名古屋市で炊飯器を処分する方法は? 簡単&安く捨てるコツを解説!


「古い炊飯器を処分したいけど、名古屋市では何ゴミで出せるのだろう」「炊飯器をなるべく簡単に安く処分する方法を知りたい」とお考えではないでしょうか? 炊飯器を処分したくても、名古屋市では不燃ゴミで出すべきか粗大ゴミで出すべきか分かりづらいですよね。それにそのほかの処分方法のほうが簡単でお得なら、具体的に知りたいことでしょう。

そこで今回は、名古屋市の炊飯器処分について詳しく解説します。

  1. 名古屋市で炊飯器は何ゴミに分類される?
  2. 炊飯器を名古屋市に粗大ゴミとして出す方法
  3. 自治体回収以外で不要になった炊飯器を処分する方法
  4. 炊飯器の処分を不用品回収業者に依頼する方法
  5. まだ使える炊飯器を買取に出す方法
  6. 名古屋市の炊飯器処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、名古屋市で炊飯器を処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.名古屋市で炊飯器は何ゴミに分類される?

最初に、名古屋市では炊飯器が何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.一辺が30cm以下の炊飯器は不燃ゴミ

名古屋市では、一辺が30cm(30cm角)以下の炊飯器を不燃ゴミとして扱います。炊飯器を不燃ゴミで出すときは、必ず名古屋市指定のゴミ袋に入れて出しましょう。集荷タイミングは、月1回です。名古屋市では、原則として戸別収集を実施しています。そのため、指定収集日の8時までに自宅前に出しておくと無料で回収してもらうことが可能です。実際の指定収集日は、名古屋市の各区の町名別収集日一覧表ページで確認しておきましょう。なお、例外として指定集荷場所に出すケースもあるので、注意してください。

1-2.一辺が30cmを超える炊飯器は粗大ゴミ

名古屋市では、一辺が30cmを超える炊飯器を粗大ゴミとして分類しています。炊飯器を粗大ゴミで処分する場合、処分費用は1個250円です。たとえ名古屋市指定のゴミ袋に入る場合でも、不燃ゴミとして出してはいけません。なお、詳しい方法についてはこの記事の「2.炊飯器を名古屋市に粗大ゴミとして出す方法」を参考にしてください。

2.炊飯器を名古屋市に粗大ゴミとして出す方法

炊飯器を名古屋市に粗大ゴミとして出す方法を詳しくご紹介します。

2-1.名古屋市に回収を依頼する

名古屋市に粗大ゴミとして炊飯器の回収を依頼する場合、以下の2つの方法があります。

2-1-1.粗大ゴミ受付センターに電話予約する

名古屋市で粗大ゴミを出すときは、粗大ゴミ受付センターに直接電話すると、粗大ゴミの回収を予約できます。申し込みの締め切りは、集荷予定日の7日前までです。なお、粗大ゴミ受付センターに予約して回収してもらう場合の流れは、以下をご覧ください。

  1. 粗大ゴミ受付センターに電話して炊飯器の回収を予約する
  2. 手数料納付券をコンビニやスーパーなどで購入する
  3. 手数料納付券に氏名または受付番号を記入して炊飯器に貼り付ける
  4. 集荷当日になったら集荷時間より前に炊飯器を家の前などに出しておく
  5. 集荷時間以降に回収されて完了

なお、タイミングによっては粗大ゴミ受付センターになかなか電話がつながらないこともあります。可能ならば、後述するインターネットで申し込む方法も検討してみてください。

2-1-2.粗大ゴミ受付センターにインターネットで申し込む

名古屋市では、インターネットでも粗大ゴミの申し込みが可能です。インターネットによる申し込みは24時間365日可能なので、忙しい人にも助かることでしょう。ただし、申し込んだ時点では仮申し込みの状態です。後日粗大ゴミ受付センターから完了メールが届くので内容を確認してください。完了メールが届かない場合は、申し込み手続きが完了していない可能性があります。なお、より詳しい内容は、名古屋市の粗大ゴミ受付センターのインターネット受付説明ページを参考にしてください。

2-2.名古屋市の処理施設に自分で持ち込む

自分の車で炊飯器を運搬できる場合は、名古屋市の処理施設に直接自分で持ち込むことも可能です。具体的な流れは、以下を参考にしてください。

  1. 炊飯器を車に積んだ状態で居住区の環境事業所に持ち込む
  2. 職員から搬入する内容について確認を受ける
  3. 午前8時45分~午後3時40分まで(愛岐処分場は午前9時15分~午後4時10分まで)に、処理施設へ炊飯器を自分で運ぶ

なお、自分で処理施設に炊飯器を持ち込んで処分する場合、10kgごとに200円の処理手数料を現金で支払うことになります。炊飯器以外のゴミも、同時に処分可能です。各環境事業所の詳細やより詳しい回収ルールについては、名古屋市の自分で処理施設に搬入する場合に関する説明ページを参考にしてください。

3.自治体回収以外で不要になった炊飯器を処分する方法

不要になった炊飯器は、自治体回収に不燃ゴミや粗大ゴミとして出す以外の方法でも処分できます。

3-1.知人や福祉施設に譲る

不要になった炊飯器でもまだ十分に使えるものは、知人や福祉施設に譲ることも検討してみましょう。特に、有名メーカー品でまだ新しいものなら、喜んでもらってもらえる可能性があります。譲り先が見つかれば、まだ使える状態の炊飯器を廃棄せずに済み、有効活用してもらうことが可能です。なお、福祉施設に譲る場合は、譲る側が配送費用を負担し、配送手段を手配することが一般的になります

3-2.販売店の回収サービスを利用する

不要になった炊飯器は、販売店の回収サービスを利用して処分できることがあるのでチェックしてみるとよいでしょう。大手家電販売店などでは、自社のリサイクル活動の一つとして不要になった炊飯器などを回収しています。多くの場合、店頭持ち込みが基本で、回収手数料が500~1,000円程度かかるのが一般的です。なお、新規購入を伴う場合は、不要になった炊飯器を無料で回収してもらえることがあります。詳しくは、新規購入を考えている販売店に問い合わせてみてください。

3-3.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼して炊飯器を回収してもらうことも可能です。不用品回収業者では、回収後の炊飯器を再販もしくは再資源化して有効活用しています。不用品回収業者に炊飯器の処分を依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、集荷場所まで運ぶ手間がないなどがメリットです。なお、1回の依頼に付き数千円程度の回収費用がかかります。

4.炊飯器の処分を不用品回収業者に依頼する方法

炊飯器の処分は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。信頼できる業者の選び方などを詳しくご紹介しましょう。

4-1.信頼できる業者を選ぶことが大切

炊飯器の処分は、以下のポイントを参考にして信頼できる業者を選ぶことが大切です。

  • 炊飯器の処分実績が豊富にある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 条件によっては買取もしている
  • 都合のよい日時に回収してもらえる
  • 名古屋市が営業エリア内
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販もしくは再資源化している
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、名古屋市で炊飯器の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.不用品回収業者に炊飯器の処分を依頼する流れ

不用品回収業者に炊飯器の処分を依頼する場合、以下のような流れで進みます。

  1. 信頼できる業者を選び、炊飯器の処分に関する見積もりを依頼する
  2. 業者から送付された見積もりをチェックし、問題がなければ正式に契約する
  3. 指定日時に業者がやってきて炊飯器を回収する

なお、炊飯器以外にも処分・買取してもらいたい不用品がある場合は見積もりを依頼するときに必ず伝えてください。物量や内容によっては、手配する車両の種類を変更したり人員を増やしたりする必要があるからです。

4-3.そのほかの不用品の処分や買取も同時に依頼するのがおすすめ

炊飯器だけの回収依頼では、回収費用が高く付くことがあります。そこでおすすめなのが、この機会にそのほかの不用品の処分や買取を同時に依頼することです。買取になる不用品があれば、引き取り処分の費用と相殺できるのもポイントといえます。場合によっては、ほとんど無料になったり、買取代金との差額がプラスになったりすることもあるでしょう。もう使わないものを持ち続けていても意味がありません。炊飯器と同時に片付けて、スッキリしましょう。

4-4.悪質業者の手口には十分に注意すること

不用品回収業者の中には悪質業者も含まれているので、十分に注意してください。たとえば、以下のような特徴が当てはまる業者は悪質なので、絶対に契約してはいけません。契約すると、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 平日の昼間など、高齢者や女性が一人で在宅する時間を狙ってやってくる
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • 断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • 「今だけキャンペーン中で不用品を無料で回収できる」などとお得感を前面に出す
  • 見積もりだけでも有料
  • 法外に高くて不透明な料金システム
  • スタッフの態度や言葉遣いが悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • 不法業者である可能性が高い

5.まだ使える炊飯器を買取に出す方法

まだ使える炊飯器は買取に出すこともできます。買取してもらえる条件や主な買取方法について詳しく解説しましょう。

5-1.買取してもらえる炊飯器の条件は?

買取してもらえる炊飯器の条件は、以下のとおりです。

  • 有名メーカー品
  • 故障や不具合がない
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • ほぼ新品で目立つ傷・汚れ・ひどい臭いがない
  • 元値が高価
  • 購入時の付属品がそろっている

なお、業者によっても買取基準が異なるため、詳しくは業者に確認してみてください。

5-2.炊飯器を買取に出す方法

炊飯器を買取に出す方法を詳しくご紹介します。

5-2-1.中古家電買取専門業者に売る

中古家電買取専門業者では、まだ十分に使用できる炊飯器を買取しています。買取実績が豊富にあることと、取り扱いメーカーや機種が幅広いことが大きなメリットです。炊飯器の状態によっては、思わぬ高額査定も期待できるでしょう。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてみてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。なお、中古家電買取専門業者は買取専門となるため、買取不可となった場合は引き取り処分を依頼できません。

5-2-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になった炊飯器を買取してもらえます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に直接持ち込むなどの方法で査定を依頼しましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま炊飯器を引き渡して代金を受け取ってください。リサイクルショップでは、そのほかの不用品も同時に買取してもらうことが可能です。なお、万が一買取不可になった場合でも、引き取り処分を依頼できないことがあるので注意しましょう。

5-2-3.不用品回収業者に売る

不要になった炊飯器は、不用品回収業者に売ることもできます。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、そのまま正式に買取を依頼しましょう。不用品回収業者では、万が一買取不可になっても引き取り処分も依頼できるので二度手間になりません。また、そのほかの不用品の買取と引き取り処分も同時に依頼できる、都合のよい日時を指定して回収してもらえるのもメリットです。

5-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品して、炊飯器を売ることも可能です。炊飯器は宅配便で送付できる重量・大きさであるため、こん包や発送も問題なくできます。ネットオークションやフリマアプリでは、売りたい価格を設定でき、タイミングによっては思わぬ高値落札もあり得ることなどがメリットです。デメリットは、支払い遅延やクレームが発生した場合に自分で対応する必要がある、タイミングによってはなかなか落札されないなどの点になります。また、出品後はこまめなチェックとやり取りが必要になるため、普段から手続きに慣れている人におすすめの方法です。

6.名古屋市の炊飯器処分に関するよくある質問

最後に、名古屋市の炊飯器処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.複数の炊飯器をまとめて粗大ゴミに出すとお得になる?
A.なりません。粗大ゴミは、1個ずつ回収費用がかかるからです。ただし、処分する手間が1回で済むので、まとめて処分するとよいでしょう。

Q.炊飯器をゴミとして出す場合は掃除する必要がある?
A.特にありません。ただし、運搬時に手や服を汚す可能性があるため、外観の汚れを簡単にでも拭き取っておくことをおすすめします。

Q.炊飯器の内がまだけを名古屋市でゴミに出したいのですが?
A.内がまの素材は主に金属なので、直径30cm以下は不燃ゴミ、直径30cmを超えるものは粗大ゴミとして出してください。

Q.業者が提示した査定金額に納得できないのですが?
A.業者に査定理由の説明を求めるとよいでしょう。正当な理由があっての金額なら、相場だと受け入れることも必要です。ただし、業者から説明を受けても納得できない、きちんとした理由を教えてくれないといった場合は、取り引きを中止してほかの業者に改めて査定を依頼しても構いません。

Q.複数の不用品回収業者に見積もりを依頼してよい?
A.構いません。ただし、むやみに依頼しても手間と時間がかかるだけです。この記事の「4-1.信頼できる業者を選ぶことが大切」を参考にし、信頼できると判断した業者2~3社に絞ることをおすすめします。

まとめ

今回は、名古屋市の炊飯器処分について詳しく解説しました。名古屋市では、炊飯器の一辺が30cm以下の場合は不燃ゴミ、一辺が30cmを超える場合は粗大ゴミとして出すことができます。まずは、炊飯器の大きさを確認してみてください。なお、名古屋市にゴミとして出すと、基本的には資源リサイクルされません。たとえば、不用品回収業者に処分を依頼すると、回収後の炊飯器を再生資源化するなどの方法で有効活用してもらえます。また、都合のよい日時を指定して回収してもらえる、そのほかの不用品の引き取り処分や買取も依頼できるなど何かと便利です。いずれにしても、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、相談してみることをおすすめします。