優良な不用品回収業者の選び方は? こんなところをチェックして!


自治体のごみ捨てルールは年々厳しくなっています。ひとつのごみを、複数に分別しなければならない自治体もあるでしょう。そこで需要が高まっているのが「不用品回収業者」です。不用品回収業者とは、文字どおり家庭の不用品回収をしてくれる業派のこと。早ければ依頼したその日に回収に来てくれる便利な業者ですが、その一方でトラブルも多発しています。

そこで、今回は優良な不用品回収業者の選び方をご説明しましょう。不用品回収業者を利用したいという方は、必見ですよ。

  1. 不用品回収業者とは?
  2. なぜ、不用品回収業者とトラブルになるの?
  3. 優良な不用品回収業者の選び方は?

1.不用品回収業者とは?

まず始めに、不用品回収業者とはいったいどのようなことをしてくれるのかということをご紹介します。単に、家庭でいらなくなったものを不用品回収してくれるだけではないのです。

1-1.家庭で不要になったものを一度に処分してくれる

不用品回収業者とは、家庭で不要になったものを回収してくれる業者です。「でも、ごみならばごみ捨て場に捨てればよいのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、自治体のごみ回収ルールは、年々厳しくなっています。たとえば、ペットボトルのように巻かれているセロファンと、キャップと本体を分けて捨てなさいと指示している自治体もあるのです。

また、パソコンや冷蔵庫など家電リサイクル法やPCリサイクル法によって自治体では回収できないものも多いでしょう。不用品回収業者は、このような自治体では回収できないものも、回収してくれるのです。

1-2.家まで取りにくれる

大型家具や家電は、ごみ捨て場まで持っていくのも大変というものもあるでしょう。不用品回収業者に依頼すれば、家まで取りに来てくれます。また、不用品の積みこみも行ってくれますので、「大型家具などの不用品がたくさんある」という場合にも便利です。さらに、高齢者だけの世帯や女性のひとり暮らしなど、重いものを持ち運べない人たちからの需要も多いのでしょう。

1-3.特定のサービスに特化している業者もある

遺品整理や、ごみ屋敷の掃除などいろいろな不用品が一度に出る機会もあるでしょう。不用品回収業者の中には、「遺品整理を引き受けます」「ごみ屋敷を掃除します」といったサービスを行っているところもあります。遺品整理や、ごみ屋敷の掃除は誰もが頭を抱えやすい問題です。それを引き受けてくれるのですから、需要も高まるでしょう。

また、業者によっては「個人情報の保護」にも気を配ってくれるところもあります。たとえば、絶対に外部に流出してはいけない情報が記された書類や、パソコンなどを責任持って処分してくれるのです。このようなサービスは、企業からも需要が高いでしょう。

2.なぜ、不用品回収業者とトラブルになるの?

しかし、不用品回収業者の需要が高まる一方で不用品回収業者とのトラブルも増えているのです。そこで、この項では不用品回収業者との間に起こったトラブルの実例やトラブルの原因をご紹介します。

2-1.不用品回収業者と依頼者との間でトラブルになる理由

不用品回収を始めるのに、特別な資格は不要です。自治体に定められた届け出を行えば、どのような業者でも、不用品回収を行うことができます。不用品回収業者に限らず、活気がある業界というのはいろいろな人が集まってくるものです。ですから、不用品回収業者の中にも「もうけるだけもうけたら、さっさと撤退しよう」と考えているいいかげんな業者もいます。このような業者が、利用者とのトラブルを起こしているのですね。

2-2.値段の基準が分かりにくいのもトラブルの一因

不用品回収は、回収を依頼する不用品の量や状態によって値段が変わります。もし、不用品の中にまだ再利用できるものがあり、業者が不用品の回収だけでなく買い取りも行っている場合は回収費用が安くすむ場合もあるでしょう。逆に不用品の量や状態によっては、予想よりも回収費用が高額になることもあります。このように、不用品回収の費用はケースバイケースで、なかなか相場が定まりにくいのです。これにつけこんで、高額な回収料をふっかける業者もいます。特に、依頼者が女性だったり高齢者だったりすると、威圧的な態度に出る業者もいるでしょう。

2-3.ひそかに被害が増えている「押し買い」

不用品回収業者の中には、回収だけでなく買い取りを行っているところもあります。まだ使えるものを整備して売却することで、利益を上げているのです。依頼者にとっても、まだ使えるものを捨てずにすめば、うれしいでしょう。しかし、中にはそれを悪用して「押し買い」という行為をする業者もいます。これは押し売りの反対で、売れそうな品物を不当に安い金額で買い取っていく行為です。無理やり買い取っていく品物はいろいろありますが、最近では貴金属が多いといわれています。押し買いの手口は、不用品を回収するふりをして、買い取れるものだけを無理やり買い取っていくというもの。ですから、飛び込みで「不用品を回収します。ついでに不用になった貴金属はありませんか?」という業者には要注意です。

3.優良な不用品回収業者の選び方は?

では、最後に優良な不用品回収業者の選び方をご紹介します。注目すべきチェックポイントはどこにあるのでしょうか?

3-1.見積もりをきちんと出してくれるかどうか

優良な不用品回収業者は、見積もりをきちんと出してくれます。下見をする場合もありますし、回収を依頼した不用品が少なければ下見をせずに出してくれることもあるでしょう。

また、追加請求がある場合もその理由をきちんと説明してくれるはずです。逆に、いいかげんな業者はいろいろと理由をつけて見積もりを出してくれなかったり、出してもいいかげんなものだったりするでしょう。

3-2.値段設定が常識的である

不用品回収業者の中には、リサイクルできる商品だけを扱っているところもあります。このような業者は、低価格で不用品の回収を行っているところもあるでしょう。
しかし、今はごみの処分にお金がかかる時代です。なんでもかんでも「無料で回収します」というわけにはいきません。このような「不用品は何でも無料回収します」とうたって客寄せをしている業者の中には、別の名目で高額な料金を取る業者もいます。気をつけてください。優良な業者ならば、常識的な値段設定を行っているはずです。

3-3.電話対応がいいかげんなところは要注意

不用品回収業者を依頼する際は、電話で依頼することも多いでしょう。そのときの電話対応がいいかげんな業者は依頼しない方がよいですね。電話は、お客様との窓口。その対応がいいかげんということは、責任者がそれを許可しているということです。そのほかの対応も期待できません。

おわりに

今回は不用品回収業派の選び方について説明しました。不用品回収業者の中には、よい業者も入ればいいかげんな業者もいます。ですから、派手なホームページなどにごまかされず、実際に見積もり等を依頼してみて、業者を決定しましょう。見積もりを取る際も、必要ならば複数から取り寄せてもよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス