ゴミ屋敷のトラブルでお困りの方へ! よくある事例と解決法を詳しく!


「実家がゴミ屋敷になっていて困っているが、よい解決法はないか」「ゴミ屋敷にはどんなトラブルが起こりやすいのだろう」とお考えではありませんか? 近年、ゴミ屋敷で悩む方が急増しており、さまざまなトラブルが発生して大きな社会問題になっています。まずは、ゴミ屋敷でよくあるトラブル事例を知り、早急に対策することが大切です。

そこで今回は、ゴミ屋敷のトラブルについて詳しく解説しましょう。

  1. ゴミ屋敷でよくあるトラブル事例
  2. ゴミ屋敷のトラブルを解決する方法
  3. ゴミ屋敷のトラブルを予防する方法
  4. ゴミ屋敷のトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴミ屋敷のトラブルを解決する方法や予防策がよく分かります。ゴミ屋敷のトラブルでお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.ゴミ屋敷でよくあるトラブル事例

最初に、ゴミ屋敷でよくあるトラブル事例をご紹介します。

1-1.悪臭・害虫などの問題

ゴミ屋敷のトラブルで多いのが、悪臭や害虫の問題です。ゴミを捨てずに放置すると、腐敗して悪臭を放ちます。また、ゴミをエサや住居にして害虫やネズミなどが大発生しやすくなるのも問題です。近隣住民にとって、悪臭や害虫によるトラブルは、死活問題と言えます。ひどい場合は、1日中窓を閉めたままにする必要がある、洗濯ものを外に干せないなど、日常生活に多大な影響が出るからです。

1-2.景観が悪くなる

ゴミ屋敷があると周辺の景観が悪くなります。いくら自分たちが家の周辺をキレイに維持しても、ゴミ屋敷があることで台無しになるのです。立地によっては、日当たりに影響が出ることもあるでしょう。また、自宅の窓から見たときにゴミ屋敷が目に入ると、気分が悪いということも考えられます。

1-3.住宅の資産価値が落ちる

マンションなどの集団住宅では、同じ建物の部屋がゴミ屋敷になると、資産価値が下がります。空き部屋ができても、ゴミ屋敷があることが分かれば買い手や借り手が見つかりにくくなるからです。マンションの持ち主や管理会社にとって、ゴミ屋敷を解消することは、資産価値を維持するためにも重要な問題なのでしょう。

1-4.治安が悪化する

ゴミ屋敷周辺は、治安が悪化するものです。ゴミ屋敷には、多くの人が冷やかしにくることがあります。中にはマナーの悪い人もいるため、大声て騒ぐなど悪質な行為が見られることもあるでしょう。また、不審者が周辺をうろついたり不審火が発生したりするリスクもあります。近隣住民にとっては、安心して暮らすことができず深刻な問題でしょう。

2.ゴミ屋敷のトラブルを解決する方法

ゴミ屋敷のトラブルを解決する主な方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.親族や管理会社に忠告してもらう

ゴミ屋敷が住人の持ち家なら、親族に説得してもらうことが一番です。親族に迷惑をかけたくないと考えてもらうことができれば、掃除や片付けがスムーズに進むことがあります。賃貸住宅の場合は、管理会社や貸し主に忠告してもらいましょう。賃貸住宅でのゴミ屋敷問題は、管理会社や貸し主にとって大変困る問題です。ゴミ屋敷を解消できなければ、退去してもらうことを伝えると、住人も腰を上げることでしょう。

2-2.行政に指導してもらう

親族や管理会社などを通して忠告しても問題が解決しない場合、行政から指導してもらうこともできます。自治体の担当窓口に連絡し、指導してもらいましょう。自治体によっては、ゴミ屋敷に関する条例を制定して積極的に問題解消に動いています。ただし、すぐに対応してくれるとは限りません。なるべく早めに動いてもらうためには、ゴミ屋敷問題が深刻で、実際に困っていることをしっかり伝えることが大切です。実際に近隣への悪影響が出ているにもかかわらず、住人が改善要求を断り続けた場合は、悪質と判断されて自治体が強制撤去を行うことがあります。

2-3.プロの業者に片付けを依頼する

ゴミ屋敷の片付けは、プロの業者に依頼することがおすすめです。豊富な経験とテクニックで、足の踏み場がないような状態でも効率よく片付けてくれます。実際の費用は。汚れ具合やゴミの量などで大きく異なるため、業者に見積もりを依頼して確認してください。ゴミ屋敷の片付けなら、積み放題などのパック料金を適用できると安上がりでしょう。なお、当不用品片付け東京ONLINEでも、ゴミ屋敷の片付けをお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

2-4.悪質業者に注意すること

ゴミ屋敷の片付けを依頼するときは、悪質業者に注意してください。悪質業者に依頼すると以下のようなトラブルに巻き込まれることがあります。

  • 事前に連絡なく指定日時を大幅に遅れてやってくる
  • 依頼者の了承を得ず作業時間を延長する
  • 金銭価値の高いものなどを勝手に持ち去ってしまう
  • 片付けの際に家を傷付ける
  • 作業が雑で仕上がりが悪い
  • 回収したゴミをきちんと処理せず不法廃棄される
  • 作業スタッフの態度が悪い
  • 法外な費用を請求される

さらなるトラブルを抱えることを防ぐためにも、信頼できる業者に依頼してください。

3.ゴミ屋敷のトラブルを予防する方法

ゴミ屋敷のトラブルを予防するには、住人とのコミュニケーションがカギを握ります。

3-1.ゴミ屋敷の住人を孤立させない

ゴミ屋敷の住人を孤立させないよう、声かけや見守りを行うことが必要です。ゴミ屋敷の住人は、親族や近隣から孤立していることが多く見られます。特に、一人暮らしなどで孤立した状態が続くと、ものを片付けたりゴミを捨てたりする気力がなくなるのです。いくら散らかしても、誰からも指摘されたり怒られたりしないので無関心になってしまいます。まずは、ゴミ屋敷の住人に、一人ではないこと、いつでも周囲に助けを求められることを認識してもらうようにしましょう。

3-2.ゴミ屋敷の掃除や片付けを積極的に手伝う

ゴミ屋敷にさせないためには、本人の自主性に任せているだけではいけません。親族や近隣住民が、掃除や片付けを積極的に手伝うことが大切です。ただし、住人から信頼されていない状態では、ゴミ屋敷の中に入るのも難しいでしょう。まずは、ゴミ屋敷の住人と十分にコミュニケーションを取り、心を開いてもらうことが先決です。信頼できる人と評価されれば、掃除や片付けもスムーズに進むことでしょう。

3-3.ゴミ屋敷の住人や親族に業者の利用をすすめる

ゴミ屋敷の住人や親族に、業者の利用をすすめるのもいい方法です。再びゴミ屋敷にさせないためにも、定期的にハウスクリーニングサービスを受けることもすすめるといいでしょう。なお、業者に依頼することを嫌がるときは、疲れずに済む、自分たちでやるより簡単にキレイになるなど、片付けてもらうことのメリットをしっかり伝えてください。

4.ゴミ屋敷のトラブルに関するよくある質問

最後に、ゴミ屋敷のトラブルに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.ゴミ屋敷になりやすい人の特徴は?
A.以下のような人は、ゴミ屋敷になりやすいので注意しましょう。

  • 一人暮らし
  • 片付けが嫌い・苦手
  • ものを捨てる習慣がない
  • 面倒くさがり
  • 多忙
  • 親族や近隣とのコミュニケーション不足
  • 友人がいない
  • 大きなストレスを抱えている
  • 高齢者

Q.ゴミ屋敷から敷地内に侵入したゴミは勝手に処分していい?
A.いいえ。ゴミの所有権はゴミ屋敷の住人にあるため、勝手に処分するとトラブルになる可能性があります。住人に返却するか、断ってから処分してください。

Q.ゴミ屋敷に住むとどんな危険がある?
A.以下を参考にしてください。

  • 不衛生で病気や感染症にかかりやすい
  • ゴミにつまずくなどによりケガをしやすい
  • 体を伸ばして眠れないの睡眠障害になりやすい
  • 不審火・不法侵入などの犯罪に巻き込まれやすい

ゴミ屋敷は、近隣だけでなく住人にとってもデメリットが多く、早急に解決すべき問題なのです。

Q.ゴミ屋敷の片付けを夜に進めてもいい?
A.おすすめしません。夜は、騒音や振動などで近隣への迷惑になりやすいからです。さらに夜は家の中に自然光が当たらないため、部屋が暗くて作業効率が落ちます。特別な事情がない限り、日中に進めましょう。

Q.片付けの際に害虫やネズミが近隣に移動するのでは?
A.ゴミ屋敷の片付けでは、害虫・ネズミの駆除について、業者が細心の注意を払って作業します。その場で生体・幼虫・卵などをできるだけ処理しますが、一部が逃げ出す可能性もあるでしょう。ゴミ屋敷の近隣に住んでいる場合、作業日から数日は戸締まりをしっかりするなどに気を付け、害虫やネズミの侵入を防いでください。

まとめ

今回は、ゴミ屋敷のトラブルについて詳しく解説しました。ゴミ屋敷には、さまざまトラブルが起こりがちです。まずは、住人にゴミ屋敷の掃除や片付けを要請しましょう。住人が何らかの理由ですぐに対応できないときは、掃除や片付けを手伝ったり業者に作業を依頼したりすることをおすすめします。なお、再三の要請に関わらずまったく改善が見られないなど悪質な場合は、自治体に依頼して指導・強制撤去してもらうこともできるので調べてみるといいでしょう。ゴミ屋敷のデメリットを解消するためにも、早めに動くことが必要です。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス