いらなくなった家財道具はどうすべきか? 処分方法や買取先をご紹介


いらなくなった家財道具は、処分方法で困ることがあります。特に、大型家具の場合や、大量に処分しなければならない場合などは、運搬や分解などの問題も出てくるでしょう。引越しなどで家財道具の処分を予定している方は、簡単に処分を終える方法を覚えておくと安心です。

  1. 家財道具を処分する方法
  2. 家財道具の処分にかかる費用の相場
  3. 買取に出すことができる家財道具とは?
  4. 処分方法を選ぶ基準
  5. 家財道具の処分でよくある質問

引越しだけでなく、断捨離を実践している方も、家財道具の処分でつまずくことがあります。家財道具の処分はコツを覚えてしまえば、さほど難しくありません。処分以外にも、買取に出す方法も覚えておきましょう。

1.家財道具を処分する方法

家財道具はどのように処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

1-1.粗大ゴミとして処分する

自治体回収を利用し、家財道具を粗大ゴミとして処分する方法があります。粗大ゴミの場合、事前申請や粗大ゴミ処理券の購入が必要です。また、ソファーやタンスなど大型家具の処分が可能でも、運搬を自力で行わなければならないため、人手の確保を考慮しておきましょう。

1-2.業者に処分を依頼する

不用品回収業者などに、家財道具の処分を依頼する方法もあります。家財道具の量が多くても、1回で全部引き取りしてもらえるのがメリットです。ただし、不用品回収業者の引き取り費用は割高で、1点につき数千円かかる場合もあります。大量に家財道具を処分したい場合は、定額料金プランを利用するとコストダウンできるでしょう。不用品回収業者は、買取も行っています。見積もりの段階で、処分と買取の両方を希望する旨を伝えてください。

1-3.買取に出す

トレファクなど家財道具を取り扱うリサイクルショップへ、買取に出す方法もあります。リサイクルショップでは状態が良好なものを厳選して買取するため、傷や汚れが激しいものは買取不可となるので注意してください。また、買取のための査定は、持ち込みが必要です。運搬手段を確保し、破損などが起こらないように運搬しましょう。

1-4.引越し業者に依頼する

引越しをきっかけに家財道具の処分をする方は、引越し業者に依頼する方法も考えてみましょう。1つの業者で引越しと家財道具の処分が完結するため、時間がない場合におすすめです。ただし、引越し業者では、家財道具など不用品の処分はオプションとなっています。オプション費用がかかるため、引越し費用が上がることは想定しておきましょう。また、トラックの空(あ)き状況により、引越し日とは別日に引き取りとなる可能性もあります。

1-5.家電リサイクル法の対象品目はリサイクル回収を依頼する

冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンは、家電リサイクル法の対象品目です。粗大ゴミとして自治体回収できないので注意してください。メーカーや家電量販店にリサイクル回収の依頼をし、リサイクル料金と収集運搬費用を支払います。回収日時は、収集運搬業者の指示に従ってください。

2.家財道具の処分にかかる費用の相場

家財道具を処分するのに、費用はどのくらいかかるのでしょうか? 補助金制度についてもご紹介します。

2-1.処分するものによって費用が異なる

家財道具の種類や大きさにより、処分費用は変わります。以下は、不用品回収業者に依頼した場合の処分費用の目安です。

  • タンス:1,000〜12,000円
  • ベッド:1,000〜10,000円(シングルとダブルでは異なる)
  • ソファー:2,000〜18,000円
  • テーブル:3,000〜7,000円

自治体回収の場合は、1点あたり数百円〜数千円で済むでしょう。下記の家電は、家電リサイクル法が適用され、粗大ゴミとして処分することができません。

  • 冷蔵庫:3,600〜4,600円前後
  • テレビ:1,800〜2,900円前後
  • 洗濯機:2,500円前後
  • エアコン:1,000円前後

リサイクル回収を依頼する場合、上記リサイクル料金以外に収集運搬費用がかかります。 収集運搬費用は業者ごとに異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

2-2.不用品回収業者にまとめて処分を依頼するとお得

不用品回収業者の定額料金プランは、安いものだと25,000円前後からあります。1点ずつ処分するより、お得な金額で家財道具をまとめて手放すことができるのがメリットです。自治体の粗大ゴミだと回収までに時間がかかります。しかし、不用品回収業者は即日対応可能なケースもあり、時間を大幅に短縮できるのも魅力です。

2-3.空(あ)き家の家財道具を処分する場合は補助金が出るケースもある

空き家の家財道具を処分する際に、補助金が受け取れる場合があります。ただし、支給額や条件などは自治体ごとに異なるため、担当部署の窓口に確認することが大切です。空き家バンクに登録するなど条件を満たしている場合、数十万円の補助金を受け取ることができる場合もあります。

3.買取に出すことができる家財道具とは?

家財道具が良好な状態であれば、買取に出すこともできます。買取対象となるものの特徴や、買取に出す方法を覚えておきましょう。

3-1.使用年数が短い家電製品

家電製品は、製造から3年以内のものであれば、高額買取になる可能性が高いでしょう。ただし、動作不良・傷・汚れ・臭い・パーツの欠品があるものは、買取不可となる場合がほとんどです。事前にメンテナンスをきちんとしておき、マイナス査定にならないように注意しましょう。

3-2.状態が良好な家具

ソファー・タンス・ベッドなどの家具は、状態が良好であれば買取してもらうことができます。破損や目立った汚れなどがないか、事前に確認しておきましょう。また、家具は汚れやホコリなどが蓄積しやすいため、細部までしっかり掃除をしてから査定に出してください。有名メーカーのものは、高額買取になりやすいでしょう。

3-3.貴金属やブランドもの

貴金属やブランドものは、資産としての価値があります。純金やプラチナなどは市場価格の変動があるため、高騰しているときに買取してもらうのがポイントです。一般的なリサイクルショップより、貴金属やブランドものの専門店に買取を依頼したほうが高値になるでしょう。

3-4.リサイクルショップや専門店に買取に出す

家財道具の買取を行うのは、リサイクルショップや買取専門店です。リサイクルショップはいつでも買取を受けつけているのがメリットでも、家財道具を自分で持ち込みするのが難点でしょう。出張訪問買取が可能な不用品回収業者に依頼する方法も考えてみてください。また、3-3でご紹介したとおり、資産価値のあるものは専門店の利用がおすすめです。価値ある家財道具を適正価格で買取してもらうためにも、複数の専門店で査定を受けてください。

3-5.肉体的負担が少ない方法を選ぶこと

家財道具を処分・買取してもらうには、運搬や分解が必要など、肉体的負担が多いものです。なるべく自分にとって負担が少ない方法を選び、スムーズに処分や買取が進められるようにしましょう。そのためには、業者の引き取り方法をチェックすることが大切です。

4.処分方法を選ぶ基準

家財道具の処分方法は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

4-1.処分と買取のどちらにも対応している

業者が処分と買取のどちらにも対応していれば、1回の依頼で家財道具をまとめて手放すことができます。処分費用から買取金額を差し引いてもらえるため、コストダウンできるのが最大の魅力です。

4-2.出張回収など運搬が必要ない方法を採用している

家財道具の運搬はとても負担が大きい作業であるため、出張回収などを行っている業者がおすすめです。人手が確保できないなどの問題も解消できるでしょう。ただし、出張費用がかかる業者もあります。料金体系を確認してから依頼しましょう。

4-3.複数の業者を比較して対応をチェックする

遺品整理がきっかけで家財道具を処分するケースもあります。遺品の場合、粗雑な扱いをされるのは不愉快に感じるものです。業者が遺品をゴミ同然に扱わないか、きちんと供養してもらえるのかなど、複数の業者を比較して対応をチェックしましょう。

5.家財道具の処分でよくある質問

家財道具の処分に関する質問を集めました。

Q.どこの引越し業者でも、家財道具の処分を引き受けてくれるのか?
A.業者によって異なります。アップル引越センター・ヤマトホームコンビニエンス・ファミリー引越センターなどは、家財道具の処分を受けつけているため、見積時に相談してみましょう。

Q.自治体回収の粗大ゴミとして家財道具を処分する場合、必ず分解したほうがいいのか?
A.分解が必要ない場合もあります。分解することにより、回収しにくくなるケースもあるからです。粗大ゴミの申請を行う際に、自治体からの指示に従ってください。

Q.家財道具を自分で売却する方法は?
A.フリマアプリやネットオークションで売却することができます。しかし、個人売買は、売れるまでに時間がかかるのが一般的です。必ず買い手がつくわけではないため、急いで処分したい場合は避けたほうがいいでしょう。

Q.洋服や本は買取に出すことはできるのか?
A.はい、できます。しかし、洋服は、査定基準が厳しく買取価格も期待できません。ある程度の量をまとめて査定に出したほうが、買取してもらいやすいでしょう。本は、古書や絶版本だと高額買取になりやすいものです。雑誌や汚れ・破れが目立つ本は、買取不可となる可能性があるので注意してください。

Q.家財道具の買取価格はどのくらいが相場なのか?
A.買取価格の相場は、購入価格の3割程度が目安だと考えておきましょう。状態や使用年数などにより、査定価格が大幅に下がることもあります。

まとめ

家財道具がいらなくなった場合、処分方法を考えなければなりません。自治体回収の粗大ゴミに出すことができるものもありますが、運搬などの問題も出てくるものです。重たいものや大きなものがある場合、出張回収などを利用すると負担が少ないでしょう。また、処分以外に、買取に出す方法もあります。買取対象となるものや買取先などを覚えておき、家財道具の処分に役立ててください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス