引っ越しの片付けはどこから始めるべき? 方法とポイントを解説!


「引っ越しの片付けをどこから始めるべきか」「ものが多くて思うように準備が進まない」など、引っ越しの片付けにお悩みでは? 仕事や家事など日常生活を送りながらの引っ越しの片付けと準備は、思っている以上に大変な作業です。忙しい方ほど、計画的に片付けていかなければなりません。

本記事では、引っ越しの片付けを進める方法とポイントを解説します。

  1. 引っ越しの片付け〜どこから始めるか
  2. 引っ越しの片付け〜スケジュールの立て方
  3. 引っ越しの片付け〜ポイントをチェック!
  4. 引っ越しの片付け〜不用品の処分方法
  5. 引っ越しの片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しの片付け方法とポイントが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.引っ越しの片付け~どこから始めるか

引っ越しの片付けは、まずどこから始めたらいいのでしょうか。

1-1.まずは普段使わないものを片付ける

最初に、片付けてほしいのは普段使わないものです。たとえば、来客専用のグラスや毎日は使用しない調理器具など、普段使わないものからダンボールに詰めていきましょう。日常的に必要ではないものなので、後から取り出さなければならないというケースもありません。読んでいない本や、あまり聴かないCDも先に片付けておきましょう。

1-2.開かずの間や押入れの奥から始める

どこから手をつけていいのか分からずに片付けを始めると、逆にものが散らかってしまいます。そのため、まずは開かずの間や押入れの奥から片付け作業を始めてください。あまり立ち入ることのない場所には、新居に必要のないものがたくさん眠っているはずです。引っ越しは要らないものを処分する絶好の機会なので、片付けをしながら捨てるものを選択します。

1-3.季節ものの衣類・家電も片付ける

普段使わないものの中でも、特に季節ものの衣類は大量です。衣類の荷造りは時間がかかるので、今シーズンに身につけることない衣類は先にこん包しておきます。後で慌ててこん包すると、大切な衣類を傷つける恐れがあるため早めが重要です。また、使っていない家電類もまとめてダンボールに入れておきましょう。

1-4.毎日使うものは1番最後に片付ける

引っ越しの片付けで気をつけておきたいのが、毎日使うものは1番最後に片付けることです。先に、毎日使うものをダンボールに入れてしまうと、必要なときに取り出さなければならなくなります。「まだ使うんだった!」と無駄な探しものをしないで済むよう、使用頻度の低いものから荷造りをして、毎日使うものを引っ越し前日または当日に片付けてください。

1-5.不用品の仕分けを済ませておく

時間と手間がかかる引っ越しの作業は、あらかじめ不用品の仕分けを済ませておくことでだいぶ楽になります。要るものはダンボール、要らないものはゴミ袋に分けてください。片付けの段階で不用品の仕分けをしておけば、スムーズに処分できます。また、荷物を減らすことで、引っ越し費用の節約にもつながるので、まさに一石二鳥です。

2.引っ越しの片付け~スケジュールの立て方

引っ越しの片付けがスムーズに進められるか否かは、すべてスケジュールの立て方にかかっています。1日の時間の使い方を考えながら、引っ越しの計画を立てていきましょう。

2-1.スケジュールの立て方は余裕が大事

引っ越しの片付けを始めるタイミングは人それぞれですが、最も多いのは引っ越し日の1週間前から始めるケースです。時間と気持ちに余裕を持って進めたい方は、2週間以上前から始めることをおすすめします。毎日仕事で忙しい方や時間が確保できない方は、1日作業に充てられる時間を計算してスケジュールを立てるといいでしょう。引っ越し日から逆算すれば、いつから始めるべきか見当がつくはずです。

2-2.家族や荷物が多い場合は早めに始める

引っ越しのスケジュールは、家族の人数や荷物の量を踏まえて立てなければなりません。1人暮らしで荷物が少ない場合は1週間前から始めても間に合うでしょう。しかし、大家族で荷物が多ければ、それだけ片付けに費やす時間も増えることになります。家族や荷物が多い場合は1か月前など早めに引っ越しの片付けを始め、引っ越しの2~3日前にはある程度の準備ができた状態が理想的です。

2-3.間に合わなくなると費用がかさばる

引っ越し当日には、部屋に何もない状態にしておかなければなりません。基本的に、引っ越し業者は荷物が入れられたダンボールを運ぶだけで、こん包はしてくれないところがほとんどです。もし、引っ越し当日に荷造りが終わらなくなると、業者へ依頼することになったり引っ越し日を延ばしてもらったりと費用がかさばります。無駄な費用をかけないためには、スケジュールとおりに進めることが大切なのです。

3.引っ越しの片付け~ポイントをチェック!

それでは、引っ越しの片付けポイントをいくつか紹介します。

3-1.仕分けから始める

片付けの大きなポイントは、「要らないもの」「要るもの」の仕分けから始めることです。前述したとおり、引っ越しは不用品を捨てるチャンスなので、この機会に要らないものをすべて廃棄しましょう。不用品選別を先に行えば、バタついてそのまま荷造りする事態にはなりません。新居をスッキリした環境にするためにも、仕分けが重要な要素となります。

3-2.荷造りは収納場所ごとに分ける

引っ越しの荷造りは、収納場所ごとに分ける点がポイントです。たとえば、キッチンのシンク下・食器棚・本棚・ベッドの下・チェスト上段など、収納場所ごとにダンボール箱を準備してください。そこに収納するものの量を見ながら荷造りをすれば、「新居に入らなくなった!」というトラブルが避けられます。また、何が入っているのか分かるように、ダンボール箱にマジックで書いておきましょう。

3-3.衣装ケース・収納ボックスを活用する

衣装ケース・収納ボックスなどを活用して、荷造りをするのもポイントの1つです。細かいものはダンボールの中で散乱しやすく、ゴチャゴチャになりやすい傾向があります。下着などの衣類は衣装ケースに入れ、書類関係などはファイルボックスに収納し整理した後でそのままこん包すれば、荷ほどきの手間もかかりません。

3-4.食器など割れものや包丁などのこん包に注意する

茶わん・お皿・グラスなど割れやすいものは、新聞紙などの緩衝材で丁寧にこん包してください。新聞紙を何重かにして包むと、衝撃から守ることができます。引っ越し業者の中には、食器類専用のボックスもあるので、それを利用するのも方法の1つです。また、包丁やハサミ類など刃物関係もこん包を慎重に行わなければなりません。ケガをする恐れがあるため、ダンボールを2つ折りにしたもので刃物をしっかりとくるみ、抜け落ちないようにガムテープでとめてください。

4.引っ越しの片付け~不用品の処分方法

引っ越しの片付けで出てきた不用品は、どのように処分すればいいのでしょうか。

4-1.ゴミとして捨てる

まず1番に思い浮かぶのが、ゴミとして処分する方法です。自治体で処分する場合は、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミなど、不用品をそれぞれ分類する必要があります。自治体処分は費用を最小限に抑えることができますが、ゴミの分類に時間と手間がかかり、回収日が決まっているのもデメリットです。引っ越し日にまで時間がない方は、ほかの方法で処分したほうがいいでしょう。

4-2.リサイクルできるものは売る

不用品をすべて処分しなければならないというわけではありません。正常に稼働する家電・傷や汚れがついていない家具・着物やブランド品などは買取対象になります。リサイクルショップ・買取専門店・ネットオークションやフリマサイトなど、買取方法は多種多様です。リサイクルできるものを売ることで、処分費用が抑えられるでしょう。

4-3.不用品回収業者へ依頼する

大量の不用品をまとめて処分したい・急いで捨てたい・引っ越し当日に不用品が出た場合は、不用品回収業者がおすすめです。即日対応が可能な業者なら、スケジュールが合いしだい、すぐに駆けつけてくれます。急を要する場合でも、すぐに処分できるのは大きなメリットです。また、業者の中には、不用品の回収だけでなく買取を行っているところもあります。買取と処分が同時に利用できれば、買取不可になっても処分してもらえるので手間が省けるでしょう。

4-4.業者選びのポイント

「回収してもらったものが不法投棄されていた」「回収後に追加料金を請求された」など、業者との間でトラブルが続出しています。引っ越し時の片付けは、早く処分しなければならないという焦りから、悪徳業者に引っかかりがちです。トラブルにならないためには、慎重に業者を選ぶ必要があります。特に、押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 買取も行っている
  • 低費用で回収してもらえる
  • 365日年中無休・即日片付けも可能
  • 定額パックプランが用意されている
  • 無料相談・無料見積もりが可能
  • 口コミ・評判がいい
  • データ消去などサービスが充実している

エコアースでは、不用品の回収はもちろん買取も行っています。ホームページのフォームから無料相談と無料見積もりを受けつけているので、ぜひ1度ご利用ください。

5.引っ越しの片付けに関してよくある質問

引っ越しの片付けに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.荷造りに必要な道具は?
A.最低でも用意しておきたいものは、ダンボール・緩衝材(エアーキャップなど)・新聞紙・タオル・布団袋(または圧縮袋)・ハンガーボックスです。ダンボールや緩衝材などは、引っ越し業者が用意してくれるケースがほとんどですが、自分で用意したほうが費用節約になります。ダンボールは、できれば3〜4種の違う大きさを用意してください。

Q.大型家具・家電を荷造りするポイントは?
A.組み立て家具の場合は分解し、部品をひとまとめにしておきましょう。一度組み立てると分解ができない・分解や組み立てに手間のかかるタイプは、引っ越し業者へお願いしたほうがいいでしょう。基本的に、ダンボールに入らない大きさのものは、引っ越し業者へ依頼してください。ダンボールに入るサイズなら、中で動かないようにしっかり固定することがポイントです。固定していないと運搬中に壊れたり不具合が生じたりしてしまうので注意してください。

Q.ダンボールに荷物を入れる際のポイントは?
A.重いものは下、軽いものは上にくるように詰めることです。特に、同じダンボールの中にいろいろなものを詰める場合は、先に重いものから入れていきましょう。その上から軽いものを詰めていけば、重心が安定し運びやすくなります。また、こん包後のダンボールも重い箱を下、軽い箱を上にして積んでくださいね。

Q.収納グッズを利用する際の注意点は?
A.クローゼットや押入れに利用する収納ケースなどは、さまざまなサイズと形状のものがあります。統一感のない収納ケースばかりだと新居で使いにくいため、引っ越しだけでなく新居で使用することも踏まえた上で収納グッズを選びましょう。

Q.ダンボールはどこでもらえるのか?
A.引っ越し業者の中には、無料で資材を提供しているところもあります。また、できるだけ費用を抑えたい方は、ドラッグストアなどの店舗から収集しましょう。ただし、野菜など生ものが入っていたダンボールは独特なにおいがついているので要注意です。

まとめ

いかがでしたか? 引っ越しの片付けはどこから始めればよいか迷いがちですが、手順とポイントを押さえておけば上手に進めることができます。日ごろ使っていないものから片付けていき、最後は日用家電など毎日使うものをこん包しましょう。また、不用品の仕分けも早い段階で済ませておくことがポイントです。新居に持ち運ばない不用品は、時間に余裕を持って処分しておきましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス