物を捨てる基準は? 断捨離の必要性や不用品の処分方法を詳しく解説


物を捨てる基準を決めるのは、難しいことではありません。近年は断捨離をする方が増えました。物を思いきって処分することで、部屋にゆとりある空間ができ、きれいですっきりした環境にすることができます。物を捨てる基準について理解しておき、掃除や片付けに役立ててください。

本記事では、物を捨てる基準についてご紹介します。

  1. 物を捨てる必要性
  2. 物を捨てる基準をつくる
  3. 物を捨てるポイント
  4. 捨てるときはどうすべきか?
  5. 物を捨てる基準でよくある質問

この記事を読むことで、物を捨てる基準についてよく分かります。断捨離で出た不用品の処分についても併せて覚えておきましょう。

1.物を捨てる必要性

物を捨てることの必要性について考えてみましょう。

1-1.物を捨てることで気持ちがリセットされる

物があふれた状態だと、探し物をする時間が多くなります。また、思考が混乱しやすく、何がどこにあるかが把握できないため、掃除や片付けにも無駄な労力を使うことになるでしょう。物を捨てることで、部屋に空間が生まれると同時に、気持ちもリセットされます。心身ともに休まる環境をつくりたいなら、物は定期的に見直し、不用品を処分することが必要です。

1-2.なかなか捨てられない物とは?

洋服・本・文具などは、こまめに買い足す機会が多い分、捨てるきっかけを失いやすいものです。特に、洋服は流行や季節なども影響し、衝動買いすることが多いでしょう。知らぬ前に収納を圧迫するほど増えてしまいます。子ども服はサイズアウトが早くても、成長過程での思い出や愛着もあって捨てにくいものです。

1-3.なぜ捨てられないのか?

物を捨てられない最大の理由は、執着心です。いつか使うかもしれない・もったいないという気持ちが働くと、処分するのをためらってしまいます。物で圧迫された環境にしないためにも、物を捨てる基準をあらかじめ明確にしておき、一定期間がすぎたら処分することが重要なのです。

2.物を捨てる基準をつくる

物を捨てる基準に関する具体的な例をご紹介します。

2-1.壊れている物

壊れている物は、今後も使う予定がないので処分しましょう。修理しよう・何かに使えると思っているうちに、時間ばかりすぎていきます。壊れている物が室内にあるだけで、見栄えが悪くなるものです。迷わず処分してください。

2-2.1年以上使っていない

断捨離の目安として、1年以上使っていない物は処分対象になるとされています。洋服は特に増えやすく、1年で流行も大きく変わるものです。衣替えなどをきっかけに、1年以上袖をとおしていない洋服があったら処分するようにしましょう。

2-3.類似品は1つに絞る

似たようなアイテムを複数所有している場合、1つに絞り込む方法がおすすめです。同じような物を持っていても保管場所に困ります。文具などは類似品が多くなりやすいため、分別して処分しましょう。インクがかすれるペンや短くなった鉛筆なども、処分対象に加えてください。

2-4.使ったことがない物・使用頻度が少ない物

プレゼントでもらったまま保管していた品や、購入してから使用頻度が極端に少ない物は、思いきって処分してください。活用する機会が少ない物は、今後も急に必要性を感じることはないでしょう。

2-5.期限がすぎている物

食品・保証書・割引券などには期限があるため、確認して無効になっている場合は処分しましょう。食品は賞味期限や消費期限があります。腐敗した食品を抱え込んでいると、雑菌などが繁殖する原因なので、庫内の掃除を兼ねて処分してください。

3.物を捨てるポイント

物を捨てるためには、どのようなことから始めればいいのでしょうか? ポイントをご紹介します。

3-1.短時間で決める

物を捨てる基準を決めるときは、時間をかけないことがポイントです。手に取って悩んでいるうちに、物を処分すること自体が面倒に感じてしまいます。なるべく即断するように心がけ、短時間で終えるようにしましょう。

3-2.片付け後のイメージを考えておく

物を処分する前に、どんな部屋にしたいかを具体的にイメージしておきましょう。物の配置やインテリアを考え、すっきりと使いやすい環境を目指してください。

3-3.思い出の品は厳選して保管する

アルバムや記念品などは厳選し、印象が強い物だけに絞り込んで保管しましょう。思い出の品を捨てるのはためらうことが多いと思います。有形物は場所を取るため、写真に撮って残すなどの方法がおすすめです。

4.捨てるときはどうすべきか?

不要になった物の捨て方について考えていきましょう。処分する以外の方法も検討してみてください。

4-1.譲る

まだ使える物なら、必要としている人に譲る方法がおすすめです。有効活用してもらうことができます。譲り先が見つからない場合は、寄付する方法も考えてみましょう。NPO団体などを介して、寄付を受けつけている場合があります。ただし、常に寄付を受けつけているわけではありません。また、輸送費は自己負担となる場合がほとんどです。

4-2.ゴミとして処分する

譲る・売却するなどの方法が利用できない場合は、自治体回収でゴミとして処分することになります。自治体回収でゴミを処分する際は、ルールに従って分別することが必要です。また、自治体の粗大ゴミを利用する場合は、個別に粗大ゴミ処理費用がかかります。大量にゴミがある場合、分別作業に時間を要するのに加え、粗大ゴミ処理費用がかさむのがデメリットです。

4-3.売却する

価値が残っているものは、売却することができます。リサイクルショップなどの買取を利用してみましょう。買取基準はショップごとに異なるため、状態に問題がある製品は買取不可となる場合があります。売れない物は、処分を考えてください。リサイクルショップの場合、査定を受ける際は持ち込みが一般的です。重たい物やかさばる物でも、運搬を自分で行わなければなりません。

4-4.不用品回収業者の活用が便利

不用品回収業者では、不用品の回収と買取に対応しています。断捨離した物を一気に手放すことができる、とても便利な方法です。不用品回収業者では、出張引き取りを実施しています。出張費用が発生する場合もあるため、業者を比較して利用することが大切です。大量に出た不用品でも運搬が必要ないため、楽に処分ができる方法でしょう。まとめて処分できるお得なプランを用意している業者もあり、大量の不用品を処分する際は、処分費用削減につながります。

4-5.ネットオークションやフリマアプリを使う

自分で売却する方法として、ネットオークションやフリマアプリがあります。買取不可となった物でも、自分で工夫すれば売却できる可能性があるでしょう。価格設定は自由ですが、事前に類似品を下調べしておき、価格相場をチェックすることをおすすめします。また、ネットを使って売却する場合、送料が出品者負担のほうが買い手がつきやすいものです。送料や利用手数料などを差し引いても利益がある程度残るように、価格設定には注意しましょう。ただし、ネットを使った売却方法は、すぐに買い手が現れない場合が多いため、急いで処分したい方には向きません。

4-6.物を処分するときの注意点

大量の不用品がある場合、1つずつ処分や買取に出していると、時間と労力を費やすことになります。断捨離を実行したら、掃除や片付けをすぐに終えたいと思う方が多いものです。迅速な処理を希望する場合は、不用品回収業者を活用しましょう。エコアースでは、即日回収も可能です。お急ぎの方や大量のゴミを処分するのにお困りの方はご相談ください。

5.物を捨てる基準でよくある質問

物を捨てる基準で悩んでいる方は、質問集を参考にしてみてください。

Q.物を捨てるときに迷ったらどうすべきか?
A.捨てるのを迷ったときは、一定期間保留としておきましょう。3か月経過して使わないと判断できたら、思いきって処分してください。

Q.ライフスタイルに合わない物は処分したほうがいいのか?
A.以前使っていた物でも、今の暮らしに合わない物は処分したほうがいいでしょう。家電などの場合、収納を圧迫するケースが多いものです。断捨離を機に、持ち物の見直しをしましょう。

Q.本や漫画も買取に出すことはできるのか?
A.劣化が激しくなければ、買取可能な場合があります。シリーズになっている場合は、なるべくそろった状態で査定を受けたほうが有利です。

Q.保存してある紙袋も捨てたほうがいいのか?
A.紙袋はかさばるため、数の上限を決めて残し、なるべく処分するようにしましょう。紙袋は買い物をするたびに増えるので、あらかじめ決めておいた上限を超えたら処分するように意識してください。

Q.食器類も見直しをするべきか?
A.食器類は、いつの間にか増えてしまうものです。プレゼントや景品でもらう機会もあるでしょう。一定期間使わない物は、物を捨てる基準にあてはめ、不要だと判断したら処分してください。

まとめ

いかがでしたか? 物が増えすぎると部屋を圧迫するため、定期的に物の見直しをすることが大切です。物を捨てる基準をあらかじめ決めておき、短時間で決めながら進めることが、断捨離のポイントになります。不要な物は、不用品回収業者の回収や買取が便利です。エコアースなら即日対応も可能で、大量にあるゴミでも定額パックを利用してお得に処分できます。お気軽にご利用ください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス