粗大ゴミを一人で運べない場合は? 業者の活用方法とそれぞれの特徴


粗大ゴミは、重くて大きなものがあるため、一人で運べない場合があります。高齢者や一人暮らしの方だと、人手を確保できないという悩みもあるものです。粗大ゴミを楽に処分する方法を覚えておき、捨て方で迷わないようにしておきましょう。

本記事では、一人で運べない粗大ゴミの捨て方についてご紹介します。

  1. 粗大ゴミの捨て方
  2. 粗大ゴミを一人で運べない場合はどうする?
  3. 不用品回収業者の選び方
  4. 粗大ゴミの捨て方でよくある質問

この記事を読むことで、一人で運べない粗大ゴミの捨て方についてよく分かります。部屋の片付けや引っ越しを予定している方も必見です。

1.粗大ゴミの捨て方

まず、粗大ゴミにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1.粗大ゴミについて

粗大ゴミは、大型で重量があるものが中心です。たとえば、冷蔵庫やテレビなどの家電・自転車・布団などがあります。テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは、家電リサイクル法の対象品目であるため、自治体による粗大ゴミ回収の対象外です。最近では、家電に限らず、さまざまなものを捨てずにリサイクルする取り組みが推進されています。また、運搬を自力で行わずに済む、不用品回収業者の活用も注目されているのです。

1-2.自治体回収

自治体の粗大ゴミ回収は、自治体への事前申請制を導入しているところがほとんどです。処分したい品目と数量を自治体に申し出てください。処分日程は限られており、月2回程度です。決められた日に、指定廃棄場所に出しましょう。廃棄する際は、申請時に伝えられた金額の処理費用を粗大ゴミ処理券としてスーパーやコンビニで購入して支払い、粗大ゴミの分かりやすい場所に貼りつけておいてください。

1-3.リサイクル

リサイクルショップや不用品回収業者の買い取りを利用してリサイクルしてもらう方法があります。家電などには金属資源がたくさん詰まっているため、既存のものがリサイクルされることで資源の有効活用につながるでしょう。家電販売店で買い替えする場合は、古い家電の下取りや引き取りを利用する方法も考えてみてください。

1-4.オークション・フリマサイト

粗大ゴミの中にも、まだ利用価値が残っているものがあると思います。不用品は、オークションやフリマサイトを使って売却してみましょう。出品の手間はかかりますが、希望価格で売却することができれば、リサイクルショップの買い取りより高値になることがあります。一人で運べないものの場合、配送やこん包で苦戦するケースがあるでしょう。配送方法やこん包については、手間や費用が予想外にかかることもあるため、事前によく考えてから出品するようにしてください。

2.粗大ゴミを一人で運べない場合はどうする?

粗大ゴミを一人で運べない場合、どのような方法で処分すればいいのでしょうか? 具体的な方法をご紹介します。

2-1.分解する

パーツ別に分けることができる場合は、分解して少しずつ運びましょう。分解はノコギリなどを使う場合があります。分解する際は、ケガなどに注意してください。また、回収しやすいよう、分解したものはひとまとめにしておくといいでしょう。

2-2.リサイクル業者

リサイクル業者の中には、出張対応をしている業者もあります。ただし、リサイクル業者の場合、再販可能なものだけが買い取り対象となるため、年式が古いものや劣化が進んでいるものは買い取り対象外となるでしょう。処分も同時に行いたいなら、不用品回収業者のほうが便利です。

2-3.不用品回収業者

不用品回収業者では、買い取りと処分のどちらも行っています。冷蔵庫・テレビ・自転車・布団など、幅広い品目に対応できるのも、不用品回収業者のメリットです。出張対応が基本で、一人で運べない粗大ゴミでも簡単に処分することができます。即日対応をしてくれる業者もあり、引っ越しなどで急いでいる場合にも便利です。

2-4.引っ越しの場合は引っ越し業者を利用する方法もある

引っ越し業者では、オプションサービスとして不用品の処分をしてくれる場合があります。有料であるため、引っ越し費用に処分費用が上乗せされるのが一般的です。引っ越し当日に回収してくれるケースもあれば、前もって予定を組んで回収してもらうケースもあります。業者を1つに絞りたい方にはおすすめの方法です。

2-5.買い替えの場合は販売店の引き取りを利用する方法もおすすめ

買い替えで古い家電などを処分する場合は、新しいものを購入するときに販売店に引き取りを依頼しましょう。引き取り費用を取られる場合もあれば、サービスとして無料引き取りとなる場合もあります。引き取りに関する条件は店舗によって異なるため、あらかじめ店舗に確認しておきましょう。

2-6.格安の不用品回収業者には注意が必要

冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンは家電リサイクル法の対象品目であるため、処分する際にリサイクル料金がかかります。処分時に格安を強調する不用品回収業者は、適切にリサイクルを行わず、不法投棄などをしている場合があるものです。業者をきちんと見極め、トラブルに巻き込まれないように注意してください。

3.不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶときの基準や注意点をご紹介します。

3-1.選ぶポイント

丁寧で迅速な対応を心がけている不用品回収業者なら、気持ちのいい取り引きができます。依頼前に、業者のクチコミや評価などをインターネットで確認するといいでしょう。無許可営業の業者は料金トラブルや不法投棄などの問題が多いため、産業廃棄物収集運搬業の許可番号を取得している業者を選ぶようにしてください。

3-2.料金プランが分かりやすい業者が安心

粗大ゴミの処分には多額の費用がかかります。定額パックなどのお得な料金プランを用意し、分かりやすい料金を提示してくれる業者なら、高額な請求になることなく、安心して利用できるでしょう。

4.粗大ゴミの捨て方でよくある質問

粗大ゴミの捨て方に関する質問を集めました。参考にしてください。

Q.大量に粗大ゴミがある場合でも、不用品回収業者は引き受けてくれるのか?
A.不用品回収業者は、不用品の量が多いほどお得に利用できます。まとめて処分を依頼しましょう。不用品回収業者のエコアースでは、無料見積もりを行っています。お気軽にご利用ください。

Q.廃品回収車に依頼しても大丈夫か?
A.トラックで巡回する廃品回収車は、無許可営業の可能性が高くトラブルも多くなっています。きちんと事業所を構えて営業している業者に依頼したほうが安心です。

Q.引っ越し業者と不用品回収業者のどちらを利用すればいいのか迷う場合はどうすべきか?
A.引っ越し業者は、引っ越し費用に少し料金をプラスするだけで引き取ってくれるのがメリットです。ただし、買い取りしてもらいたいものがある場合は、不用品回収業者を利用したほうがいいでしょう。

Q.分解できる場合は自治体回収を利用したほうがいいのか?
A.自治体回収を利用する方法が最もお得です。しかし、分解に時間がかかる場合や、運搬に労力を要する場合もあるでしょう。一人暮らしや高齢者の方は無理をせず、不用品回収業者を利用したほうが安全です。

Q.リサイクル業者と不用品回収業者では、買い取り価格に差があるものなのか?
A.不用品回収業者のほうが、高値での買い取りとなる傾向があります。少しでも高値で買い取りしてもらいたいなら、不用品回収業者を利用して処分しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 一人暮らしや高齢者の方だと、粗大ゴミを一人で運べないことがあります。分解や運搬で手間取ることがあるため、楽に粗大ゴミを処分できる方法を覚えておくようにしましょう。まだ利用価値のあるものは、買い取りを利用して処分する方法がおすすめです。不用品回収業者なら対応も早く、処分と買い取りに対応しています。上手に活用しましょう。不用品の相談は、エコアースまでお問い合わせください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス