千代田区で小型家電を処分したい! 一番簡単&お得に処分する方法は?


「不要になった小型家電を処分したいけど、千代田区ではどんな方法があるのだろう」とお考えではありませんか? 小型家電といってもさまざまな種類があるため、実際にどんな方法で処分してよいか分かりづらいですよね。それに、ゴミに出す以外の処分方法についても詳しく知りたいことでしょう。

そこで今回は、千代田区の小型家電処分について詳しく解説します。

  1. 千代田区の小型家電リサイクル法対象品目は?
  2. 千代田区で小型家電を処分する方法
  3. 千代田区で小型家電の処分を不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える小型家電を買取に出す方法
  5. 千代田区の小型家電処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、千代田区で小型家電を処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.千代田区の小型家電リサイクル法対象品目は?

最初に、千代田区ではどんなものが小型家電リサイクル法の対象品目に指定されているか確認しておきましょう。

1-1.小型家電専用回収ボックスの投入口から入ることが条件

千代田区では、小型家電専用回収ボックスの投入口に入る大きさの家電を、小型家電リサイクル法の対象品目として扱います。小型家電リサイクル法とは、比較的小型の家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。小型家電として処分できる大きさの目安は30×15cm以下で、以下のようなものが当てはまります。

  • スマートフォン・携帯電話
  • デジタルカメラ・ビデオカメラ
  • 電話機
  • 携帯ゲーム機
  • 電卓
  • 携帯音楽プレーヤー
  • ACアダプター
  • ドライヤー
  • 電気カミソリ

1-2.乾電池や充電池は取り除いて別途処分する

小型家電を処分する前に、乾電池や充電池を取り除くことを忘れないようにしましょう。乾電池や充電池は通電事故を防ぐため、電極にビニールテープなどを貼り、絶縁してから別途出してください。千代田区では、乾電池や充電池をストックヤードで回収しています。より詳しい内容は、千代田区のストックヤードで回収する資源説明ページをご覧ください。

1-3.スマホや携帯電話などは内部データを必ず消去する

小型家電の中でも、スマホや携帯電話・タブレットなどの情報家電は、内部データを必ず消去してから処分しましょう。内部データを消去せずに処分した場合、万が一悪意のある第三者に持ち去られてしまうと、個人情報が流出したり悪用されたりすることがあります。小型家電専用回収ボックスに投入した後は、個人情報保護の観点からどんな理由があっても返却してもらうことはできません。思わぬトラブルを避けるためにも、内部データの消去および本体の初期化を行ってください。もしくは、物理的に破壊して内部データを読み取りできないようにしましょう。

1-4.千代田区ではノートパソコンは対象品目外となる

千代田区では、ノートパソコンは小型家電として扱わないので注意してください。ノートパソコンは、大きさでは小型家電の条件を満たしています。しかし、パソコンリサイクル法の対象品目として処分する必要があるため、小型家電として回収してもらえないのです。したがって、不要になったノートパソコンは、パソコンリサイクル法に基づいて処分する、不用品回収業者に回収してもらうなどの方法で処分してください。

2.千代田区で小型家電を処分する方法

千代田区で小型家電を処分する方法を詳しくご紹介します。

2-1.千代田区で小型家電リサイクル法に基づいて処分する

千代田区で小型家電を小型家電リサイクル法に基づいて処分するには、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。小型家電として処分する場合、処分費用は無料です。なお、小型家電専用回収ボックスの具体的な設置場所は、千代田区の使用済み小型家電の回収事業説明ページを参考にしてください。

2-2.不燃ゴミに出す

千代田区では、小型家電を不燃ゴミとして出すこともできます。毎月2回、集荷当日の朝10時までに指定集荷場所へ出してください。不燃ゴミとして出す場合は、ふた付きの容器か、透明・半透明で中身が見えるゴミ袋に入れて出す必要があります。なお、不燃ゴミは回収後廃棄処分となるのが基本なので、資源を有効活用することはできません。

2-3.知人や福祉施設に譲る

不要になった小型家電でも、まだ十分に使えるものは知人や福祉施設に譲ることも考えてみましょう。キレイに使ってあるものや、有名メーカー品などは喜んでもらってもらえる可能性があります。まずは、心当たりのある知人や福祉施設に連絡し、小型家電が欲しいか確認してみましょう。譲り先が見つかれば、まだ使える小型家電を廃棄処分せず有効活用できます。なお、福祉施設に譲る場合は、自分で配送手段を手配し、配送費用を自己負担するのが一般的です。

2-4.販売店の回収サービスを利用する

不要になった小型家電は、販売店の回収サービスを利用して処分することも可能です。大手家電販売店などでは、自社の環境活動の一つとして不要になった小型家電を回収・リサイクルしています。多くの場合、店頭持ち込みによる受け付けとなり、1個500~1,000円程度の処分費用が必要です。なお、小型家電の新規購入を伴う場合は、処分費用が無料になることもあるので確認してみるとよいでしょう。

2-5.不用品回収業者に処分してもらう

小型家電の処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者では、回収後の小型家電を再販もしくは再資源化により有効活用してもらえるのがメリットです。不用品回収業者に小型家電の処分を依頼する方法などは、この記事の「3.千代田区で小型家電の処分を不用品回収業者に依頼する方法」を参考にしてください。なお、少量の小型家電だけで依頼すると回収費用が割高になることがあるため、そのほかの不用品も同時に処分を依頼することがおすすめです。

3.千代田区で小型家電の処分を不用品回収業者に依頼する方法

千代田区で小型家電の処分を不用品回収業者に依頼する方法を、主な手順ごとに詳しく見ていきましょう。

3-1.最初に信頼できる業者を選ぶ

小型家電の処分を依頼する前に、信頼できる業者を選ぶことが大切です。具体的には、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • 小型家電を含む不用品の回収実績が豊富にある
  • 回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 千代田区がサービスエリア内
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフの対応が丁寧で顧客からの評判がよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、小型家電の処分を数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-2.見積もりを依頼する

信頼できる業者を選んだら、見積もりを依頼しましょう。都合のよい日時と場所・プリンターの大きさと台数などを業者に伝えると、折り返し見積もりが送られてきます。見積もりをチェックするときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 依頼した内容に沿って作成してあるか
  • 回収費用が不当に高くないか
  • 不明な項目を計上していないか
  • 見積もりの作成日や有効日の記載があるか
  • 担当者名・社名の記載および押印があるか
  • 書面で送られた場合は正式なフォーマットを使用しているか

内容をチェックして不明な点があるときは、業者に連絡して説明を受け、必要に応じて見積もりを出し直してもらいましょう。なお、単純な記載ミスであっても、そのままにすると後日トラブルにつながることがあるので注意してください。面倒でも、出し直してもらうのが一番です。

3-3.正式に契約して小型家電を回収してもらう

見積もりの内容に問題がない場合は、正式に依頼して小型家電を回収してもらいましょう。改めて都合のよい日時と場所を指定し、業者に回収を依頼してください。なお、小型家電以外の不用品の処分や買取を同時に依頼する場合は、必ず事前に内容を伝えておきましょう。たとえば、冷蔵庫などの大型家電や家具など、大きさや重量があるものが含まれる場合は、車両や人員の追加手配が必要になることがあるからです。また、場合によっては、見積もりのやり直しが必要になることもあります。

3-4.悪質業者の手口に注意すること

悪質業者の手口には、十分に注意しましょう。最近では、千代田区でも悪質業者とのトラブルが急増しています。特に、以下のようなポイントが当てはまる業者は悪質なので、絶対に契約してはいけません。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 女性や高齢者が一人で在宅するタイミングを狙ってやってくる
  • 「今だけ80%OFFで不用品を回収している」などと甘い言葉を多用する
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • 見積もりだけでも有料
  • 不透明で法外に高い料金システム
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • きっぱり断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • 身分証や社員証を提示しない
  • 正式な契約書を発行しない
  • 不法業者の可能性が高い

上記の中に一つでも当てはまる場合は、契約すると高確率でトラブルに至ります。小型家電の処分は、この記事の「3-1.最初に信頼できる業者を選ぶ」を参考にして選んだ業者に依頼しましょう。

4.まだ使える小型家電を買取に出す方法

不要になった小型家電でも、まだ十分に使えるものは買取に出すことも可能です。

4-1.買取してもらえる小型家電の条件は?

買取してもらえる小型家電の条件は、主に以下のとおりです。

  • 有名メーカー品
  • 年式が新しい
  • 不具合や故障がない
  • 外観に目立つ傷や汚れ・ひどい臭いがない
  • 元値が高価
  • 主要付属品が欠品していない

ただし、業者によっても買取可能な条件が異なるため、詳しくは業者に確認してみてください。

4-2.小型家電を買取に出す方法

小型家電を買取に出す方法を詳しくご紹介します。

4-2-1.中古家電買取専門業者に売る

中古家電買取専門業者では、不要になった小型家電を買取しています。取り扱いメーカーや種類・機種が幅広く、豊富な専門知識による査定を受けることが可能です。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。中古家電買取専門業者では小型家電以外にも、テレビ・冷蔵庫といった大型家電の買取も依頼できます。なお、中古家電買取専門業者は買取専門のため、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できません。

4-2-2.リサイクルショップに売る

不要になった小型家電は、リサイクルショップに持ち込んで売ることも可能です。買取を希望するときは、査定を受けてみましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま小型家電を引き渡して代金を受け取ってください。リサイクルショップでは、小型家電以外の不用品の買取も依頼できるのがメリットです。ただし、基本的には買取が主体であるため、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないことがあります。また、総じて買取価格が安いのもデメリットといえるでしょう。

4-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者にも、小型家電の買取を依頼できます。買取を希望するときは、業者の査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま正式に買取を依頼してください。不用品回収業者では、都合のよい日時と場所で回収してもらえるほか、そのほかの不用品の買取や引き取り処分を同時に依頼できるのがメリットです。そのため、万が一買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できます。なお、引き取り処分となった場合は、回収費用が発生する場合があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

4-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、不要になった小型家電を売るのも一つの方法です。小型家電は宅配便で送付しやすい大きさ・重量であることもあり、実際に多くの取引が成立しています。自分で売りたい価格を設定でき、タイミングによっては思わぬ高値で売れることもあるのが主なメリットです。デメリットとしては、タイミングによってはなかなか売れないことがある、クレームや支払い遅延などが発生した場合は自分で対応するな必要があるなどが挙げられます。急ぎで処分する必要がない、普段から利用していてい手続きに慣れているといった人に向く方法です。

4-3.小型家電を高く売るためのポイントは?

小型家電をできるだけ高く売るには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の外箱や付属品をそろえておく
  • なるべく数量をまとめて買取に出す
  • 不要になった時点ですぐ買取に出す

また、小型家電の買取を強化している業者に売ることも一つのポイントです。業者によっても買取を強化している小型家電の種類が異なるので、よく調べてみるとよいでしょう。

5.千代田区の小型家電処分に関するよくある質問

最後に、千代田区の小型家電処分に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.千代田区民でなくても小型家電の処分を依頼できる?
A.千代田区では、千代田区民限定で小型家電の回収を依頼できます。したがって、千代田区民以外は、実際に住んでいる自治体に処分を依頼してください。

Q.大量の小型家電を1回にまとめて処分しても問題ない?
A.特に問題ありません。千代田区では、小型家電を処分する際に1回の数量を制限していないからです。ただし、場合によっては小型家電専用回収ボックスがいっぱいになり、1回で処分できないことも考えられます。一方で、不用品回収業者に依頼すると、大量の小型家電も1回で処分でき、都合のよい日時と場所で集荷してもらえるなど何かと便利なので、検討してみるとよいでしょう。

Q.小型家電の箱や使用説明書も小型家電回収ボックスに入れてよい?
A.いいえ。小型家電回収ボックスに入れてはいけません。小型家電の箱や使用説明書は、可燃ゴミとして別途千代田区の回収ルールに沿って処分してください。

Q.小型家電の中でも高額査定が出やすい種類は?
A.以下を参考にしてください。

  • スマホ
  • タブレット
  • ポータブルゲーム機
  • 美容家電
  • 調理家電

いずれも、この記事の「4-1.買取してもらえる小型家電の条件は?」でご紹介した条件を満たしていることが基本です。

Q.不用品回収業者で回収した小型家電は本当にリサイクルされている?
A.信頼できる業者なら、回収後の小型家電を適切な方法でリサイクルしているので安心してください。不安が残る場合は、業者にどんな方法でリサイクルしているのか説明してもらうとよいでしょう。

まとめ

今回は、千代田区の小型家電処分について詳しく解説しました。千代田区では、小型家電リサイクル法に基づいて小型家電を回収・再資源化しています。役所や商業施設などに設置してある小型家電回収専用ボックスに投入すると、無料で処分してもらうことが可能です。そのほかにも、不燃ゴミとして出す、知人や福祉施設に譲る、販売店の回収サービスを利用するなどの処分方法があります。また、まだキレイで十分に使える小型家電は、買取に出すことも考えてみてください。一番おすすめなのは、信頼できる不用品回収業者に買取してもらうことです。引き取り処分も買取も依頼でき、都合のよい日時と場所で回収してもらえます。まずは、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、相談してみるとよいでしょう。