除湿機の寿命は何年? 寿命が近いと起こる症状や買い替え時期を解説


結露対策や室内での衣類乾燥時に、除湿機を使う機会があると思います。長年除湿機を使っている場合、寿命が何年なのか気になりませんか? 除湿機は、寿命が近づくにつれ、不具合を示すサインがいくつか出始めます。買い替え時期が分からない場合は、劣化のサインを覚えておき、お手持ちの除湿機と比べてみてください。本記事では、除湿機の寿命について考えていきます。

  1. 除湿機の寿命について
  2. 除湿機の寿命が近い? よくある症状
  3. 除湿機の買い替えについて
  4. 除湿機の寿命や買い替えでよくある質問

この記事を読むことで、除湿機の寿命についてよく分かります。除湿機の買い替えを検討している方は、寿命が近いと起こる症状をしっかり把握し、適切な時期に買い替えましょう。

1.除湿機の寿命について

除湿機の種類や種類別に見る寿命の差などをご紹介します。

1-1.除湿機とは?

除湿機は、室内の湿度をコントロールする家電です。梅雨時は、洗濯物の部屋干しをする機会が多くあります。しかし、除湿機を使うことで、室内の湿度や洗濯物の水分を除湿機が素早く吸収し、洗濯物を早く乾かすことができるでしょう。また、共働き家庭も増え、夜に洗濯をする家庭も増えました。そのため、近年、除湿機は大変需要が高い家電となっています。除湿機の種類は大きく分けて2つで、コンプレッサー式とデシカント式です。デシカント式は、内部に含有する乾燥剤の名を取り、ゼオライト式という名称で呼ばれる場合もあります。

  • コンプレッサー式(室内の湿気を取り込み、冷却して放出するタイプ)
  • デシカント式(除湿機内の乾燥剤が湿気を吸い取り、熱で乾燥して空気を再放出するタイプ)

コンプレッサー式に比べ、デシカント式は熱を発するため、室温が上がります。 部屋を暖めながら湿度をコントロールする効果があるため、デシカント式は冬の結露対策におすすめです。また、コンプレッサー式とデシカント式の両面を持つ、ハイブリッド式も登場しています。

1-2.除湿機の寿命は何年が目安?

除湿機の平均寿命は、5〜10年が目安です。使用環境や使用頻度により、寿命に差が出ます。寿命に差が出る理由については、後述を参考にしてください。また、家電の多くは、メーカーでの部品保有期間を定めています。除湿機の場合、製造終了から8年が部品保有期間です。製造終了から8年を目安に修理部品が入手できなくなるため、不具合があった場合は寿命と捉(とら)えて処分したほうがいいでしょう。コンプレッサー式は内部部品の摩耗によるトラブルが出やすく、デシカント式は乾燥剤の劣化で吸湿力が低下します。除湿機は、種類別での寿命に大きな差はありません。

1-3.寿命に差が出る要因とは?

除湿機の平均寿命に5〜10年とばらつきが出るのは、使用環境・使用頻度・使い方などが影響しているためです。使用頻度が高いほど、内部部品の劣化は早まります。毎日頻繁に使う場合は、早く寿命を迎えると想定しておいてください。また、除湿機の対応能力を超える広い場所で使うことも、除湿機に負荷をかけすぎてしまう要因でしょう。除湿機は家電であるため、電源コードの抜き差しも丁寧に行い、コード内に損傷が起こらないように配慮することが大切です。無理な力で引き抜くなどの行為は、寿命を縮める原因ですので避けてください。ファンやフィルターの目詰まりを放置するのも、内部が過熱し、劣化を招くきっかけになるでしょう。

2.除湿機の寿命が近い? よくある症状

除湿機の寿命が近づいた場合、さまざまな不具合が生じます。よくある症状を覚えておきましょう。

2-1.こんな症状は寿命を示す前兆

除湿機の故障で最も多いのは、除湿能力の著しい低下です。コンプレッサー式に比べ、デシカント式のほうが症状が出やすい傾向にあります。洗濯物の乾きが遅くなった・結露がしっかり取り除(のぞ)けないなど、除湿機能に問題を感じるようになったら、故障の疑いがあるでしょう。無理に使い続けた場合、稼働時に過剰な電力を費やすことになるため、光熱費がかさむデメリットがあります。また、コンプレッサー式で多いのは、冷却した空気を送り出すときの異音です。寿命が近づくと内部から異音が聞こえるようになり、突然稼働しなくなる症状が出やすくなります。どちらの種類も共通しているのは、エラーなど異常を示すサインが頻繁に出るようになることです。表示内容を確認し、メンテナンスをしても治らない場合は、買い替えなどを考えるようにしてください。

2-2.除湿機の寿命チェック!

除湿機の寿命が近づいているサインをご紹介します。以下のチェック項目にあてはまるか確認してみてください。

  • タンク内に水が溜(た)まらない
  • 異音が聞こえる
  • 電源が落ちてしまう・急にオフになる
  • 満水サインの表示が消えない
  • タイマー機能が作動しない

2-3.除湿機を長く使うためのポイント

既述したとおり、 除湿機の寿命には幅があります。長く使い続けるためには、使用環境・使用頻度・使い方の3つを改善することが大切です。湿気は、床付近に溜(た)まる性質があるため、設置場所はなるべく部屋の低い場所にし、効率良く湿気を吸い取ることができる環境にしておきましょう。対応する広さに見合う除湿機であることも重要です。規定の広さより大きな部屋で使用した場合、除湿機に負荷がかかりすぎてしまいます。また、コードなどの取り扱いは丁寧に行い、ファンやフィルターはこまめに洗浄するように心がけましょう。

2-4.除湿機の寿命を縮める要因は?

2-3でご紹介した使い方や環境を重視していれば、除湿機に負荷をかけることなく、長く使うことができるでしょう。特に、普段のお手入れはとても大切です。ファンにゴミやホコリなどが付着したまま使用し続けると、目詰まりを起こして発火や過熱による除湿機の損傷を招く恐れがあります。除湿機の稼働時は、吹き出し口や吸排気口に洗濯物などを載せないようにしてください。満水になっても自動停止しないタイプの除湿機は、タンク内に溜(た)まった水を放置すると水漏(も)れや故障が起こります。タンクはこまめにチェックし、溜(た)まった水を捨てるようにしてください。

3.除湿機の買い替えについて

では、除湿機の買い替え時期はいつごろなのでしょうか? 買い替えのタイミングや修理、古い除湿機の処分方法などについて解説します。

3-1.除湿機を買い替えるタイミングは?

除湿機の平均寿命である5年をめどに、さまざまな不具合が起こりやすくなります。長く使える場合もありますが、光熱費などを考慮した場合、新機種のほうがお得なケースがほとんどです。除湿機がないと困るという家庭では、故障してから買い替えるより、不具合が増えたと感じる段階で買い替えを検討したほうが、お得に買い替えができる時期を探って、じっくり新機種を吟味できていいでしょう。

3-2.除湿機は修理できるのか?

故障内容によっては、除湿機の修理は可能です。たとえば、操作パネルの故障やタンクの破損など、部品の交換によって簡単に治るものであれば、修理費用もさほどかかりません。しかし、内部の基盤に損傷がある・コンプレッサーに異常が起きたなどの場合は、高額な修理費用が想定されるでしょう。修理より買い替えのほうがお得な場合もあるため、両方を比較して考えるようにしてください。保証期間内であるかどうかもポイントです。また、1-2で記載したとおり、除湿機の部品保有期間は製造終了後8年程度となっています。8年を経過した場合、希望しても部品がないため、修理ができません。

3-3.除湿機の処分方法

古い除湿機の処分について、自治体・家電量販店・メーカーでの方法を見ていきましょう。

3-3-1.自治体

自治体で処分する場合は、在住する地域のルールを確認してください。というのは、地域ごとにゴミの分類が異なるからです。多くの自治体では、1辺が30cmを超えるものは粗大ゴミとして扱っています。しかし、燃えないゴミとして回収する場合もあるため、ルールを守ってゴミを出すことが大切です。粗大ゴミとして出す場合、自治体に事前申請をしなければなりません。また、粗大ゴミの処理費用は、粗大ゴミ処理券を購入して支払います。指定された日時・場所に除湿機を出してください。排出時に、粗大ゴミ処理券を除湿機に貼りつけておきましょう。まれに、小型家電リサイクル法に基づき、除湿機をリサイクル回収している自治体もあります。小型家電に該当する場合は、自治体の指示に従い、小型家電リサイクルボックスを活用してください。小型家電リサイクルボックスの利用は無料です。

3-3-2.家電量販店

買い替えを機に古い除湿機を処分するなら、家電量販店での引き取りを利用できます。購入時に、処分したい除湿機を店舗に持ち込んでください。また、古い除湿機が下取り対象となる場合もあるため、購入時に下取りを希望することを伝えておきましょう。下取りは、新規購入費用から下取り金額を差し引く方法です。ただし、年式やメーカーなどが限定されるため、必ずしも下取りできるとは限りません。引き取りの場合、購入者限定で行われるサービスで、無料の場合もあれば、引き取り費用を支払う場合もあります。費用負担の有無については、購入予定の店舗に確認しておきましょう。

3-3-3.メーカー

除湿機の場合、メーカーによる引き取りは実施されていません。しかし、各メーカーではサポート窓口を設置しています。修理関係などの問い合わせには対応してもらえるでしょう。各メーカーのサイトを参照してください。

3-3-4.不用品回収業者

家電などの処分を不用品回収業者に依頼する方法もあります。自治体の粗大ゴミだと捨てるまでに時間がかかる・家電量販店に持参するのが面倒という場合は、迅速に処理してくれる不用品回収業者が便利です。しかし、除湿機1台で数千円の処分費用がかかるため、処分にコストがかかるのがデメリットとなるでしょう。複数の業者の実績やサービスなどを比較し、お得に処分できる方法を探るのも1つの手段です。

3-4.除湿機は買い取りでリサイクルできる場合もある

年式が製造から3年以内と浅く、状態が良好なものなら、リサイクルショップや不用品回収業者でも、除湿機が買い取り対象となる場合もあります。小型家電として回収する自治体もあるため、ゴミとして出すより、リサイクルできるものは買い取りを利用するようにしましょう。リサイクルは、資源の有効活用と、環境保護に貢献できる手段です。

4.除湿機の寿命や買い替えでよくある質問

除湿機の寿命や買い替え時期については、分からない点が多いと思います。質問集を役立ててください。

Q.除湿機の買い替えがお得な時期はいつ?
A.除湿機を稼働することが多い7月ごろまでは値段が高めで、7月下旬から値段が下がる傾向にあります。冬はデシカント式の需要が高まるため、再び値段が上がる可能性があるでしょう。7月下旬から秋までに買い替える方法がおすすめです。コロナなど価格が比較的リーズナブルなメーカーは、2万円ほどで購入できるタイプもあります。

Q.購入から10年経過していても、問題なく使えている場合は?
A.10年前の家電と最新の家電では、機能面やランニングコストに大きな差があります。故障してから買い替えるより、早めに買い替えを検討し、光熱費削減を目指したほうが結果的にお得です。

Q.除湿機を長期保管する場合、そのまましまうと劣化するもの?
A.除湿機を使わないシーズンを迎えたら、フィルターや内部のメンテナンスをしっかり行い、よく乾かしてからしまいましょう。保管場所が高温多湿などの環境にならないことも、除湿機の寿命を延ばす秘訣(ひけつ)です。

Q.フィルター掃除は毎日行ったほうがいいのか?
A.使用時間の長さなどにもよります。基本的には、2週間に1回程度で問題ありません。目詰まりなどが目立つようなら、もう少し短い間隔でお手入れを行いましょう。お手入れをきちんとしていれば、除湿機は長く使うことができます。ぜひ実践してみましょう。

Q.修理か買い替えかで迷った場合はどうすべきか?
A.メーカーのサポート窓口に連絡し、修理費用の見積もりを概算で出してもらいましょう。修理にかかる大まかな費用が分かれば、修理と買い替えを選ぶ1つの材料になります。

まとめ

いかがでしたか? 除湿機は、梅雨時の部屋干しや、冬の結露対策に役立つため、多くの家庭で利用されています。除湿機を長く使っている場合、寿命や買い替え時期で迷うことがあるでしょう。除湿機の平均寿命は5〜10年で、部品保有期間は製造終了後8年までです。修理が難しい・修理費用が高額・ランニングコストがかかるなどの場合は、新機種への買い替えを検討したほうがいいでしょう。また、寿命が近いとさまざまなサインが起こります。異音が聞こえる・電源が急にオフになる・タンクに水が溜(た)まらないなどの症状が続いたら、寿命が近いと考え、処分を検討してください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス