属とプラスチックでできているため、不燃ゴミとして扱う自治体が多くなります。アイロン台は、自治体によって不燃ゴミ・粗大ゴミのいずれかとなるでしょう。なお、アイロン台やアイロンのゴミの区分は、自治体によって異なるため、出す前に必ず確認してください。

1-2.アイロンやアイロン台は小型リサイクル法の対象?

アイロンは、小型家電リサイクル法の対象とする自治体も多くあります。しかし、アイロン台に関しては、対象外としていることが多いでしょう。まずは、自治体のホームページなどで対象となっているか確認してください。小型家電リサイクル法の対象品目であった場合は、区役所などに設置してある専用の回収ボックスに投入しましょう。無料で処分できるだけでなく、自治体が責任を持ってリサイクルしてくれます。

1-3.アイロンやアイロン台の出し方や準備すべきこと

アイロンやアイロン台は、自治体ごとに決まったルールを守って出してください。集荷日時・場所の指定には、必ず従いましょう。また、破損したアイロンやアイロン台を出すときには、集荷する人がケガをしないように、破損部分を段ボールや古新聞紙などでカバーしてください。さらに「破損部分あり注意」などと付記しておくと親切です。
粗大ゴミとして出す場合は、事前に自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、受付番号・回収日時と場所・回収料金の指示を受けましょう。指示に従って、指定日時・場所に受付番号を記した「粗大ゴミリサイクル券」を貼り付けて出せば、回収してもらえます。
小型リサイクル法に沿って処分する場合は、そのまま回収ボックスに入れるだけで処分が完了するので事前準備は必要ありません。

1-4.アイロンの処分を自治体に依頼するメリット・デメリット

アイロン台の処分を自治体に依頼するメリット・デメリットは、以下のようなものがあります。

<メリット>

  • 無料もしくは格安で処分できる
  • 依頼先が自治体なので信頼できる
  • 小型家電リサイクル法に沿った処分なら資源リサイクルできる

<デメリット>

  • ゴミで出す場合は廃棄処分となるためリサイクルできない
  • ゴミで出す場合は集荷日時や場所が決まっている
  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • 小型家電リサイクル法の対象品目として処分する場合は専用の回収ボックスが少ない

2.アイロンの処分:引き取りや下取りを利用する

買い替えによるアイロンの処分は、業者の引き取りや下取りが利用できることもあります。具体的な方法や注意点など、詳しく解説しましょう。

2-1.こんなときはアイロンを買い替えよう

以下のような場合は、アイロンの買い替えをおすすめします。

  • 故障した
  • 不具合がたびたび起きる
  • 異臭や異音がする
  • 取れない汚れがある
  • 現在のアイロンの機能に不満がある
  • 新製品で魅力的な製品が出た

2-2.アイロンの新製品が安い時期は?

アイロンのモデルチェンジ期には、「型落ち品」と呼ばれるひとつ前の型番が安くなります。最新のものと比べても見劣りしない機能のものが安く買えるのでおすすめです。アイロンのモデルチェンジは、不定期に行われるため、必ずこの時期に安くなるとは言えません。しかし、新生活が始まる春や夏のボーナス前などの時期に行うことが多いのでチェックしておきましょう。なお、最新モデルであっても、メーカーや販売店の販促キャンペーンなどにより安く買えることがあります。

2-3.販売業者の引き取りや下取りの方法

アイロンの引き取りや下取りでは、買い替えと同時に業者の店頭に持ち込むことになるでしょう。多くの業者では、自宅などの場所指定や時間指定での回収サービスは行っていません。アイロンの新規購入の際に、引き取りや下取りサービスを行っていることを確認してから持参してください。

2-4.販売業者の引き取りや下取りを利用するときの注意点

販売業者の引き取りや下取りは、購入したアイロンの台数と同じ数まで対応可能とする業者が多くなります。引き取りや下取りは、あくまでも買い替えを促進するためのものだからです。従って、アイロンを新規に1台購入する場合は、不要なアイロンの引き取り・下取りは1台だけとなります。また、販売業者に不要なアイロンの処分だけを依頼することはできないので注意してください。

3.アイロンの処分:リセールする場合

アイロンでも、中古品として再利用できるものはリセールを考えましょう。具体的にどんな方法があるのか、メリット・デメリットを併せて詳しく解説します。

3-1.アイロンやアイロン台に中古需要はある?

中古のアイロンやアイロン台も、条件によっては需要があります。たとえば、以下のようなものは中古品としてリセール可能です。

  • 有名ブランド・メーカーのもの
  • 高機能
  • 使用感が少なくてキレイ
  • 付属品や説明書がそろっている
  • 故障や不具合がない
  • 年式が新しい
  • 目立つ傷・汚れ・臭いがない

3-2.リサイクルショップに売る

不要になったアイロンは、リサイクルショップに売ることもできます。リサイクルショップの店頭に直接持ち込んで、買い取りできるか査定を受けてください。査定の結果、買い取り可能な場合は、その場でアイロンを引き渡し、代金を受け取ることができます。業者で買い取ったアイロンは、簡単なクリーニングなどが行われた後で、中古品として再販されるのです。

  • メリット:買い取り可能なら代金が手に入る・中古品として再販してもらえる
  • デメリット:買い取り不可の場合は持ち帰る必要がある・査定金額が想定より低いことがある

3-3.ネットなどでリセールする

アイロンは、ネットなどでリセールすることもできます。インターネットオークションのサイトに会員登録をし、出品手続きをして落札されるのを待ちましょう。アイロンの状態が分かりやすいように、メーカー・品番・使用年数・気になる点などを付記し、画像を添えると落札されやすくなります。無事に落札された後は、落札者との間で入金確認・発送などのやり取りを行ってください。

  • メリット:想定より高額で売れる可能性もある・落札者に中古品として活用してもらえる
  • デメリット:入金確認や発送の手間がかかる・商品クレームなどのトラブルに遭いやすい

4.アイロンの処分:回収業者に依頼する場合

アイロンの処分は、回収業者に依頼することも考えてみましょう。おすすめの場合や回収方法・料金・業者選びの注意点など、詳しく解説します。

4-1.回収業者への依頼をおすすめする場合は?

以下のような場合は、回収業者に処分を依頼することがおすすめです。回収業者を利用するメリットを大きく感じることができます。

  • アイロンやアイロン台以外にも不用品が多い
  • 仕事などで忙しくて処分する時間がない
  • 回収費用がかかることを理解できる

なお、当エコアースでもアイロンやアイロン台の回収をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.業者の回収方法について

不用品回収業の回収方法には、以下のようなものがあります。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭にアイロンを直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者にアイロンを送付する
  • 出張回収:場所・日時指定で業者に回収しに来てもらう

4-3.業者の回収料金について

アイロンの回収料金は、店頭持ち込みは無料・宅配送付は宅配便の送料負担だけで回収できることもあります。しかし、店頭持ち込みは、ガソリン代や交通費がかかる点を忘れてはいけません。また、宅配送付については取り扱いのない業者もあります。場所と日時の指定可能な出張回収の場合は、アイロン1台の場合でも数千円程度となるでしょう。出張回収では、業者が軽トラックなどの車両と人員の手配が必要になるからです。

4-4.コストをかけずに回収してもらうコツ

アイロンやアイロン台の回収費用を抑えるには、買い取りの対象となりそうなものを同時に処分する方法がおすすめです。家の中には、もう使わなくなった家電や家具・貴金属類・スポーツ用品・楽器など、中古品としての価値が高いものが意外とあります。買い取りできるなら、回収費用と買い取り代金を相殺できるのでコストがかからずにお得です。

4-5.こんな業者には注意しよう

不用品回収業者の中には、古物商許可などを取得せずに営業をしている違法業者も存在します。回収したアイロンを私有地の山林に廃棄してしまったり、法外な回収費用を請求したりなど、何かとトラブルが起きやすいので注意しましょう。また、最近では訪問営業で無料回収をうたいながら家に上がり込み、貴金属類など価値の高いものを無理やり安価で買い取っていく「押し買い」も増えています。思わぬトラブルに遭わないためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

5.アイロンやアイロン台の処分に関するよくある質問

最後に、アイロンやアイロン台の処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.アイロンの付属品も同時に捨てるべきですか?
A.アイロンと同時に処分してしまいましょう。電源コードやカバーなどの付属品は、専用品の場合が多く、使い道がなく不用品となります。ゴミとして処分するときは、自治体で決められたゴミの区分に沿って出してください。

Q.アイロン台を捨てずに再利用することはできますか?
A.脚付きのアイロン台は、簡易テーブルとして利用することも可能です。折りたたみできるので、使わないときはしまえる点もメリットでしょう。そのほかにも、手芸用の作業台として使うこともおすすめです。

Q.携帯用の小さなアイロンも買い取りしてもらえますか?
A.一般的には、携帯用のものは軽くて持ち運びしやすい反面、耐久性に欠ける場合があり、業者では買い取り対象外となりやすいものです。ただし、状態によっては買い取り可能となるものもあるので、業者に問い合わせて確認してください。

Q.業務用のアイロンを処分したいときは?
A.業務用のアイロンは、同業者からの需要があり、条件によって高額買い取りも可能です。ただし、状態が悪いものは買い取りではなく処分対象となり、回収費用がかかります。いずれにしても、業者に相談して見積もりをもらって検討してください。

Q.複数台のアイロンを同時に処分すれば費用が安くなりますか?
A.1台ずつ処分するよりも、1回にまとめて処分したほうがお得になるでしょう。また、手間も1回で済むのでおすすめです。業者によっては、物量に応じてお得なパックプランを用意しているところもあります。アイロンのほかにも不用品があるのなら、同時に処分することも考えてみましょう。

まとめ

今回は、アイロンやアイロン台の処分について詳しく解説しました。アイロンは、洋服のシワを取りきちんと仕上げるために必要な家電です。故障や買い替えなどで、不要になったアイロンは、できるだけリサイクルできる方法で処分しましょう。自治体に依頼する場合でも、小型家電リサイクル法の対象品目であれば、従ってください。また、不用品回収業者に処分を依頼すればほかの不用品と同時処分でき、忙しい人には特に助かります。アイロンやアイロン台のほかにも、処分するものがないか探してみてください。不用品をそれぞれ処分依頼するよりもお得で、効率がいいのでおすすめです。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス