アパートの片付けや収納でお悩みの方へ!スッキリ片付くコツを解説!


アパートは、収納が少ない間取りが多く、片付けや収納で悩む人もいることでしょう。ものが多いと、なかなかうまく片付かないものです。片付けたつもりですぐに散らかってしまうこともあります。収納が少ないアパートでも、すっきり片付けるコツはないのでしょうか?今回は、アパートの片付けや収納でスッキリ片付くコツを詳しく解説します。

  1. アパートの片付けの悩みとは?
  2. アパートの片付け方とアイデア
  3. アパートの片付け:業者に依頼する方法
  4. アパートの片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、アパートの片付けのコツやポイントが分かり、スムーズに作業を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.アパートの片付けの悩みとは?

最初に、アパートの定義や片付けの悩みについて解説します。

1-1.アパートとは

アパートとは、集合住宅のひとつです。主に、木造や軽量鉄骨造で2階建てまでのものを指します。マンションと比べると部屋数が少なく、狭い傾向があるのです。そのため、ひとり暮らしや夫婦2人など、少人数で住むのに向いています。家賃も、マンションに比べると安くて手軽です。

1-2.アパートの片付けの悩みとは

アパートの片付けに関する主な悩みには、以下のようなものがあります。

  • 部屋が狭くて整頓しづらい
  • 収納が少ない
  • 自分で収納場所を設置しづらい(退去のときに原状回復が必要になるため)

2.アパートの片付け方とアイデア

アパートの収納アイデアや片付けのコツやポイントを詳しく解説します。

2-1.収納スペースを増やすアイデア

アパートの収納を増やすアイデアをいくつかご紹介しましょう。

2-1-1.デッドスペースを活用する

部屋を見渡すと、さまざまなデッドスペースがあることに気づきます。たとえば、ベッド下・机の下・キッチンのシンクの下・部屋のコーナーなどです。デッドスペースを収納場所に活用することで、収納量がグンと増えます。収納ボックスや棚など、市販のグッズをうまく活用して小物などを収納しましょう。

2-1-2.空間を活用する

収納量を増やすためには、空間をうまく利用しましょう。たとえば、以下を参考にしてください。

  • クローゼットの中につっぱり棒と板を使って棚を増設する
  • クローゼットの中につっぱり棒を使い、フックで小物をつるす
  • クリアボックス(積み上げが可能なタイプ)を使う

なお、つっぱり棒を使った収納は、ごく軽いもの(帽子・ネクタイ・スカーフ・マフラー・アクセサリー)などに向きます。本など重量のあるものは、クリアボックスを使った収納がおすすめです。

2-1-3.ものの特徴に合わせて収納する

何となく収納するよりも、ものの特徴に合わせて収納することで収納量を増やすだけでなく、必要なときに取り出しやすくなるので便利です。

  • 書類:種類ごとにファイルにまとめてから収納ボックスに立てて収納する
  • 文房具:種類ごとに小さな入れ物もしくは区切りを作って収納する
  • 洋服・下着:収納前に、コンパクトにたたむ

2-2.アパートの片付け方

アパートを片付けるためには、ものの量を減らすことが重要なポイントです。まずは、必要なもの・不用品・ゴミに仕分けることから始めましょう。

  • 必要なもの:生活必需品を含め、今後も使用する・必要とするもの
  • 不用品:生活になくても困らないもの・興味がなくなったものなど
  • ゴミ:再活用の見込みがなく、処分するもの

不用品は、リセールや資源リサイクルなどに回しましょう。ゴミは、自治体のルールに従って処分してください。不用品やゴミがなくなれば、ものが少なくなって片付けや収納しやすくなります。

2-3.自分でアパートを片付けるコツやポイント

自分でアパートを片付ける場合は、最初に計画を立てておきましょう。何となく始めてしまうと、効率が悪いだけでなく中途半端に終わってしまいがちです。片付ける場所と順番・所要時間を決めておくことで、スムーズに作業できることでしょう。ただし、無理をしないことも大切です。日を改めて行うか、業者に依頼することも考えてみましょう。

3.アパートの片付け:業者に依頼する方法

アパートの片付けは、業者に依頼するとよいケースもあります。料金や依頼方法・注意点など詳しく解説しましょう。

3-1.アパートの片付けを業者に依頼したほうがいいケース

アパートの片付けでも、以下のようなケースは業者に依頼したほうがいいでしょう。

  • ものが大量にありすぎて自分だけでは対応できない
  • 不用品がたくさんある
  • 忙しくて片付ける時間がない

3-2.アパートの片付けを業者に依頼するといくらかかる?

アパートの片付けを業者に依頼した場合の費用は、以下を目安にしてください。

  • 不用品の片付けだけの場合:10,000~40,000円程度
  • 部屋の掃除を含めた場合:35,000~100,000円程度

アパートは、部屋が狭いので、業者に依頼しても比較的安く済みます。ただし、部屋の広さや状態・物量にもよるため、実際にかかる費用に関しては業者に見積もりをもらって確認してください。なお、不用品の片付けに関しては、当エコアースで取り扱っています。少量の不用品の引き取りも可能ですのでぜひお問い合わせください。

3-3.アパートの片付けを業者に依頼する方法や手順

アパートの片付けを業者に依頼するには、問い合わせ窓口に連絡して見積もりをもらうことから始めましょう。業者のホームページを確認して、電話・FAX・問い合わせフォームなどから都合のいい方法で連絡してください。その際、希望作業日時・部屋の広さ・大体の物量などを知らせておきましょう。業者から折り返し連絡があった後、現場視察を行います。現場視察後、業者から見積もりが送られてくるので内容を検討し、問題がなかったら正式に依頼してください。

3-4.アパートの片付けを業者に依頼するときの注意点

アパートの片付けを業者に依頼するときは、何をどこまでやってほしいのか明確にしておくことが大切です。不用品の処分だけを依頼したはずなのに業者が勝手に掃除まで行ってしまい、費用請求でもめることもあります。業者とは、連絡をこまめにしてコミュニケーションを十分に取ることが大切です。なお、片付け業者の中には、古物商許可などを取得せずに営業しているところもあります。不法業者に依頼してしまうと、法外な費用請求をする・依頼していないものまで回収するなどトラブルが絶えません。費用の安さだけで飛び込み営業の業者と契約するのではなく、自分で確かめて信頼できると判断した業者に依頼しましょう。

4.アパートの片付けに関するよくある質問

最後に、アパートの片付けに関するよくある質問に回答します。それぞれに目を通し、参考にしてください。

Q.夜間にアパートの片付けをするときの注意点は?
A.騒音や振動で近所迷惑にならないように気をつけましょう。夜間は小物類の片付けにとどめ、大きなものはできるだけ昼間に行うようにしてください。夜間しか片付ける時間がないときは、騒音や振動を出さないように慎重に作業を進めましょう。

Q.片付けで床を傷付けた場合は補修の必要がありますか?
A.通常は、補修の必要があると考えましょう。小さな傷ならば、市販の補修材を使用して目立たなくすることもできます。自分で補修すべきか分からないときは、貸し主に状況を説明して判断をしてもらいましょう。

Q.信頼できる片付け業者のポイントは?
A.以下のポイントを満たす業者なら、安心してアパートの片付けを依頼できます。

  • アパートの掃除・片付けで豊富な実績がある
  • 不用品の買い取りを積極的に行っている
  • 作業が丁寧で仕上がりがキレイ
  • 料金システムがリーズナブルで分かりやすい
  • 指定の日時に依頼できる
  • スタッフの対応が親切
  • 作業時の損害賠償保険に加入している

Q.アパートの片付けは立ち会う必要がありますか?
A.業者によって異なるため、まずは確認してみてください。昼間に仕事などで忙しく、立ち会いができないケースでは、業者が作業を進めておき、作業内容を報告してもらえる場合もあります。ただし、急な確認事項が発生することもあるため、携帯電話の番号など緊急連絡先を伝えておきましょう。なお、留守に業者が部屋に上がり込むことになるため、信頼できる業者であることを確認する・貴重品の保管を万全にするなどの点に注意してください。

Q.片付けた後に再び散らかさないためには?
A.散らかしてしまう人は、使ったままにしてしまうことが多いものです。ものを使用した後は、すぐに元の場所に戻すようにしましょう。また、不必要なものを購入しないようにすることも大切です。不用品が増えると散らかりやすくなります。こまめに掃除をしてキレイな状態を保つことも、散らかさないためのコツです。

まとめ

今回は、アパートの片付けについて詳しく解説しました。アパートは収納が少ないことが多く、すぐにものがあふれてしまいがちです。しかし、ゴミや不用品を処分してものを少なくし、収納方法を工夫することでスッキリ片付けることができます。まずは、必要なものと不用品・ゴミに仕分けることから始めましょう。なお、不用品の処分は業者に依頼すると何かと便利です。買い取りできるものがあれば、処分費用と相殺できて安く済むので、相談してみてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス