会社のパソコンを廃棄する方法は? 安全で便利な処分方法をご紹介


会社で使っているパソコンの廃棄を検討している方は、処分方法・費用・情報漏えいなどの問題で行き詰まることがあるでしょう。事業系パソコンは、家庭用パソコンとは廃棄の手順が異なるため、あらかじめ知識を持っておくことが大切です。業者に依頼する方法なども覚えておきましょう。

  1. 会社のパソコン廃棄に関するルールは?
  2. 会社のパソコンを廃棄する前にすべきこと
  3. メーカー回収で会社のパソコンを廃棄してもらう方法
  4. 業者に依頼して会社のパソコンを廃棄してもらう方法
  5. 会社のパソコン廃棄でよくある質問

機密情報が詰まった会社のパソコンは、廃棄前の処理も重要となります。安全に廃棄するためにも、データ消去の必要性を再認識しておきましょう。

1.会社のパソコン廃棄に関するルールは?

まず、家庭用パソコンと事業系パソコンの違い、リサイクルの必要性などを見ていきましょう。

1-1.事業系PCに分類される

会社や法人など業務用として使っているパソコンは、事業系PCに分類されます。家庭用パソコン・事業系PCのどちらも、メーカーによるリサイクル回収を依頼して引き取ってもらうことは可能です。家庭用パソコンはPCリサイクルマークの表示があれば、無償回収ができます。しかし、事業系PCは表示の有無に関係なく、リサイクル料金がかかるのです。また、産業廃棄物として扱われるため、業者に引き取りを依頼する場合は、産業廃棄物処理に関するマニフェストを作らなければなりません。ただし、メーカーによる回収の場合は、マニフェストの作成は不要です。

1-2.資源の有効活用を目的にリサイクルが推進されている

2001年に施行された資源有効利用促進法により、パソコンの内部にある希少金属のリサイクルが推進されるようになりました。そのため、事業系PCもリサイクル回収を行い、環境保護や資源の活用を行うことが理想とされています。

1-3.産業廃棄物として処理することもできる

事業系PCは、メーカー回収を利用する以外に、産業廃棄物として業者に引き取りを依頼することもできます。産業廃棄物の処理は、会社がマニフェストを作成し、リサイクル完了まで責任を持って行わなければなりません。そのため、自治体から産業廃棄物収集運搬行の許可を得ている業者を選ぶことが大切です。

1-4.産業廃棄物として処理する場合はマニフェストの遵守が必要

産業廃棄物を適正に処理するため、会社でマニフェストを作成する必要があります。マニフェストは、自治体が複写式のものを用意している場合もありますが、公益財団法人日本産業廃棄物収集振興センターのホームページへアクセスしたら、電子タイプのものをダウンロードすることも可能です。作成したマニフェストに沿って、適切に廃棄しなければなりません。

1-5.許可を得ていない業者は危険

1-3でご紹介したとおり、産業廃棄物の回収には自治体の許可を得た業者を利用することが大切です。無許可の業者は、不法投棄や情報漏えいなどの問題が多く、事業系PCの廃棄を依頼した会社が罪に問われることもあります。

2.会社のパソコンを廃棄する前にすべきこと

会社のパソコンには、たくさんのデータが記録されています。安全に事業系PCを処分するため、廃棄前にやるべきことをまとめました。

2-1.情報漏えいを防ぐためにデータ消去を忘れずに行う

データ消去は、会社のパソコンを廃棄する前に必ず終えておくべきです。初期化だけでは、データを復旧されてしまう恐れがあります。機密情報・社員情報・取引先情報などが流出してしまうと、会社としての損害は計り知れません。信用を失い、経営が難しくなるケースもあります。1回流出したデータを取り戻すことはできないため、情報漏えいへの危機管理意識をしっかり持ちましょう。

2-2.データ消去専用ソフトを使う

データ消去を会社で行うなら、専用ソフトを使うと便利です。データを上書きし、読み取ることができない状態にするため、外部への情報漏えいを防ぐことができます。使っているパソコンに合うソフトを見つけましょう。廃棄するパソコンは、すべてデータ消去を行ってください。

2-3.物理的破壊

物理的破壊は、ドリルなどを使い、ハードディスクを壊す手法です。ハードディスク自体を使うことができなくなり、データの読み込みが完全にできなくなります。ただし、ドリルなどを使う際は、破片などが飛び散るため、安全を確保して行ってください。データ消去を手がける業者を利用する方法もおすすめです。

2-4.データ消去前にデータ移行をしておこう

データ消去をした後では、データを移行できなくなってしまいます。事前にデータの移行やバックアップは取っておきましょう。バックアップを取る場合は、外づけハードディスクやメモリーカードなどを活用すると便利です。

3.メーカー回収で会社のパソコンを廃棄してもらう方法

メーカーによる回収を依頼する場合の流れや手順などをご紹介します。

3-1.台数が多くても対応してもらえるのがメリット

メーカー回収は、台数に応じた処分費用などが発生するものの、数が多くても対応してもらえるのがメリットです。廃棄するDELLや富士通などメーカーが複数にまたがる場合でも、一般社団法人パソコン3R推進協会を経由することで、簡単にリサイクル回収を依頼することができます。

3-2.メーカーもしくは一般社団法人パソコン3R推進協会に申し込む

メーカーだけでなく、一般社団法人パソコン3R推進協会を介して申し込む方法もあります。リサイクル回収の流れは、以下のとおりです。

  1. メーカーまたは一般社団法人パソコン3R推進協会に申し込み
  2. 見積もりを出してもらう
  3. リサイクル回収の契約を交わす
  4. 輸送伝票の送付を受ける
  5. 廃棄するパソコンに輸送伝票を貼りつけて回収を待つ
  6. 収集運搬業者による回収
  7. 回収センターへ運ばれてリサイクル完了
  8. 請求書が送付される
  9. リサイクル料金の支払い
  10. 資産減却報告書が発行される

3-3.PCリサイクルマークがあってもリサイクル料金がかかる

事業系PCの場合、PCリサイクルマークが付与されているものでも、リサイクル料金の支払いが必要です。回収費用はメーカーごとに異なるため、あらかじめ一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページで確認しておきましょう。正確な料金は、見積もりで提示してもらってください。

3-4.PCリサイクルマークは家庭用パソコンを無償回収するためにある

3-3で既述したとおり、PCリサイクルマークの有無に関係なく、事業系PCは有償回収となります。PCリサイクルマークは、2003年10月以降に販売されたパソコンに付与されているもので、家庭用パソコンを無償回収するためにあるのです。

3-5.メーカーへの申し込みや回収は時間と手間がかかるのがデメリット

メーカーや一般社団法人パソコン3R推進協会への申し込みは、メーカー名・機種・台数などを明確に伝えなければ、きちんとした見積もりを出してもらうことができません。時間と手間がかかるため、台数が多い場合は面倒に感じるでしょう。1台ずつ配送伝票を貼りつけるため、手違いが起こらないように注意が必要です。また、データ消去は、会社が責任を持って行わなければなりません。1台ずつ着手し、確実にデータを消去するのは、労力を費やす作業です。

4.業者に依頼して会社のパソコンを廃棄してもらう方法

会社のパソコンを簡単に処分したいなら、業者を活用する方法がおすすめです。業者を利用するメリットや費用などを見ていきましょう。

4-1.データ消去も行ってくれるのがメリット

業者では、データ消去を手がけています。物理的破壊など確実なデータ消去を行っているため、情報漏えいの心配がないのがメリットです。データ消去完了証明書などの発行もしてもらえます。ただし、データ消去は費用負担が発生するので、あらかじめ業者の料金プランを確認してください。また、迅速な対応をしてくれます。急いで処分したい場合も手間がかからず、速やかに廃棄を完了できるでしょう。

4-2.業者に依頼するときの流れや手順

業者へ依頼する場合は、ホームページに記載されているメールフォームや電話を利用しましょう。

  • メールまたは電話で問い合わせ
  • 見積もりを出してもらう
  • 見積もりや回収方法に納得できたら契約
  • 回収日時を調整する
  • リサイクル回収完了
  • 費用の支払いがある場合は、現金または振込で支払う
  • データ消去完了証明書を受け取る

不用品回収業者のエコアースでは、お問い合わせフォームを用意しています。事業系PCの廃棄に関する疑問は、お気軽にご相談ください。

4-3.費用は処分するパソコンの数によって異なる

業者に依頼した場合、事業系PCの処分費用は台数によって変わってきます。エコアースの料金プランは以下のとおりです。

  • デスクトップパソコン:1,000円
  • ノートパソコン:1,000円
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン:2,000円
  • CRTディスプレー一体型パソコン:3,000円

上記の費用は、別途消費税がかかります。廃棄するパソコンの台数が多い場合、定額パックプランがお得です。リーズナブルな価格で、パソコンを一括処分できます。費用は、エコアースまでお問い合わせください。

4-4.産業廃棄物収集運搬業の許可を得ていることを確認する

1-5で既述したとおり、事業系PCの廃棄を依頼する業者は、産業廃棄物収集運搬業の許可を得ていることが大切です。業者のホームページに掲載されている会社概要で、許可番号を確認してください。

4-5.無料パソコン回収業者という選択肢もある

近年は、無料パソコン回収業者も増えています。データ消去やデータ消去完了証明書の発行も、無料で行っている場合が多いものです。無料パソコン回収業者では、宅配回収がメインとなっています。台数が多い場合、こん包や発送手配が手間に感じてしまうでしょう。そのため、出張対応は有料となる場合があり、回収方法や費用は事前にリサーチすることをおすすめします。

4-6.出張回収に対応している業者な利用しやすい

パソコンは精密機器であるため、輸送による破損などが懸念されます。なるべく、出張回収に対応している業者を利用しましょう。出張回収なら、会社まで訪問してくれるため、肉体的負担も軽減されます。業務の妨げとならないのもメリットです。エコアースの出張回収をご利用ください。

4-7.業者に依頼する前は会社でデータ消去をしておくと安心

業者では、事業系PCのデータ消去を行ってくれます。しかし、情報漏えいへの危機管理意識をしっかり持つことが大切です。業者に頼りきらず、回収を依頼する前にデータ消去専用ソフトなどを用い、データを読み取れない状態にしておきましょう。

5.会社のパソコン廃棄でよくある質問

会社のパソコン廃棄に関する質問を集めました。

Q.会社のパソコンは譲渡可能なのか?
A.会社のパソコンを譲渡する・譲渡してもらうなどの場合、無償であれば可能なケースもあります。ただし、減価償却済みのものに限られる・著作権のあるソフトウェアがインストールされた状態ではないなど、条件がつくことを覚えておきましょう。

Q.無料回収業者を利用する際に注意すべきこととは?
A.無料回収を強調する廃品回収車は、違法行為を繰り返して問題となっているため、利用しないでください。データの流出だけでなく、不法投棄によって罪に問われる可能性があるからです。無料回収業者を利用する際も、産業廃棄物収集運搬業の許可番号が付与されていることを確認しましょう。

Q.業者にデータ消去を依頼した場合、費用はどのくらいかかるのか?
A.エコアースでパソコンのデータ消去を行う場合、パソコンのハードディスク取り外しと物理的破壊を合わせ、1台につき1,000円かかります。別途、データ消去後の片づけ料金として、1台あたり1,000円かかるので注意してください。いずれも、税別価格です。

Q.会社で使っていたキーボードやマウスなどの周辺機器も、メーカーによる回収を受けることができるのか?
A.メーカーによって異なります。デスクトップや液晶ディスプレー一体型パソコンなど、本体だけの回収となるメーカーがほとんどです。回収依頼をする際に、メーカーに問い合わせてみましょう。回収が難しい場合は、小型家電リサイクルボックスや業者を利用してください。

Q.業者に回収された後、事業系PCはどのようにリサイクルされるのか?
A.業者は回収後にデータ消去を行い、分解して部品ごとに分別し、資源として再利用します。金属資源として再利用され、パソコンや家電などの部品に生まれ変わるのです。細かく分解されるため、情報漏えいの心配はありません。

まとめ

会社で使っていたパソコンは、事業系PCに分類されます。メーカーや一般社団法人パソコン3R推進協会などに依頼し、回収してもらう必要があるのです。PCリサイクルマークがあるものでも、事業系PCはリサイクル料金が発生するので注意してください。簡単に処分したい場合は、業者による出張回収を利用しましょう。データ消去も手がけてくれて、とても簡単に事業系PCの処分ができます。出張回収のご相談は、エコアースまでお問い合わせください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス