引っ越しのゴミ出しが間に合わない! 業者の活用など対処法をご紹介


引っ越しは、段取りが大切です。片付け以外に、ゴミ出しのスケジュール管理をしっかり行わなければ、引っ越し当日にゴミを抱えて慌てることになります。引っ越しゴミをどのような方法で処理すればいいか、あらかじめ把握しておくようにしましょう。本記事では、引っ越しのゴミ出しが間に合わない場合の対処法をご紹介します。

  1. 引っ越しのゴミ出しが間に合わない場合・どうしたらいいか?
  2. 引っ越しのゴミ出しが間に合わない・少量や可燃ゴミの場合
  3. 引っ越しのゴミ出しが間に合わない・大量や不燃ゴミがある場合
  4. 引っ越しのゴミ出しでよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しのゴミ出しについてよく分かります。ベッドやテレビなど大型ゴミが出るのも、引っ越しゴミの特徴です。処分方法をしっかり理解し、効率よく処分を進めるようにしましょう。

1.引っ越しのゴミ出しが間に合わない場合・どうしたらいいか?

引っ越しのゴミ出しが間に合わなくても、そのまま放置するわけにはいきません。処理する方法をいくつかご紹介します。

1-1.焼却場に直接持って行く

各自治体では、クリーンセンターや焼却場を設けています。通常のゴミ排出日に間に合わなくても、施設への持ち込みなら稼働時間内で受け付けが可能です。可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミのいずれも対応できます。ただし、持ち込みに際し、自家用車での運搬や事前予約が必要なケースが多いなど、自治体により異なるでしょう。

1-2.大家さんなどに依頼する

賃貸の場合、明け渡しをしなければなりません。本来は、片付けやゴミ出しを終えて、きれいな状態で明け渡しをするのがマナーとなっています。しかし、やむを得ない事情でゴミが残ってしまった場合、大家さんなどに廃棄を依頼する方法も考慮しておきましょう。ただし、処分費用を請求される場合もあります。事前に相談しておき、費用を巡るトラブルが起こらないように注意してください。

1-3.新居に持って行く

引っ越し当日までゴミが残ってしまったら、新居に持って行き、引っ越し作業完了後にゆっくり処理する方法もあります。可燃ゴミや不燃ゴミなどの場合は、さほど場所も取らないため、可能な方法でしょう。しかし、ベッド・自転車・テレビなどの粗大ゴミを新居に持って行くのは難しいものです。なるべく引っ越し前に処分するようにしましょう。

1-4.不用品回収業者に依頼する

引っ越し当日までに処分を急いで終えたいという場合、不用品回収業者にゴミの一括処分を依頼しましょう。不用品回収業者は、品目を問わず回収が可能で、迅速な対応がモットーです。引っ越しまで時間がないときでも、即日回収などフレキシブルな対応で安心して依頼することができます。ゴミの量が多いときや分別で困っているときでも、手間を掛けずに処分できるのがメリットです。

1-5.リサイクルショップに持って行く

処分予定のものがまだ使える品である場合、リサイクルショップに持って行き、買取してもらう方法もあります。ただし、買取査定を受ける場合、運搬や持ち込みは自力で行ってください。また、引っ越しは非常に労力と時間を費やす作業であるため、買取などに時間を割くことができない場合も多いと思います。必ずしも、買取が成立するとは限らないのもデメリットです。リサイクルショップに持ち込むより、買取にも対応している不用品回収業者を利用したほうが便利でしょう。

2.引っ越しのゴミ出しが間に合わない・少量や可燃ゴミの場合

ゴミが少量の場合や、可燃ゴミの場合の対処法をご紹介します。

2-1.新居に移ってから処分する

既述したとおり、少量のゴミや可燃ゴミなら新居に移転してから処分することもできます。処分する際は、新居がある自治体のルールに沿って処理してください。自分で処分するため人の手を煩わすことがなく、自治体の処分を利用すれば費用も安く済みます。デメリットは、可燃ゴミには生ゴミが含まれている場合もあり、臭いなどの発生が懸念されることです。また、ゴミを持って引っ越すのは面倒と感じる場合もあるでしょう。少しでも抵抗を感じるなら、引っ越し当日までに業者などを活用して処分するようにしてください。

2-2.人に託す方法

既述したとおり、大家さんに依頼して処分してもらう方法もあります。ほかには、近隣の親しい人に依頼し、引っ越し後に処分してもらう方法もおすすめです。普段から隣人とのコミュニケーションが取れていれば、快く引き受けてもらうことができるでしょう。しかし、謝礼などを手渡す必要があるなど、ただ処分を依頼するだけで終わらないことがデメリットです。また、ゴミの中身を探られてしまうリスクもあります。個人情報を知られたくない場合には避けるべき方法です。

3.引っ越しのゴミ出しが間に合わない・大量や不燃ゴミがある場合

大量にゴミがある場合や、不燃ゴミも含まれている場合は、引っ越し前に処分することが望ましいでしょう。それぞれの方法やメリット・デメリットをご紹介します。

3-1.焼却場に持って行く

自治体の焼却場やクリーンセンターを利用しましょう。事前に確認し、許可を得てから搬入してください。ゴミの量が多く、1つずつゴミの収集日に出すことができない場合におすすめです。業者に依頼するより、費用負担がとても安いのがメリットでしょう。とはいえ、自家用車での運搬が主な手段となるため、車に積み込みできない大型製品の処分は難しいものです。また、家電リサイクル法対象品目であるテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは、リサイクル回収が義務付けられています。そのため、自治体の焼却場やクリーンセンターに持ち込んでも回収してもらえません。ほかの方法で処分するようにしましょう。

3-2.引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者の中には、ゴミの引き取りを行っている業者もあります。引っ越し作業の予約をする際にゴミの回収を依頼したい旨を申し出ておきましょう。トラックには引っ越し荷物を積むため、引っ越し当日に依頼しても回収は難しいものです。また、トラックの空(あ)き状況を考慮し、引っ越し業者の都合がいいときに回収となるケースが多くなっています。事前に回収日時などを確認しておきましょう。引っ越し業者の場合、引っ越し費用にゴミ処理費用を加算して費用を算出するため、別途支払いが発生しないのがメリットです。しかし、ゴミの量や品目によっては、回収できない場合もあります。

3-3.不用品回収業者を活用する

ゴミの量が多く、分別が面倒な場合に活躍するのが、不用品回収業者です。不用品回収業者なら、家電リサイクル法対象品目に加え、自転車やベッドなどの大型製品でも回収できます。業者によってサービスや価格に差があるため、あらかじめ見積もりを出してもらい、複数の業者を比較してから業者を選ぶようにしてください。不用品回収業者のメリットは、自宅訪問による引き取りが可能なことと、都合がいい日時を指定できることです。価値あるものは買取が可能など、柔軟な対応をしてくれるのも魅力でしょう。ただし、買取ができない場合は、回収費用がかかります。ほかの方法より費用負担が大きいのがデメリットです。

4.引っ越しのゴミ出しでよくある質問

引っ越しでは、大量のゴミが出ることが予想されます。ゴミの分別ルールが複雑になっているため、処分時に分からない点も多くあるでしょう。質問集を役立ててください。

Q.自治体の焼却場やクリーンセンターで処分する場合、費用はいくらぐらいかかる?
A.自治体ごとに規定が異なります。多くの自治体では、容量に応じた金額が算出されるのが一般的です。10kgで数百円程度でしょう。ゴミの量が増えれば、処分費用は上がります。あらかじめ、自治体のホームページなどで確認してください。

Q.引っ越しゴミの処分を効率よく進めたいなら、どのくらい前から計画を立てるべきか?
A.引っ越しが決まったら、すぐに計画を立てましょう。アパートやマンションの退去予告は、1か月前までに終えることとしている場合がほとんどです。ゆとりを持って計画を立て、ゴミの収集日に合わせて処分を進めるようにしましょう。

Q.粗大ゴミの排出日が、引っ越し日以降になってしまう場合はどうすべきか?
A.自治体に問い合わせ、引っ越し日より前にしてもらうように希望を伝えるか、焼却場やクリーンセンターに直接持ち込むようにしましょう。時間のゆとりがないときは、業者の活用がおすすめです。

Q.引っ越しのゴミ出しが間に合わないのはよくあること?
A.多くの人が抱えている問題で、決して珍しいことではありません。しかし、ゴミ出しが間に合わなくても、ゴミ集積所へ置き去りにしないでください。分別など細かなルールがあるため、不法投棄とみなされてしまうことがあります。

Q.不用品回収業者に大量のゴミを引き取ってもらうと、高額な費用がかかるのではないか?
A.確かに、不用品回収業者の引き取り費用は自治体などに比べると高額です。しかし、ゴミの量が多い場合、まとめて処分できるお得な料金プランを利用できます。1点ずつ処分するより、処分費用を大幅に削減できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しでは、大量のゴミが出る場合があります。ゴミの収集日までに出すことができず、ゴミ出しが間に合わないというケースも珍しくありません。間に合わない場合や、急いで処分したい場合は、不用品回収業者の活用がおすすめです。大量のゴミや粗大ゴミなどの引き取りもできます。引っ越し当日までゴミが残って慌てることがないように、なるべく早めに計画を立て、順序よく処分を進めていきましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス