物干し竿の処分方法は? お得に捨てるポイントと注意点を解説!


「物干し竿を処分したいけど、何ゴミになるのか分からない」「新しいので処分するのはもったいない」など、物干し竿の処分で悩みを抱えている方は多いでしょう。物干し竿にも素材・大きさ・長さなど、さまざまな違いがあります。自治体で捨てることはできますが、解体が必要になるケースもあるでしょう。いろいろな処分方法を把握しておけば、スムーズに手際よく捨てることができます。そこで、本記事では、物干し竿の処分方法とポイントを解説しましょう。

  1. 物干し竿の処分は何ゴミに分類される?
  2. 物干し竿を自治体で捨てる方法
  3. 買い替えで処分する方法
  4. 物干し竿は買取処分してもらえる
  5. 物干し竿の処分を不用品回収業者へ依頼しよう
  6. 物干し竿の処分でよくある質問

この記事を読むことで、物干し竿をお得に捨てる方法が分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.物干し竿の処分は何ゴミに分類される?

まずは、物干し竿の処分でよくある困りごとをチェックしておきましょう。

1-1.何ゴミになるのか分からない

自治体のゴミとして処分する場合、多くの人がゴミの分類に頭を抱えるのではないでしょうか。物干し竿は、スチール・ステンレス・アルミなどさまざまな素材が使われています。多くの自治体では粗大ゴミに分類されますが、素材によって異なるケースもあるので注意しなければなりません。

1-2.そのままの長さで処分してもいいのか

物干し竿には長さがあるので、自治体のゴミとして処分する際はどのような状態で捨てるべきか悩みがちです。そのままの長さで処分していいところもあれば、短く切断し燃えないゴミとして処分してくれるところもあります。

1-3.解体・切断方法が分からない

切断して短く解体すれば、燃えないゴミとしてすぐに処分できます。ただし、スチール・アルミ・ステンレスでできているものは、切断に手間がかかるでしょう。解体・切断する際は、無理をしないようにしてください。

1-4.新しい物干し竿を捨てるのはもったいない

まだ新品に近い状態なのに、必要ないからと捨てるのはもったいないですよね。そんなときは、買取という方法があります。ただし、買い取ってもらえる可能性は高くありません。物干し竿のほとんどは元値が1,000〜2,000円と安価なので、買取隊長になることは稀です。新品または新品に近い状態でなければ、ほとんどの店舗では買取が難しいでしょう。

2.物干し竿を自治体で捨てる方法

では、物干し竿を自治体で捨てる方法とポイントを解説します。

2-1.事前に処分方法とルールを確認しよう

ゴミの分類や処分ルールは、自治体によって異なります。そのため、最初に自治体のホームページ等を確認し、処分ルールを確認することが大切です。粗大ゴミに分類されている場合は、事前の申し込みが必要なところもあるので、忘れずに申し込んでおきましょう。処分料がかかる場合は、粗大ゴミ処理券を購入など各方法で支払い、回収指定場所へ持ち運びます。

2-2.分解・切断はパイプカッターまたは金切ノコギリを使う

物干し竿は、空洞の筒になっているので、必要な道具を準備すれば簡単に分解・切断できます。日曜大工でも使用する金切ノコギリでも切断できますが、より簡単に分解したいときはパイプカッターがおすすめです。100円均一ショップやホームセンターで購入でき、さまざまなサイズや形状があります。購入する際は、カットしたい物干し竿のサイズに合ったものを選びましょう。パイプカッターの基本的な使い方は以下のとおりです。

  1. パイプが収まるサイズに広げるため、ノブを回し、刃を引っ込める
  2. パイプをローラーにあて、ノブを反対に回しながら刃をパイプに近づける
  3. パイプに刃が当たったら、さらに軽くノブを回し、刃先がパイプに少し食い込む程度に設定する
  4. カッターもしくはパイプを回し、刃がキレイにパイプを一周して1本の線になるか確認する
  5. カッターを回し、ノブを回して締める

上記の流れを何回かくり返すことで、物干し竿が切断できます。力の弱い女性でも簡単ですし、周囲へ騒音迷惑にもならないのでおすすめです。

2-3.費用が安くても時間と手間がかかる

自治体で処分する大きなメリットは、処分費用が数百円で済むことです。多くの自治体では無料~500円程度で処分できます。ただし、回収日が決まっている・回収指定場所まで運ばなければならないなどのデメリットもあるのです。すぐに処分したい方は、ほかの方法を選択したほうがいいでしょう。

3.買い替えで処分する方法

新しい物干し竿に買い替えする場合、販売店による回収は行っているのでしょうか。

3-1.下取り・引き取りは難しい

販売業者による下取り・引き取りは難しい傾向があります。下取りサービスを行っている販売店はほとんどありません。物干し竿は元値が数千円と安めなので、わざわざ下取りをする必要がないのでしょう。通販業者の中には、引き取りサービスを行っているところがありますが、回収費用が1,500円~と自治体回収よりも高めに設定されています。下取り・引き取りには期待しないほうがいいでしょう。

3-2.購入することが条件

もし、下取りサービスが利用できたとしても、その店舗で新しい物干し竿を買うことが条件となります。下取りは購入額から買取額を差し引くサービスなので、無条件で下取りしてもらえるわけではありません。また、引き取りの際は、回収費用や運搬料など手数料がかかるケースがあります。後でトラブルにならないためにも、事前に確認する必要があるでしょう。

3-3.購入と処分が同時にできるけれど、行っているところが少ない

買い替えによる下取りと引き取りは、購入と処分が同時にできるので効率的に捨てることができます。しかし、前述したように、下取り・引き取りサービスを行っている店舗が少ないのが現状です。ホームセンターでは、ほとんどが下取りを行っていません。

4.物干し竿は買取処分してもらえる

新品状態に近い物干し竿であれば、処分ではなく買取の可能性もわずかですがあります。ここでは、買取方法とポイントを解説していきましょう。

4-1.買取条件を満たすことが前提

物干し竿の買取は、新品状態に近いものが条件となります。長年使用した古い物干し竿は買取対象にはなりません。また、店舗によって、物干し竿が買取対象に入っていないところもあります。買取を検討している方は、事前に物干し竿を買い取ってくれる店舗を見つけてください。

4-2.買取を行う店舗は少ない

物干し竿は元値が安いため、中古需要がほかの品よりも低いのです。まったく使っていない新品状態のものか、新品に近い物干し竿でも、買取額は数百円前後でしょう。また、物干し竿だけでは買い取ってもらえない場合、ほかの不用品と一緒に査定へ出してください。いくつかの不用品をまとめて査定を依頼したほうが、買い取ってもらいやすくなります。

4-3.人に譲る・ネットオークションを利用する

なかなか買い取ってもらえない場合は、人に譲る方法があります。周囲に物干し竿を欲しがっている人がいないかどうか尋ねてみてください。たとえば、1人暮らしを始める人や家族が多い家庭では、新しい物干し竿を欲しがっているかもしれません。また、ネットオークションを利用するのも方法の1つではありますが、わざわざネットオークションで物干し竿を落札しようとする方はほとんどいないでしょう。たとえ、落札されたとしても送るために、送料と手間がかかります。

5.物干し竿の処分を不用品回収業者へ依頼しよう

不用品をまとめて処分したいときは、不用品回収業者への依頼がおすすめです。ここでは、不用品回収業者へ依頼するポイントを解説します。

5-1.まとめてすぐに処分できる

不用品回収業者への利用は、いらないものをまとめて処分できる点が大きなメリットです。大きめの物干し竿は運び出すことが大変で、時間と手間がかかるでしょう。不用品回収業者へ依頼すれば、搬出から回収までしてくれるので安心して依頼できます。解体や切断する必要もありません。手間と時間をかけたくない・不用品をまとめて処分したい方におすすめです。

5-2.出張回収を利用しよう

大量の不用品を処分するのはとても大変ですが、出張回収を利用すれば運搬せず業者が回収しにきてくれるので安心です。また、回収業者の中には、処分だけでなく買取サービスを行っているところもあります。不用品の回収・買取を行っているエコアースでは、さまざまな不用品を回収しているのでぜひ1度チェックしてください。

5-3.費用の目安は3,000円~

物干し竿の処分費用は、およそ3,000円~です。処分費用だけでなく、この値段に運搬料などが追加される可能性もあるでしょう。すべてをあわせると約5,000円になることもあります。ただし、あくまで目安の金額なので、無料見積もりを依頼し確かめてください。不用品をまとめて処分し、買取サービスを利用すれば、最小限の費用で済ませることができるでしょう。

5-4.業者選びのポイント

どの業者へ依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品の処分・回収実績があるか
  • 買取サービスも行っているか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

6.物干し竿の処分に関してよくある質問

物干し竿の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.お得に処分する方法は?
A.ほかの不用品と一緒に処分することです。物干し竿のほかに、家電・家具・衣類・ゲーム機など処分したい不用品があれば、まとめて不用品回収業者へ依頼しましょう。1点ずつ処分するよりまとめて処分したほうが、お得になる業者があります。また、複数の業者へ見積もりを依頼するのもポイントの1つです。複数の見積もりを比較すれば、最も安価で処分できる業者が見つかるでしょう。

Q.買取が期待できる物干し竿は?
A.キレイな物干し竿が買取対象になるため、査定前に汚れを取り除いておきましょう。特に、ステンレス製の物干し竿は、ほかの素材よりも積極的に買い取ってもらえます。ただし、使用感があるものは買取不可になるので注意が必要です。たとえ、1度も使っていない未使用品でも、古くてサビがついているものは買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。その場合は、買取ではなく処分するしかありません。

Q.違法業者との間でよくあるトラブルは?
A.「見積書の内容と違う、高額な料金を請求された」「回収した不用品が不法投棄されていた」というトラブルが多発しています。違法業者は、古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得していない傾向があるため、ホームページ等に許可番号が記載されているか必ずチェックしてください。許可証が記載されていない業者は、悪徳業者の可能性が高い証拠です。安易に依頼しないようにしましょう。

Q.不用品回収業者に依頼する際の注意点は?
A.物干し竿は長さがあるので、トラックで回収にやってくる可能性が高めです。そのため、敷地内に停車できる場所があるか・大通りに面していないかなどを確認してください。また、2階以上に物干し竿を置いている場合、どのように1階へ降ろすか考える必要があります。不用品回収業者と相談しながら、物干し竿を搬出する方法を決めてください。プロの業者なら、適切な方法で回収してくれるでしょう。

Q.無料回収業者に依頼しても大丈夫?
A.無料回収業者とのトラブルが相次いでいるので、できれば正しい費用で処分してくれる業者を選んでください。「無料だといわれたのに、トラックに積んだ後に請求された」というトラブルが相次いでいます。無料という言葉に惑わされず、なぜ無料回収ができるのか・追加料金はかかるのか確認すべきでしょう。

まとめ

物干し竿は、長さ・大きさ・材質とさまざまな種類があります。自治体で処分する際は、大きさや材質に気をつけなければなりません。大きすぎるものは小さくカットしたり、ほかの方法で処分したりすることになるでしょう。物干し竿のほかにも処分したい不用品があれば、まとめて処分できる不用品回収業者がおすすめです。わざわざ回収指定場所へ運ぶ手間もいらないので、スムーズに処分できるでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス