ホットプレートの捨て方とコツをご紹介! お得に捨てる方法は?


ホットプレートは、家族全員で囲みながら食事を楽しむことができる便利な料理アイテムです。料理のレパートリーが増えるだけでなく、家族のコミュニケーションも自然と多くなるでしょう。しかし、故障や買い替えなどで要らなくなったホットプレートの処分に頭を抱えている方が多いと思います。自治体のゴミとして処分できるのか、それとも別の方法で処分するべきかハッキリしないまま処分すると、不法投棄などトラブルになるおそれもあるので注意しなければなりません。そこで、本記事では、ホットプレートの正しい捨て方について解説します。

  1. ホットプレートの処分の基礎知識
  2. ホットプレートの処分~ゴミとして処分する場合
  3. ホットプレートの処分~リセールする場合
  4. ホットプレートの処分~回収業者に頼む場合
  5. ホットプレートの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ホットプレートの正しい処分方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.ホットプレートの処分の基礎知識

まずは、ホットプレートの処分にどのような方法があるのかチェックしておきましょう。

1-1.どんな方法があるのか

ホットプレートの処分方法は、「ゴミとして処分する」「リサイクルする」「回収業者へ依頼する」という3つの捨て方があります。捨て方を把握しておけば、そのときの状況やホットプレートの状態に適した方法で処分できるでしょう。後ほど、詳しく解説するのでぜひチェックしてください。

1-2.まずはリサイクルを検討しよう!

ホットプレートが不要になった場合、まずは、「リサイクル」を検討しましょう。正常に使用できるホットプレートは売れる可能性があります。欲しがっている人のもとで再利用してもらえたら、気楽な気持ちで手放せるでしょう。また、ホットプレートには金属・ガラスなど資源価値が含まれています。貴重な資源だからこそ、有効活用するため積極的にリサイクルすべきです。

2.ホットプレートの処分~ゴミとして処分する場合

ホットプレートは自治体でゴミとして処分できます。ここでは、ゴミの分類・処分方法、メリット・デメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

2-1.何ゴミに分類されるのか?

多くの自治体では、「粗大ゴミ」または「不燃ゴミ」に指定しています。ホットプレートは金属・ガラスなどが含まれているため、可燃ゴミではありません。また、1辺が約30cm以上のものは「粗大ゴミ」になる可能性があります。自治体によって規約が異なるので、ホームページや掲示板等で確認しておきましょう。

2-2.小型家電リサイクル法の対象か?

小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれるレアメタルなど貴重な資源を有効活用するために2013年4月より施行された法律です。携帯電話・スマホ・ゲーム機・デジタルカメラなどが対象となっています。気になるホットプレートが対象品目かは、自治体で異なるので詳しくは自治体のホームページをチェックするか、市役所などの窓口で尋ねてみてください。

2-3.出し方、やるべきこと、料金は?

ホットプレートの出し方や料金はゴミの分類で異なります。
不燃ゴミの場合は、自治体の回収指定曜日・日時・回収場所へ指定の袋に入れて出すだけです。そのため、処分費用はかかりません。
一方、粗大ゴミの場合は、地元のコンビニエンスストア・スーパーマーケット等で「粗大ゴミリサイクル券」を購入し、ホットプレート本体に貼り付けます。その後、自治体のホームページ等で申し込み、回収指定場所か直接ゴミ処理センターへ持ち運んでください。粗大ゴミの処分にかかる費用は、だいたい300~500円です。
また、小型家電リサイクル法に基づいた処分ルールを定めている自治体は、役所など公共施設に設置されている「小型家電回収ボックス」へ投入するやり方になるでしょう。小型家電回収ボックスの有無に関しては、「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」をご覧ください。

2-4.メリット・デメリット

自治体で処分するメリットは、無料または低費用で処分できることです。また、依頼先が自治体なので信頼度が高く、責任を持って回収・処分してくれるでしょう。ただし、回収日・場所が決まっているのが大きなデメリットです。集荷場所に運ぶまで手間がかかり、粗大ゴミの場合は手続きが面倒に感じるでしょう。また、小型家電回収ボックスの設置数が少ないというデメリットもあります。

3.ホットプレートの処分~リセールする場合

ホットプレートをリセールする場合の方法と注意点について解説します。

3-1.リセールできるか

ホットプレートはとても需要が高い家電製品です。そのため、中古であっても状態の良いものは売れる可能性があります。ただし、正常に使えるかどうかが大切なポイントです。また、リセールできるホットプレートは以下の条件となります。

  • 未使用品または使用感がない
  • 発売年月から経過していない
  • 人気メーカー・ブランド
  • 説明書など付属品がそろっている
  • 目立つ傷や汚れ・においがついていない

3-2.リサイクルショップで売る

要らなくなったホットプレートは、リサイクルショップで売ることができます。近場にリサイクルショップがあれば、直接持ち運びその場で引き渡し→代金の受け取りができるでしょう。すぐに現金化できるのが、大きなメリットです。また、中古品として再販してもらえると楽に手放せますし、処分費用がかかりません。ただし、店舗まで運ばなければならない・査定金額が低い・買取不可の場合処分だけの依頼はできないというデメリットがあります。これらのデメリットを踏まえた上で、リサイクルショップを利用してください。

3-3.ネットなどのリセール

リサイクルショップのほかに、「ネットオークション」や「フリマサイト」を利用したリセール方法があります。どちらも登録を済ませれば、写真と説明文を投稿し出品できるシステムです。売却するホットプレートの写真を何点か掲載することで買い手がつきやすくなります。欲しがっている人と直接やり取りができ、リサイクルショップの査定金額よりも高値がつくこともあるでしょう。気軽に取り引きができるのもネットオークションの大きなメリットです。しかし、必ずしも売れるとは限りません。また、自分で梱包(こんぽう)し、取引相手へ送るという手間もかかります。さらに、最近では未入金・商品クレームなど取引相手とのトラブルも続出しているので注意しておかなければなりません。

4.ホットプレートの処分~回収業者に頼む場合

回収業者へ処分を依頼する前に、押さえておきたいポイントをまとめて解説します。

4-1.回収業者に依頼するメリット・デメリット

ホットプレートの処分を回収業者へ依頼する主なメリットは、買取と処分が同時にできることです。買取可能なものは商品と引き換えに代金をもらい、買取不可なものは資源リサイクルができます。また、ホットプレート以外に処分したい不用品があれば、まとめて手放すことができるでしょう。回収業者が直接回収しにきてくれるので、運搬の必要もありません。ただし、回収費用がかかるので、依頼前に見積もりを確認することが大切です。

4-2.主な回収方法は?

出張回収・店頭持ち込み・宅配回収の3つがあります。すぐに現金化したい・近場にお店がある場合は店頭持ち込みを利用しましょう。自分のペースで処分したい方は宅配回収、不用品をまとめて処分したい方は出張回収がおすすめです。自分の状況に適した方法を選ぶことができるのも、回収業者のメリットと言えるでしょう。なお、業者によって回収方法が異なるので事前に確認してください。

4-3.料金はいくらぐらいか?

不用品の数やホットプレートの大きさなどで異なりますが、平均費用は1000~3,000円ほどです。あくまで目安となるため、具体的な費用に関しては業者へ見積書を請求してください。また、不用品をまとめて処分する場合は、「定額パックプラン」がおすすめです。個別で処分する際に「基本料金」がかかる可能性もあるため、まとめて処分したほうがお得になるケースがあります。

4-4.コストをかけずに回収してもらうコツは?

処分ではなく、買取を利用しましょう。不用品をまとめて処分する場合は、売れるものを買取に出してください。そうすることで、ホットプレートの処分費用が浮きます。家の中には、ホットプレート以外にも家具・家電・ブランド品など金銭価値のあるものがたくさん眠っているものです。この機会に、要らなくなったものも買取依頼しましょう。

4-5.こんな業者には要注意!

「今なら無料回収が可能!」「低費用で回収できます」など、さまざまな謳(うた)い文句で客引きを行う業者は注意が必要です。「無料回収と言っていたのに後で追加料金を請求された」「不法投棄をされていた」というトラブルが相次いでいます。また、古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を取得していない業者も注意が必要です。回収業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品の処分だけでなく買取も行っている
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 定額パックなどサービス・プラン内容が充実している
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられる
  • 回収・買取の実績がある
  • 口コミ・評判が良い

5.ホットプレートの処分に関してよくある質問

ホットプレートの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんなホットプレートが高く売れるのか?
A.年式が新しく、最新の商品が高く売れる傾向があります。特に、食材の焦げつきを防ぐハードフッ素樹脂コーティングが施されているものや、サッとひと拭きでお手入れができるIHクッキングヒーターなどです。発売されたばかりの最新式は、高く売れる傾向があります。また、「BRUNO」「アイリスオーヤマ」などの人気メーカーや、1つで多様な使い方ができるタイプが人気です。

Q.ホットプレートの買い替えに適した時期とは?
A.壊れて使えなくなった場合だけでなく、購入後6年以上経過したものも買い替え時期です。ホットプレートの耐用年数は5~6年といわれているため、寿命を迎えたら新しいものに買い替えたほうが良いでしょう。新しく買い替える際に古いものを売却したいなら、使用期間が短いほうが売りやすくなります。店舗や業者によっては、購入後6年経過したものは買取対象外になるおそれもあるので注意してください。

Q.高く売れるタイミングは?
A.前述したとおり、できるだけ早めに売るのがポイントです。ホットプレートは需要のある家電製品なので、最新式が次々と登場しています。売るタイミングを逃し時間が経過するほど価値が下がるでしょう。また、新生活が始まる4~5月は、新しい家電を購入する方もいます。調理家電の需要が高まる時期前に売るのもポイントの1つです。

Q.自治体で回収された後はどうなるのか?
A.認定を受けた事業者に回収され、分解・粉砕し資源の種類ごとに分類します。そして、貴重な資源は工場で再資源化されるのです。再資源化される過程できちんと有害物質も処理するので安心してください。回収後の行く先が分からない方は、自治体に尋ねましょう。

Q.おすすめの不用品回収業者が知りたい
A.「エコアース」では、安心・安価・お手軽な定額パックプランが充実しています。基本料金や家電リサイクル料金も込みの価格なので追加料金がありません。また、プロのスタッフが迅速かつ丁寧に作業を行います。現在、無料見積もりを受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? ホットプレートは、自治体に処分を依頼する・リサイクルまたはリセール・回収業者へ依頼するという方法で処分が可能です。完全に壊れていたり不具合が起きたりしているものなら処分になりますが、まだ使える状態なら「買取」という選択ができます。まずは、ホットプレートの状態を確認してから処分方法を検討してください。回収業者の中にも買取サービスを行っているところがあるので、買取不可になっても回収してもらうことができます。ホットプレートの状態やそのときの状況に見合った方法で処分するのがポイントです。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス