企業用パソコンの廃棄について! 事業系PCの正しい処分方法をご紹介


企業で使っているパソコンには、たくさんの機密情報が詰まっているため、廃棄方法で困ることがあります。パソコンはリサイクルが求められるので、正しく廃棄することが重要です。また、企業用パソコン(事業系PC)は一般のパソコンとは処分方法が異なります。企業用パソコンの廃棄方法を覚えておき、処分時に戸惑うことがないようにしましょう。本記事では、企業用パソコンの廃棄についてご紹介します。

  1. 企業のパソコン:廃棄ルールとは?
  2. 企業のパソコン:データ消去について
  3. 企業用パソコンの処分方法:メーカーに依頼
  4. 企業用パソコンの処分方法:業者への依頼
  5. 企業用パソコンの廃棄でよくある質問

この記事を読むことで、企業用パソコンの廃棄方法がよく分かります。メーカーや業者への依頼方法などを覚え、正しくリサイクルを行うようにしてください。

1.企業のパソコン:廃棄ルールとは?

事業系PCと一般のパソコンとの違いや、パソコンをリサイクルする必要性などをご紹介します。

1-1.一般パソコンとの違い

企業で使っているパソコンは、事業系PCに該当します。一般のパソコンとは異なり、産業廃棄物として処理しなければなりません。また、企業用パソコンには、機密情報・顧客情報・社員情報などが記録されているため、より慎重な取り扱いが求められます。データの流出により、企業イメージを損なうケースや金銭的な損害が起こるケースもあるのです。データ消去などを徹底し、適切に廃棄するようにしましょう。

1-2.リサイクルの必要性

2001年に「資源有効利用促進法」が施行されました。パソコンをリサイクル回収し、内部に含まれる金属などの希少資源を再利用し、環境保護やゴミの削減につなげる目的を持っています。パソコンのリサイクルは、一般のパソコンでも推奨されているため、企業用パソコンもリサイクルを行うことが理想です。

1-3.マニフェストの遵守

産業廃棄物を処理する際、企業はマニフェストを作成しなければなりません。マニフェストとは、産業廃棄物を処理する業者や収集運搬業者を選定し、事業系PCを正しく廃棄することを管理するために作成するものです。マニフェスト作成用の用紙は、自治体より複写式のものが配布されており、電子タイプのものも公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターのホームページからダウンロードできます。マニフェストを遵守し、正しく処理することが大切です。

1-4.事業系ゴミは自治体回収が利用できないので注意

事業系PCに限らず、事業系ゴミはすべて自治体での回収ができません。むやみに廃棄しまった場合、企業としての姿勢や在り方が問われます。不法投棄とみなされる場合もあるため、捨て方には注意しましょう。事業系ゴミの廃棄方法をしっかり理解し、正しく処分をすることが大切です。

2.企業のパソコン:データ消去について

企業のパソコンには、たくさんの情報が詰まっています。パソコンの廃棄時は、データ消去をきちんと行ってください。

2-1.増える情報漏えい

パソコンのデータを狙うサイバー犯罪は、年々巧妙になっています。中でも多いのは、パソコンの廃棄時にデータが抜き取られるケースです。いったん情報が漏えいした場合、流出した情報を取り戻すことができません。危機管理意識をしっかり持って、パソコンの廃棄を行うようにしましょう。

2-2.データ消去の重要性

情報漏えいは、想像を超える被害をもたらすものです。企業の場合、取引先や顧客への影響も懸念されます。パソコンの廃棄後、第三者がデータを復元し悪用される事件も多発しているため、警戒が必要です。データ消去だけではなく、USBメモリーやSDカードなどの抜き忘れによるデータ流出も起きています。データ消去などを徹底して行い、安全にパソコンの廃棄を行うようにしてください。

2-3.データ消去は初期化では不十分

パソコンの廃棄時は、データの初期化だけでは不十分です。初期化は、工場出荷時の状態にするだけの簡単な作業で、悪意ある第三者によってデータを復元される可能性があります。データ消去ソフトを使う・ハードディスクを物理的破壊するなど、データを読み込めない状態にしてから廃棄してください。

3.企業用パソコンの処分方法:メーカーに依頼

メーカーでは、パソコンのリサイクル回収を行っています。メーカーによるリサイクル回収の流れや費用などを見ていきましょう。

3-1.メーカーによる廃棄のメリット

メーカーでは、国の認定を受けてリサイクル活動を行っています。そのため、情報漏えいなどの問題も起こりにくく、回収からリサイクルを一括して請け負ってもらえるのがメリットです。事業系PCの場合、PCリサイクルマークの有無に関係なく、リサイクル費用がかかります。台数が少なく処分費用が安く済む場合や、メーカーによるリサイクルで安心感を抱きたい場合に向いている方法でしょう。

3-2.流れ・手順

メーカーによるリサイクル回収は、各メーカーのホームページより申し込みをしてください。申し込み後、リサイクル費用を支払います。宅配用伝票が送られてきたら、メーカーへパソコンを発送し、リサイクル回収が完了です。リサイクル回収を行っていないメーカーの場合は、パソコン3R推進協会がメーカーより委託を受け、リサイクル回収を行っています。パソコン3R推進協会のホームページに記載されている受付窓口に連絡し、回収を依頼してください。

3-3.費用

メーカーによる事業系PCのリサイクル回収は、PCリサイクルマークがあっても、リサイクル費用がかかる場合がほとんどです。パソコンの種類やメーカーにより、リサイクル費用は異なります。デスクトップやノートパソコンは3,000円前後、CRTディスプレーは4,000円前後、液晶ディスプレーは3,000円前後が目安です。正確な金額は、依頼時にメーカーで見積もりを出してもらってください。

3-4.PCリサイクルマークについて

2003年10月以降に流通しているパソコンには、PCリサイクルマークが付与されています。家庭用パソコンの場合、PCリサイクルマークがついているパソコンは、メーカーによる無償回収が可能です。しかし、企業用パソコンの場合は事業系ゴミに分類されるため、産業廃棄物として有償での回収となります。

3-5.メーカー回収は台数が多いと費用が高くなる

メーカーによる回収は、パソコン1台につき3,000〜4,000円程度のリサイクル費用が発生するため、台数が多い場合は処分にかかる費用がかさみます。企業用パソコンの大量処分が必要な場合、費用負担が大きくなるでしょう。費用を安くしたいなら、不用品回収業者に依頼するなど、別の方法を検討することをおすすめします。

4.企業用パソコンの処分方法:業者への依頼

パソコンの廃棄は、業者に依頼することができます。業者に依頼するメリットや費用などを見ていきましょう。

4-1.業者による廃棄のメリット

メーカーによるリサイクル回収は、パソコン1台ごとにリサイクル費用がかかります。しかし、業者の場合、回収したパソコンを再販や部品として再利用することで収益を得るため、メーカー回収より費用を抑えられるのがメリットです。業者では出張回収なども実施しているので、パソコンを送る手間や送料なども削減できます。

4-2.流れ・手順

パソコンの回収を業者に依頼する場合、業者のホームページから問い合わせをしましょう。見積金額に納得できたら、パソコンの回収依頼が成立します。回収日時を決め、業者にパソコンの引き取りをしてもらいましょう。回収完了後、業者に回収費用の支払いをしてください。

4-3.費用

業者の場合、パソコン1台あたり数千円の回収費用になります。出張費用などが別途発生する場合もあるので注意してください。しかし、業者では買取にも対応しているため、買取対象になるものがあれば、回収費用から差し引いてもらえるでしょう。また、不用品回収業者のエコアースでは、定額パックプランを用意しています。定額パックプランは、台数が多い場合でもお得に処分できるプランです。ぜひご利用ください。

4-4.業者選びのポイント

不用品回収業者を選ぶときは、明確な料金プラン・事業所をきちんと構えている・迅速な対応などのポイントを確認しましょう。複数の業者を比較してから決めてください。パソコンの廃棄は、運搬や配送に手間がかかるものです。出張などの対応をしている業者なら設置場所まで訪問してもらえ、無駄な労力をかけずにパソコンの廃棄ができます。

4-5.業者に依頼する前はデータ消去を忘れずに行う

業者では、回収後にデータ消去を行う場合があります。しかし、企業の情報が詰まったパソコンを託すため、安全を考慮し、依頼前に必ずデータ消去を実行してください。

5.企業用パソコンの廃棄でよくある質問

企業用パソコンの廃棄に関する質問を集めました。処分前にご一読ください。

Q.家電量販店でもパソコンの引き取りをしてもらえるのか?
A.ヤマダ電機・ケーズ電機・エディオンなどの家電量販店でも、パソコンの回収を行っている場合があります。しかし、パソコンを購入した店舗での依頼や買い替えが条件になっている場合があるため、あらかじめ店舗に引き取り可能かどうかを確認しておきましょう。

Q.メーカーによる回収の場合でも、マニフェストの作成は必要なのか?
A.メーカーによる回収の場合、マニフェストを準備する必要はありません。メーカーが環境大臣より、産業廃棄物の認定を受けているためです。業者に依頼する場合は、マニフェストを作成しましょう。

Q.メーカーによるリサイクル回収後、パソコンはどのように処理されるのか?
A.メーカーがリサイクル回収したパソコンは、パソコンを分解して分別し、資源として再利用します。分解する過程で、ハードディスクの物理的破壊も行うため、情報漏えいなどの心配もありません。とはいえ、メーカーに送る前のデータ消去は必要です。情報漏えい防止の観点から、回収前にデータ消去を行っておきましょう。データのバックアップも同時に行ってください。

Q.業者に依頼した場合、周辺機器なども同時に引き取ってもらえるのか?
A.業者では、周辺機器や付属品などの回収もできます。パソコン関連以外の不用品がある場合も、業者では引き取り可能です。同時に処分したいものがある場合、見積時に申し出て、お得にまとめて処分できるプランを提案してもらいましょう。

Q.データ消去を業者に依頼した場合の費用は?
A.エコアースでは、パソコン1台あたり1,000円にて、ハードディスクの物理的破壊を行っています。ご希望の方には、「データ消去・物理的破壊作業完了証明書」の発行が可能です。

まとめ

いかがでしたか? 企業で使っているパソコンは、事業系PCに該当するため、産業廃棄物として処分しなければなりません。メーカーによる有償回収や業者による引き取りを利用しましょう。企業用パソコンにはたくさんの機密情報が残っているため、廃棄前にデータ消去を行い、情報漏えいが起こらないように注意してください。大量に廃棄したいパソコンがある場合は、定額パックプランを用意しているエコアースがおすすめです。お気軽にご相談ください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス