【必読】不要なテレビの処分方法について、知っておくべき4つのこと


「不要になったテレビをどのように処分すればよいのか?」とお困りの人も多いでしょう。テレビは家電リサイクル法の対象になるため、自治体が回収するゴミとして捨てることはできません。「捨て方が分からないのでそのままにしてある」ということがないよう、正しい処分方法を把握しておきましょう。また、まだ使えるテレビは廃棄するよりも買い取りに出したほうがお得です。この記事では、テレビの処分方法や高価買い取りのポイントなどをまとめてご紹介します。

  1. テレビを処分する前に確認すること
  2. テレビの処分方法
  3. テレビを買い取りに出すには?
  4. テレビの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったテレビをどのように処分するべきかが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.テレビを処分する前に確認すること

テレビを処分する前に、ゴミの分類や家電リサイクル法について理解しておきましょう。

1-1.ブラウン管・液晶・プラズマの3種類がある

テレビの種類にはブラウン管・液晶・プラズマの3つがありますが、このうち消費電力が低く低価格な液晶テレビが、ほとんどの家庭で使用されています。プラズマテレビは液晶テレビに比べて色の再現性が高く、映画やスポーツを鑑賞するのに向いていますが、消費電力が高いことからあまり普及していないのが現状です。ブラウン管テレビは奥行きや重さがあり、液晶やプラズマが登場する前に使われていましたが、今ではほとんど見られなくなりました。

1-2.状態によっては買い取りの対象になるものも

ブラウン管テレビは買い取りの対象にならない場合がほとんどですが、液晶やプラズマテレビは、状態によっては買い取りしてもらうことも可能です。動作に問題のないテレビを処分する場合は、廃棄ではなく買い取りに出すことを検討してみましょう。

1-3.テレビは粗大ゴミとして捨てることができない

テレビは家電リサイクル法の対象になるため、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることができません。家電リサイクル法とは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機をリサイクルするための法律です。ゴミの減量化と資源の有効利用を目的としており、小売業者と製造業者等に対し、それぞれ引き取りとリサイクルといった役割が義務づけられています。

2.テレビの処分方法

テレビを処分する方法についてご紹介します。

2-1.販売店に引き取ってもらう

販売店に不要なテレビを引き取ってもらうことが可能です。買い替える場合は、新しいテレビを購入する販売店に不要なテレビの引き取りを依頼しましょう。新しいテレビの設置と同時に古いテレビの引き取りをしてくれるため、自分で持ち運ぶ必要はありません。処分だけを依頼したい場合は、そのテレビを購入した販売店に依頼し、自宅まで引き取りに来てもらうことが可能です。いずれの方法も、リサイクル料金と収集・運搬料金を支払う必要があります。リサイクル料金はテレビのサイズやメーカーによって異なりますが、3,000円前後の場合がほとんどです。収集・運搬料金は販売店によって決まっているため、事前に確認しておきましょう。

2-2.指定引取場所に自分で持って行く

全国にある指定引取場所に持ち込んで処分する方法もあります。まずは、処分するテレビのサイズとメーカー名をメモしたものを持って郵便局へ行きましょう。郵便局に備えつけられている家電リサイクル券に必要事項を記入し、窓口でリサイクル料金を支払ってください。この場合、収集・運搬料金は不要です。支払い済みの家電リサイクル券と処分するテレビを最寄りの指定引取場所に持ち込み、テレビを引き渡すという流れになります。全国の指定引取場所は、こちらから検索してください。自分で運搬するのが難しい場合は、収集運搬業者に依頼することも可能です。ただし、この場合は収集・運搬料金が別途必要になるため注意してください。

2-3.回収業者に依頼する

家庭から出た不用品の回収を行っている業者に依頼する方法もあります。回収業者には無料と有料のところがあるため、メリットや注意点などを把握しておきましょう。

2-3-1.手間をかけずに不用品の処分ができる

不用品回収業者に依頼するメリットは、手間をかけずに不用品の処分ができるという点です。もちろん、テレビ以外にも不用品があれば処分を依頼できます。自分で分別する必要もないため、楽にまとまった不用品を片づけることが可能です。

2-3-2.状態のよいものは買い取りしてもらえることも

回収と同時に買い取りを行っている業者を利用すれば、状態のよい不用品を買い取ってもらうこともできます。状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実かつお得に不用品の処分ができるでしょう。

2-3-3.回収方法は、持ち込み・出張・宅配

回収業者による主な回収方法には、持ち込み回収・出張回収・宅配回収の3つがあります。特に、テレビのように大型のものや大量の不用品がある場合などは、出張回収がおすすめです。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、自分で手間をかけることなく不用品を処分できます。

2-3-4.費用は比較して選ぶことが大切

回収にかかる費用は業者によって異なるため、事前に無料見積もりを比較して業者選びをすることをおすすめします。不用品回収業者によるテレビの回収費用は、3,000円前後が相場です。ただし、お得なパック料金などを設定している業者もあるため、複数の不用品を処分したい場合などは、しっかり見積もりの内容を確認しましょう。

2-3-5.無料回収業者のメリットとデメリットとは?

無料回収業者を利用するメリットは、やはり費用をかけずに不用品を処分できる点でしょう。ただし、なぜ無料で不用品を回収できるのか、その理由を明確に説明できない業者には要注意です。無料と宣伝しておいて高額な追加料金を請求するような悪徳業者も存在するため、業者選びは十分慎重に行ってください。

2-3-6.業者選びのポイント

無料回収業者だけでなく、有料回収業者の中にも、悪質な営業をしている業者は存在しています。そのような業者を利用すると、回収した不用品を不法投棄されるなど、トラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。業者を選ぶ際は以下のポイントを参考にして、良心的な業者を選ぶようにしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか
  • 事務所の所在地や固定電話の番号を明らかにしているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料回収業者の場合は、無料で回収できる理由をきちんと説明できるか

3.テレビを買い取りに出すには?

テレビを買い取りに出す前に確認すべきことや、買い取り方法についてご紹介します。

3-1.値段がつくテレビとつかないテレビとは?

買い取りの対象になるテレビとそうでないテレビには、どのような違いがあるのでしょうか。基本的に、ブラウン管テレビや壊れて正常に動作しないテレビ、大きなキズがあるテレビなどは、買い取り対象にしない業者が多くなっています。買い取り対象となるのは、動作に問題のない、状態のきれいなテレビです。特に、正常に動作するかどうかは、査定に出す前に必ず確認しておきましょう。

3-2.製造年数の確認を忘れずに

古すぎるテレビは買い取り対象にならない場合が多いため、買い取りに出す前に製造年数を確認しておきましょう。テレビの裏側などに貼ってある製品シールで確認できます。一般的に、製造から5年以内のテレビであれば買い取り可能なケースがほとんどです。

3-3.ものによっては40,000円以上で買い取ってもらえる場合も

テレビの買い取り金額は、50インチ以上で状態のよいものだと40,000円以上になることもあります。もちろん、メーカーや機種、製造年数によって大きく差が出るため、事前にある程度の相場を把握しておくとよいでしょう。数社の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておくのがおすすめです。

3-4.高額買い取りしてもらえるテレビとは?

高額で買い取りしてもらいやすいテレビとは、以下のような条件のものです。

  • ソニーや東芝、シャープなど有名メーカーのもの
  • タイムシフト機能や録画機能など、人気の機能が搭載されたもの
  • 40インチ以上のサイズのもの
  • 汚れやキズがないもの

3-5.高く売るポイントを知っておこう!

テレビを少しでも高く買い取りしてもらうために、知っておくべきポイントがあります。まず、状態をできるだけきれいに掃除しておくことです。目立つ汚れがある場合は、エアスプレーなどを使ってきれいにしておきましょう。また、説明書や保証書などの付属品はすべてそろえておいてください。新品の状態に近づけることが、高額査定のポイントです。

3-6.リサイクルショップを利用する場合

テレビを買い取りしてもらう方法として手軽なのが、リサイクルショップです。直接持ち込めばその場で査定してもらえますが、運ぶのが難しい大型のテレビは、出張買い取りを行っているリサイクルショップに依頼するとよいでしょう。自宅まで査定・回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要がありません。ただし、状態によっては買い取り不可になることもあるため、確実に処分できる方法ではないという点がデメリットになるでしょう。

3-7.不用品回収業者に依頼する場合

買い取りも行っている不用品回収業者に依頼する方法もあります。買い取り方法には店舗買い取り・宅配買い取り・出張買い取りの3つがありますが、自分で運ぶのが難しいテレビの場合は出張買い取りがおすすめです。「エコアース」は、出張による不用品の回収・買い取りを行っています。こちらから無料見積もりを受け付けているため、ほかにも処分したい不用品がある場合などは、利用してみるとよいでしょう。

3-8.自分で売る場合

自分でテレビを売る場合は、インターネットオークションやフリマサイトを利用する方法があります。うまくいけば希望価格で売れるため、リサイクルショップや不用品回収業者よりお得に処分できる可能性もあるでしょう。ただし、取り引きや発送に手間がかかるという点がデメリットになります。また、お金のやり取りなどでトラブルが発生するケースもあるため、十分慎重に行うようにしてください。

4.テレビの処分に関するよくある質問

「テレビを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.テレビの寿命は何年くらいですか?
A.使用頻度や使い方にもよりますが、一般的には8~10年といわれています。

Q.  テレビの寿命が近づくとどのような症状が出るのでしょうか?
A.急に電源が入らなくなる、色や音声がおかしくなる、焦げたようなにおいがするなどの症状が頻繁に起こるようになります。

Q.液晶テレビとプラズマテレビでは、どちらが高く売れやすいでしょうか?
A.プラズマテレビよりも液晶テレビのほうが需要があるため、液晶テレビのほうが高く売れる傾向にあります。

Q.悪質な不用品回収業者との間でトラブルが発生してしまいました。どこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに窓口があるため、相談してみましょう。適切なアドバイスをもらえます。

Q.トラックでアナウンスしながら近所を回っている不用品回収業者は、利用しないほうがよいですか?
A.事務所の所在地を明らかにしていない業者は、トラブルが起きても居場所が分からいため、利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったテレビの処分方法について、詳しくご紹介しました。家電リサイクル法の対象であるテレビは、粗大ゴミとして捨てることができません。どのように処分してよいのか分からず、困っている人も多いのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、テレビを正しくお得に処分してください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス