椅子を処分する方法には何がある? 一番楽でお得な方法を教えます!


「椅子を処分するのに楽な方法を知りたい」「椅子の処分費用を安くするにはどんな方法があるのか」など、お探しではないでしょうか。椅子は大きくて重く、さらに数脚以上処分したいとなれば、運ぶだけでも困ってしまいますよね。そこで、今回は、椅子の処分方法について詳しく解説しましょう。

  1. 椅子を処分する前に確認したいこと
  2. 椅子を処分する方法
  3. 椅子を買取してもらうコツ
  4. 椅子を買取してくれるところや方法
  5. 椅子の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、椅子の処分についてよく分かり、最も楽でお得な方法を選ぶことができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.椅子を処分する前に確認したいこと

最初に、椅子を処分する前に確認しておくべきことを見ていきましょう。

1-1.椅子の状態を確認しよう

椅子を処分する前に、どんな状態か確認してみましょう。故障している・破損や大きな傷があるなど、安全に使えないものは廃棄処分がおすすめです。しかし、まだ十分に使えるものは、リサイクルや買取に出すことができます。椅子としての機能に問題がないものなどは、ゴミとして廃棄する以外の方法を考えてみてください。

1-2.粗大ゴミとして処分できるが事業系ゴミは注意

椅子は、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。自分で解体でき、素材ごとに分ける場合は可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことも可能です。ゴミの区分や回収ルールは自治体ごとに異なるため、出す前に確認しておいてください。なお、事業系ゴミは自治体に処分してもらえません。産業廃棄物収集運搬許可を得た専門業者に依頼しましょう。

2.椅子を処分する方法

椅子の処分方法で主なものを詳しく解説します。

2-1.自治体にゴミして廃棄処分を依頼する

椅子の処分を自治体に依頼するときは、ゴミの区分によって流れが異なります。粗大ゴミに出す場合は、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷場所・日時の指定を受けましょう。多くの場合、1脚(もしくは1セット)につき数百円程度の手数料がかかることが多くなります。不燃ゴミとして出す場合は、自治体が決めた集荷日時・集荷場所に持ち込むことで、無料で回収してもらうことが可能です。

メリット

  • 依頼先が自治体なので信頼できる
  • 処分費用が無料もしくは格安

デメリット

  • 集荷日時・場所が決められている
  • 集荷場所に自分で運ぶ必要がある
  • ゴミとして出す場合、基本的にはリサイクルされない

2-2.不用品回収業者に処分を依頼する

不要になった椅子は、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。まずは、業者に連絡し、見積もりをもらうといいでしょう。回収費用や日時などに納得できる場合は、正式に依頼してください。なお、場所・日時指定で回収を依頼した場合、1回につき数千円程度の費用がかかります。椅子だけで依頼すると割高になるため、ほかの不用品を同時に出すなどするといいでしょう。

メリット

  • 故障しているものでも回収可能
  • 日時・場所指定で回収してもらえる
  • 椅子以外の不用品も同時に依頼できる
  • 事業系ゴミも依頼できる

デメリット

  • 回収費用がかかる

2-3.信頼できる業者を選ぶポイント

椅子の処分は、信頼できる業者に依頼することが大切です。たとえば、以下のポイントを参考にしてください。

  • 椅子の処分で豊富な実績がある
  • 状態のいいものは買取もしている
  • 回収した椅子を適切にリサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 日時・場所指定での回収が可能
  • スタッフの受け答えが丁寧で分かりやすい
  • 古物商許可を取得している

なお、当エコアースでも椅子の処分をお引き受けしています。まずは、お見積もりからご相談ください。

3.椅子を買取してもらうコツ

買取してもらえる椅子の条件や高く売るコツなどを解説します。

3-1.壊れていない美品は買取してもらえる

以下のような条件を満たす椅子は、買取してもらえる可能性があります。

  • 壊れていたりがたついていたりしない
  • 大きな傷や塗装はげ・目立つ汚れがない
  • 使用感が少ない
  • リメイク・改造していない

3-2.ブランド品やまとまった数のものが人気

高く買取してもらえる椅子には、以下のような種類があります。特に、人気メーカー・ブランドの椅子は高額買取が期待できるでしょう。

  • 人気メーカー・ブランド(ハーマンミラー・カッシーナ・アルフレックスなど)
  • オフィス用(数量がまとまっているとなおいい)
  • ベビーチェア
  • ダイニング用
  • オットマンつき

3-3.汚れを落とし付属品をそろえること

椅子をできるだけ高く買取してもらうためには、以下を参考にしてください。

  • 汚れをキレイにふき取っておく
  • テーブルとセットで出す
  • 予備のナットやネジ・ナット回し・説明書などの付属品をそろえる
  • 椅子の買取を強化している業者に依頼する

3-4.椅子の買取相場を調べる方法

椅子の買取相場を調べる方法には、主に以下の3つがあります。なお、相場は常に変動しているので注意してください。

  • 業者が公表している買取相場をチェックする
  • 業者に査定を依頼する
  • ネットオークションやフリマサイトの落札実績を調べる

4.椅子を買取してくれるところや方法

椅子を買取してもらうには、リサイクルショップ・不用品回収業者などの業者に依頼するかネットオークションやフリマサイトにより自分で売ることになります。

4-1.リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼する

リサイクルショップや不用品回収業者では、中古品として再販可能な椅子を買取してくれます。まずは、業者の査定を受けてみてください。買取可能で、提示金額に問題なければ正式に依頼しましょう。業者が椅子を回収する方法には、以下のようなものがあります。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:日時・場所指定をして業者に回収してもらう

なお、個人経営のリサイクルショップでは店頭持ち込みだけ対応可能なこともあるので注意しましょう。

メリット

  • 椅子以外の不用品を同時に買取依頼できる
  • 宅配回収や出張回収では都合のいいときに回収可能で、労力も節約できる
  • 買取不可でも引き取りを依頼できる(不用品回収業者)

デメリット

  • 業者に知識がない場合は買取金額が低くなりがち
  • 買取不可の場合は引き取りもしてもらえない(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合は回収費用がかかることがある

4-2.ネットオークション・フリマサイトで売る

不要になった椅子は、ネットオークションやフリマサイトで売ることも検討しましょう。ネットオークションやフリマサイトでは椅子が多く出品されており、たくさんの人が見てくれるため、落札してもらえる可能性があります。なお、特に人気が高い椅子の落札相場は、以下のとおりです。

  • ハーマンミラー(アーロンチェアBタイプ):1脚59,000円程度
  • カッシーナ(ジンジャーチェア):4脚セット55,000円程度
  • アルフレックス(PFKアームチェア):3脚セット25,000円程度

メリット

  • 売りたい価格で出品できる
  • タイミングしだいで思わぬ高額落札もある(ネットオークション)
  • 業者で買取不可となった椅子も売れる可能性がある

デメリット

  • 出品から配送完了まで時間と手間がかかる
  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 個人間トラブルが起きやすい(支払い遅延や商品クレームなど)
  • しつこく値切られることがある(フリマサイト)

5.椅子の処分に関するよくある質問

最後に、椅子の処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.処分したい椅子が大量にある場合はどうすればいい?
A.まずは、業者に相談してみましょう。大量に椅子がある場合、日時・場所を指定して回収してもらうことをおすすめします。ほかにも不用品がある場合は、同時に依頼するといいでしょう。椅子もしくはそのほかの不用品を買取してもらえる場合、回収費用と相殺できます。

Q.本来4脚セットの椅子を3脚だけ買取してもらえる?
A.可能です。ただし、4脚セットの状態よりも減額査定となる可能性があります。特に事情がない限り、4脚セットで買取に出すことがおすすめです。

Q.椅子の買取金額に納得できない場合はどうする?
A.業者に査定理由を聞き、正当な理由ではないと判断する場合は、買取を中止してほかの業者に改めて依頼しましょう。査定理由が正当なものなら、相場とあきらめて買取を依頼するのもひとつの方法です。

Q.途中まで分解して挫折してしまった椅子はどうする?
A.無理に分解を続けたり組み立て直したりしようとせず、業者に相談して引き取りを依頼しましょう。なお、再組み立て可能で再販価値がある場合は、買取になることもあります。

Q.テーブルとセットで買取してもらえるメリットは?
A.椅子単体で買取してもらうよりも、査定金額がアップする可能性があります。また、テーブルも不要なら、1回で処分が完了するため、時間や手間の節約になる点もメリットです。

まとめ

今回は、椅子の処分について詳しく解説しました。不要になった椅子は、ゴミとして廃棄するのではなく、できるだけリサイクルできる方法で処分しましょう。まだ使える椅子は、条件によっては、中古品として買取してもらえるでしょう。買取と回収を同時に行う不用品回収業者に頼めば、回収費用も節約できます。まずは、この記事を参考に信頼できる業者を選び、相談してみてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス