洗濯機を買い替えるタイミングとは? 古い洗濯機の処分方法もご紹介


洗濯機のトラブルが続くと、日常生活に支障が出るものです。不具合の頻発は、寿命が近づいているサインである可能性があります。トラブルが続くようなら、洗濯機の買い替えを検討しましょう。また、買い替えに伴い、古い洗濯機の処分方法も覚えておかなければなりません。洗濯機を買い替えるタイミングや買い時について覚えておきましょう。

  1. 洗濯機を買い替えるタイミングとは?
  2. 洗濯機の買い時はいつ?
  3. 古い洗濯機を処分するには?
  4. 洗濯機の買い替えや処分でよくある質問

この記事を読むことで、洗濯機の買い替え時期についてよく分かります。突然使えなくなって困ることがないよう、寿命が近づくと起こるサインなどを覚えておいてください。

1.洗濯機を買い替えるタイミングとは?

まず、洗濯機の寿命が何年なのか、寿命が近い場合に起こるトラブルなどを見ていきましょう。

1-1.寿命について

洗濯機の寿命は8年が目安です。使用頻度が高いほどモーターなどを酷使するため、劣化が速まる可能性もあるでしょう。また、メーカーでの部品保有期間は製造終了から8年とされています。そのため、8年を過ぎてから修理を希望しても、対応できないケースが多いのです。10年以上使っている場合、突然故障が起こることもあります。平均寿命を迎えたころから、買い替えを考えておくようにしましょう。

1-2.買い替えの目安

記述したとおり、部品がメーカーに保有されている間は、修理が可能です。購入から間もない時期のトラブルは、メーカーへ修理を依頼しましょう。しかし、部品保有期間を過ぎた場合や、修理費用が高額になるような場合は、買い替えを検討するタイミングだと捉えてください。また、寿命が近づくとさまざまな症状が現れます。たとえば、電源が入らない・エラー表示が何度も出てしまう・給排水ができない・異音などが代表的なトラブルです。平均寿命を迎えても使える場合もありますが、洗濯機は日常生活に密着した家電であるため、故障が起こる前に買い替えることが理想でしょう。

1-3.最新機種がほしいとき

家電は、モデルチェンジをする時期があります。最新機種がほしくなり、買い替えを検討することもあるでしょう。乾燥機能やドラム式など、高機能なものを求めるニーズは年々高まっています。

2.洗濯機の買い時はいつ?

洗濯機を安く買うことができる時期をご紹介します。

2-1.最安値時期について

洗濯機のモデルチェンジといっても、飛躍的な性能アップがあるわけではありません。新機種の販売が始まる時期は、1つ前の機種が型落ち品として安く購入できます。新機種登場のタイミングは、縦型とドラム式で時期が異なるものです。縦型は5〜6月ごろ、ドラム式は9〜10月ごろという傾向になっています。とはいえ、ライフスタイルに見合うタイプを選ぶことも大切です。

2-2.そのほか安く購入できるポイント

家電の購入は、家電量販店を利用するケースがほとんどでした。しかし、近年はインターネットでの販売も行われるようになり、家電量販店より安く購入できるように値段設定がなされています。価格だけを比較するなら、インターネット販売を利用するのも1つの方法です。とはいえ、設置を自分でしなければならないケースもあります。安く購入することばかりにとらわれず、手間なども考慮し、購入先を考えるようにしてください。

3.古い洗濯機を処分するには?

洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目です。そのため、正しい処分方法が求められます。処分の仕方を覚えておきましょう。

3-1.家電リサイクル法に基づいた処分

家電リサイクル法の対象品目である洗濯機は、自治体による回収を利用できません。資源として回収し、リサイクルすることが求められます。家電リサイクル法では、処分時にリサイクル料金の支払いをしなければなりません。

3-2.家電量販店による下取り

洗濯機の買い替えで処分する場合、家電量販店による引き取りを利用できるでしょう。下取りは、各店舗によって条件を定めている場合もあるため、事前の確認が必要です。高年式かつ状態がいいものに限られることが多くなっています。カビなどの汚れがひどい・破損がある・動作に問題がある洗濯機は、下取り対象にはなりません。まれに、引き取りに際し、リサイクル料金を請求される場合がありますので注意してください。

3-3.リサイクルショップでの買取

リサイクルショップに洗濯機を売る方法もあります。故障やトラブルがなければ、ほとんどの洗濯機を買取してくれるでしょう。ただし、年式が古いものは敬遠される傾向にあります。また、ショップごとに得意分野があるため、査定額にバラつきが出るものです。複数のリサイクルショップに買取査定を依頼し、買取金額を比べるようにしましょう。

3-4.ネットオークションやフリマアプリ

自分で洗濯機を再販する方法もあります。メリットは、わずかでも収益につなげることができ、希望金額で再販できることです。ただし、個人売買には何かとトラブルも起こります。購入者との連絡が途絶えてしまう・入金がされない・配送時に故障してしまったなど、さまざまなリスクを想定しておかなければなりません。

3-5.回収業者

回収業者では、家電リサイクル法の対象品目を積極的に回収し、金属部品のリユースや再販などのリサイクル活動につなげています。回収業者では、家電リサイクル法の対象品目以外に、さまざまなものの回収を実施しているため、家の中にある不用品を一括処分したい場合に便利でしょう。状態が良好な洗濯機なら、買取も可能という業者もあります。上手に活用してみてください。

4.洗濯機の買い替えや処分でよくある質問

洗濯機の買い替えや処分にまつわる疑問を集めました。参考にしてください。

Q.買取を依頼するときや自分で再販するときに、事前にやっておくべきこととは?
A.洗濯機は衛生面の管理がしっかり行き届いているものが好まれます。そのため、カビ取りや掃除をしっかりしておくことが大切でしょう。

Q.二槽式洗濯機も中古需要があるのか?
A.全自動洗濯機に比べ、二槽式洗濯機の中古需要は少ない傾向にあります。買取を希望する場合は、査定を受ける前に電話などで確認しておきましょう。

Q.縦型の洗濯機からドラム式の洗濯機に買い替えるときの注意点は?
A.置き場所をよく確認しましょう。というのは、縦型に比べ、ドラム式はサイズが大きいからです。購入したけれど、設置が難しいという状況にならないようにしましょう。

Q.リサイクルショップに売るのと回収業者を利用するのでは、どちらが便利か?
A.回収業者の場合、洗濯機の買取が難しくても、回収してもらうことができるのがメリットです。また、自宅まで訪問してくれるため、手間をかけずに処分することができます。運搬手段がない場合や肉体的負担を軽減したい場合は、回収業者のほうが便利です。

Q.異音や脱水時のトラブルがある場合、修理は難しいもの?
A.異音や脱水時のトラブルは、内部のモーターが劣化して起こる症状です。また、モーター周辺の部品にも異常をきたしていることもあります。業者による点検で修理が難しいと判断された場合は、買い替えるタイミングだと捉えてください。

まとめ

いかがでしたか? 洗濯機の寿命は、およそ8年です。寿命が近づくとさまざまなトラブルが起こりやすくなります。また、8年を過ぎるとメーカーでの部品保有期間も終わってしまうため、修理対応ができません。購入から8年が、買い替えを考える1つのタイミングといえるでしょう。故障やトラブルで使えなくなって困る前に、不具合などを察知して、早めに買い替えを検討するのがベストです。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス