プリンターの処分にお困りの人は必見! 処分する方法4つのポイント


プリンターが不用になった時、どう処分していいのかお悩みの人は少なくありません! 自治体のゴミに出す、業者に回収してもらう、売却する…どのような処分方法があるのか、そのポイントをご説明しましょう。

  1. プリンターの正しい処分方法は?
  2. プリンターを捨てる前に確認したいことは?
  3. リサイクル業者に依頼する時の注意点

1.プリンターの正しい処分方法は?

壊れたり、古くなって機能が物足りなくなったなどで不要になったプリンターを処分したい!と思った時「プリンターは何ゴミになるのだろう?」と迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。パソコンの場合は家電リサイクル法の指定対象のため、各メーカーが回収処分をおこなっているので、プリンターも同様と考えている人も少なくないようです。しかしながらプリンターは家電リサイクル法対象外のため、自分で処分するしかありません。プリンターの処分方法には主に以下の4つがあります。

1-1.自治体に処分してもらう

一番一般的なのは、自治体に処分してもらう方法でしょう。プリンターは家電リサイクル法の対象外なので、燃えないゴミか粗大ゴミとして処分できます。その自治体によって、どちらの扱いになるのかは異なるので問い合わせをしてください。粗大ゴミとして自治体が処分する場合は有料です。

一例を挙げてみましょう。

東京都千代田区の場合…粗大ゴミ

粗大ゴミセンターに電話かインターネットで申し込み後に、指定された金額の有料粗大ゴミ処理券をプリンター本体に貼って、回収日に家の前やマンションの入口に出します。

料金…高さ20㎝以下のプリンター300円・高さ20㎝以上30㎝以下600円・高さ30㎝以上900円

東京都板橋区の場合…粗大ゴミ

手続きは千代田区と同様です。

料金…高さ20㎝未満のプリンター300円・高さ30㎝未満のプリンター700円・高さ30㎝以上のプリンター1,000円

東京都ではプリンターは粗大ゴミとして処分できますが(事業者はのぞく)、料金は微妙に異なっています。いずれの自治体にしても、プリンターを粗大ゴミで処分したい場合は早めに申し込みをしてください。引越しシーズンや年末の大掃除シーズンなどに入ると、粗大ゴミの回収は大変混み合います。希望する日時に回収してもらえないこともあるので、注意しましょう。

1-2.プリンターメーカーに回収を依頼

法人が仕事で使用していたプリンターは産業廃棄物、個人が使用していたプリンターは一般廃棄物となります。各プリンターメーカーが行っている、プリンターやプリンター複合機の回収は、法人のお客さまのみが対象です。料金や回収方法などは各社のホームページに記載されているので参照にしてください。

1-3.家電量販店などで新品を購入し引取を依頼

家電量販店・販売店では新品のプリンターを購入する替わりに、不用になった古いプリンターを無料で引き取ってもらえることがあります。ただし、なかには引取をしない店舗や処分料を請求する店舗などもあるので、事前に無料引取を行っているか確認してから購入したほうがよいでしょう。

1-4.リサイクルショップに売却・処分を依頼する

プリンターが故障して使用できない場合、かなり古い機種は廃棄処分するしかないでしょう。しかしながら、中古とはいえどもまだ使用できるプリンターの場合は廃棄処分はもったいないものです。そのような場合は、リサイクルショップに売ってみてはいかがでしょうか?

新品ではなくても、きれいにプリントアウトさえできればかまわないという人も多いので、中古のプリンターは人気アイテムなのです。特に製造年から5年以内くらいで正常に動くようであれば、買取対象になる可能性は大でしょう!

1-5.不用品回収業者に依頼する

家電専用の不用品引取を行う業者では、不要になったプリンターを有料で回収しています。業者によっては、複数の不用品をまとめて回収処分に出せば、格安で引き取ってくれることもあるようです。引越しなどで、デスク、机、棚、プリンター台などをすべて処分したいという時にも、スピーディーに対応してもらえるので便利でしょう。業者によって回収可能なエリアに制限があったり、車で引き取りにきてくれるのか、こちらが宅配で送るのかなど、回収方法が異なるのでホームページで確認してください。

2.プリンターを捨てる前に確認したいことは?

プリンターにはいろいろな種類があります。その種類によっては、処分前に確認しておきたいことがあるので注意してください。

2-1.インクジェットプリンター

インクジェットプリンターを自治体の燃えないゴミや粗大ゴミで回収してもらう時に気をつけたいのは、回収対象は「プリンター本体のみ」ということです。プリンターの内部にインクや用紙をセットしたままになっている場合は、回収前に取り出してください。プリンターの使用済みインクカートリッジは、リサイクルゴミの対象になる場合があるのです。

メーカー6社が共同で立ち上げた「インクカートリージ里帰りプロジェクト」では、 参画企業の純正カートリッジの共同回収を行っています。各自治体の関係施設や郵便局などに回収ボックスを設置しているので、そこに捨てるようにしましょう。その他のメーカーのものは、各自治体の燃えないゴミとして処分してください。

※ インクカートリージ里帰りプロジェクト参画企業…ブラザー・キヤノン・デル・エプソン・ヒューレットパッカード・レックスマーク

2-2.ハードディスク内蔵プリンター

ビジネス仕様のハードディスク内蔵プリンターを処分する場合は、情報漏洩防止のためにも、データをすべて消去してから処分に出したほうがよいでしょう。

2-3.メモリーカードなどはすべて取り除く

SDカードやUSBメモリーをセットしてプリントアウトするタイプのプリンターの場合は、忘れずに本体から抜き取ってください。

2-4.売却する時は掃除をしよう

まだ新しくて使用できるような状態のプリンターをリサイクルショップに売る時には、きれいに掃除をして持ち込むようにしましょう。柔らかい布で全体をきれいに拭いて、ホコリのたまっている細かい部分は綿棒などを使ってできるだけきれいに掃除してください。取扱説明書、付属品、プリンターが入っていた箱などがあれば、より高い値段で買い取ってもらえるでしょう。

3.リサイクル業者に依頼する時の注意点

不用品を回収する業者にプリンターの廃棄処分をお願いする時にはいくつかの注意点があります。

3-1.事前に電話やメールなどで条件を確認する

回収にあたって以下のことを事前に確認してください。

  • プリンター1台でも回収は可能か
  • 回収費用の見積金額を出してくれるか
  • 回収手段は引き取りか、持ち込みか、宅配か

これらのことに明確に答えてくれる業者を選びましょう。

3-2.許可を得ている業者かを確認

不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬」の許可書を持っています。ホームページの会社案内に明記してあるか、確認してください。また、会社の所在地、電話番号、メールアドレスなどもきちんと記載しているかチェックが必要です。

3-3.悪質な不用品回収業者に要注意

「どんなものでも無料で回収!」などの宣伝文句のチラシを配ったり、トラックで呼びかけなどをしている業者にはちょっと注意してください。無料と言うので回収を頼んだら、車に積み込んだあとに「これは無料では処分できない」とお金を請求された…などというトラブルが多発しています。最初に見積もりを聞いてみましょう。あいまいな答えしか返さない業者なら頼まないほうが無難です。

まとめ

プリンターは次々と新しい機能を搭載したモデルが発売されるので、消費サイクルがとても早くなっています。新しいモデルを購入しても1〜2年するともっと便利なモデルが発売されるので、その度に買い替える人も多いようです。でも、いざ不用になったプリンターを処分しようとした時に、粗大ゴミなのか不燃ゴミなのか、どう廃棄していいのか迷う人はいまだに少なくありません。

そこでここではプリンターの処分方法のポイントをご紹介しました。

  1. プリンターの正しい処分方法
  2. プリンターを捨てる前に確認したいこと
  3. リサイクル業者に依頼する時の注意点

以上のことに注意しながら、上手に不用なプリンターを処分しましょう。まだ使用できるプリンターの場合は売却もできるので、買取金額がアップするようにきれいにしてから査定に出すようにしてくださいね。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス